メニューを開く
2017年6月20日 更新

告白は何回目のデートがいい?成功するタイミングは?

デート 告白

「何回目のデートで告白するといいの?」「次のデート、どのタイミングで告白しよう?」と、告白についてお悩みではありませんか。

好きな相手と恋人同士になるためには避けては通れない告白。今回は、そんな告白を何回目のデートですれば良いかをはじめ、デート中の告白のタイミング、告白を成功させるための方法などをご紹介します。

告白が成功したその先の日々を思い描きつつ、片思いを終わらせるべく、今度のデートに臨みましょう。



1.何回目のデートで告白が良いか

デートで告白をする場合、何回目のデートが良いかご紹介します。次のデートでの告白を意識している方は、参考にしてみてください。

①2~3回目のデートがおすすめ

デート 告白
告白を考えるなら、2~3回目のデートが良いかと思います。一般的にも、2~3回目のデートで勝負に出る人が多いようです。

2~3回目のデートでは、ある程度お互いのことが分かってくるタイミングですよね。また、2回目、3回目とデートをしてくれるという時点で、相手にも自分に対して好意があると考えられるでしょう。

相手も、「そろそろ告白されるかも?」と身構えるタイミングでもあるかと思います。相手に告白されたときの返事や、恋愛的な関係をイメージしてもらうためにも、ちょうどよいタイミングでしょう。

②いけると思ったら1回目でもOK

デート 告白
いけると判断したら、1回目のデートで告白しても良いでしょう。

デートをする前に、会話をしたり、LINEなどでコミュニケーションを取ったりなどしていることもあります。その場合は、デートをする前から何となく人柄も分かっていますよね。

恋愛の始まるタイミングも、進行のスピードも、これという決まりはありません。初めて見た瞬間から「この人!」と一瞬で恋に落ちるというパターンも、めずらしくないでしょう。

「早いかな?」「焦りすぎかな?」と心配な方も、すぐに肉体関係を迫ったりさえしなければ、ガツガツした印象を与える心配もないはずです。

③5回目以降のデートでの告白は要検討

デート 告白
デートも5回目以降になってくると、告白に良いタイミングとは言えないかもしれません。

脈アリの確証が得られるまでは、告白まで踏み切れないという方もいるかもしれませんが、告白のタイミングが延び延びになると、相手も「脈なしなのかな」と思ってしまうでしょう。

相手のことを真剣に考えているなら、相手を待たせすぎるのもよくありません。

告白しないうちに見切りをつけられるようなことになったら、後悔しかないでしょう。また、相手がモテるなら、他の人に奪われるのも時間の問題です。

好きな人を誰かに取られたくないなら、3回目か4回目くらいのデートで覚悟を決めてみても良いかもしれませんね。

2.デートでの告白のタイミング

デートで告白するときのタイミングについてお話します。デートで告白するときの参考にしてみてください。

2-1.日が暮れたとき

デート 告白
日が暮れて薄暗くなってきた頃は、告白におすすめのタイミングです。半日デートを楽しみ、2人の関係もあたたまっているタイミングでもあるかと思います。

薄暗くなってくると、お互いの顔がよく見えなくなってくるので、告白する方も心理的にリラックスできるはずです。

告白する方だけでなく、告白される方も恥ずかしくなるものなので、お互いの姿がぼんやりしているくらいの方が、相手も冷静な反応ができるかもしれませんね。

2-2.沈黙が続いたとき

デート 告白
デート中、2人そろって黙って静かになったときは、告白にはおすすめのタイミングかもしれません。

告白は、どこまでいっても雰囲気が大切です。楽しい会話の中で、「好きなんだよね~。付き合ってください」と、伝える告白パターンもありますが、冗談っぽくなってしまいます。

一方、ちょっと沈黙した後に切り出す告白の言葉は、告白への真剣さを演出することができますよね。

ちょっと沈黙した後、「あのさ……」と、真剣な口調で切り出してみてください。

2-3.2人きりになったとき

デート 告白
2人きりになったり、2人だけの空間になったりしたときは、告白におすすめのタイミングです。

周りに誰もいない空間なら、2人きりの世界を作り上げることができるでしょう。2人きりなら、誰かに邪魔されたり、茶化されたりする心配がないので、告白をする方も安心です。

