メニューを開く

【デートの会話を楽しく♡】沈黙しないためのコツと話題

デート 会話「デートで何を話せばいいのか分からない……」「デート中の沈黙が気まずい……」
まだお互いのことを知らなかったり、付き合いたてだったりすると、デート中にどんな会話をしたらよいか悩みますよね。会話が弾まず、沈黙したときに気まずくなるのも、なんとか避けたいものです!

そこで今回は、デート中の会話におすすめの話題や、会話を弾ませるための準備、デート中の会話で気をつけたいことなどをご紹介します。

デートでの会話は、お互いをよく知るための手段のひとつです!これからお話しする内容を参考に準備しつつ、気張らず会話を楽しみましょう♪



1.デートでの会話のコツ

デート 会話デート中の会話を考える上で、大切にしたいコツをご紹介します。このコツを覚えておくことで、デート中の会話を進めやすいと感じられるでしょう。

・会話のコツ① 自分をよく見せようとしない
・会話のコツ② 相手のことをよく知りたいと思う
・会話のコツ③ リアクションをする

それぞれ、簡単に説明します。

会話のコツ① 自分をよく見せようとしない

 デート 会話
リラックスして会話をするために、自分のことをよく見せようとしないようにしましょう。

人が緊張してしまうのは、自分をよく見せようとしているときが多いとされています。

親や親しい友達とは普通に会話できるのに、好きな人とうまく話せないのは、自分をよく見せようとしているからかもしれません。

でも、会話がちょっとうまくいかなかったり、沈黙が続いてしまったりしただけで嫌われるとは限らないと思うのです。肩の力を抜いて、普段通りの自分でいた方が、自然と会話は楽しめるでしょう。

会話のコツ② 相手のことをよく知りたいと思う

 デート 会話
デートに限らず、相手に興味を持つことが、会話の極意とも言われています。

デートをするということは、相手についてもっと知りたいと考えているのですよね?その「相手を知りたい」という純粋な気持ちを持つことは、会話を広げていく上では大切です。

相手に興味を向けると、相手にきいてみたいことがわいてきやすいでしょう。

会話のコツ③ リアクションをする

 デート 会話
デート中の会話では、話題を振ることに意識が向きがちですが、リアクションを取るという役割も忘れてはいけません。

「そうなんだ」「すごい」「本当に」「へー」といった相槌に、「驚き」「笑い」「疑問」などの感情を、分かりやすく込めていくのです。

また、相手が話をしているときは、相手の目(恥ずかしければ鼻の頭のあたり)を見て、うなずいて相槌を打ちましょう。

少しオーバー気味のリアクションや適度な相槌をすることで、相手にとって話しやすい雰囲気を作ることができますよ。

2.デート中の会話のネタ

デート中の会話のネタとなるものと、話題の膨らませ方をご紹介します。

①天気

 デート 会話
天気の話題は、万人に共通する話題なので、デートの待ち合わせ直後の会話にもおすすめです。

「今日はくもってるね。雨降るかな~、傘持ってきた?」
「今日は寒いね。そのかっこう寒くない?」
など、天気や気温とからめて、質問をしてみてもよいでしょう。

ただ、天気ネタは「そうだね」「寒いね」などで終わってしまうことがほとんどなので、あまり盛り上がることは期待しないでくださいね。

②ファッション

 デート 会話
相手の着ている服や、ヘアースタイル、アクセサリー、カバンなど、相手のファッションを主役にした話題もおすすめです。

相手の服やアクセサリーなどを見てみて、
「かっこいい時計だね」
「その服の色、〇〇さんにすごく似合ってるね」
「そのネックレス、なんの形?ねこ?いぬ?」
「そのブラウスの襟、女の子らしくていいね」
など、思うままにアクセサリーや服について触れてみましょう。

特に女性はファッションに興味があることが多く、アクセサリーひとつ取っても、それを選んだ理由やこだわりがあることがあります。

男性の場合は、一般的に時計や靴、カバンなどにお金をかける傾向があるかもしれません。

ただ、女性の服の話をする際は、「どこ見てんのよ!?」と感じさせないよう、気をつけましょう。

③趣味

 デート 会話
お互いの趣味の話は、会話の話題にすることができます。

趣味をきくときは、相手の趣味に興味を持っているという姿勢を見せることが大切です。趣味について気になることは積極的に質問し、相槌もきちんと打ちましょう。

もし、カラオケが趣味なら、
「ヒトカラとか行くの?」「よく歌う歌は?」「どれくらいの頻度で行くの?」
などのような質問が考えつくかと思います。

また、映画が趣味という場合は、
「月に何本も観るの?」「最近観た中で一番よかったのは?」「あんまり観ないんだけど、おすすめ教えて」というように話をつなげていけるでしょう。

