メニューを開く
アスタリフト;

これって秋バテ? 秋バテの原因や対策を徹底解説!

秋バテ
「夏が終わったのにバテ気味……これって秋バテ?」「なんだか体がだるいけど、秋バテなんてものあるの?」と、お悩みではありませんか?

夏バテほどの知名度はないものの、ここ数年の異常な猛暑は、秋の体調にも秋バテのという形で影響を及ぼすことがあります。

今回は、秋バテの原因や対策方法をご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.秋バテとは

秋バテは、暑さが落ち着き、涼しくなってきた頃(9月の下旬以降)に、体に何か不調が起こることを指します。

夏バテと似た症状が出ますが、暑さが落ち着いてきているにもかかわらず「なんとなく調子が悪い」と感じたら、秋バテの可能性があります。

2.秋バテとは

秋バテには、以下のようなものがあります。

・倦怠感
・食欲不振
・胃の不快感
・肩のコリ
・頭痛っぽい
・寝つきが悪い
・頭が冴えない
・めまい   など

免疫力を高める食べ物 

3.秋バテの原因

秋の原因を4つお話しします。

3-1.冷房による寒暖差

冷房の使い方によっては、寒暖差影響で自律神経が乱れやすくなり、秋バテを引き起こすといわれています。ここ数年は冷房を使わなければ熱中症で死に至るほどの厳しい暑さが普通になりつつありますので、冷房を使うこと自体はまったく問題がありません。

しかし、冷房でキンキンに冷えた部屋と、暑い屋外とを行き来すると、急な寒暖差に体が対応しきれず、温度調節をする自律神経が乱れやすくなります。

部屋の中と外で寒暖差が大きいことにより、急に汗をかいたり、急に体を冷やしたりを繰り返していくことにより、体が冷えるのを防いだりできなくなるのです。

自律神経は人間の活動や休息を支える神経なので、乱れやすくなってしまうことは理想的ではありません。

3-2.冷たいものの取り過ぎ

暑いからといって、冷たいものを飲んだり食べたりすると、胃に負担がかかるといわれています。冷たいものをばかりを摂取すると、体内の体温が下がり、血行不良が起こりやすくなってしまいます。

血行不良は、体の機能を低下させ、消化不良を起こす原因になったり、食べ物から取り入れた栄養を吸収できなくなることがあります。

夏の間に、かかった胃への負担は蓄積され、暑さが落ち着いてきた頃に、不調を引き起こすといわれています。

3-3.夏の暑さ

日差し(紫外線)

夏は外を歩くだけでも体力を消耗しますが、寝苦しさからくる寝不足や、夏ならではのアクティブなレジャーなどで、想像以上に疲れがたまっています。

回復されずに蓄積した疲れが長引くことで、秋バテとしてあらわれてきます。

3-4.低気圧の接近

低気圧が近づくと、空気中の酸素が薄くなり、呼吸の質がよくなくなるため、自律神経の乱れやすくなります。

4.秋バテの対策

秋バテになってしまったら体に負担をかけないようにしながら、体の機能を回復させていきましょう。秋バテ対策の生活習慣を3つご紹介します。

4-1.温かいものを食べる

おかゆ ダイエット

秋バテは体に疲れが出ている状態なので、胃腸に負担のかからないものを食べ
るよう心がけましょう。食べ物はできるだけ温かいものを食べて、体の中から温めるようにしてください。

また、消化・吸収の際に負担をかけないために、油っこいものや刺激物(カライもの)などを避け、胃腸に負担がかからない食べ物を選ぶようにしてください。

特に温かい野菜のスープや雑炊などがおすすめです。

※くれぐれも食べ過ぎに注意しましょう。体力を回復するためにたくさん食べ過ぎてしまうと、胃腸に負担がかかることがあります。

4-2.軽い運動をする

ウオーキングなどの軽い運動をすると低下していた自律神経の働きが高めることができます。運動により、血行がよくなり、酸素が体中に運ばれます。

また、筋肉を使うと、内臓の働きもサポートしてくれるため、胃腸の働きを活発にすることが期待できます。

4-3.ゆっくり半身浴をする

半身浴で体を温め、暑くなったら汗をかくという、自律神経の本来の働きを取り戻しましょう。

半身浴は、体の芯から温まり、リラックス感を高めるとされています。30分程度かけて、のんびりお湯に浸かってみてください。

この時、お湯の温度は38~40度が理想的です。お湯の温度が高過ぎると、体の表面しか温まらない上、長くのんびり浸かることができません。

半身浴の正しい方法は、こちらを参考にしてください。

5.秋バテを予防する方法

秋バテは、夏の間の過ごし方次第で予防がすることができます。すでに秋バテしてしまった人は来年の夏、注意してみてください。

5-1.凍ったものを取り過ぎない

夏バテ 食べ物 冷たい食べ物
水分を摂るときは、できるだけ常温の飲み物を摂るようにしましょう。

暑いと冷たい飲み物やアイスクリームなどの冷たいものばかり摂りがちです。
しかし、冷たいものの摂り過ぎは内臓に負担がかかりやすいと言われているので、冷たいものを摂り過ぎないように気をつけましょう。

5-2.冷房の設定温度は25~28度

室内と外の温度差が大きくならないように、冷房の温度は25~28度くらいに設定するのが理想的です。

冷房で涼しい部屋と外の温度差が大きくなると、自分で体温調節をしにくくなり、自律神経の乱れにつながってしまうことも考えられます。

外出先などの冷房がきいた場所では、ストールや羽織ものなどを活用し、体が冷えてしまわないように気をつけましょう。

5-3.薄着をしない

夏だからといって、薄着をしないようにしましょう。家から出れば、電車やオフィス、飲食店など、冷房をガンガンきいている場所に行かなければならないことは多いです。

熱中症対策のために、通気性のよい服装での外出がおすすめですが、冷房のきいたところでは、体が冷えすぎてしまわないように、ストールやカーディガンなどを羽織るようにしましょう。

また、エアコンをつけて寝る場合は、特にお腹を冷やさないように注意しましょう。
外側から冷えを招きます。

6.まとめ

秋バテの原因、対策などについてお話ししました。季節の変わり目は、体調を崩しやすいものです。ちょっとした心がけ対策することができます。無理は禁物ですが、環境の変化に負けない、身体づくりをし、季節を楽しんでください。

※この記事は2016年5月7日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事