また、他人の目が気になる人もいるので、周りに人がいないことで、告白の言葉にしっかり集中できるでしょう。

告白の場所として、観覧車や校舎裏などがよく選ばれるのも、2人きりでじっくり向かい合えるからかもしれませんね。

2-4.美しい景色を目の前にしたとき

デート 告白
夢のような景色であれば、告白が成功する確率もアップするような気がします。

海辺、展望台、山の頂上、ホテルの最上階など、景色の良いところは、日常を忘れられる場所でもありますよね。美しい景色による非日常感に、思わず気分が高揚してしまうはずです。

そんなロマンティックな雰囲気の中で告白されると、映画の主人公になったような気分になることでしょう。

特に女性は、いくつになってもプリンセスに憧れる気持ちを心の奥底に持っているものです。

美しい景色を背景にすることで、いつまでも記憶に残るような告白になることでしょう。

2-5.デートの終盤にさしかかったとき

デート 告白
すっかり日も暮れ、食事も終わると、そろそろデートも終盤ですが、それくらいのタイミングで告白をしてみてもよいかもしれません。

デートの終盤は、相手の気持ちが恋愛的に高まるタイミングでもあります。恋愛的に意識をする相手と遊びに行くと、「今日は告白されるかな?」「やっぱり今日の告白はなしかな?」と、相手も身構えているものです。

万が一、告白がうまくいかなかったとしても、もうデートも終盤なら、気まずい時間も短くて済みます。

すぐに返事がもらえなさそうなら、「次に会ったとき」など期限を設けても、自然な流れでその日のデートを終えることができるでしょう。

3.デートで告白を成功させる方法

デートでの告白を成功させるための方法をご紹介します。

告白成功の方法① 脈アリかを判断する

デート 告白
告白をする前に、自分に恋愛的な脈があるのかを確認しておきましょう。

告白を失敗する人の多くは、相手に脈があるのかを確認しなかったり、片思いなのに、相手も自分のことが好きだと勘違いをしてしまったりするパターンのようです。

脈がなければ、告白しても失敗して当然です。

相手に好意があるというサインを出してみて、相手の反応を見るのもおすすめです。

告白の前に、相手の行動や言動をよく観察し、脈があることをしっかり確認してから、告白のステップに進むようにしましょう。

告白成功の方法② 相手にとって良いタイミングを確認する

デート 告白
告白をするときは、それが相手にとって良いタイミングかを確認しましょう。相手にとって良いタイミングを見計らうことで、告白の成功率をアップさせることが期待できます。

人生には、心をかき乱される瞬間や、ここぞという集中力を発揮しなければならない時期があります。

例えば、受験や大事な試合の前、知人に不幸があったとき、人間関係の悩みを抱えているときなどは、心理的に恋愛ができる状態ではないこともあるでしょう。

特に、男性の場合は女性に比べて、恋愛と勉強や部活などの両立に不器用なのが特徴です。

こうしたタイミングのときは、告白にも良い返事がもらえない可能性が高まります。

好きな相手でよく観察しているからこそ、相手が好調か不調かは見極めてから告白しましょう。

告白成功の方法③ LINEやメールではなく直接伝える

デート 告白
告白をするときは、LINEやメールは使わず、直接伝えましょう。

LINEやメールは、相手を目の前にしない分、緊張しないで済みますが、告白という勝負においては、あまりおすすめできません。

特にLINEやメールだと、表情や声のトーンが分からないので、いたずらやウソだと勘違いされてしまうこともあるようです。告白しても相手に伝わらなかったら、せっかくの告白も水の泡です。

相手を目の前にした状況で、告白に臨みましょう。

告白成功の方法④ 自分の言葉で伝える

デート 告白
告白をするときは、自分の言葉で伝えるようにしましょう。

告白をするとき、特に男性はカッコつけたいですし、できるだけ成功率が高まる言葉を選びたいと思うものです。しかし、インターネットの検索で表示される言葉を借りるだけでは、相手に本当の気持ちは伝わらないと思いましょう。

