メニューを開く
アスタリフト;

わいたコバエ退治・コバエ防止に! コバエ対策方法

コバエ 対策
「次から次へと出てくるコバエの対策をしたい!」、「コバエの正しい対策方法を知りたい!」と思いませんか?

一口に「コバエ」と言っても、コバエの対策は、それぞれのコバエの種類によって異なります。

家庭でよく見かけるコバエ3種類の特徴と、それに合わせた予防・退治の方法をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.コバエの種類

よく家庭で見られるコバエの特徴などを、発生しやすいと言われている順でご説明します。ご自宅で発生しているコバエや、特に対策をしたいコバエの種類を確認してください。

1-1.ショウジョウバエ

ショウジョウバエ

家庭でよく見かけるコバエです。生ごみや腐った植物、ぬか味噌などを好む傾向があります。

赤色の目、黄色みがかった茶色の体が特徴です。

生ごみや腐った植物のにおいが好きで、窓やドアの開閉のすきに入ってきて、生ごみを始めとする腐った野菜・果物、植物、ぬか味噌などに卵を産みつけて増えます。

1-2.ノミバエ

ノミバエ

黄色みがかった茶色での体をし、ショウジョウバエよりも速く飛び回ります。生ごみや腐った植物、動物のフン、虫の死骸、肉料理のにおいを好みます。

こうしたにおいに誘われ、ちょっとした出入りのすきに家の中に侵入し、卵を産みつけます。動きがとても速いです。

動物のフンや死骸に産み付けられた卵が孵化することもあるため、コバエの中では衛生的に注意が必要な種類です。

ノミバエがたかった食器を使う、食べ物を口にするなどすると、お腹を壊す可能性があります。

1-3.チョウバエ

チョウバエ

灰色や黒色の体で、湿気が多い場所や、薄暗い場所を好みます。

お風呂やトイレなどに多く見られ、蝶(チョウ)のような飛び方をします。昼間はじっとして、夜間に活発に活動するのが特徴です。

不衛生な排水口や浄化槽の、腐敗物(ヘドロ)から発生します。

2.発生したコバエの対策方法

発生したコバエを退治する方法を、コバエの種類別にご紹介します。

2-1.ショウジョウバエの対策方法

・めんつゆトラップを使う

「めんつゆトラップ」とは、めんつゆを使って作る、ショウジョウバエを退治するワナです。めんつゆには、アルコールなどのショウジョウバエが好む成分が含まれています。

家庭にあるものですぐに作れるので、おすすめです。

〈材料〉

めんつゆトラップ
・容器(ペットボトル、紙コップ、コンビニのとろろそばなどの容器 など)
・めんつゆ(めんつゆがおすすめではありますが、ビールなども可) 適量
・水 適量
・台所用洗剤 数滴

〈作り方〉
めんつゆ:水=1:5の割合で容器に入れ、台所用洗剤をたらします。容器の口を大きくすると、ショウジョウバエがかかりやすくなります。

ペットボトルを使う場合は、口の部分をあらかじめ切っておきましょう。

必ず台所用洗剤を入れ、ショウジョウバエの動きを封じるようにしてください。

台所用洗剤は、ショウジョウバエの体の表面の、水をはじく機能を低下させます。

めんつゆトラップは、ごみ箱やキッチンなど、ショウジョウバエが好みそうなところに置きましょう。

※同じトラップを10日以上置いておくと、ショウジョウバエが卵を産みつけ、めんつゆトラップから発生する可能性もあるので、必ず10日以内に処分してください。

・コバエ対策アイテムを使う

コバエ対策用のアイテムを使うこともおすすめです。

「コバエがホイホイ」(アース製薬)は、ショウジョウバエを誘い、捕まえて退治します。

働きかけは1カ月程度です。処理が簡単で、大きさもコンパクトなので狭いところにも置けます。

・コバエがホイホイ
コバエがホイホイ

※子どもやペットが口に入れることのないように注意してください。

2-2.ノミバエの対策方法

ノミバエ対策としても、「コバエがホイホイ」が使えます。キッチン、観葉植物、ペットのトイレの近くなど、ノミバエがよく見られる場所に設置してください。

※子どもやペットが口に入れることのないように注意してください。

2-3.チョウバエの対策方法

ハエ用の殺虫スプレーを使って対策しましょう。

「チョウバエコナーズ」は、その名の通り「チョウバエ」用に作られた殺虫スプレーです。

チョウバエにそのまま噴射して、チョウバエの退治ができます。

・チョウバエコナーズ

チョウバエコナーズ

3.コバエを発生させないための予防方法

発生したコバエを退治しても、きちんと予防をしなければコバエはまた増えてしまいます。ここでは、コバエの種類別にコバエの発生を防ぐ方法をご紹介します。

3-1.ショウジョウバエの予防方法

・生ごみの放置をしない

ショウジョウバエの予防のため、生ごみを放置することは控えましょう。ショウジョウバエは、生ごみのにおいを嗅ぎ付け、家の中に侵入してくるといわれています。

また、生ごみのにおいがどうしても付着してしまいがちなごみ箱も定期的に洗浄するようにしましょう。

ごみ箱に付着したにおいにつられて寄ってくる以外にも、ショウジョウバエの卵が産みつけられていることもあります。生ごみはできるだけ早めに捨て、ごみ箱は定期的に洗浄し常に清潔に保ちましょう。

