メニューを開く

【徹底解説】舌の汚れは口臭の原因!舌苔の取り方・予防対策

舌の汚れ「舌の汚れが気になる」「舌の汚れが取れない」とお悩みではありませんか。

舌の汚れは、口臭の原因と言われています。

デリケートな舌の汚れを取るには、正しい取り方を知ることが大切です。

そこで今回は、舌の汚れが付着する原因と取り方、予防方法などをご紹介します。


astalift
astalift

1.舌の汚れ(舌苔)と原因

舌に付着している白い汚れは「舌苔」と呼ばれています。
ここでは、舌の汚れ(舌苔)の正体や付着する原因についてお話します。
舌 女性画像

1−1.舌の汚れ(舌苔)とは何か?

鏡で舌を見たときに、舌に白い汚れが付着しているのが見えますよね。

この、苔のような白い汚れ正体・・・「舌苔(ぜったい)」と言います。
舌苔とは、舌の表面にある角質の隙間に溜まった細菌や汚れです。

舌の汚れ(舌苔)は、口臭の主な原因となるものです。
食べ物のカスや口の中の細菌、舌の剥がれ落ちた粘膜の細胞などは、時間が経つと腐敗して硫化水素を発生します。

このようなことから、舌の汚れ(舌苔)は不快なニオイを放つ口臭の原因だと言われているのです。
赤ちゃん 口臭 舌の汚れ

舌苔は病気ではないため、必ず取らなくてはいけないというものではありませんが、歯科医や歯科衛生士も推奨している大切な口腔ケアの1つとされています。

口臭や衛生的な口腔環境を意識されている方は、ぜひ舌磨きも取り入れてみましょう。

1−2.舌の汚れ(舌苔)が付着する3つ原因

舌の汚れ(舌苔)の原因にはさまざまありますが、主な原因の種類として「細菌」「乾燥」「薬の服用」といった3つが挙げられます。

ここでは、気になる舌の汚れ(舌苔)が付着する原因をみてきましょう。

★舌の汚れ(舌苔)が付着する原因【細菌】★

◆食べ物のカス

食べ物のカスが舌の上に残ると、細菌が増えて舌苔を作り出す原因となります。

食べ物のカスは、歯の隙間や歯の表面だけではなく、実は「頬の粘膜と歯茎の隙間」や「舌の上」にも付着しやすく残りやすいのです。

特に、舌の上にある細胞の間に残る食べ物のカスは、普通の歯磨きでは落ちにくい傾向にあります。

◆きちんと歯磨きできていない

きちんと歯磨きができていない状態の時は、細菌を繁殖させやすく舌の汚れ(舌苔)を作る原因につながりやすいものです。

歯磨きできなかったり、歯磨きの習慣が定着していない場合、口の中全体が不衛生な状態になりがちです。

口の中の汚れが残ったままの状態が続くと、舌に残っている汚れも同じように残ったままになります。

舌を磨く習慣がない場合は、舌の汚れ(舌苔)が溜まっていきがちです。

★舌の汚れ(舌苔)が付着する原因【乾燥】★

◆口の中が乾燥しがち

口の中が乾燥すると、汚れを洗い流す働きが低下してしまうことから舌の汚れ(舌苔)が付着しやすくなると言われています。

鼻が詰まっている時や、寝ている時に口呼吸になりがちな方は、舌の汚れ(舌苔)の付着が目に付きやすいかもしれません。

また、口の中に唾液が十分な時は汚れが取れやすいものですが、口呼吸などで口の中が乾燥しやすいと、舌の汚れ(舌苔)が固まりがちになりになります。

また、一度乾燥してしまうと舌の汚れ(舌苔)は簡単には取れなくなりがちです。

◆舌の運動が少ない

舌の運動が少なくなると、舌の汚れ(舌苔)が目立ちやすくなります。

口臭が気になるタイミングで、最も多いのは朝です。

特に睡眠中は、舌の運動がほとんどありません。

舌の動きが無い時は、唾液の量が少なくなることから舌の汚れ(舌苔)を洗い流す機能も低下します。

ご高齢の方や寝たきりの方、病気の方などで舌を動かす機会が少ない場合、舌の汚れ(舌苔)が目立つのは、舌の運動が少ないことが関係していると考えられるでしょう。

★舌の汚れ(舌苔)が付着する原因【薬の服用】★

薬の服用なども、舌の汚れ(舌苔)の付着する原因の1つとして挙げられます。

薬によっては継続して飲み続けると、口の中の細菌の種類が変わるものがあるようです。

また、副作用で唾液の分泌が少なくなる薬や、口が乾燥するような薬もあります。

薬による口内の乾燥が原因で、汚れや細菌が洗い流されずに口の中に残りやすくなるため、舌の汚れ(舌苔)が付着しやすい状態になることもあります。

2.舌の汚れ(舌苔)の正しい取り方

ここでは舌の汚れ(舌苔)の正しい取り方についてお話しします。

舌はデリケートなので、傷つけないように舌を磨く専用のブラシを使って舌の汚れ(舌苔)を取りましょう。

2−1.舌の汚れ(舌苔)を正しく取るためのポイント

ここでは、舌の汚れ(舌苔)を取る前に知っておきたいポイントを3つお伝えします。
舌の汚れ(舌苔)を正しく取るには、自分の舌の状態を知ること、舌ブラシを使うメリットや選び方などが大切です。

まず鏡で自分の舌の汚れ(舌苔)状態をチェックしてみましょう。
舌の汚れ  チェック
・舌が全体的に、白っぽい状態である。
・舌を爪で軽くひっかくと、その部分の舌の汚れが取れる。
・口元を手で覆って息をすると、口臭が気になる。

これら3つの項目の中に、思い当たる項目はありましたか?

