メニューを開く
アスタリフト;

条件別家庭用脱毛器おすすめ|全身・顔・VIO・価格

脱毛サロン おすすめ
家庭用脱毛器を検討しているけど、商品が多すぎて決めきれない!人気なのは分かるけど、自分に合っているのか不安‥という方も多いのではないでしょうか?

悩んだ場合は、出せる金額やどこの部位までやりたいかなど、目的によって選ぶ基準を変えることでより選びやすくなります。

そこで、あなたが最も重視する点から、それぞれぴったりの家庭用脱毛器をご紹介いたします。自分は何を1番求めているか?を再度確認しながら、探してみてくださいね。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.家庭用脱毛器について~脱毛の知識~

まずは、家庭用脱毛器について、正しく理解しておきましょう。

本来、「脱毛」とは美容皮膚科・クリニックでのみ行うことができる、永久脱毛のことを指します。

脱毛サロンや、家庭用脱毛器で行う処理は、正しくは「減毛」となり、永久脱毛ではありません。

そのため、完璧を求めている方は、美容皮膚科やクリニックでの処置を検討してみてください。

ただ、家庭用脱毛器でもお手入れを重ねることで、毛を細く・目立ちにくくしていくことが可能です。

2.条件別おすすめ家庭用脱毛器

ここでは、やっぱり自宅でお手入れしたい!といいう方のために、

(1)全身のお手入れをしたい方
(2)初期費用を抑えたい方
(3)顔のお手入れを主にやりたい方
(4)VIOのお手入れを主にやりたい方

の4つに分けて、それぞれおすすめの脱毛器をご紹介します。(内容によってはおすすめの脱毛器がかぶります)

(1)全身のお手入れをしたい方へのおすすめ

家庭用脱毛器を全身に使いたい!という方におすすめしたいのは「ケノン」です。本体代は他よりも高めではありますが、全身脱毛をするにあたってのこだわりポイントが多いのが魅力です。

▼ケノン

ケノン可能箇所:全身(※目の周り、I・Oラインはなるべく控える)
価格:73,800円(税抜)~ ※キャンペーンにより異なります。
照射回数:20万回(1カートリッジあたり)
1回の面積:横3.7cm×縦2.5cm(エクストララージカートリッジ使用時)
出力調整:10段階の出力レベル調整可能

ポイント①照射回数の多さ

ケノンはカートリッジ1つで20万回照射をすることができ(10段階あるレベルの中で1番小さなレベル1を使った場合)、さらにキャンペーンによってはカートリッジが複数ついてくることもあるのが特徴です。

一度購入した後のコスパの良さがケノンの魅力です。

ポイント②照射面積の広さ

ケノンの照射部分は、横3.5cm、縦2.5cmととても広いため、照射回数が減り、時間が短縮されます。面倒くさがりな方でも使いやすいのがポイントです。

ポイント③長時間使用可能なコンセント式

コンセント式なので、脱毛の途中で充電が切れてストップしてしまう心配がありません。

ポイント④24回分割払い可能

すぐにまとまった金額が用意できない方は、分割払いで24回まで選択することが可能なので、月3000円ずつから購入申し込みすることができます。分割手 数料はかかってしまいますが、今すぐ始めた方が早く毛の悩みから開放されますので、今すぐお金の用意ができない方におすすめです。

手数料を払いたくない方は、ボーナス払いも選べるので、そちらを選択して期限までに貯めるという方法もあります。

顔 脱毛 自宅 ケノン

(2)初期費用を抑えたい方へのおすすめ

お金できれば一括払いが希望だけど、高い金額は払えない‥そんな方へおすすめしたいのは「ヒカリエピプロ」です。

▼ヒカリエピ プロ

ヒカリエピプロ可能箇所:全身(※目の周り1.5cmは不可)
価格:37,800円 (税抜)
照射回数:1,500回
1回の面積:横3m×縦2cm
出力調整:2段階の出力レベル調整可能(3段階ありますが、1番低いレベルは美顔機能用)

