メニューを開く
2017年5月19日 更新

20代におすすめ【”乾燥肌”向け】化粧水をご紹介!

乾燥肌 化粧水 20代
「肌の乾燥が気になる、20代の自分に合った化粧水は無いかな?」とお探しではありませんか?

大人になり、10代のころと変わってくる20代の肌は、乾燥に悩まされることも多いでしょう。

乾燥すると肌がごわついたり、化粧のりが悪くなったりして、気になってしまいますよね。

そこで今回は、20代の肌が乾燥しやすい方におすすめしたい保湿化粧水の参考商品をご紹介します。

合わせて、乾燥しやすい肌のお手入れポイントもご紹介します。

ぜひ自分に合った商品選びの参考にしてくださいね!




1.【20代におすすめ】”乾燥肌”向け化粧水の参考商品

乾燥肌 化粧水 20代 2
では早速、乾燥しやすい肌にお悩みの20代の方におすすめしたい化粧水の参考商品をご紹介します。

20代では、「肌の乾燥を何とかしたいけど、肌のお手入れにかける金額はできるだけおさえたいな」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ドラッグストアで購入しやすい化粧水を選びました。

ぜひ化粧水選びの参考にしてください♪

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿
販売会社:菊正宗酒造株式会社
容量:500ml
価格:840円(+税) ※1.6円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
ほんのりと甘い日本酒の香りがする、乾燥しやすい肌の方におすすめの化粧水です。
日本酒1升分の主要アミノ酸が、原料として使用されています。
保湿成分として『セラミド』『プラセンタエキス』『アルブチン』を配合。
またお手ごろな価格で大容量なので、顔だけでなく体の乾燥が気になる部分までたっぷりと使いやすいところも魅力的ですね。

⇒菊正宗公式サイトはこちら

デュプレール(Duplair)ダブルセラミドローション

岡インターナショナル Duplair(デュプレール) ダブルセラミドローション
販売会社:株式会社岡インターナショナル
容量:500ml
価格:933円(+税) ※1.8円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分として2種類の『セラミド(セラミド2・セラミド3)』を配合しているのが特徴である、肌が乾燥しやすい方におすすめの化粧水です。
保湿成分として他にも『コラーゲン』『プラセンタ』などを配合。
少しとろんとしたテクスチャーの化粧水が、肌にうるおいとハリを与え、なめらかにします。
全身のお手入れに使える化粧水なので、乾燥しやすい髪や頭皮にもうるおいを与えることができます。

⇒デュプレール公式サイトはこちら

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ

ちふれ化粧品 化粧水 しっとりタイプ
販売会社:株式会社ちふれ化粧品
容量:180 ml
価格:560円(+税) ※3.11円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
とろっとした重みのあるテクスチャーで、乾燥しやすい肌におすすめの化粧水です。
保湿成分『ヒアルロン酸』『トレハロース』配合。
スッとなじんでうるおいを与え、肌を整え乾燥を防ぎます。
特に乾燥が気になる季節や、冷暖房が効いた部屋で過ごす時にもおすすめです。無香料・無着色・ノンアルコール。

⇒ちふれ公式サイトはこちら

素肌しずく 濃密しずく化粧水

素肌しずく 濃密しずく化粧水
販売会社:アサヒフードアンドヘルスケア株式会社
容量:170ml
価格:980円(+税) ※5.7円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
化粧水・美容液・乳液までの肌のお手入れが1本でできる、乾燥しやすい肌におすすめの化粧水です。
忙しい朝でも短時間で保湿のお手入れができる、便利なアイテムでしょう。
保湿成分として『プラセンタ』『セラミド』『ヒアルロン酸』などを配合。
肌にうるおいを与え、すこやかに保ちます。無香料・無着色・無鉱物油。

⇒素肌しずく公式サイトはこちら

ロゼット(ROSETTE)セラミドローション

乾燥肌 化粧水
販売会社:ロゼット株式会社
容量:200ml
価格:1,200円(+税) ※6円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
導入*美容液としての役割も併せ持つ、肌の乾燥に悩む方におすすめの化粧水です。
保湿成分として『セラミド』『ヒアルロン酸』を配合。
肌をやわらげて、うるおいを角層までじっくりと浸透させます。
肌がデリケートな方でも使いやすく、肌をなめらかに、すこやかに保ちます。弱酸性・アルコールフリー・無香料・無着色料・無鉱物油。
*角層まで

