メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社日本薬健

国産青汁おすすめ12選♡原材料・飲みやすさ・形状を比較!

国産 青汁
「国産原料を使った青汁が飲みたいけれど、どれを選べばいいの?」と青汁選びにお悩みではないでしょうか?

販売されている「国産青汁」は非常に多く、自分に合ったものを選ぼうと思っても、何を基準にすればいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部があなたのこだわりに合わせたおすすめ国産青汁をセレクトしました!
ぜひ、国産青汁選びの参考にしてみてくださいね!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.国産青汁【好み別】おすすめ12選

青汁 比較
それではさっそく、肌らぶ編集部がセレクトしたおすすめの国産青汁をご紹介します。

今回肌らぶ編集部では、「国産青汁=主原料が国産の青汁」と定義し、①主原料がシンプルな粉末国産青汁 ②フルーツブレンドの粉末国産青汁 ③粒タイプの国産青汁 ④ゼリータイプの国産青汁 の4つに分け、それぞれおすすめの3商品を選出しました。

味や飲みやすさなどを比較してみて、自分好みの国産青汁を見つけてくださいね!

1-1.主原料は選び抜いた1種類のみ!粉末タイプのおすすめ国産青汁3選

大麦若葉 青汁
まずは、主原料がシンプルなものがお好みの方におすすめの、国産青汁をご紹介します。
今回は、青汁に多く用いられている「大麦若葉」「ケール」「明日葉」を選び抜き、1種類のみを使用した粉末タイプで、香料・着色料不使用の国産青汁を選びました。

原材料の特徴については、【2. 国産青汁を選ぶときのチェックポイント】を参考にしてみてくださいね!

【主原料に大麦若葉のみを使用した国産青汁】

金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末

金の青汁
◆販売会社:株式会社日本薬健
◆容量: 3g×46包
◆価格:1,580円+税
◆主原料産地:九州(大麦若葉)

【肌らぶ編集部コメント】
金の青汁は、日本国内の契約農家さんの手で大切に育てられた、無農薬栽培の国産大麦若葉を100%配合した国産青汁です。
新鮮なおいしさを届けるために、大麦若葉を収穫してから粉砕加工までを24時間以内に行っています。
また、加工した粉末を袋に詰める際には、粉末が酸化しにくいといわれている「フレッシュパック方式」を採用。抹茶風味の味で、青汁特有の青臭さを感じにくいスッキリとした味わいです。

≪肌らぶ編集部員の口コミ≫
金の青汁
ゴールドのパッケージが印象的な国産青汁の「金の青汁」。

粉末は少ししっとりしていて非常に細かく、コップに注ぐ際にふわっと粉が舞うほどです。
スプーンで混ぜてみると、ダマにならずきれいに溶けます。

ベーシックな水と牛乳で飲んでみたところ、苦味や臭みがなくゴクゴクと飲むことができました!
青汁を飲んでいるというよりは、薄めの抹茶を飲んでいるような印象です。

後味もスッキリしているので、「青汁の味が苦手」という方にもおすすめ。
(個人の感想です)

>>>株式会社日本薬健 公式HPはこちら

【主原料にケールのみを使用した国産青汁】

本搾り青汁ベーシック

ファンケル 本搾り青汁ベーシック
◆販売会社:株式会社ファンケル
◆容量:4.5g×10本(初回限定)/4.5g×30本/4.5g×90本
◆価格:1,023円+税→500円+税/2,695円+税/7,247円+税
◆主原料産地:愛媛・長野・鹿児島県(ケール)

【肌らぶ編集部コメント】
本搾り青汁ベーシックは、ミネラル農法で育てた国産ケールを丸ごと粉末にした国産青汁です。
1本に約40gの国産ケール生葉を使用。普段の生活で野菜が不足しがちな方におすすめです。
「ファンケルマイルドテイスト製法」により、クセのないさらっとした味わいなので飲みやすいのも嬉しいポイントですね。

>>>株式会社ファンケル 公式HPはこちら

【主原料に明日葉のみを使用した国産青汁】

まるごと明日葉青汁

まるごと明日葉青汁
◆販売会社:ユウキ製薬株式会社
◆容量:3g×30包
◆価格:2,838円+税
◆主原料産地:八丈島(明日葉)

