メニューを開く
提供:銀座みゆき通り美容外科

正しい知識で目のクマ対策!タイプ別原因・予防・メイクで消す方法


Pocket
LINEで送る

目のクマ3タイプ目のクマを消したい!どうしたらいいんだろう?とお悩みではありませんか?

よく寝不足でできると言われるクマですが、実は原因はそれだけではありません。クマにも3種類あり、それぞれで原因が異なります。

特に年齢と共にクマが気になりだした方は、他の原因の可能性が高いかもしれません。

本日は、まずは自分を悩ませている目のクマの原因を知り、それぞれの対策と、自然にメイクで消すための方法をご紹介します。

※どうしても気になる方は専門のクリニックに相談することも考えましょう。
銀座みゆき通り美容外科(銀座院・大阪院)

笑顔のための薬用美容液『サインズショット』はこちら>>>


◆肌らぶ セレクション◆

POLA サインズショット(医薬部外品)
サインズショット乾燥しやすく繊細な目もとには、専用のアイクリームで保湿のお手入れを取り入れてみませんか?

『サインズショット』は、目元の肌の保湿に着目した薬用のアイクリームです。

ワセリン、グリセリンなどに加えて、POLAオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」を配合。
濃密なクリームが気になる目元にピタッと密着して、ハリを与えます。

これ1本で4ヶ月分(朝晩使用)という、コストパフォーマンスのよさも魅力です。
サインズショット


1.目のクマの種類を確認する方法

クマには3種類あり、それぞれ原因が違うため対策も異なります。 まずは自分のクマがどのタイプか確認してみましょう。
※あくまで目安になります。クマ_種類【確認方法】

下記の2つをして確かめます。
1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張る
2.鏡を持って上を向く クマ_確認方法【結果】

1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張ったときにクマが薄くなった気がする

⇒あなたの目のクマは「青クマ」の可能性が高いです。

2.鏡を持って上を向いたときにクマが薄くなった気がする

⇒あなたの目のクマは「黒クマ」の可能性が高いです。

3.両方とも薄くならなかった

⇒あなたの目のクマは「茶クマ」の可能性が高いです。

分かりましたか? もし分かりにくければ、次も合わせてご確認ください。

2.種類別 目のクマの原因

目のクマの種類別に原因をお伝えいたします。前章で自分のクマがどれがよく分からなかった方は、自分の行動などを振り返って、どの種類か確認してみましょう。

【1】青クマの原因

青クマ

■血行が悪くなっている

血行が悪くなると、目元に青クマとしてサインが出やすくなります。

血行が悪くなる要因としては、寝不足やパソコン作業などによる目元の疲れなどもありますし、冷えや食生活の乱れ・運動不足など、生活習慣の乱れも考えられます。

■遺伝

クマは遺伝の要素も強いと考えられています。特に青クマは、目の下の皮膚が薄い人ほどはっきりと現れやすくなるため、皮膚の薄さが遺伝した場合、他も人よりもクマとして現れやすくなります。

【2】黒クマ

黒クマ
黒クマは他のクマと違って、皮膚の色が変わって見えるのではなく、目の下に影ができることで色が変わっているように見えるのが特徴です。

■加齢によるたるみ

加齢により、重力でまぶたの下の皮膚が薄くなりたるんでくるため、影のように見えてしまいます。

元々涙袋が大きい人や、はっきりとした顔立ちの人ほどよく目立ちます。

■目元の筋肉の衰え

目元の筋肉が衰えると、目の下の筋肉がたるみやすくなります。加齢の影響もありますが、日頃より目元の筋肉を意識して動かしてあげる必要があります。

■むくみ

クマができる直接的な原因ではありませんが、顔がむくんでいることで、黒クマはより目立ちやすいと言われています。

むくみの要因として、塩分の摂り過ぎ・冷え・運動不足などが考えられます。

【3】茶クマ

茶クマ

■こすりすぎによる色素沈着

目をこする癖があったり、アイメイクを落とすときにゴシゴシとこすり過ぎたりすることで、目元の皮膚が茶色っぽくなることがあります。

■肌の乾燥

肌が乾燥することで、目元の水分が少なくなり、茶色っぽく見えることがあります。また、乾燥すると痒みが出ることもあるので、こすり過ぎてしまうことも原因の一つだと考えられます。

