メニューを開く
2017年4月11日 更新

【必見】彼には見せられない!デリケートゾーンの黒ずみ対策教えます

デリケートゾーン 黒ずみ デリケートゾーンの黒ずみ・・・何が原因?どうしたら良い?など、デリケートゾーンの黒ずみについてどうしたら良いのか分からない方へ。

そもそもなぜデリケートゾーンが黒ずむのかご存知でしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみは、人にはなかなか言えない悩みです。

特に女性であれば、自信がなくなったり、恥ずかしさを覚えたりしますよね。

自信をもつ為にも、原因や対策を知って、こっそりと実践していきましょう!



1.デリケートゾーンの黒ずみの原因

デリケートゾーンは「メラニン」が活発な場所だと言われており、もともと黒ずみが起こりやすい部分だと言われています。

それに加え、これからご紹介する3つのことも、デリケートゾーンの黒ずみにつながると考えられています。

さっそく確認していきましょう!

1-1.下着や衣類などによる摩擦

デリケートゾーン 脱毛 自宅 デリケートゾーンに下着や衣類が擦れたり、ナプキンなどによる摩擦が原因で、黒ずむことがあると言われています。

下着のサイズが合っていないと摩擦がおきやすくなるので、自分に合うサイズの下着を着ましょう。

素材は「綿」または「絹」など自然由来の素材のものがおすすめです。

また、肌への摩擦を少しでも減らせるように、日頃からデリケートゾーンを洗う際は、顔を洗うように優しい力で、負担を与えないようにしましょう。

1-2.体内バランスやリズムの乱れ

綺麗になる方法 ストレスや生活習慣などで体内のバランスが崩れると、肌のリズムが乱れ、デリケートゾーンが黒ずむことがあると言われています。
体内バランスの乱れは、以下のような要因の影響が考えられます。

■ストレス
■運動不足
■睡眠不足
■食生活の乱れ

普段から健康的な生活を心がけましょう。

また、妊娠によって黒くなったという方もいると思いますが、これも体内バランスの影響によるものだと言われています。

1-3.加齢

エイジングケア 人が年齢を重ねていくのと同時に、肌のはたらきも年を重ねます。

そうして、加齢によって肌のはたらきが低下することで、メラニンを含んだ古い角質が肌に残りやすくなり、デリケートゾーンの黒ずみの原因になることもあるでしょう。

すこやかな肌を保つために、規則正しい生活習慣を心がけるようにすることが大切です。

2.デリケートゾーンの黒ずみ対策アイテムを使ってみた

デリケートゾーン デリケートゾーンの黒ずみを対策するためには、デリケートゾーンの摩擦を避け、清潔に保ち、生活習慣に気を付けることが大切です。

それでは物足りないという方には、デリケートゾーン用として販売されているアイテムを使用する方法もあります。

デリケートゾーン用のアイテムを使い、お手入れを念入りにすることで、デリケートゾーンの皮膚をすこやかに保っていきましょう。

この章では、肌らぶ編集部が実際にデリケートゾーンの黒ずみ対策アイテムを使ってみた感想をご紹介します!

今回は、保湿成分や美白*成分を配合の、「VL WHITE(ヴィエル ホワイト)」(医薬部外品)を試してみました。
*日焼けによるシミやそばかすを防ぐ

~今回使用したアイテム~
【医薬部外品】VL WHITE(ヴィエル ホワイト)
【医薬部外品】VL WHITE(ヴィエル ホワイト)販売会社:株式会社セプト
価格
¥9,960(税抜)/30ml 約1ヶ月分
初回限定 ¥4,390(税抜) ※クレジット決済の場合
2回目以降 ¥4,770(税抜)
2本セット定期コース ¥8,290(税抜)※クレジット決済の場合
(上記はすべて2017年3月時点の情報です)
保湿成分
トリプルヒアルロン酸
エクトイニン
アマチャヅルエキス
美白*成分
トラネキサム酸
アルピニアカツマダイ種子エキス
*日焼けによるシミやそばかすを防ぐ
使いやすさ
プッシュ式容器(衛生面を考慮したパッケージ)

【☆編集部で実際にVL WHITE(ヴィエル ホワイト)を使用してみました!☆】
デリケートゾーン 黒ずみデリケートゾーンの美容液で気になるのは、何と言っても使用感です。

少し粘り気のあるジェルを手に取った瞬間は、塗った後に肌がベタつくのではないか?と不安に感じる部分もあったのですが、肌にのばすと、すぐになじんでサラサラになりました。