相手のことを好きな気持ちの大きさや、好きな理由は、あなたの中にあるものであって、インターネット上には載っていないからです。

自分の心の中にある本当の言葉を使って、告白をするようにしましょう。

告白成功の方法⑤ 相手のことをほめる

デート 告白
デートで告白をするときには、告白の言葉に相手をほめる言葉を織り交ぜるのがおすすめです。

ほめられると、誰もが嬉しくなるものかと思います。そんなほめ言葉を告白に取りいれることで、

・自分のことをよく見てくれている
・自分のことを認めてくれている

と感じるため、告白の言葉に信頼性がプラスされます。

「いつも明るいあなたといると、とても元気になれます!あなたのことが大好きです」
など、好きな人に惹かれた理由を素直に伝えてみてくださいね。

4.失敗するデートでの告白5パターン

失敗してしまうデートでの告白パターンを、5つご紹介します。失敗を未然に防ぐため、参考にしてみてください。

4-1.どう返事をすべきか分からない

デート 告白
告白された相手が、どう返事をしたら良いか分からないのも、告白の失敗と考えて良いでしょう。

彼氏・彼女の関係になりたいのか、まずは友達になりたいのかなど、告白の後に理想とする、相手との関係があるかと思います。

「好きです」と告白されただけでは、まさか「私は嫌いです」という訳にもいかないですし、「ありがとう」では話が終わってしまいます。どう答えたらよいものか、告白された方も悩んでしまいますよね。

できれば、OKかNGで答えられるような告白をするように意識してみてください。

4-2.カッコつけすぎて理解できない

デート 告白
告白の言葉や言い回しでカッコつけ過ぎたことが理由で、何を言いたいのか理解できなくては、告白は失敗と言えるでしょう。

好きな相手に自分を良く見せたいという気持ちは、特に男性は持つかもしれませんね。ですが、その言葉の真意が伝わらなければ、告白しないのと大して変わらないでしょう。

告白の言葉はシンプルなのが一番です!

4-3.照れ隠しなのか適当な感じになっている

デート 告白

告白をするときに、照れ隠しからか適当な感じが出ていると、失敗する可能性があります。

大切な告白という場面にもかかわらず、その言葉が適当では、告白の本気度がいまいち伝わりません。

例えば、

「もう面倒くさいし、付き合おっか」
「とりあえず、付き合ってみない?」
「俺は別にどっちでもいいんだけど、付き合う?」
「結構、相性良いと思うし、付き合ってみるか」

など、軽いノリの告白は、どちらかというと男性に多いパターンの残念告白かと思います。

ロマンティックのかけらもないような告白は、がっかり感が隠しきれません。

特に女性は、いくつになってもロマンチストです。女性なら、理想の告白やプロポーズのシチュエーションを想像したことは、一度や二度ではないでしょう。

そんな告白を、投げやりな言葉でされても、うれしさが半減するどころか、ちょっとがっかりして、怒りさえ覚える人もいるかもしれません。

相手への好意の本気度を表すためにも、告白は手抜きをすることなく、真剣にというのを意識しましょう。

4-4.焦りすぎている

デート 告白
デートでの告白を焦り過ぎていると、失敗してしまうことがあります。

2回目・3回目のデートでの告白が良いと一般的には言われていますが、必ず2回目や3回目に告白をしなければいけないと焦ることはないのです。

3回目のデートであっても、関係がまだ告白をして良いところまでできあがっていない可能性もあります。

デートで告白をする前に、相手との距離感を確認し、告白して良いかまだ早いか、冷静に判断してみてください。

4-5.告白のことで頭がいっぱいになっている

デート 告白
告白のことで頭がいっぱいになると、告白が失敗することがあります。

告白のことしか考えられない状態は、冷静な判断ができなくなっていることが多いようです。

冷静になれない状態では、相手への気遣いが不足したり、相手を振り回してしまったりすることがあるのです。そんな状態では、相手はデート中に置き去りにされてしまうかもしれません。

告白のことで余裕をなくし、デート中に相手に優しくできないようでは、告白の結果が思わしくなくても仕方ないかもしれません。

5.まとめ

デート 告白
何回目のデートでの告白がおすすめか、デート中の告白のタイミング、告白を成功させるための方法などをご紹介しました。

おすすめの告白のタイミングは色々ありますが、あまり段取りに気を取られ過ぎる必要はありません。

理想の告白にとらわれ過ぎて、デートに集中できないようでは、相手もデートを楽しめなくなってしまいます。

告白をするのは勇気のいることですが、タイミングを見極めながら、準備をしてみてください。


   

Pocket
LINEで送る