・ごみ箱にはフタをつける

ショウジョウバエの発生を防ぐため、ごみ箱にはフタをつけるようにしましょう。ごみ箱はどうしても、ごみのにおいを発生させてしまいがちです。

フタをすることで、ショウジョウバエの好きなゴミのにおいをシャットアウトしてしまいましょう。

さらに、フタを締めておけば、ごみ箱にショウジョウバエの卵が産み付けられてしまう心配も少なくなりますね。

・使用後の食器はすぐに片付ける

ショウジョウバエの発生を防ぐため、使用後の食器はできるだけすぐに片付けるようにしましょう。

食べかすや調味料のにおいに、ショウジョウバエが寄ってきてしまうことがあります。食事が済んだら、面倒くさくてもできるだけすぐに、食器類を洗うように心がけましょう。

・三角コーナーを常に清潔に保つ

ショウジョウバエの発生を防ぐため、三角コーナーは常に清潔に保つように心がけましょう。

三角コーナーはショウジョウバエが最も寄ってきやすい場所と言われています。

三角コーナーにはフタがなく、生ごみが常に集められている状態にあるからです。

ショウジョウバエの発生を防ぐため、三角コーナーのごみはできるだけ定期的に捨てるよう心がけ、三角コーナーの洗浄はお湯で行うようにしましょう。ショウジョウバエはお湯が苦手なので、お湯で洗うことで、産み付けられたショウジョウバエの卵の駆除を行うこともできます。

・アルコールの空き瓶、空き缶を放置しない

ショウジョウバエの発生を防ぐため、アルコールの空き缶や空き瓶は、できるだけすぐに捨てるよう心がけましょう。

アルコールの空き缶や空き瓶をそのままにしておくと、ショウジョウバエを寄せ付ける原因となることがあります。アルコールの缶や瓶は、すぐに洗浄し、定められたゴミ捨て場に速やかに捨てるようにしましょう。

おすすめアイテム

・コバエコナーズ

コバエコナーズ 貼るコバエコナーズ スプレー

ごみ箱のフタの内側に貼り付けるタイプと、キッチンの流しや三角コーナーに噴射して使うタイプがあります。生活スタイルに合わせてご使用ください。

3-2.ノミバエの発生予防方法

・生ごみを放置しない
・ごみ箱にフタをつける
・使用済みの食器はすぐ片付ける
・三角コーナーを使わない
・コバエ対策グッズを使う

※上記の5つは、ショウジョウバエを防ぐ方法と同じです。詳しくは、「3-1.ショウジョウバエの対策方法」で説明しています。

・料理をそのまま放置しない

食べ物はラップやフタをするか、冷蔵庫にしまってください。肉料理や野菜料理を好むノミバエが、においに誘われて家に入ってきます。

・ペットのフンはすぐ片付ける

ノミバエは、動物のフンに卵を産みつけ発生することがあるため、ペットのトイレは清潔に保つようにしてください。

・枯れた草花はすぐ片付ける

枯れた草や花の腐ったにおいにノミバエが誘われ、そこに卵を産みつけることがあります。

枯れた草木は置きっぱなしにせず、すぐに処分してください。

3-3.チョウバエの発生予防方法

・水回りを掃除する

チョウバエは、水回りにできる細菌などからできたヘドロを好むため、水回りを清潔に保つことが予防方法です。

家庭により、洗濯機の排水口や、お風呂やトイレの排水口など、発生源はさまざまですのですので、水回りは定期的に掃除をしましょう。

・殺虫スプレーを使う

殺虫スプレーの中には、退治するだけでなくコバエ発生の予防にも使えるスプレーがあります。

前出の「チョウバエコナーズ」も、チョウバエ発生予防として使えます。

※コバエの発生源が分からない場合は、専門の業者に相談するという方法もあります。

・ムシ・プロテック

害虫駆除

4.種類別コバエの成長サイクル

それぞれのコバエのだいたいの成長サイクルをご紹介します。コバエ対策時の参考にしてみてください。

4-1.ショウジョウバエの成長サイクル

卵(一匹のショウジョウバエは一生に500個以上産む)
↓ 1日
幼虫
↓ 4日
サナギ
↓ 3~4日
成虫(15~30日生きる)

ショウジョウバエは、卵から成虫になりまで10日前後必要とし、成虫になると長くて1カ月程度生きると言われています。

その間、メスは500個以上卵を産むので、一気に増える可能性があります。

4-2.ノミバエの成長サイクル


↓ 12~24時間
幼虫
↓ 3日
さなぎ
↓ 10日
成虫

孵化の条件は27度と、比較的あたたかい環境で成長します。

4-3.チョウバエの成長サイクル



幼虫
↓ 10日前後
さなぎ
↓ 3~4日
成虫

一度に250個ほど産卵すると言われているため、大量発生することがあります。

5.まとめ

コバエの対策方法についてご紹介しました。家庭でよく見かけるコバエのほとんどは、清潔な環境を維持することで防ぐことができます。

コバエの発生しやすい季節は、意識的にごみの処理し、こまめに清掃を行ってみてください。

※この記事は2016年5月10日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る