■日焼けによるシミ、くすみ

日焼けにより肌が弱まることや、シミ・くすみが定着してしまうことも茶クマの原因になることがあります。

これは、日焼けをするとすぐに黒くなってしまう人に起きやすいと言われています。

3.目のクマを予防する対策

こちらでは、それぞれのクマの対策方法についてお伝えします。

何をやっても改善しない場合に限り、医師・専門クリニックに相談することも考えましょう。

専門クリニックの一例:銀座みゆき通り美容外科(銀座院・大阪院)
銀座みゆき通り美容外科目のクマやたるみなどへのアプローチに着目し、治療実績も多い美容外科です。(2016年6月1日実績5,676件 公式ホームページより)

皮膚を切らずに行う治療法もあり、クマ・たるみの種類に合わせて治療を行うことも可能です。

※自由診療となるため、健康保険は適用されません

>>「銀座みゆき通り美容外科」公式HPはこちら

【1】 青クマの対策

青クマは、生活習慣の改善で対策しましょう。規則正しい生活が何より大切ですが、その中で特に意識して行ってほしい4つのことをご紹介します。

■定期的に身体をほぐす

ストレッチ 伸び

デスクワークの方など、決まった姿勢で長時間過ごすことの多い方は、途中で意識して休憩をとり、伸びなどのストレッチを行いましょう。

できれば上半身だけでなく、身体全体を意識して、できることからはじめてみてください。

■目を適度に休ませる

1時間作業をしたら5分目を休めたり、目薬を適度に使うなどして目をいたわりましょう。

また、2~3秒間目を閉じて、そのあと目をパチパチと軽く何回か瞬きする、という動作を何セットか繰り返すだけでも目を休めることができます。あまり休憩がとれないという方は、こちらの方法をお試しください。

■身体を温める

季節を問わず、身体を冷やさないように常に温めることを意識しましょう。

夏でも冷房が効いている場所に行くときなどは、ひざ掛けやカーディガンを羽織ったり、温かいものを飲むなどしてください。

また、できるだけシャワーだけではなく湯船に浸かりましょう。

身体を温める

■「鉄分」を摂る

バランスの良い食事が大前提ではありますが、特に意識して食べてほしいのが鉄分です。

鉄分の多く含まれている食品には、レバー(鶏・豚)、ひじき、あさり、はまぐり、納豆、うなぎなどがあります。

【2】黒クマの対策

黒クマの対策におすすめの目元マッサージとむくみ対策として取り入れてほしいことをご紹介します。

■目元マッサージ

空いた時間に数回ずつ行うことで、目元の筋肉を鍛えることができます。

①薄目を開けた状態を10秒間キープ
体操1下まぶたが、目を開けた状態に比べて2~3mm上がった状態にします。
最初は鏡で確認しながらやってみてください。

②指先で目尻の少し上のあたりを斜め上に引っ張り押さえ、この状態で10秒間目を閉じる
体操2いわゆるキツネ目の状態です。
指で押さえるときは強く抑え過ぎないようにしましょう。

■塩分の摂り過ぎに注意する

塩分を多く取るとむくみやすくなるので、塩分が多めだと感じている方は、酸味や香辛料を使って料理をする工夫をしましょう。ゆず・コショウ・レモン・すだち・シソ・みょうがなどがおすすめです。

また、ラーメンの汁は全部飲まない、できるだけ自炊をするなど心がけることも大切です。

■定期的に身体をほぐす

青クマと同じ対策になりますが、身体をほぐすことはむくみ対策にもなりますので、黒クマ対策としてもおすすめです。

《立ったままできるおすすめストレッチ》
むくみ 体操(立)つま先は床につけたまま、思いっきりかかとを上にあげます。ふくらはぎがぴーんと伸びていることを意識しながら、30回くらいやりましょう。電車を待っているときなどにおすすめです。

