メニューを開く
アスタリフト;

咳がつらい時におすすめのポイント5選&正しい押し方

咳 ポイント咳がとまらなくてつらい…。このつらい咳、ポイントで楽にならないかな?と思った事はありませんか?

咳が止まらないと、苦しいし喉も痛くなるし、とてもつらいですよね…。
また、会社での会議中・電車など、咳を止めたい場面で咳が止まらなくなって困ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、咳が止まらない時に試していただきたいおすすめのポイントと押し方、そしてその他の咳をおさえる方法などについてお伝えしていきます!

※咳が長期間続いてつらい場合などは、一度病院を受診して医師に相談しましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.咳が止まらない時におすすめのポイント5選

咳が止まらなくてつらい…。という時に使える5つのポイントをご紹介します。
咳 ポイント

①尺沢(しゃくたく)

咳止めのポイントとして知られています。
呼吸器全般のほか、ひじの痛みなどにも良いとされているポイントです。

パソコン仕事などで疲労している時に硬くなりやすいと言われています。
咳 ポイント 尺沢位置:手の平を上に向け肘を曲げた時に出来る、肘の内側のシワ部分に出る硬い筋の少し外側です。
肘の内側のシワの上、中央より少し親指側の部分が尺沢です。

押し方:親指の腹を尺沢のポイントにあて、残りの指で肘の外側をつかむように支えます。
少し力を入れながら、円を描くように揉みほぐします。

②孔最(こうさい)

孔最は、咳止めや喉の不調、鼻づまりなどに良いとされているポイントです。
咳 ポイント 孔最位置:手の平を上に向け、肘内側のシワの中央から少し親指側の点から、手首の方へ指4本分ずらした部分です。
先程の尺沢のポイントから手の平の方へ、指4本分ずれた部分です。

押し方:尺沢のポイントと同様に、親指の腹を孔最のポイントにあて、残りの指を肘の外側に添えて支えます。
小さな円を描くように、ゆっくり揉みほぐしましょう。

③天突(てんとつ)

喉の下あたりにあるポイントです。
咳がおさまらない時、喉がイガイガ・乾燥しているような時などに押してみると良いでしょう。
咳 ポイント 天突位置:左右の鎖骨の間のくぼんでいる部分です。

押し方:人差し指・中指を揃え、下に向かって押します。
喉に向かって力を入れないように気を付けましょう。

④大椎(たいつい)

首の後ろ側にあるポイントです。
咳止めだけでなく風邪の予防などにも良いと言われています。

またこの大椎のポイントは、押すだけでなくカイロや蒸しタオル・ドライヤーなどで温めるのもおすすめです。
咳 ポイント 大椎位置:首を前に倒し、首裏側の一番出っ張っている背骨のすぐ下部分です。

押し方:人差し指か中指の腹を大椎のポイントにあて、ゆっくり力を入れて押します。

⑤雲門(うんもん)

このポイントは、咳や喉の痛み・鼻水など、喉・鼻などの不調に良いと言われています。

腕の疲労感や肩こりなどにもおすすめされています。
咳 ポイント位置:鎖骨の下を肩の方向へたどっていき、肩関節で行き止まるところが雲門のポイントです。
腕を上げてみると少しくぼんでいる部分です。

押し方:指の腹をあてて、ゆっくり力を入れて押します。
周辺を軽く揉みほぐしてあげると良いでしょう。

2.ポイントの押し方と注意点

ポイントの押し方と、注意する点をご説明します。

2-1.ポイントの押し方

ポイント押しの前に、これからご説明する内容をしっかり確認してください。

①ポイントに垂直に力を入れる
指の腹を使って、ポイントに対して垂直に力を入れる事を心がけましょう。
咳 ポイント 押し方斜めに力を入れたり爪を立ててポイント押しすると、違う場所に力が入ってしまったり、爪で肌を傷つけてしまうこともあります。

ポイントの位置によっては垂直に押すのが難しい場合もありますが、基本的には指の腹で垂直に押すようにしましょう。

②息をゆっくり吐きながら押して、吸いながら離す
深くゆっくりと呼吸しながらポイント押しする事を心がけましょう。
呼吸深く呼吸をしながら行う事で、全身がリラックスして、ポイント押ししやすい状態になります。

③適度な力で3~5秒ほどゆっくり押して、ゆっくり離す
3~5秒程押して、ゆっくり離すように刺激します。
一つのポイントに対しては、5~10回程度を目安に行いましょう。

強すぎる力で押したり、長時間押し続けると筋肉を傷つけてしまう事もあります。
ちょうど良い刺激を感じるくらいの強さで行いましょう。

2-2.ポイント押しの注意点

ポイント押しの際に気を付けたい注意点を3つお伝えします。

■体調が優れない時・ポイントがある場所に傷がある時などは控える
体調が良くない時やポイントのある場所に傷がある時は、無理にポイント押ししないようにしましょう。

ポイントを刺激する事で調子が悪くなってしまう事などもありますので、注意しましょう。

■ポイント押し後は水分を補給する
咳 ポイント 水ポイント押しによって代謝が良くなったり汗をかきやすくなったりしますので、ポイント押しの後にも水分補給をする事を心がけましょう。

■手・肌を清潔にしてからポイント押しをする
手とお肌を清潔にしてから、ポイント押しを始めましょう。

今回ご紹介した中にはありませんが、目などに近いポイントを刺激する場合は汚れが入ってしまう事などもあります。
清潔な状態にしてから、ポイント押しをする事を心がけましょう。

3.ポイント押し以外の咳をおさえるための対策方法

ポイント押し以外の、咳対策の方法をご紹介します。

①温かい飲み物を飲む

咳が止まらない時には、温かい飲み物を飲みましょう。
咳 ポイント 喉が乾燥している時に冷たい飲み物を飲むと、喉に刺激になってしまうこともあります。
熱々ではなく、あたたかいくらいの温度の飲み物がよりおすすめです。

飲み物の種類は、お茶・紅茶や白湯など、喉を通りやすい飲み物を選ぶと良いでしょう。

また、喉に良いと言われるはちみつや生姜などを、あたたかい紅茶などに入れるのもおすすめの方法です。

②加湿器などで加湿をする

乾燥によって生じやすくなる咳を緩和するために、加湿器を使用すると良いでしょう。

部屋の湿度は40~60%程度が目安とされています。

加湿器がない方は、以下のような方法で、空気の乾燥対策をしてみてください。
咳 ポイント 加湿・部屋に濡れたバスタオル、洗濯物などを干す
・テーブルや床などを水拭きする
・やかんでお湯を沸かす  など

今回ご紹介した咳の対策方法を試しても良くならない時や、咳が長期間続いてつらい場合などは、一度病院を受診してみると良いでしょう。

4.まとめ

今回は、咳がつらい時におすすめのポイントと、ポイント以外の咳を抑えるための対策方法をご紹介してきました。
ポイント押しをする時は、ポイントの押し方と押す時の注意点をご確認いただき、ぜひ今回ご紹介した5つのポイントを試してみてください!

この記事は2016年12月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る