2017年6月20日 更新

デリケートゾーンの脱毛は自宅でできる?家庭用脱毛器でキレイに整えよう!

デリケートゾーン 脱毛 自宅 TOP ムダ毛が気になりやすいデリケートゾーン…。自宅でキレイに脱毛できないのかな?と悩んではいませんか?

デリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしさもありますし、「できることなら自宅でキレイに脱毛処理できたらいいなぁ」と考えている方も多いかと思います!

そこで今回は、デリケートゾーンのムダ毛を自宅でキレイに整えていく方法についてご紹介いたします。


1.デリケートゾーン脱毛は自宅でできる?

元彼 忘れられない デリケートゾーンは、自宅で脱毛できるのでしょうか?

本来“脱毛”とは美容皮膚科・クリニックなどでのみ行うことができる施術(永久脱毛)のことを指します。
自宅での家庭用脱毛器の処理や脱毛サロンなどでの処理は“減毛”や“除毛”となり、永久脱毛ができるものではありません。

ですが、家庭用脱毛器などでお手入れを重ねていくことで、自宅でも毛を細く・目立ちにくくしていくことは可能だといわれています。

2.デリケートゾーン脱毛を自宅で気軽にするなら脱毛器?!

おしりニキビ デリケートゾーンのムダ毛を目立ちにくくして、お手入れの手間を楽にしていきたい!という方は、家庭用脱毛器を選んでみても良いでしょう。

デリケートゾーンのムダ毛を自宅でお手入れする方法はいくつかあります。ただ、毛を短くカットしてもすぐに伸びてしまいますし、毛を抜いても新しい毛が生えてきてしまいますよね。

また、これらの除毛方法は、肌に負担もかかりやすいといわれているため、あまりおすすめできません。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンでの光脱毛(※減毛のこと)を自宅で行うことができます。

減毛にはなりますが、お手入れを重ねていくことで毛を細く・目立ちにくくしていくことが期待できるようです。

そのため、「デリケートゾーンのムダ毛を脱毛してみたいけど、恥ずかしいから人に見られたくない」という方は、家庭用脱毛器の使用がおすすめです。

3.デリケートゾーン脱毛(除毛)に!おすすめ家庭用脱毛器

デリケートゾーン 黒ずみ2 ここでは、自宅でデリケートゾーンの脱毛(除毛)のお手入れを行いたい方に、肌らぶ編集部おすすめの家庭用脱毛器をご紹介します!

今回は、デリケートゾーンも含めた全身の除毛のお手入れに使える、デザインがスタイリッシュな自宅用脱毛器をピックアップしました。

ツーピーエス
2PS販売会社:ティ・ユー・エフ
販売価格: 46,112円(税抜) ※2017年6月時点の情報

自宅でのデリケートゾーン脱毛(減毛)処理と、肌のお手入れも行える家庭用脱毛器ツーピーエスです。
ツーピーエスでは、デリケートゾーンを含むほぼ全身のムダ毛処理が可能です(粘膜や色素沈着がある部分などには使用できません)。家庭用脱毛器のなかでデリケートゾーンの処理ができるものは限られていますが、ツーピーエスは自宅でデリケートゾーンのお手入れができます。伸びてきた毛のチクチク感などもほとんどないので、スベスベのデリケートゾーンを目指したい方におすすめです。肌を大事にしながら脱毛(除毛)していきたいという方も、ぜひツーピーエスを試してみてください。

公式HPはこちら(オレンジ)

4.家庭用脱毛器でデリケートゾーン脱毛(除毛)するための準備

アンダーヘア 脱毛ここでは、家庭用脱毛器を使用する際の準備についてお伝えします!

4-1.Vラインの形を決める

自宅エステ Vラインは広い範囲にムダ毛が生えていることもありますので、どんな形に整えるか、あらかじめ決めておきましょう。

自然に仕上げたい方は小さい逆三角形がおすすめです。
デリケートゾーン(アンダーヘア)小さめ逆三角形 とても自然な仕上がりで、下着・水着のおさまりも良い所がポイントです。

また丸みのある卵形や、
デリケートゾーン(アンダーヘア)たまご型(オーバル型) 細めのI字型(長方形型)などもあります。
デリケートゾーン(アンダーヘア)長方形型(Iライン型) どの形が良いか、処理の前に考えておきましょう。

自分でキレイに形を整えるのは難しいという方は、Vライン用のテンプレートもあります。
自宅用の除毛器を使用する際、こういったアイテムを活用してみるのもおすすめですよ!

4-2.脱毛器を使用する部分のムダ毛を整える

ケノン おおまかな形を決めたら、脱毛器を使用する前に、シェーバーである程度ムダ毛を整えておきます。

~アンダーヘアの整え方~

【準備するもの】

蒸しタオル、ハサミまたはヒートカッター、シェーバー、手鏡、印用の水性ペン、保湿用クリーム

【手順】

①処理する部分に蒸しタオルをあてて、毛をやわらかくしておく

タオルを濡らして水気を絞り、レンジで約30~40秒温めて蒸しタオルを作ります。
熱すぎない丁度良い温度になるように、追加で温めたり冷ましてみてください。

②処理したい形に印をつける

デリケートゾーン 脱毛 自宅 vio 形 スムーズに脱毛器での処理ができるよう、整えたい形に、水性ペンで印をつけましょう。
見えやすく、処理後に落としやすい水性の蛍光ペンがおすすめです。

③処理部分の毛を、ハサミまたはヒートカッターなどで短く整える

処理する形に印をつけたら、印からはみ出した部分の毛を、ハサミ・ヒートカッターで短く整えます。
デリケートゾーン 脱毛 自宅 I・Oの部分は見えにくいので、手鏡をあてながらゆっくり整えていきましょう。

④短く整えた部分を、シェーバーでシェービングする

シェービングしたい部分の近くの皮膚を、軽く引っ張りながらシェービングしていきましょう。
肌をピンと張ることで、シェービングしやすくなります。

I・O部分は、手鏡で確認しながらシェービングしていきます。

⑤シェービングが終わったら保湿をする

シェービングの後は肌がデリケートな状態になっています。
肌荒れなどに繋がらないよう、保湿クリームなどでお手入れしておきましょう。

5.まとめ

デリケートゾーン ムダ毛処理 アンダーヘア 今回は、自宅でのデリケートゾーンのお手入れについてご紹介しました。

自宅でのデリケートゾーンのお手入れは、脱毛ではなく減毛ですが、家庭用脱毛器のお手入れを重ねることで、毛を目立ちにくくしていくことも期待できます。

デリケートゾーンは、人に見られずにキレイに脱毛したいな…という方は、ぜひ家庭用脱毛器を取り入れてみてはいかがでしょうか?