思い当たるものがあった方は、これからお話しする正しい舌の汚れ(舌苔)の取り方を習慣化して、口臭を気にせず衛生的に過ごしましょう。

★舌の汚れ(舌苔)除去は舌専用のブラシを使う★

舌の汚れ(舌苔)は、舌専用のブラシを使って落としましょう。

歯ブラシは歯を磨くために作られたものなので、舌を磨くには適しません。

舌の細胞を傷つけてしまうことや、舌が傷つくことにより舌の汚れ(舌苔)が付きやすくなることもあると言われています。

舌はデリケートなため、舌専用のブラシを使って正しくケアしていきましょう。

★舌専用ブラシを選ぶときのポイント★

舌の汚れ 舌磨き 舌ブラシ
舌専用ブラシを選ぶ時は、
・ブラシの毛質がやわらかめのもの
・舌の奥までしっかり磨ける、柄の長さがあるもの

以上の2点に着目して選ぶとよいでしょう。

舌専用のブラシには、ヘラ・ナイロン繊維・ブラシなどがあり、1つの舌クリーナーに異素材のものを組み合わせたものがあるなど様々な種類が並んでいます。
舌の汚れ 舌磨き 舌ブラ
使いやすさには、個人差があるためブラシタイプ以外のものと組み合わせて使ってみるのもよいでしょう。

ブラシ以外の舌クリーナーを選ぶ際も、舌に触れる素材の柔らかいものを選ぶことをおすすめします。

2−2.舌の汚れ(舌苔)を除去する方法

舌の汚れ 舌磨き 舌ブラシ
では早速舌ブラシを使って舌の汚れ(舌苔)を除去する方法をご紹介します。

次のような手順でやってみましょう。

★舌の汚れ(舌苔)の正しい取り方★

(1)まず、軽く舌ブラシを水で濡らします。

鏡を見ながら舌を出して、舌ブラシを舌の奥から手前に数回、横に数回なぞりましょう。
舌の汚れ 舌磨き
(2)汚れが舌の先についたら、口をゆすいで汚れを洗い流したらおしまいです。

一度に取れなくても、習慣化することで舌の汚れ(舌苔)が取れてきます。
無理に取ろうとしなくても大丈夫です。

舌ブラシを使う際に嘔吐反応が気になる方は、その間だけ呼吸を止めると嘔吐反応が抑えられます。

★舌磨きは1日1回朝がベストタイミング★

舌の汚れ 舌磨き 舌ブラシ

睡眠中は、舌の動きが少ないため唾液も少なくなり、舌の汚れ(舌苔)を洗い流す働きが低下しがちです。

そのため、舌磨きをするなら、1日1回朝に行うことをおすすめします。

3.舌ブラシが無い時はこんな方法もおすすめ!

おすすめ びっっくり
舌ブラシが無い時は、これからご紹介する3つの方法でも舌苔を除去できます。

舌専用のクリーナーに比べると効果は劣りますが、これらの方法は安全に舌苔を取れるのでおすすめです。

3−1.舌を上あごにこすりつける

口に少しだけ水を含んで、舌の表面を上あごにこすり合わせると、舌の汚れ(舌苔)を
取ることができます。

舌を傷つけることもなく、安全にできる舌の汚れ(舌苔)の落とし方としておすすめです。

また、このように舌を動かすことで舌の筋力アップや唾液の分泌を促し、舌の汚れ(舌苔)を洗い流す衛生的な口内環境を作るために役立ちます。

3−2.ガーゼで舌の汚れ(舌苔)を拭き取る

ガーゼ 指に巻きつける
舌ブラシが無い時は、ガーゼを使って舌の汚れ(舌苔)を落とす方法もあります。

ガーゼを指に巻きつけて、舌の表面をなぞって汚れを取っていきましょう。

同じ面を使って取り続けると、汚れが落ちにくくなるのできれいな面に変えながら取っていきます。

ガーゼは素材が柔らかいため、舌ブラシに比べると除去力が劣りますが、安全にやさしく取ることができるでしょう。

3−3.キシリトールガムを噛む

キシリトールガム

ガムは舌の汚れ(舌苔)や、口の中に付着した食べ物のカスなどの汚れを巻き込む役割を果たしてくれます。

ガムを噛むタイミングは、食後30分以内が一番効果的です。

ガムを噛むと唾液が分泌されるため、口の中の汚れを洗い流す働きも期待できます。

ガムは、キシリトールガムがおすすめでしょう。

キシリトールの成分は、虫歯予防に良いと聞いたことはありませんか?

