メニューを開く
2016年10月21日 更新

つるんとしたたまご肌を目指す!酵素洗顔おすすめ3選

酵素洗顔 おすすめ
「酵素洗顔を使ってみたいけど、どんなものを選べば良いのかな…」とお悩みではありませんか?

酵素洗顔は、角質のお手入れにおすすめの、肌をなめらかに洗い上げてくれる人気の洗顔料です。

今回は、おすすめの酵素洗顔3選と酵素洗顔を使用する際の注意点についてお伝えします。




1.【肌らぶセレクト】おすすめ酵素洗顔3選

まずは、肌らぶ編集部が選んだおすすめの酵素洗顔をご紹介します。

今回選んだ商品はすべて使用方法や形状が異なります。ぜひ、お好みのものを見つけてみてください!

アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ
アルファピニ
内容量:45g
価格:2917円(税抜) ※定期便割引あり
企業:株式会社シェルゥーム

パパイン酵素が配合された、酵素洗顔です。
濃密な泡立ちで、つっぱりにくい洗い上がりが特徴です。
しっかりと汚れを落とし、皮膚を清潔に整えます。

⇒アルファピニ28 コーラルクリア パウダーウォッシュ 公式通販サイトはこちら

ヴァ―ナル 薬用ウォッシュパウダー(医薬部外品)
ヴァーナル ウォッシュパウダー
内容量:0.5g×30包
価格:3000円(税抜)
企業:株式会社ヴァ―ナル

パパイン酵素を配合した酵素洗顔パウダーです。1回分が個包装になっています。
水に溶けたものを、パックとして顔に塗ることで、より保湿を行うことができます。
肌を清潔にすることで、肌荒れを防ぎます。

⇒ヴァ―ナル 薬用ウォッシュパウダー 公式通販サイトはこちら

メコゾーム ブライトニングソープ
メコゾーム
内容量:60g
価格:1420円(税抜)
企業:TKS株式会社

海洋複合酵素が配合された、せっけんタイプの酵素洗顔です。
ホイップクリームのような弾力のある泡立ちが特徴です。
汚れを落とすことで皮膚を清浄にするとともに、肌に潤いを与えます。

⇒メコゾーム ブライトニングソープ 公式通販サイトはこちら

2.酵素洗顔について

酵素洗顔は、通常の洗顔では落としにくい汚れを落とすことのできる洗顔といわれています。

そのため、古い角質や毛穴の黒ずみ、角栓等のお手入れがしたい方におすすめです。

また、酵素洗顔を使用すると、なめらかでつるんとした印象の肌になるため、肌のごわつきが気になる方、肌色がなんとなく暗く見えやすい方の使用もおすすめします。

酵素洗顔は、一般的にはパウダータイプの泡立てて使用するものが多いですが、泡立てずにパックのように塗るものや石けんタイプ等、商品によって使用方法もさまざまです。

そのため、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

3.酵素洗顔の注意点

酵素洗顔を使用する際には、以下の4点に注意しましょう。

①使用方法・使用頻度を守る

酵素洗顔の使用方法は、製品により異なることが多々あります。

普段通りの洗顔として使用するもの、通常の洗顔の後に使用するものなどがあるため、製品ごとの使用方法に従いましょう。

また、使用頻度の目安も異なります。

酵素洗顔を初めて使用する際は、週1回程度の頻度が良いでしょう。

徐々に使用回数を増やしていき、肌に馴染ませていきましょう。

②肌荒れしているときは使用を控える

肌が荒れているときは、酵素洗顔は控えるようにしましょう。

酵素洗顔がかえって、肌に刺激を与えてしまう事もあります。一旦使用を中止して、肌の荒れが引いてから再度、使用してみましょう。

どうしても使用したい場合は、荒れている箇所には使用せず、他の部分を洗うようにしましょう。

③酵素洗顔後は保湿と紫外線対策をしっかり行う

酵素洗顔をお粉た後は、普段以上にしっかりとしたお手入れを行いましょう。

酵素洗顔をすると、肌に化粧品が浸透(※)しやすくなるといわれているため、肌にたっぷりと潤いを与えやすくなります。
(※角質層まで)

保湿はスキンケアの基本でもあるので、潤いを十分に与えるお手入れを心がけましょう。

また、酵素洗顔を行った後は、肌が紫外線の刺激を受けやすくなることがあります。

酵素洗顔を行った後は、日焼け止めやサングラス、帽子などを使用して、紫外線を浴びないよう注意しましょう。

④優しく丁寧な洗顔を心がける

これは酵素洗顔以外にも、全ての洗顔に共通して言えることですが、洗顔後はしっかりと帆汁を行いましょう。

ゴシゴシと力を入れて洗顔をしてしまうと、肌を傷つけてしまう可能性があります。

洗顔を行う際はできるだけ濃密な泡を作り、クッションのようにして洗いましょう。

4.酵素とは?

そもそも、酵素洗顔に含まれる「酵素」には一体どんな役割があるのかご存じでしょうか?

酵素は、人間の体内でつくりだすことができる、人が生きていくうえで欠かせないものです。

人間の体内ではそれぞれの場所に適した役割を持つ酵素がつくられ、ある栄養素から新しい成分をつくりだすもの、食べ物を消化するもの、何かの形を変化させて違うものをつくるもの等、その場所や動きによってさまざまな役割があります。

もちろん、人間の体内でつくられるだけではなく、植物や動物も酵素を持っていて、その種類は数千から数万種類あるともいわれています。

5.まとめ

酵素洗顔は、角質や毛穴の汚れ、肌のごわつき、ざらつき等が気になる方におすすめの洗顔です。

いつものお手入れアイテムにプラスして、つるんとなめらかなたまご肌を目指してみてはいかがでしょうか?

※この記事は2016年8月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。