【3】茶クマの対策

茶クマには、目元に刺激を与えないこととしっかり保湿をすることが大切です。4つの対策をご紹介します。

■クレンジングと洗顔の見直し

クレンジングや洗顔の時に目をこすりすぎていないか、見直してみてください。無意識のうちにこすりすぎていることがあります。

特に、アイメイクリムーバーを使っている方は、こすりすぎないように、リムーバーをコットンにたっぷり染み込ませてからあてるようにしましょう。

アイメイクリムーバーの正し使い方・選び方についてはこちらの記事でご確認ください。

■目をこすりすぎない

花粉症やアレルギーの方は特に注意が必要です。こするのが我慢できないようなら、眼科や皮膚科に相談するようにしてください。

■美白*化粧品で保湿ケアをする

保湿をするときは、シミ対策のできる美白*化粧品がおすすめです。
美白*成分には、ビタミンC誘導体やアルブチン、エラグ酸、カモミラET、トラネキサム酸などがあります。
(*美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと)

▼おすすめ化粧品

☆アスタリフトホワイト(医薬部外品)
アスタリフト販売会社:富士フイルム株式会社

【肌らぶ編集部コメント】
美白*成分として化粧水とクリームにアルブチン、美容液にビタミンC誘導体が配合されています。
また、独自の保湿成分ナノAMAが、肌の角層まで届きます。
(※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと)

トライアルセットが1,000円(税抜)で試すことができるので、まずはそちらからお試しください。

>>「アスタリフトホワイト」公式HPはこちら

■保湿の仕上げにアイクリームを使用する

いつもの保湿に加えて、目元の肌にはアイクリームをプラスして重点的に保湿することで、肌の乾燥をより防ぐことが期待できます。

▼おすすめアイクリーム

☆B.A ザ アイクリーム
BA ザ・アイクリーム販売会社:ポーラ

【肌らぶ編集部コメント】
薄く繊細な目もとの肌にしっかりなじむ、濃密なテクスチャーのアイクリームです。

まばたきや表情の動きや、年齢を重ねることなどでゆるみやすい目もとの肌にピタッと密着。

独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」を配合した濃密なクリームで、目元の肌にハリを与えます。

>>「B.A ザ アイクリーム」の詳細はこちら

☆キラリエ・アイクリーム
kirarie販売会社: 株式会社オリガミ

【肌らぶ編集部コメント】
「レチノール」が肌にハリを与え、保湿成分である「ヒアルロン酸」や「セラミド」が目元を乾燥から守ります。

>>「キラリエ・アイクリーム」の詳細はこちら

4.目のクマをメイクで消す方法

クマ メイク

気になるクマは、メイクで隠すという方法もあります。種類別に、自然に隠せる方法をご紹介します。

【1】青クマの隠し方

■オレンジ系のコンシーラー(リキッドor筆ペン)を使う

青クマを目立ちにくくさせるには、オレンジ系のコンシーラーがおすすめです。

ただ、コンシーラーはカラー別で売っているものではないので、もし自分に合うオレンジ系のコンシーラーが見つからなければ、自分の肌より明るすぎるものは選ばないようにしましょう。青クマの部分だけ色が薄くなってしまい、逆に目立ってしまうことがあるためです。

また、皮膚の薄い目元にコンシーラーを使うときは、ソフトな触り心地のリキッドや筆ペンがおすすめです。

☆ポーラ オーガ コンシーラー&ベール
オーガ コンシーラー&ベール販売会社:ポーラ

【肌らぶ編集部コメント】
目の下のクマを隠す薄いオレンジ色のコンシーラーと、毛穴や乾燥による小じわを目立たなくさせ、なめらかに整える補正料ベールのセットです。
コンシーラーは、ライトとナチュラルの2色から選べます。