【肌らぶ編集部コメント】
まるごと明日葉青汁は、八丈島産の国産明日葉の「葉・茎・根」全草を贅沢に使用した国産青汁です。
明日葉の葉や茎だけでなく根まで100%使用することから、年間生産量が限定されています。天然甘味料であるオリゴ糖を配合することで、飲みやすい仕上がりです。

>>>ユウキ製薬株式会社 公式HPはこちら

1-2.フルーツブレンドにこだわる!粉末タイプのおすすめ国産青汁3選

フルーツ青汁 口コミ
続いて、飲みやすい味を求める方におすすめの国産青汁をご紹介します。

今回は、飲みやすいように「フルーツをブレンドした国産青汁」を3商品選びました。
また、すべて女性に嬉しい美容成分が配合されているものです。

「青汁を続けて飲みたいけど味が苦手」という方や、「美容にも良い成分が配合のものを飲みたい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁
◆販売会社株式会社INK
◆容量:3g×30包
◆価格:通常3,920円+税(とくとくモニターコースは初回463円+税)
◆主原料産地:鹿児島(明日葉)・北海道(クマザサ)・国産の表記(大麦若葉)
◆美容成分:コラーゲン・セラミド・プラセンタ

【肌らぶ編集部コメント】
フレッシュフルーツ青汁は、国産の大麦若葉や明日葉などにフレッシュフルーツエキスを加えることで、スイーツ感覚で飲める国産青汁です。
まるでフルーツジュースを飲んでいるようにゴクゴク飲みやすいので、「青汁の青臭さが苦手…」という方でも飲みやすいのでは?
1杯あたり11.7Kcal(水100mlで飲んだ場合)なので、摂取カロリーが気になる女性にもおすすめですよ!

>>>株式会社INK 公式HPはこちら

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
◆販売会社:株式会社シエル
◆容量:3g×30包
◆価格:通常5,980円+税(ラクラク定期コースは初回680円+税)
◆主原料産地:北海道(クマザサ)・八丈島(明日葉)
◆美容成分:コラーゲン・プラセンタ

【肌らぶ編集部コメント】
めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、青臭さが少ないといわれているクマザサや明日葉にパイナップルやイチゴ、メロンなどのフルーツを配合した国産青汁です。
また、普段の生活では摂取しづらい「野草酵素」「野菜酵素」「果物酵素」「海藻酵素」を使用。さわやかなフルーツジュースのような味わいなので、食後のデザートとして飲むのもおすすめです。

>>>株式会社シエル 公式HPはこちら

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁
◆販売会社:株式会社メディアハーツ
◆容量:3g×30包
◆価格:通常3,480円+税(ラクトクコースは初回630円+税)
◆主原料産地: 国産の表記のみ(大麦若葉・明日葉)
◆美容成分:ビタミンC・プラセンタ・セラミド

【肌らぶ編集部コメント】
すっきりフルーツ青汁は、国産の大麦若葉や明日葉にザクロなどのフルーツエキスを配合した国産青汁です。
加えて、酵素や生の乳酸菌、豆乳パウダーを配合。イチゴから抽出したエキスがみずみずしく、フルーティーな味わいをプラスしています。

>>>株式会社メディアハーツ 公式HPはこちら

1-4.粒タイプにこだわる!おすすめの国産青汁3選

青汁 価格
続いて、外出先でも飲みやすい粒タイプのおすすめ国産青汁をご紹介します。

今回は、1日の摂取目安が3粒以下のものを選びました。

「水で溶かすのは面倒」「いつでも気軽に飲みたい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁
◆販売会社:ステラ漢方株式会社
◆容量:90粒(1か月分)
◆価格:通常4,743円+税(毎月お届けコースは3,320円+税)
◆主原料産地:九州(ケール)・沖縄(長命草)・福岡(クロレラ)
◆1日摂取目安:3粒

【肌らぶ編集部コメント】
ステラの贅沢青汁は、国産のケールや長命草、クロレラを粒に凝縮することで「飲みやすさ」と「栄養素の濃度」を実現した国産青汁です。
クロレラの粘りを利用して固めることで、体内で分解・吸収しやすいのも特徴的。1日の摂取量目安も3粒なので、「青汁を買ってみたけど続けられない」という方におすすめです。