趣味の話題からは「今度一緒に行こう!」と、次のデートにも誘いやすいです。

相手の趣味について知識がなくても、「教えてください」というスタンスでいれば、相手にしゃべってもらえるはずです。

詳しい分野については、誰でも饒舌になるものです。相手の趣味について話してもらいつつ、あなたの趣味も、相手を退屈にさせない程度なら話してみてもよいでしょう。

④普段の生活

 デート 会話
相手の普段の生活について触れてみるのもよいでしょう。学生であれば、授業・部活・塾・アルバイト。社会人であれば、仕事や通勤、仕事の日のランチ、習い事、休日の過ごし方など、普段の生活の中から話題を探してみてください。

「好きな授業は?」「部活の練習は大変?」

すでに学校を卒業してしまった年代でも、「得意だった科目」「部活の思い出」などを話題にしても盛り上がるかもしれません。

似た業種のアルバイトの経験、同じ部活など、2人の共通点を見つけると、会話が盛り上がりやすいです!

⑤流行っているもの・話題のもの

 デート 会話
新しくできたスポットや気になるイベント、人気の映画などのネタは、会話にも活用しましょう。世間で流行ったり話題になったりするということは、多くの人が興味を持っている可能性があるということです。

行ったか行っていないか、行った場合はどうだったかなど、話してみてください。

さらに、この話題は会話のつなぎにちょうどよいだけではありません。

相手も興味を持っている様子だったら、「一緒に行かない?」と、スムーズに誘うことができるでしょう。

⑥風景描写

 デート 会話
相手への質問も、準備してきた話題も切れてしまった……。そんなときは、風景描写がおすすめです。

風景描写を使った例文:
「あのおじさん、何か探し物してるのかな。さっきからポケットをポンポン叩いている」
「女の子って、あんなに高いヒールの靴履いても転ばないんだね~。てか歩くの速っ!」
「あの店員さん、誰かに似てない?」
「このティーカップ、指が太いと持ちにくい」
など、目に入った人やモノを、そのまま描写して、会話の糸口を見つけましょう。

自分や相手だけの限られた世界では、変化はなかなか起こりにくく、会話のネタを見つけるのは難しいです。しかし、周りを見渡せば、景色は変化しているので、あなたにさまざまな話題を提供してくれるでしょう。

ただし、他人の悪口などは、あなたの印象を下げる可能性があるので、やめてくださいね。

裏技 「緊張している」と告白する

 デート 会話
「緊張している」と告白してしまうのもおすすめです。

「沈黙が続いたらごめんね。すごい緊張してて、こういうの慣れてないから、どうしたらいいかテンパってる!」などのように、あえて言ってしまうと、気まずさがやわらぐでしょう。

きちんと告白しておけば、失敗しても相手は大目に見てくれるはずです。

もしも相手も緊張していたら、緊張しているのは自分だけじゃないんだ、とリラックスしてくれるでしょう。

遊び慣れていない初々しい感じも出るので、相手に好印象を持ってもらえるかもしれませんね。

3.デート中の会話に悩まないための準備

デート中の会話で悩まないためにしておきたい準備についてお話しします。デートの本番前に準備しておくことで、突然の沈黙にも冷静に対処できることが期待できます。

3-1.ききたいことを考えておく

 デート 会話
相手にききたいことを、ある程度考えておくようにしましょう。前もって会話のネタを用意しておくことで、デート中の心の余裕につながることが期待できます。

これからデートをするということは、あなたは相手のことが気になっていて、もっと知りたいと思っているのですよね。

相手に興味を持つことは、会話の話題を作る上で活躍します。相手を知りたいという素直な気持ちを大切に、きいてみたいことを考えてみましょう。

いきなり「好きな男性のタイプは?」「デートで行きたい場所は?」ときくのはド直球すぎるので、「好きな芸能人」をきいたり、「行ってみたい場所」などをきいたりするのもおすすめです。

3-2.食事のお店選びにこだわる

 デート 会話
デート中に一番会話で悩むのが、お店で食事をするときかと思います。そのお店選びにこだわると、会話の気まずさを防止することが期待できます。食事中の沈黙を防ぐための、お店選びのポイントをご紹介します。

(1)薄暗い感じのお店を選ぶ

照明がやわらかく、薄暗い感じのお店を選びましょう。薄暗い方が、お互いの表情が見えにくいので、あまり緊張せずに話しやすいことがあります。

あまりに明るいと、相手の顔や、緊張で震える自分の指先などが目に入り、緊張してしまう可能性があるのです。

昼間でも薄暗くて雰囲気のあるお店があれば、デート中の食事のお店として候補にあげておいてみてください。

(2)すぐ料理が来そうなお店を選ぶ

食事を待っている時間は手持無沙汰になるので、なるべくすぐ食事が来そうなお店を選んでみましょう。

例えば、混んでいるお店、店員さんが少ないお店などは、確率的にあまりすぐに料理が運ばれてこない可能性があります。また、料理によっては調理に時間がかかる場合もあるでしょう。