>>「ポーラ」公式HPはこちら

■メイク前に蒸しタオルをあてる

蒸しタオルメイクをする前に蒸しタオルをあてるとより効率的です。目の周りを温めることで、血行を促しましょう。

【蒸しタオルの作り方】
1 水で濡らしたタオルをゆるめに絞る
2 電子レンジで40秒〜1分ほど温める
3 適温になるまで冷ましたらでき上がり

(※やけどに注意。腕の内側にのせて少し熱いと思うくらいが適温です。)

【2】黒クマの隠し方

■黒クマが薄い場合はパール感のあるコンシーラーでハリ感を出す

黒クマは他のクマと違い色が変わっているわけではないので、黒クマが濃くなってしまうとコンシーラーを使ってもあまりうまく隠すことはできません。

ただ、まだ黒クマが薄いのであれば、パール感のあるコンシーラーでハリ感をだしたり、ベージュやオークル系のコンシーラーを使うと目立たなくすることができます。

☆ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー
ミュゼル アイゾーンコンシーラー販売会社:ポーラ

【肌らぶ編集部コメント】
美容液タイプの目元用コンシーラーです。
筆タイプのため塗りやすく、自然に青クマを隠してくれます。
メリッサエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も配合しており、肌にうるおいを与えます。

>>「ポーラ」公式HPはこちら

■濃い黒クマは視線誘導メイクで目立たなくする!

クマ_メイク濃い黒クマはコンシーラーを厚くぬってもうまくは隠しにくいです。
そのため、視線誘導メイクで他人の視点を黒クマから誘導してしまいましょう。

アイラインをしっかり引く、アイシャドウやリップを明るい色にするなど、黒クマ以外の箇所に視線を誘導する方法です。
全部を濃くするとケバく見えてしまうことがあるので、濃くする箇所は1~2点にしましょう。

【3】茶クマの隠し方

■イエローのコンシーラー(リキッドor筆ペン)を使う
茶クマを目立ちにくくさせるには、イエロー系のコンシーラーがおすすめです。
探すのが難しい場合は、青クマと同様に、自分の肌より明るすぎる色合いのものは選ばないようにしましょう。

☆ポーラ ミュゼル アイゾーンコンシーラー
ミュゼル アイゾーンコンシーラー販売会社:ポーラ

【肌らぶ編集部コメント】
美容液タイプの目元用コンシーラーです。
筆タイプのため塗りやすく、自然に茶クマを隠してくれます。
メリッサエキス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分も配合しており、肌にうるおいを与えます。

>>「ポーラ」公式HPはこちら

【共通】コンシーラーの使い方

全てのクマでお話したコンシーラーについて、正しい順番と塗り方をお伝えします。

■塗る順番

コンシーラー ファンデーション 塗る順番コンシーラーは、正しい順番で使うことで、より自然と肌になじんで隠すことができます。

パウダーファンデーション(粉状)の場合はコンシーラーを先に、リキッドファンデーション(液状)の場合はコンシーラーを後に使います。さらに上からフェイスパウダーを重ねることで、より肌になじみやすくなります。

■塗る手順

① ブラシにコンシーラーを取り、手の甲で量を調整する

② 目の下にコンシーラーを斜め下の方向へ少量をのせ伸ばす

コンシーラー

③ 軽くポンポンと叩き込むように薬指の腹かスポンジでなじませる

厚塗りはせず、クマの周りにコンシーラーを塗ってからなじませるようにしていきましょう。厚ぼったく塗ってしまうと、メイクのヨレの原因になってしまいます。

5.まとめ

一言でクマと言っても、種類によって原因も対策も異なることがお分かりいただけましたでしょうか?

●青クマ ⇒定期的なストレッチと生活習慣の改善!

●黒クマ ⇒目元マッサージとむくみ対策!

●茶クマ ⇒目をこすりらない!スキンケアや癖を見直して!保湿も大事!

うまくメイクでごまかしながら、これらを意識して対策していきましょう!

この記事は2016年8月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

笑顔のための薬用美容液『サインズショット』はこちら>>>



Pocket
LINEで送る