>>>ステラ漢方株式会社 公式HPはこちら

酵素青汁111選 セサミンプラス

酵素青汁111選
◆販売会社:株式会社ミーロード
◆容量:60粒(1か月分)
◆価格:通常3,056円+税(トクトクコースは初回463円+税)
◆主原料産地:沖縄(モリンガ)・福岡(ケール)・鹿児島(日本山人参)・東京(明日葉)
◆1日摂取目安:2粒

【肌らぶ編集部コメント】
酵素青汁111選 セサミンプラスは、国産のモリンガやケールなどをたっぷり配合した、粒タイプの国産青汁です。
「青汁にとって大切なのは味よりも栄養である」との考えから、体に不足しやすい栄養を粒に凝縮させました。トクトクコースなら、初回購入価格が実質無料(※送料相当463円が必要)とお得なので、お得に飲みはじめたい方は必見です!

>>>株式会社ミーロード 公式HPはこちら

和漢青汁

和漢青汁
◆販売会社:ウェルケア株式会社
◆容量:93粒(10~31日分)
◆価格:通常4,800円+税(定期お届けは3,840円+税~)
◆主原料産地:沖縄(長命草)
◆1日摂取目安:3~9粒

【肌らぶ編集部コメント】
和漢青汁は、沖縄県与那国島の国産長命草をメインに、「高麗人参」「ウコン」などの素材を配合した、粒タイプの国産青汁です。
長命草と植物素材を粒に凝縮することで、栄養を補いながら飲みやすい青汁を実現しました。自分の体やライフスタイルに合わせて、1日3~9粒を目安に摂取すると良いようです。

>>>ウェルケア株式会社 公式HPはこちら

1-5.ゼリータイプにこだわる!おすすめの国産青汁3選

青汁 価格 ゼリー
ここでは、おやつ感覚で食べられるゼリータイプのおすすめ国産青汁をご紹介します。

今回は、片手で手軽に食べられる「スティックタイプ」のものを選びました。
青汁を作る時間のない方や、小腹が減ったときの間食にしたい方はぜひチェックしてみてくださいね!

青汁ゼリー

青汁ゼリー
◆販売会社:UMIウェルネス株式会社
◆容量:20g×30包
◆価格:通常3,250円+税(初回モニター価格980円+税)
◆主原料産地:宮崎(大麦若葉)
◆1日摂取目安:1包

【肌らぶ編集部コメント】
青汁ゼリーは、1本に国産の大麦若葉をまるごと使用したゼリータイプの国産青汁です。
1本でレタス1個分相当の食物繊維を補うことができます。大麦若葉のえぐみを抑える青りんご味で、水に溶かす手間のないゼリータイプなので、続けやすさは抜群!
持ち運びにも便利だから、外出先でも食べやすいですね。

>>>UMIウェルネス株式会社 公式HPはこちら

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖青汁寒天ジュレ
◆販売会社:興和新薬株式会社
◆容量:15g×30包
◆価格:通常4,000円+税(定期コースは初回限定2,000円+税)
◆主原料産地:北海道(クマイザサ)
◆1日摂取目安:1~2包

【肌らぶ編集部コメント】
黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、国産のクマイザサを主原料に、美容成分である「ヒアルロン酸」を配合したジュレ状国産青汁です。
植物原料を発酵・熟成させることで栄養価を約20倍に凝縮した植物発酵エキスを配合。深い味わいのクマイザサに香り高い抹茶を加えることで、すっきりとした上品な甘さが引き立つ、シンプルなスイーツ風に仕上がりました。
抹茶との相性抜群の黒糖とココナッツシュガーが、奥行きのある甘みの秘密です。

>>>興和新薬株式会社 公式HPはこちら

美感青汁

美感青汁
◆販売会社:株式会社アスリートギフト
◆容量:10g×30包
◆価格:通常3,426円+税(定期コースは初回限定1,944円+税)
◆主原料産地:長野(クマザサ)
◆1日摂取目安:1~3包