ポイント①手頃な価格

3万円台で購入できるのが魅力です。また、カートリッジも4,800円(税抜)とお手頃価格のため、少しずつケアを広げていきたいという方におすすめです。

ポイント②機械音痴の方でも使いやすい

ヒカリエピプロは、比較的、家庭用脱毛器に慣れている方向けのアイテムだといえるでしょう。出力の調整は3段階になっており、「High(太い濃いむだ毛)」・「Mid(その他のむだ毛)」・「Low(フェイシャルケア)」に分かれています。細やかな調整が効かないため、脱毛機器の扱いに不慣れな方は、使いこなすことがやや難しいかもしれませんが、慣れている方は反対に、シンプルで使いやすいと感じるかもしれません。

(3)顔のケアを主にやりたい方へのおすすめ

身体は脱毛サロンやクリニックへ通っているけど、顔は手軽に自宅でやりたいという方へのおすすめしたいのは「ケノン」と「ヒカリエピプロ」です。

▼ケノン

ケノン可能箇所:全身(※目の周り、I・Oラインはなるべく控える)
価格:73,800円(税抜)~ ※キャンペーンにより異なります。
照射回数:20万回(1カートリッジあたり)
1回の面積:横3.7cm×縦2.5cm(エクストララージカートリッジ使用時)
出力調整:10段階の出力レベル調整可能

ポイント① 男性の髭のお手入れにも◎カートリッジを変えれば兼用可能。

実はケノン使用者の43%が男性というデータも出ています。(ケノン調べ。HP参照。)また、カートリッジを交換すれば、夫婦やカップル、家族で一緒に使用することもできます。

ポイント② 眉毛の脱毛も可能

ケノンには眉毛用の脱毛器もついてくるのがポイントです。また、美顔用のカートリッジを使えばフェイシャルケアも行えます。
顔 脱毛 自宅 ケノン

▼ヒカリエピ プロ

ヒカリエピプロ可能箇所:全身(※目の周り1.5cmは不可)
価格:37,800円 (税抜)
照射回数:1,500回
1回の面積:横3m×縦2cm
出力調整:2段階の出力レベル調整可能(3段階ありますが、1番低いレベルは美顔用)

ポイント① お手頃価格

本体3万円代というお手頃価格で購入ができるので、もし顔だけは脱毛器をお考えなのであれば、ヒカリエピプロがおすすめです。カートリッジ1つで1500 回しか照射はできませんが、顔だけでしたら十分ですし、4,800円(税抜)でカートリッジ追加購入もできるため、納得行くまで続けることができます。

ポイント② 美顔ケアもできる

ヒカリエピプロには、3段階の出力調整のうちLow(フェイシャルケア)を選ぶことで、顔のむだ毛と美顔ケアの両方を行うことができます。

(4)VIOのお手入れを主にやりたい方へのおすすめ

アンダーヘア 脱毛器サロンへ行くのは少し恥ずかしいのがVIO(アンダーヘア)ですよね。Vラインの脱毛は基本的にほとんどの脱毛器でできますが、IラインとOラインに関してはできるものとできないものがあります。VIO全てが可能な脱毛器でおすすめしたいのは「ケノン」と「2PS」です。

▼ケノン

ケノン可能箇所:全身(※目の周り、I・Oラインはなるべく控える)
価格:73,800円(税抜)~ ※キャンペーンにより異なります。
照射回数:20万回(1カートリッジあたり)
1回の面積:横3.7cm×縦2.5cm(エクストララージカートリッジ使用時)
出力調整:10段階の出力レベル調整可能

ポイント レベルが10段階

Iライン・Oラインに関しては推奨ではないので注意が必要ですが、ケノンは出力レベルが10段階まで選べるので、デリケートなVIOも様子を見ながら行うことができます。

VIOをケアするときは、まずは一番低い出力から始めて徐々に上げていきましょう。
顔 脱毛 自宅 ケノン

▼2PS(ツーピーエス)
2PS可能箇所:鼻から下の全身(※鼻より上部分の顔は不可)
脱毛の種類:フラッシュ脱毛
価格:53,800円(税込)~ ※キャンペーンにより異なります。
照射回数:13万2000回
1回の面積:横3.1cm×縦2.1cm
出力調整:8段階の出力レベル調整可能