虫歯菌は口内にあるたんぱく質や糖分などをもとに酸を出し、歯を溶かす性質があると言われています。

そこで、食後にキシリトールガムを噛むと、虫歯菌がキシリトールを餌と間違って取り込み、歯を溶かす酸を出すことが抑制されるというわけです。

4.舌の汚れ(舌苔)の予防対策

舌の汚れ(舌苔)は取れるものですが、日頃から舌の汚れ(舌苔)を予防する方法があれば知っておきたいものですよね。

ここでは、舌の汚れ(舌苔)を予防対策についてご紹介します。

4−1.しっかり歯磨きをする

しっかり歯磨き

しっかりと歯磨きをすることは、舌の汚れ(舌苔)の付着を予防するための基本と言っても過言でありません。

最低でも起床時の朝と就寝前の夜を基本とする歯磨きを、しっかり行うと良いでしょう。

時間のない時は、マウスウォッシュやデンタルリンスを使うのも効果的な方法です。

舌の汚れ(舌苔)の原因となる細菌を殺菌し、食べ物のカスなどをしっかり洗い流すのもおすすめです。

舌の汚れ(舌苔)を予防するには、なるべく口の中を衛生的にしておくことを心がけましょう。

4−2.唾液の分泌を促す

笑顔 唾液分泌

つばの量が多いと、細菌や食べ物のカスなどを洗い流す働きがしっかりできるため舌の汚れ(舌苔)を予防しやすくなります。

唾液の量を増やす方法は、舌をたくさん動かすことです。

例えば、次のようなことが挙げられます。

・食事の時によく噛む(咀嚼回数を意識する)
・歯ごたえのある固いものを多く食べる
・繊維質のものを食べる
・よく会話をする
・ガムを噛む(キシリトールガムがおすすめ)
・舌を動かす運動をする

日常生活の中で、少し意識するだけで唾液の分泌を促すことができます。

舌の汚れ(舌苔)の予防のために、これらのことを意識して唾液の分泌を促すように心がけると良いでしょう。

4−3.水を飲む

水分補給 水 

舌の汚れ(舌苔)の予防には水を飲むのも効果的です。

口の中が乾燥すると、細菌が増えて舌の汚れ(舌苔)が付着しやすくなるため、水を飲んで口の中の細菌を洗い流すことができます。

唾液量の少ない方、口の中が乾燥しがちな方は水分補給を意識してみるのも良いでしょう。

一般的に常温の水を1.5リットル〜2リットル飲むことは代謝のアップや、体の代謝によって生じた体内に不要な老廃物を排出する効果もあると言われています。

健康な体のためにも、舌の汚れ(舌苔)の予防にも、水を飲むことはおすすめです。

4−4.酵素の入った食べ物を食べる

パイナップル

酵素の入ったフルーツや、はちみつ、納豆などには「プロテアーゼ」という酵素がたっぷり含まれているため、舌の汚れ(舌苔)の予防に効果的だと言われています。

舌苔はたんぱく質でできているため、酵素の入った食材を食べると舌の汚れ(舌苔)が浮き上がり、落ちやすくなるとされます。

酵素たっぷりのフルーツのおすすめは「パイナップル」「メロン」「キウイ」「イチジク」「パパイヤ」などが挙げられるでしょう。

缶詰は加熱処理の段階で酵素の働きを失ったものが大半なので、フルーツを選ぶ際は加熱処理されていないフレッシュなものをおすすめします。

時々、舌がピリピリとする感覚を感じることがあるかもしれませんが一時的な刺激なので舌を傷つけているわけではありません。

舌の汚れ(舌苔)のたんぱく質を分解し、舌が何もフィルターの無いむき出しの状態になったことで刺激を感じているのです。

もちろん、食べ過ぎたり強い痛みを感じたら食べるのをやめましょう。

また、食べた後は歯磨きやうがいをして虫歯のもととなる酸を洗い流すことも忘れてはいけません。

美味しく食べて、舌の汚れ(舌苔)も口内もクリーンにできればベストですね。

5.定期的な歯科検診のすすめ

歯医者 

舌はデリケートなので異常を感じたり、気になる症状が続く場合は、すぐに歯科医院に相談してみましょう。

歯科医院では、歯科衛生士が舌苔のチェックや舌の汚れ(舌苔)の取り方などの指導をはじめ、舌ブラシの選び方や、力加減などのアドバイスも行っています。

また、舌の汚れ(舌苔)だけではなく口の中全体を見ながら、快適な口内環境に役立つケア方法を確認することがでるので定期的な歯科検診はおすすめです。

6.まとめ

舌の汚れ(舌苔)を取ることは、見た目の美しさだけではなく口臭予防や口の中の衛生的な環境を作ることに繋がります。

1日1回の舌磨きで、快適に過ごせるので習慣として取り入れることがおすすめです。
ぜひ、今日から舌磨きを始めてみませんか?

この記事は2016年10月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る