【肌らぶ編集部コメント】
美感青汁は、国産クマザサを主原料に、明日葉、大麦若葉などをブレンドしたジェルタイプの国産青汁です。
女性に嬉しい美容成分である「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「コエンザイムQ10」「プラセンタ」「セラミド」などを配合。青汁の味やにおいが気になりにくい、美味しいマンゴー味なのでデザート感で無理なく続けられそうです。

>>>株式会社アスリートギフト 公式HPはこちら

2.国産青汁を選ぶときのチェックポイント

ポイント!の指
国産青汁を選ぶときには、以下の3つのチェックポイントを確認すると良いでしょう。

①原料の種類をチェックする

葉酸 野菜
青汁は商品によって、配合されている原料が異なります。
原料によって味わいや摂取できる栄養に違いがありますので、まずは原材料をチェックしてみましょう。

ここでは青汁3大原料と呼ばれている、「大麦若葉」「ケール」「明日葉」の特徴を簡単にご紹介します。

■大麦若葉

九州産 青汁
大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の草丈が20~30cm頃の若葉の状態を指します。

大麦若葉にはビタミン・食物繊維・ミネラルなどの栄養素や、酵素SOD、ポリフェノールなどが豊富に含まれているといわれています。

また、葉野菜特有の臭みや苦味が少ないため、飲みやすさを重視していたり、すっきりとした味わいの青汁に配合されることが多くあります。

■ケール

九州産 青汁
ケールはアブラナ科の植物で、栄養価が豊富に含まれていることから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれています。

キャベツに良く似た形をしており、食物繊維・カルシウム・鉄分・カリウム・ビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれています。
普段の生活で野菜が不足しがちな方におすすめです。

古くから青汁に配合されてきたケールですが、野菜の中でも青臭さとエグみがややある、独特な味が特徴です。

■明日葉

明日葉はセリ科の植物で、「今日葉を摘んでも明日には新しい若葉が出る」といわれるほど生育が良いといわれています。

明日葉にはビタミン・βーカロチン・ミネラル・食物繊維・タンパク質・カルコン・クマリンなどの栄養素が含まれています。

明日葉特有のクセはありますが、苦味が少なく口当たりが良いため、明日葉を主原料にした青汁は飲みやすい傾向にあります。

②形状をチェックする

飲みやすい青汁
自分の嗜好やライフスタイルに合った青汁を選ぶためにも、青汁の形状をチェックしましょう。
販売されている青汁を大別すると、主に以下の3種類があります。

■粉末タイプ

青汁を粉末にすることで、水に溶かして飲むことができるベーシックなタイプの青汁です。

粉末なので、持ち運びやすかったり保管がしやすいといったメリットがあります。

また、水に溶かすだけでなく料理にも使いやすいので、青汁をアレンジして楽しみたい方にもおすすめです。

■粒タイプ

青汁をぎゅっと粒に凝縮した、サプリメントタイプの青汁です。

青汁の栄養はそのままに粒状に加工されているため、青汁の味やにおいに抵抗がある人でも飲みやすくなっています。

水に溶かす手間がないため、青汁を水で作る時間がない方や面倒くさがり屋さんにもおすすめです。

■ゼリータイプ

青汁をゼリー状に加工することで、食べやすさを重視した青汁です。

水がなくてもすぐに食べることができ、比較的青汁の味が気にならないものが多いので、青汁が苦手な方やおやつ代わりに青汁を摂取したい方にもおすすめです。

持ち運びにも便利ですが、ゼリーなので冷やして食べるほうがおいしくいただけるかもしれません。

自宅では粉末タイプ、外出先では粒タイプ、オフィスではゼリータイプというように、飲み分けてみても良いかもしれませんね。

③口コミをチェックする

スキンケア 通販
実際に青汁を飲んだ人の口コミをチェックして、「味」や「飲みやすさ」を参考にしてみましょう。

青汁を飲み続けるにあたって、「味」と「飲みやすさ」はとても大切なポイントですよね。
しかし、青汁を試飲してから購入するのは至難の業です。

「でも、青汁選びに失敗したくないし…」
そんなときに参考にしたいのが、実際に飲んだ人の生の声がわかる「口コミ」なのです!

