メニューを開く
提供:株式会社POLA

ダブル洗顔!必要?不要?すぐわかるダブル洗顔完全ガイド!


Pocket
LINEで送る

洗顔  女性
ダブル洗顔って何!?必要?不要?本当に私は大丈夫かな?と疑問に思っていませんか?洗顔を2回するというのは何とも不思議な表現ですよね。

ダブル洗顔については、賛成派と反対派の2つに分かれるため、どちらが正しいのか迷う方も多いと思います。
実際、どちらも間違いではありません。それは人によって肌質が異なるため、ダブル洗顔した方がいい場合としない方がいい場合があるからです。
大事なのは自分の肌にダブル洗顔が必要か?不要か?を知ることです。

本日は、ダブル洗顔について迷うことのないように、ダブル洗顔とは一体何か、自分にはダブル洗顔が必要か?不要か?について見極めるポイント、クレンジングと洗顔料の選び方と正しいお手入れ方法についてご紹介します。

洗顔とはスキンケアの最初のファーストステップとなる、大事な部分です。ここを適当にするか、きちんとするかで、その後の肌の状態に大きく影響します。本当に自分に合ったお手入れ方法をして、肌悩みとお別れしましょう!

なめらか泡で洗い上がりしっとり!保湿スキンケアシリーズの洗顔フォーム『モイスティシモ ウォッシュ』はこちら>>>


◆肌らぶ セレクション◆

モイスティシモ ウォッシュ
モイスティシモ ウォッシュ
POLAの保湿スキンケアシリーズから発売されている、なめらかでやわらかな泡立ちの洗顔フォームです。

豊かできめ細かい泡で、不要な皮脂などの汚れをすっきり洗い流します。
保湿成分としてサクラエキスやオウレンエキスを配合しているので、洗い上がりもしっとり。

ジェントルフローラルのやさしい香りが、優美な洗顔タイムを演出します。

まずは、その他のアイテムもたっぷり2週間試せるトライアルセットからスタートしてみてください。
モイスティシモ トライアル(ボタン)


1.ダブル洗顔とは

ダブル洗顔とは、メイクをした日に、“クレンジング料でメイクを落とした後、さらに洗顔料を使って顔を洗うこと”を言います。顔を2回洗うのでダブル洗顔と言われているのですが、決して洗顔料で2回続けて洗うというわけではありません。あくまでメイクをした日のみの話です。
ダブル洗顔
市販されているクレンジングのパッケージを見ると、使用方法の欄に「クレンジングの後に洗顔料を使ってダブル洗顔をしてください」と記載がされています。または、その必要がない場合は「ダブル洗顔不要です」と記載があります。今ではダブル洗顔をすることが当たり前の話になっているようです。

2.ダブル洗顔は必要?

基本的にはメイクをした日に関して、ダブル洗顔するとよいでしょう。

ダブル洗顔が必要な理由

① クレンジングと洗顔料で落とす汚れが異なるため

クレンジングは、ほとんどの商品で油分が入っており、同じ油性であるメイクアップ化粧品を浮かせて落とします。

洗顔料は汗やほこり、皮脂、古い角質(垢)といった肌に余分な水性の汚れを落とします。
つまり、クレンジングは油性、洗顔料は水性と、それぞれ役割分担をし、肌の汚れを落としていることになります。

クレンジングだけでも水性の汚れはある程度は落ちますが、やはりきれいに落とすためには、洗顔料も使う必要があるといえます。
汚れが落ちる仕組み

② 顔に残ったクレンジングを洗顔料で落とす

クレンジングは洗浄力を持ってメイクアップ化粧品を落としますが、油と水は本来混じり合わないものなので、水と油だけではきれいに肌から落ちてくれません。

そのために、クレンジングには界面活性剤という油と水の橋渡し役をしてくれる成分が入っているのですが、それでも全て完璧に落ちているというわけではありません。毛穴に入り込んでいる場合もあります。