逆に、ファストフード店やファミリーレストラン、カフェの軽食などは早いことが多いので、気まずい沈黙も少なくて済むはずです。ただ、ファストフードやファミレス系は、中高生はよいですが、大学生くらいになると、否定的な意見もあるようなので、まだ親密になる前の段階では気をつけましょう。

(3)L字型の席を選ぶ

もし選ぶことができれば、L字型の席がおすすめです。向かい合って座ると、目の前に相手の顔がくるので、それだけで緊張しやすいです。

L字型の席は、真正面に相手の顔がないだけでなく、2人の距離感が近いので、心理的に親しくなりやすいでしょう。L字型のお店を使うというのは、恋愛に慣れている人が、勝負をかけたデートで使うテクニックでもあります。

やわらかいソファー席だったりすると、気分的にもリラックスできるかもしれませんね。

3-3.会話の必要ないデートにする

 デート 会話
会話をしなくても乗り切れそうな場所を、デートの場所に選ぶのがおすすめです。

例えば、水族館や動物園、映画館などは、会話をしなくてもそこそこしのげます。

また、こうした場所は、「イルカのショーが」とか、「あの映画の主人公が」とか、それ自体が会話のネタになるというのもポイントです。

会話に悩むうちは、相手に行きたいところがなければ、鑑賞系のデートを楽しんで、関係を育んでいきましょう。

3-4.ネタになりそうなものを持っていく

 デート 会話
ネタになりそうなものを準備し、会話に困ったら活用していきましょう。

例えば、友達の間で流行っているものや、動画、アプリなどがあります。特にネタアプリは、日頃からチェックしておくと、人との会話に使えそうなものが見つけられるはずです。

ただ、あまり関係が親密でない場合は、下品なネタは避けた方がよいでしょう。お互いに気まずくなります。

4.デート中の会話でのNG

いくら会話がなくても、デート中の会話でしない方がよいものをご紹介します。お2人の関係のレベルにもよりますが、気をつけましょう。

4-1.悪口・噂話

 デート 会話
会話を盛り上げようとして、悪口や噂話をするのはやめましょう。悪口や噂話は、基本的に「好かれたい」と思ったらしない方が無難です。

誰からも人気があり、「あの人を悪く言っている人を見たことがない」と言われる人は、人の悪口や噂話に加わらないような人でしょう。

悪口や噂話を好む人と話していると、「自分のことも陰で悪く言っているのではないか」と考えてしまいますよね。

もしも好きになった人が、人のことを悪く言う人だったら、少し幻滅してしまうはずです。

4-2.プライベートに踏み込んだ内容

 デート 会話
プライベートに踏み込み過ぎた会話は、あまり親しくないときには、話さない方がおすすめです。

例えば、家族の話など、プライベートな話題は、気をつけた方がよいでしょう。人によっては、家族の仲がよくなかったり、複雑な家庭環境だったりすることがあります。

その場合、話す方もきく方も、心の準備が必要でしょう。

また、初対面の場合は住んでいる場所の詳細な情報など、答えたくないという人もいるようです。最近はストーカーなども怖いので、警戒心がとけるまでは、会話でも適度な距離感を保つとよいかもしれませんね。

4-3.恋愛の話題

 デート 会話
恋愛の話題は、まだ親密な関係になりきれていない場合、積極的に持ち出さない方がよいでしょう。

別れた理由、交際人数、以前の恋人と付き合ったきっかけ、交際の期間、フリーでいる期間などのようなものは、あまり軽々しく話題にしない方がよいと考えておいてください。

過去の恋愛で心の傷を負ったり、前の恋人がナンパで知り合った人だったり、交際経験がなかったりすると、相手が答えたくないと感じることがあるからです。

こうした話題は、親しくなれば自然に分かってくることなので、今はあえてきかないでおきましょう。

4-4.相手の発言を否定する

 デート 会話
相手の発言に対して、「いや、それはないでしょ~」「でも、〇〇って△△じゃない?」など、いちいち否定しないようにしましょう。

自分の発言を「いや……」「でも……」と否定されて、よい気分になる人はいませんよね。

あまり続くと、自分の存在自体が否定されているような気分になって、だんだん話す気も失せてきてしまいます。

あまり親しくないうちは、「そうだよね」と、肯定することから始めてみましょう。

5.Have a nice date ♡

 デート 会話
デート中の会話のネタや、会話を盛り上げるためにしておきたい準備などについてお話ししました。

どんな会話をしたらよいか、ネットで検索するあたりから、あなたは相手のことを真剣に考えている、とても誠実な方なのだと想像します。

一度や二度、デートの会話でうまくいかなかったとしても、あなたの誠実さは相手にも伝わっているでしょう。

しゃべるのが苦手だなと思ったら、相手が気持ちよく話せるような雰囲気を作ることを意識してみるのもおすすめです。分かりやすくリアクションを取り、相手の話には力強く相槌を打つだけなら、まだハードルは低そうですよね。

肩の力を抜いて、気になる人とのデートを、楽しんでください♪

この記事は2017年4月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る