⇒ロゼット公式サイトはこちら

アクアレーベル(AQUALABEL)モイスチャーローション

アクアレーベル(AQUALABEL)モイスチャーローション
販売会社:株式会社資生堂
容量:200ml
価格:1,600円(+税) ※8円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
自分好みの使用感によって、「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」と3タイプから選べる、肌が乾燥しやすい方におすすめの化粧水です。
保湿成分『コラーゲン』『ヒアルロン酸』配合。
角層の隅々にまでうるおいが浸透し、ハリを与えてキメを整えます。
ほんのりとローズの香りが感じられます。

⇒アクアレーベル公式サイトはこちら

ファンケル(FANCL)アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液 II しっとり

ファンケル アクティブコンディショニング
販売会社:株式会社ファンケル
容量:30ml
価格:1,400円(+税) ※46.6円/ml

【肌らぶ編集部コメント】
みずみずしくなめらかな使用感の、乾燥しやすい肌の方におすすめの化粧水です。
保湿成分として『セラミド』『ヒアルロン酸』を配合。
うるおいが角層まで浸透し、キメの整ったすこやかな肌を保ちます。
防腐剤不使用・香料不資料・合成色素不使用・石油系界面活性剤不使用・紫外線吸収剤不使用・弱酸性・アルコール(エタノール)不使用。

⇒ファンケル公式サイトはこちら

2.”乾燥肌”のお手入れポイント

乾燥肌 化粧水 20代
続いて、乾燥しやすい肌の方に気を付けてほしい、肌のお手入れのポイントを3つご紹介します。

自分に合った化粧水を見つけて使っても、間違ったお手入れをすると、また肌の乾燥に繋がってしまうかもしれません。

うるおった肌を手に入れるために、確認しておきましょう!

①洗顔をするときは、ぬるま湯を使う

肌荒れ洗顔をするときは、冷たい水や熱すぎるお湯ではなく、ぬるま湯で洗うようにしましょう。

冷たい水では肌の汚れを洗い落としにくく、熱すぎるお湯は肌に負担がかかりやすくなり、さらに乾燥を招いてしまうことがあるからです。

そのため、少しぬるいと感じる程度のぬるま湯で洗うように心がけましょう。

②洗顔後やお風呂上りには、すぐに保湿のお手入れをする

保湿 美白洗顔をした後やお風呂上がりは、できるだけすぐに保湿のお手入れをするようにしましょう。

洗顔後やお風呂上がりの肌は、洗顔によって肌のうるおいを保つための皮脂膜を汚れと一緒に洗い落としているため、水分が蒸発しやすく乾燥しやすい状態にあります。

そのため、できるだけ早く保湿のお手入れをして、肌にうるおいを与えて逃がさないようにすることが大切となります。

乾燥やつっぱりを感じる前に、すばやくお手入れをするようにしましょう。

③美容液やクリームを使用する

インナードライとは肌が乾燥しやすい方は、化粧水や乳液と併用して、肌の保湿用の美容液やクリームを使用することをおすすめします。

保湿美容液は、乾燥しやすい肌のことを考えて、保湿成分がギュッと凝縮して配合されていることが多いです。
そのため保湿美容液を使用することで、より肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐことが期待できます。

また乾燥しやすい肌は、水分だけでなく油分も足りていないことがあります。
そのためクリームを併用して、さらに肌に油分を与えてあげることもポイントのひとつです。

3.まとめ

今回は肌が乾燥しやすい20代の方におすすめの化粧水と、肌のお手入れポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

20代になると、年齢とともにだんだん肌の水分量や皮脂量が少なくなってしまい、肌が乾燥しやすいことに悩んでいる方も多いでしょう。

しかし、自分の肌に合った化粧水などを使用して、正しくお手入れをすることで、肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐことができます。

今回ご紹介した内容をぜひ参考にして、自分に合った化粧水を見つけて、うるおいのある肌に近づきましょう!

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。