そこで、洗顔料を使って、もう一度洗ってあげることで、①でお伝えした水性の汚れと一緒に、肌に不要となったメイクアップを浮かせて、残ったクレンジングも洗い流して、肌の表面をきれいにすることができるのです。

これらの汚れをきちんと落としてあげることで、その後のお手入れで使用する化粧水や美容液が肌の角質層への浸透がよくなり、肌を潤わせることができるのです。
その時にクレンジング料や不要となったメイク汚れを肌に残さないので、肌悩みが起きにくくなるといえます。
洗顔した肌としなかった肌

無理にダブル洗顔をすると、かえって肌悩みを引き起きてしまう場合もあります。

3.ダブル洗顔をしない方がよい肌タイプ

ダブル洗顔をすることで、肌が次のような状態にあてはまる方は、ダブル洗顔をおすすめできません。

① 洗顔後だけでなく、化粧水や乳液で保湿をしても、肌が乾燥してしまう
② 洗顔中に肌に、しみたり、痛みを感じる

【理由①】肌環境を壊さない

肌の乾燥が気になる、痛みを感じる場合は、肌に負担がかかりやすい状態であると考えられます。そこにクレンジングと洗顔で、肌をこすることにより、さらに負担がかかることが考えられます。摩擦をできるだけおさえたほうがよい状態の時に、過剰なお手入れは禁物ということになります。
「肌環境」とは
皮膚の表面にある角層という部分が肌本来の持つ働きがあります。
主な働きとして下記の2点があります。
1. 中の水分が逃げるのを防ぐことで潤いを保つ
2. 外から雑菌などの侵入することを防ぐ

バリア機能

通常な肌環境       アンバランスな肌環境

通常な肌環境であれば、潤いが保たれています。

肌の表面を覆う角層は、なんと厚さはわずか0.02mmしかないといわれています。ティッシュの厚さはわずか0.1mmなので、角層の厚さはなんとティッシュの5分の1程度しかないのです!

そのため、摩擦や乾燥にとても弱いので、角層の摩擦などの負担がかかると、水分が逃げやすくなり、外からの雑菌も防ぎづらくなると考えられます。よって、さまざまな肌悩みの原因をつくってしまうのです。

【理由②】適度な皮脂を残すことで乾燥させないようにする

肌の乾燥や肌が敏感な方は、皮脂の分泌量が通常よりも少なく、肌を覆っている皮脂量も少ないことが考えられます。
ダブル洗顔することで、必要な皮脂を落としてしまうことが肌悩みにつながるため、多少余分な皮脂が残っていたとしても、無理に洗いきらないほうがよい場合があります。

洗顔することで余分な皮脂を洗い流すわけですが、皮脂は全てが肌にとって邪魔ものなのではありません。
皮脂は本来、肌を守るもので、角質層の1番外側で皮脂膜として活躍している大事なものなのです。
この皮脂が少なくなると、水分をうまく閉じ込めることができず、乾燥や敏感な状態を引き起こしてしまうのです。

4.困った時のクレンジング・洗顔料の選び方

ダブル洗顔は必要、不要はお肌の状態によるものということがおわかりいただけたかと思います。

しかし、実際に商品を選ぶときには悩んでしまうこともありますよね。
今使っているクレンジング・洗顔料がどうも合っていないような気がしたり、スッキリしないという方は、これからお伝えするポイントを踏まえて選ぶ時の参考にしてください。

4-1.クレンジング選びのポイント

1.アイメイクとベースメイクは別で考えること

ポイントメイク
クレンジングを選ぶときに、アイメイクの濃さに合わせる必要はありません。
頑固なアイメイクを基準に考えてしまうと、必要以上に肌に負担をかけてしまうことにもなりかねません。
アイメイクは専用のポイントメイクリムーバーを使って優しく、丁寧に落とすようにしましょう。
マスカラやアイシャドウに使用されているラメが顔全体に広がることもなく肌への負担を軽減することができます。