ポイント 中身が分からないようにお届け

脱毛器を買うのは、家族同士でも恥ずかしいことがありますよね。そこで2PSでは、中身が分からないように無地のダンボールで梱包、さらに商品名は「パソ コン部品」と記載するという徹底ぶり。また、配送業者であるヤマト運輸の営業所で受け取ることができるサービスもあります。
ツーピーエス

3.家庭用脱毛器がおすすめできる人・できない人

そもそも家庭用脱毛器って自分に合っているのかな?という疑問のある方に、家庭用脱毛器がおすすめできる人とできない人をそれぞれご紹介します。

3-1.家庭用脱毛器がおすすめできる人

①予定が変動しやすい方・日中空いていない方

脱毛サロン 予約家庭用脱毛器は、まず何と言っても自分のやりたい時にできるという点が大きなメリットです。

ほとんどの脱毛サロンは2ヶ月間隔ですが、特に土日や日中の夜にしか通えない場合、予約がいっぱいで4ヶ月先になってしまう、というケースも多くあります。さらに予約をしていても急に予定が入ることもありますので、予定が変動しやすい方、夜間しか時間がない方などにはぴったりです。

②恥ずかしくて通いづらい方

家庭用脱毛器は、自宅で一人でこっそりできるので、恥ずかしくないというのもメリットです。

エステティシャンの方は毛の処理に慣れているとはいえ、他人に自分の毛を見せるのはとても恥ずかしいですよね。特に、アンダーヘアに関しては、紙パンツはありますが履いていないも同然の扱いで施術を受け、何度通っても恥ずかしいという方が大勢います。

③どこまでやるか決めきれない方

家庭用脱毛器はやりたくなった時にやりたい箇所だけ処理できるのがポイントです。

3-2.家庭用脱毛器がおすすめできない方

①地道な作業が苦手な方

家庭用脱毛器 
ベッドに寝ていればエステティシャンが勝手に全部やってくれるサロンと違って、家庭用脱毛器は全て自分で処理しないといけません。地道な作業にはなりますので、コツコツ作業をすることが苦手な方にはあまり向いていないかもしれません。

②背中もケアしたい方

背中も徹底的にやりたいという場合、なかなか手が届きにくい場所なので、全ての箇所に均等に照射することが難しく、照射漏れによりきれいに脱毛できない場合があります。家族や友達の協力が必要です。

4.家庭用脱毛器を使うときの4つのポイント

①まず説明書を読む

初めて使用する際は、必ず取扱説明書に目を通してから使用するようにしましょう。製品により使い方や注意すべき部分が異なることがあります。たとえ他の脱毛機器を使用したことがあり、取扱いに慣れていたとしても、初めての機械の場合は、取扱説明書に目を通しましょう。

②日焼け直後の使用は避ける

日焼けをした直後は、脱毛機器を使用しないよう注意が必要です。日焼け直後の肌は光を吸収しやすくなっているため、そんな状態の肌に照射をしてしまうと、脱毛を失敗してしまう可能性もあります。脱毛を予定している場合、極力日焼けをしないように、羽織ものを着たり、日傘を使用したりして肌を守りましょう。

③処理後は飲酒・入浴・運動を避ける

処理直後の肌は、熱を持つことがあります。万が一の場合を考え、処理を行った当日は、飲酒・入浴・運動を避け、様子を見ることをおすすめします。

④処理後のアフターケアを怠らない

処理後は、必ずアフターケアを行いましょう。処理後の肌は熱を持つことがあると先にお伝えしました。熱を冷ますため、処理後の肌には冷却・保湿が必要です。氷や水タオルで冷やした後、ローションをやさしくなじませてください。

5.最後に

自分にぴったりの脱毛器は見つかりましたか?
もしもっと徹底的に調べたい!という方は、こちらの記事もご参照ください。
家庭用脱毛器ランキング毛の処理は、早くやれば、それだけ早く毛の悩みから開放されますし、自分の肌に自信を持つことができます。
ぜひ自分に合った脱毛で、ツルツル肌をGetしてくださいね。

この記事は2006年8月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る