表面はサラリとしながら、しっとりと吸い付くようなうるおいが実感できます。

今回肌らぶ編集部では、黒ずみが気になるVIOライン全体にのばしてみました。
2~3回のプッシュでは足りなくなるかと思っていたのですが、まんべんなく広げることができました。プッシュ式なので、使用量も微調整しやすいと感じました。

デリケートゾーンに着目して開発されていますが、同じように肌が薄く黒ずみがちな脇や乳首、膝肘の内側やお尻の付け根などにも使用できるのも嬉しいところです。

デリケートゾーンの黒ずみは毎日コツコツとお手入れを続けていくことが大切ですが、デリケートゾーンの黒ずみをケアしているとは周りには気付かれたくないものです。

その点でVL WHITE(ヴィエル ホワイト)は、デリケートゾーンの黒ずみケアアイテムとは気付かれないように配慮されたボトルデザインなので、家族や彼氏に見られても大丈夫!

さらに、配送も目隠し梱包なので、周りの目を気にすることなくデリケートゾーンの黒ずみケアができます。

お得な特典付きの定期購入もあるので、デリケートゾーンの黒ずみを長期的にしっかりとケアしていきたい方におすすめしたい薬用美容液です。

(個人の感想です)

公式HP

3.デリケートゾーンの黒ずみ対策のための生活習慣

デリケートゾーンの黒ずみが気にならない、美しく魅力的な自分を目指すためには、生活習慣を整えていくことが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策アイテムの使用はあくまでもサポートアイテムの1つ。

肌をすこやかに保つための規則正しい生活を心掛けましょう。

①ストレスをためこまない

50代 洗顔 過度なストレスは様々な身体の悩みの原因となる可能性があります。

ストレスには心理的なもの、社会的なもの、生物的・化学的なもの、環境的なもの…と様々な原因があります。

心理的なもの…緊張、不安、怒り、悲しみなど
社会的なもの…仕事・学校・家庭での人間関係、健康喪失など
生物的・化学的なもの…空気汚染、細菌、アレルギー、食事、嗜好品など
環境的なもの…気温、騒音、ほこりなど

まずは自分自身が何をストレスに感じているのかを考え、解消できる方法を探っていきましょう。

ジョギングやヨガなどで、適度に体を動かす事もストレス解消に繋がるのでおすすめです。

②バランスの整った食事を心掛ける

おでこ 脂 すこやかな体を目指すためには、バランスの整った食事を、1日3食摂ることが大切です。

「1汁3菜」という日本の伝統的な考えに沿って、「主食」「主菜」「副菜」「果物」を意識した献立にすると、理想的といわれるバランス良い食生活に近づけることができるでしょう。

この食事スタイルを念頭に置き、外食をする際のメニューを選ぶこともおすすめします。

〈バランスの良い食事の基本〉
・主食・・・お米・パン・麺など【炭水化物】
・主菜・・・肉類・魚介類・卵・大豆製品など【良質たんぱく質】
・副菜・・・海藻・野菜など【ビタミン/ミネラル】
・その他・・・果物類・乳製品

③睡眠をたっぷり取る

フェイスライン ニキビ 睡眠が充分に取れていないと、肌や体調を整えるはたらきが不十分になる可能性があると言われています。

入眠から3時間が大切だと言われているので、すっと眠りにつけるように心掛けてみましょう。

体の血行が悪くなってしまうと、脳や体がおやすみモードになるまでに時間がかかると考えられています。

入浴の際は、ゆっくりと湯船につかり、眠る前には足元を毛布で温めるなど、体の末端である手足が冷えないようにしてみてください。

また、パソコンやスマートフォンのブルーライトは、睡眠を妨げる要因になると言われているので、就寝1~2時間ほど前から控えるとよいでしょう。

④嗜好品は控える

合コン 必勝法 ストレス解消のためにカフェイン飲料やタバコ、アルコールなどを好む方も多くいると思います。

ただ、必要以上に取ると、その代謝・分解のためにすこやかな肌・身体づくりに重要なビタミンCが大量に消費されやすくなったり、質の良い睡眠を遠ざけてしまったりすると考えられています。

嗜好品は、適度な量とタイミングを意識して楽しむようにしましょう。

4.まとめ

3ce64aa205827eda5d85aa0286df5287-e1464599509597 デリケートゾーンの黒ずみを増やさない為には、原因を把握し、必要な対策を取り入れていくことをおすすめします。

また、デリケートゾーンの黒ずみケアとしてもう一つ重要なことは、気にしすぎないことです。

もともと黒ずみやすい場所と言われているので、悩みすぎず、少し黒ずんでいるのが普通だと思うことも大切ですよ。

日頃からセルフケアを行って、見えないところもお手入れできるような素敵な女性を目指しましょう!

この記事は2017年3月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。