2.ベースメイクの濃さに合ったタイプを選ぶ

ベースメイク(下地やファンデーション)にウォータープルーフを使用している方は、リキッドまたはオイルタイプのクレンジング料を選び、ウォータープルーフではない方は、クリームまたはミルクタイプのクレンジング料を選びましょう。

代表的なクレンジング料の形状をこちらで詳しくお伝えしています。
クレンジングチャート
クレンジング料の洗浄が強いと、肌への負担が大きくなってしまいます。注意しないといけないのが、肌への負担が小さいものが、必ずしも肌によいというわけではないということです。

ウォータープルーフのベースメイクをしているときにクリームやミルクタイプのクレンジング料を使い、なかなか落ちずについゴシゴシと力を入れてしまい、ダブル洗顔しても落ちなかったというご経験はありませんか?

摩擦によって、知らない間に、肌に負担をかけている場合があります。
反対に、パウダーファンデーションなど薄めのベースメイクを落とすとき、オイルやリキッドを使うと、肌に必要な皮脂まで落としてしまうこともあり、乾燥しやすくなってしまう場合もあります。

3.ダブル洗顔不要のクレンジング

クレンジングがダブル洗顔不要をお使いの方へ知っておいてほしいポイントです!

①ダブル洗顔不要でも、その後洗顔しても問題ないことが多い。
②ダブル洗顔不要であってもアイメイクは専用のポイントリムーバーを使用したほうがよい。
③乾燥が気になりだしたら、たまにはダブル洗顔不要でないクレンジングと洗顔にお手入れ方法を変更してみる。

ダブル洗顔不要のクレンジングは、肌への接触回数が1回で済みます。
ついつい疲れていてクレンジングが面倒、後回しにして深夜にクレンジングなんてことも、少なくはないかと思います。

メイクを長時間、肌にのせた状態で外のホコリや外気の汚れなどが付着した状態のまま、面倒だからといってクレンジングをなかなか行わない場合であればダブル洗顔不要を使用し、少しでも早くメイクを落とすほうが賢明といえます。
また、肌の乾燥が気になったり、自分にダブル洗顔が合っていないなと感じたりしたときにも、ダブル洗顔不要のクレンジングを使用してみるとよいでしょう。

4-2.洗顔料選びのポイント

一度にクレンジングと洗顔料両方変えてしまうと、どちらが良かったのか、悪かったのかが分からなくなってしまうため、まずはクレンジングだけ見直して、洗顔料は手持ちのものを使いましょう。

その上で、クレンジング後のつっぱりや乾燥が気になる方はダブル洗顔をやめてみるのも一つの手です。もし、そこまで気にならないけど、どうも今の洗顔料では乾燥してしまうかも・・・という方は、多くの成分が入っていないシンプルな洗顔料をおすすめします。

それは、ダブル洗顔したことが原因なのではなく、使用した洗顔料の洗浄が強すぎたことが原因の可能性があると考えられます。シンプルな洗顔料であれば必要最低限の洗浄しかできないため、肌に必要なものまで落として、乾燥してしまうということになりません。

特に固形石鹸がおすすめですが、商品によっては形が固形なだけでたくさんの成分が入っているものもありますし、フォームタイプでもシンプルな作りのタイプもありますので、成分表示を確認するようにしましょう。シンプルな洗顔料は「石ケン素地」のみの表示が多いです。

【石ケン素地のみで作られたシンプル石鹸】

素材そのまま化粧せっけん
コープ 素材そのまま化粧せっけん
ブランド:コープ
金額:110g/119円(税抜)
出典:日本生活協同組合連合会
まずは気軽に資料請求

無添加せっけん
牛乳石鹸カウブランド 無添加せっけん
ブランド:牛乳石鹸カウブランド
金額:100g/150円(税抜)
出典:牛乳石鹸共進社株式会社
無添加フェイシャルソープ
シャボン玉石けん 無添加フェイシャルソープ
ブランド:シャボン玉石けん
金額:200ml/1,200円(税抜)
出典:株式会社シャボン玉本舗

