メニューを開く
アスタリフト;

オリーブオイル洗顔は自宅にある食用でも大丈夫?

shutterstock_270753365

さまざまな魅力があると言われているオリーブオイル洗顔が注目されています。

オリーブオイルというと食用オリーブオイルを思い浮かべる人も多いでしょう。

食用オリーブオイルは健康的な食生活を意識している方にとって、なじみのあるオイルですね。

では、食用オリーブオイルを洗顔に使ってもいいのでしょうか?


astalift
astalift

1. 食用のオリーブオイルで洗顔しても大丈夫?

オリーブオイル洗顔をするときに、食用のオリーブオイルを使うのはおすすめできません。

なぜなら、食用オリーブオイルをスキンケアで使う際には十分な注意が必要だからです。

食用オリーブオイルの特徴として、純度の低いものが多いということが挙げられます。

もちろん、食用のオリーブオイルに不純物が含まれているからといって、食べることに関しては何の問題もありません。

むしろ食事に使用する場合は、その不純物を独特の風味・旨味として楽しむことができます。

しかし、それを洗顔に使うと、含まれている不純物によって肌に負担を与えてしまう場合があるのです。

その点、食用ではなくスキンケア用のオリーブオイルであれば、精製されていて、比較的肌にも負担が少なく使うことができます。

もともと食用オリーブオイルとスキンケア用のオリーブオイルは目的が異なるため、それぞれの目的に合ったオリーブオイルを使うことが大事です。

スキンケア用のオリーブオイルは食用オリーブオイルと異なり、シンプルな成分で作られているものが多く、食用オリーブオイルよりも洗顔向きのオリーブオイルといえます。また、オリーブオイル洗顔をするうえで肌になじみやすいという特徴があります。