もちろん、味や飲みやすさは人によって感じ方が違いますから、全てが参考になるわけではありません。
あくまで1つの参考材料として、チェックしてみると良いでしょう。

肌らぶ編集部員が、青汁を試した口コミが気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

3.青汁に混ぜるだけ!さらにおいしく摂取する方法

チアシード スムージー
「青汁をもっとおいしく摂取する方法はないの?」「毎日同じ味は飽きてしまう…」
そのような方は、いつもの青汁にアレンジを加えてみましょう!

ここでは、毎日粉末の青汁を飲んでいる肌らぶ編集部員が実践している、混ぜるだけの青汁アレンジ方法をご紹介します。

①牛乳や豆乳に混ぜる

青汁 牛乳
水のかわりに青汁を牛乳や豆乳に混ぜると、マイルドで飲みやすくなります。

甘さが欲しい方やお子様には、はちみつや黒蜜をプラスすると、抹茶ミルクのような味わいになっておいしいですよ♪

②ヨーグルトに混ぜる

青汁 ヨーグルト
青汁をヨーグルトに混ぜるとヨーグルトの酸味で青汁特有の苦味やにおいが抑えられ、食べやすくなります。

さらにバナナなどのフルーツを加えれば、満足感も高まるのではないでしょうか。

ドリンクタイプのヨーグルトなら、仕事の合間にも飲めるので便利ですよ!

③バニラアイスに混ぜる

青汁 アイス
個人的に1番お気に入りなのが、青汁とバニラアイスのブレンドです!

バニラアイスに粉末タイプの青汁を直接ふりかけながら食べてもいいですし、少し溶かしたバニラアイスと青汁をしっかり混ぜれば、抹茶アイスのような味わいを楽しむことができます。

おやつのついでに青汁を摂取できるので、なんだかお得感がありますよ♪

④スープに混ぜる

青汁 スープ
青汁をスープに混ぜることで、簡単に青汁スープを作ることができます。

肌らぶ編集部員がいろいろ試した結果、「コーンスープ」「じゃがいも」のスープとの相性は抜群でした!

栄養のある食事をしたいと思っていても、時間がなくレトルトのスープで済ますという方も多いのではないでしょうか?

そんなときには、ぜひ青汁を混ぜて栄養を補ってみてください!

4.青汁を摂取するときの注意点

えがおの青汁 口コミ
青汁の魅力を実感するためには、正しく摂取することが大切です。
ここでは、青汁を摂取するときに気をつけたい、3つの注意点をご紹介します。

①摂取目安量を守る

青汁を摂取するときには、必ず決められた摂取目安量を守るようにしましょう。

摂りすぎてしまうと、逆に体調を崩したり青汁の魅力を実感できないことがあります。

商品によって、配合されている栄養素の種類や量は異なるので、摂取する前に目安量をよく確認すると良いでしょう。

②薬を服用している場合は医師に相談する

普段病院にかかっていたり薬を服用している場合は、青汁を摂取する前に医師に相談しましょう。

青汁には「ビタミンK」が含まれているので、飲みあわせに注意が必要な場合もあるといわれています。

「青汁を飲んでも大丈夫?」と不安に思ったときには、自己判断をせず必ず医師に相談してください。

③続けて飲む

青汁などの健康補助食品は、普段の生活では摂取しきれない栄養を補うためのものです。
しかし、1度摂取したからといってすぐに結果が表れるわけではありません。

健康補助食品の魅力を実感するためには、続けて摂取する必要があるといわれていますから、まずは1か月から続けてみると良いでしょう。

5.まとめ

今回は、肌らぶ編集部がセレクトしたおすすめ国産青汁をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「自分に必要で続けられる国産青汁はどれなのか」が分かれば、青汁も選びやすくなるはずです。

「情報を比較するのは面倒だなぁ」という方は、今回の内容を参考に、肌らぶ編集部がセレクトしたおすすめ国産青汁から試してみてくださいね♪

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年1月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~青汁関連記事~

[PR]国産青汁はあなたの好みで選ぶ!【肌らぶセレクト】おすすめ12選

[PR]青汁の価格を比較!コスパの良い青汁ランキング!1位の口コミも紹介

[PR]青汁は通販で購入する!おすすめ9選とお得に賢く青汁を飲むポイント

これなら続けられる! 青汁の飲み方、食べ方アレンジ


Pocket
LINEで送る