5.正しいクレンジング・洗顔のお手入れ方法

自分に合ったものを選んでも、お手入れ方法を間違えてしまうと意味がありません。
ここで正しいクレンジングと洗顔のお手入れ方法をおさらいしましょう。

5-1.クレンジング

① 先に目元、口元のポイントメイクを落とす

ニキビ16ポイントメイクリムーバーをコットンに染み込ませたものを目元・口元に約10秒あて、優しく拭き取ります。コットンが汚れたら新しいものに変えてください。
汚れたコットンで、何度も使い回しをするのはやめましょう。

この時点で完全に落とそうと、無理やりこすりことになり、肌への負担となりますので、特に頑固な部分が落ちたら多少、メイク汚れが残っていても気にせず、次のステップへ進みます。

②手のひらにクレンジングを出す

お使いの商品に「乾いた手のひらで」と説明が書いてある場合は、必ず、手洗いを行い、手を拭いて清潔な状態でオイルを手のひらに出しましょう。

「お風呂場使用OK・ぬれた手でもOK」というクレンジングの場合であっても、できるだけビショビショは避けましょう。
クレンジングに水が加わると洗浄力が落ちてしまいます。その分、肌をこすりすぎてしまうため、摩擦により肌に負担がかかりやすくなってしまうからです。

③Tゾーン→Uゾーンの順で、肌にのせてなじませる

Tゾーン Uゾーン
比較的皮膚の厚い額から鼻にかけて、Tゾーンから先になじませます。
ポイントはゴシゴシこすらないことと時間をかけすぎないことです。

④最後に目元・口をやさしくなじませる

目元・口元に関しては、洗い残しを落とすだけなので、優しく数秒なじませる程度で、時間をかける必要はありません。

⑤人肌程度のぬるま湯で洗い流す

洗顔 洗い流す
洗い流すお湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまい、余計に乾燥する場合があります。
逆に冷水だとクレンジングが固まってしまい毛穴の余分な皮脂汚れなどを落とすことができません。若干ぬるめかなと思うくらいの人肌程度の温度が理想的といえます。

5-2.洗顔

① 洗顔料を手のひらでよく泡立てる

手のひらに泡
洗顔料を手のひらに出し、水を加えながら泡立てます。
特に石鹸は泡立てが難しいので、苦手な方は便利な市販されている泡立てネットもぜひ使ってみてください。

② Tゾーン→Uゾーンの順番にのせて円をかくようになじませる

クレンジング Tゾーン
皮脂が多いTゾーンから洗い、次にUゾーンへと移ります。Uゾーンは頬やフェイスラインを差します。
ゴシゴシこするのではなく、クルクルと円をかくように、汚れを浮かせるような感覚でなじませます。
特にオイリー気味の肌の方は皮脂をとるためにゴシゴシと力を入れがちですが、それでは必要な皮脂までとりすぎて、皮脂をより活発にさせてしまうのでやめましょう。

③ 人肌程度のぬるま湯で洗い流す

洗顔 洗い流す
クレンジング後に洗顔を行いますが、クレンジング同様、熱すぎると乾燥の原因になります。また、急激な温度変化は顔への刺激が強くなるので、冷水もおすすめできません。

④ 清潔で肌触りの滑らかなタオルで優しくふき取る

洗顔 タオルでふく
洗顔後の肌はメイクと一緒に潤い成分も奪われて、デリケートな状態です。ゴワゴワしたタオルなどでゴシゴシ拭くと、肌の負担になりがちです。清潔で肌触りの滑らかなタオルで優しくふき取るようにしましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
クレンジングと洗顔は、1日の汚れをしっかり落として、肌を整える大切なファーストステップです。
また、商品の選び方やお手入れ方法でも大きく変わってきてしまいますので、ぜひ、見直してみてください。日々の積み重ねが大切なポイントになります。本日お伝えした内容を参考にしてください。

この記事は2016年8月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

なめらか泡で洗い上がりしっとり!保湿スキンケアシリーズの洗顔フォーム『モイスティシモ ウォッシュ』はこちら>>>



Pocket
LINEで送る