そのため、余分な皮脂や汚れをしっかりと洗顔しながら、すこやかな肌へ導くサポートアイテムとして人気なのです。

さらに、毛穴に詰まった皮脂はオイルとなじみやすいと言われているため、毛穴の黒ずみが気になる方にもおすすめできます。

食用オリーブオイルはスキンケアとしては不純物が多いので、洗顔をする際は食用オリーブオイルではなく、スキンケア用のオリーブオイルを使用することをおすすめします。

2. スキンケア用のオリーブオイルの選び方

食用オリーブオイル 洗顔②
食用オリーブオイルではなく、スキンケア用のオリーブオイルであればどれでもいいのか?というとそうではありません。

スキンケア用のオリーブオイルも食用オリーブオイルと同様、さまざまな種類があります。

食用オリーブオイルでなくスキンケア用のオリーブオイルであっても、選び方に気をつけながらオリーブオイルを選びましょう。

2-1. エクストラヴァージンのもの

洗顔として使用するオリーブオイルの選び方の一つに、エクストラヴァージンのものを選ぶことがあります。

食用オリーブオイルにおいても、エクストラヴァージンオイルというのはよく聞く種類ではないでしょうか。

数あるオリーブオイルの中でも、オリーブの実だけから抽出されるオイルのことで、化学処理をされていないものをヴァージンオイルと言います。

さらにその中においても、JASでは酸度が2%以下のものをエクストラヴァージンオイルと言います。

エクストラヴァージンオイルは酸化しにくいといわれ、純度が比較的高いオリーブオイルなので、スキンケア用として適しているといえます。

2-2. オーガニック認証のもの

スキンケア用のオリーブオイルを選ぶ場合、オーガニック認証のオリーブオイルがおすすめです。

オーガニックとは化学肥料や農薬を使用していない土地で作られた原料からできたコスメです。

添加物が配合されていないため、シンプルで肌への負担が少ないと言われています。

また、自然由来のため、石油系の成分を使用していない点も特徴的だといえます。

ただし、オーガニック認証といっても、日本ではオーガニックの認証基準が設けられていません。

厳しいオーガニック認証基準をクリアしているブランドのものを選ぶ方がより洗顔向きのオリーブオイルとして使えるでしょう。

2-3. 酸化していないもの

オリーブオイル洗顔で使用するものは、酸化していないオリーブオイルを選ぶことが大事です。

オイルの中では酸化しにくいと言われているオリーブオイルも、長く酸素に触れると酸化し始めます。

酸化したオリーブオイルを洗顔などのスキンケアに使うと、かえって肌への負担が大きくなってしまう場合があります。

スキンケア用のオリーブオイルは、直射日光の当たらない場所に保管し、高温多湿の場所は避けるようにしましょう。

3. オリーブオイル洗顔の方法

食用オリーブオイル 洗顔③

スキンケア用のオリーブオイルをより効率的に使うため、オリーブオイル洗顔の手順やポイント、注意点などを把握していきましょう。

3-1. オリーブオイル洗顔の手順

では早速、オリーブオイル洗顔の手順をご紹介していきます。

① 蒸しタオルを作る
タオルを水で濡らしてから固く絞り、電子レンジで約1分あたためて蒸しタオルを作ります。

蒸しタオルは腕の内側にあてるなどして温度を確かめ、やけどに注意しましょう。

その蒸しタオルを顔に当てることで、毛穴が開き汚れや余分な皮脂が落としやすくなります。

② 手の温度でオイルを温める
手にスプーン大さじ1杯程度のオリーブオイルを取り、手の温度で温めます。

手の温度でオリーブオイルを温めることで、オイルが肌の上でのびて洗顔がしやすくなります。

③ オリーブオイルを肌になじませる
Tゾーン、顎、頬、目元、口元と皮脂量が多い部分からオリーブオイルを乗せていき、指の腹を使ってクルクルと動かしながらオリーブオイルをなじませていきます。

なじませるときには、力を入れてこすらないように注意しましょう。

④ ぬるま湯でオイルを洗い流す
30~35℃程度のぬるま湯でオリーブオイルを洗い流します。

この時も肌をこすらないよう、丁寧に洗い流しましょう。

お湯の温度が高いと肌を乾燥させてしまうので気をつけましょう。

⑤ 蒸しタオルをあて、オリーブオイルを拭き取る
再度蒸しタオルを顔にあてて、洗い流しきれなかったオイルを拭き取ります。

拭き取る際にはゴシゴシをこすらないよう、タオルにオイルを吸い取らせるように拭き取ります。

⑥ いつもの洗顔をする
蒸しタオルで顔についたオリーブオイルを拭き取ったら、洗顔料を使っていつもの洗顔をします。

洗顔料を使い、オイルをしっかり落とすことが大事です。

丁寧に、小鼻などの細かいところまできちんと落とすようにしましょう。

3-2. オリーブオイル洗顔のポイント

食用オリーブオイル 洗顔④
オリーブオイル洗顔をするときは、どんな点に気をつけて洗顔するといいのでしょうか?ここでは、オリーブオイル洗顔をするときのポイントについてご紹介します。

① 始める前にパッチテストをする
一般的にオリーブオイルは肌に負担になりにくいと言われていますが、すべての方におすすめできるとは限りません。

オリーブオイル洗顔をする前には、パッチテストをすることをおすすめします。

② ニキビや肌荒れの時は控える
オリーブオイル洗顔は、ニキビができている時や肌荒れの時には控えるようにしましょう。

ニキビができている状態でオリーブオイルを使うと、油分によってニキビが悪化してしまう場合があるといわれています。

また、肌荒れをしている時は肌が敏感な状態であるため、いつもと違う洗顔方法をすることによって、肌への負担になってしまうことがあります。

③ オイルのすすぎ残しがないようにする
洗い流す時にはオイルが肌に残らないように、しっかりすすぐようにしましょう。

汚れや皮脂を含んだオリーブオイルは肌に残っていると、肌の上で酸化して、かえって肌へ負担をかけてしまうことがあります。

すすぎ残しには注意が必要です。

すすぐときには肌をこすらないよう、丁寧に力をかけずにすすぐようにしましょう。

4. まとめ

オリーブオイルというと食用オリーブオイルがすぐに浮かぶかもしれません。

しかし、食用オリーブオイルには不純物が混じっていることが少なくありません。

食用オリーブオイルはスキンケアが目的ではないので洗顔に適しているものではないことを知っておきましょう。

オリーブオイル洗顔の魅力を実感しやすくするためにも、食用オリーブオイルではなくスキンケア用のオリーブオイルを使うことをおすすめします。

この記事は2016年9月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る