メニューを開く
2017年6月5日 更新
PR

美容液ファンデーションのおすすめ♡うるおいのあるなめらか肌を演出!

美容液ファンデーション ランキング美容液ファンデーションを選びたいけど、どれが良いんだろう?と迷っていませんか?

毎日つけるファンデーションだからこそ、肌に合ったものを選びたいし、もちろんファンデーションの一番の目的でもある肌を綺麗に見せることについてもこだわりたいですよね!

そこで本日は、そんなあなたに肌らぶ編集部がおすすめしたい、美容液ファンデーションをご紹介します!



1.そもそも美容液ファンデーションって?

美容液ファンデーション ランキングまずは美容液ファンデーションについて基本情報を理解しておきましょう。

美容液ファンデーションとは名前の通り、美容液(=美容成分)が配合されたファンデーションのことです。

スキンケアで塗る美容液と全く同じとまでは言えませんが、それでも美容成分が配合されているので、メイクしながら肌を保湿することが期待できます。

また、日中にはできるだけ肌への負担を少なくしたい、ファンデーションをつけることによる罪悪感を少しでも減らしたいとお考えの方にもおすすめです。(もちろんつけっぱなしは良くないので、1日の終わりにはきちんとクレンジングで落としましょう)

ただ、何をもって「美容液ファンデーション」と呼ぶかについては、明確な定義はなく、各メーカーによって様々です。

2.美容液ファンデーションを選ぶポイント

美容液ファンデーション ランキングここでは、美容液ファンデーションを選ぶ際のポイントをご紹介します。

先にお伝えしました通り、どのような美容成分が入っているかは各商品によって様々で、一概に比較はできません。

また、美容成分が入っていても、ファンデーションとしての役割が果たせていなければ本末転倒ですよね。

そこで、美容液ファンデーションを選ぶ際には、以下の3点をチェックしてみることをおすすめします。

①保湿成分が配合されているか

美容液ファンデーション ランキング美容成分といっても様々ですが、まずはスキンケアの要とも言える保湿成分が入っているものをおすすめします。

保湿成分が配合されたファンデーションを塗ることで、肌のうるおいをキープしやすくなることや、ファンデーションの仕上がりを綺麗に保つことが期待できます!

年齢を重ねるごとに、肌は乾燥しやすくなり、うるおいを保ちにくくなると言われているため、保湿成分が入っているかどうかをぜひチェックしてみてくださいね。

②肌悩みを自然にカバーしてくれるか

美容液ファンデーション ランキングファンデーションの一番の目的である、肌悩みをカバーして肌を綺麗に見せることができるか?もチェックしてみましょう。

どのファンデーションでも厚く塗ればもちろんカバーはできますが、それだと綺麗に見えませんし、厚く塗ることでメイク崩れも起こしやすくなります。

薄く塗っただけでも気になる肌悩み部分をしっかりカバーできるものがおすすめです。

③SPF/PAが記載されているか

美容液ファンデーション ランキング日焼け対策が一年中できるように、ファンデーションそのものにSPF/PAの記載があるかどうか確認してみることをおすすめします。

肌は、紫外線の影響を受けやすく、紫外線を過剰に浴びることは肌の老化につながるとも言われているため、毎日の日焼け対策はとても重要です。

ファンデーションにSPF/PAが含まれているものを選ぶことで、日焼け対策をすることができるでしょう。
(ただし5~8月の紫外線が多い日に30分以上外にいる場合は、SPF/PAの記載があるからと気を抜かず、ファンデーションだけでなく必ず日焼け止めを塗るように意識してください!)

3.おすすめ美容液ファンデーション

今回は、保湿成分が配合されていて、SPF/PA表記のある美容液ファンデーションを選んでみました。ぜひ参考にしてみてください!

薬用クリアエステヴェール(医薬部外品)

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール 美容液ファンデーション ランキングメーカー:JIMOS
価格:フルサイズ 25ml 3,904円(+税)/ハーフサイズ 13ml 2,095円(+税)

【美容成分】
保湿成分として、コラーゲンとヒアルロン酸を配合。
さらに、美白*有用成分プラセンタエキスを配合。*日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐこと

【日焼け対策】SPF35、PA+++

【肌らぶ編集部コメント】
光の反射を利用することで、ナチュラルにシミ・しわ・毛穴を目立たなくさせる美容液ファンデーションです。
カラー展開は5色で、自分に合った色を見つけやすいのも特徴。色が合わなければ、無料で色交換ができるのも魅力的です!
肌を自然にカバーしたい方、気になる部分だけカバーしたいという方にもおすすめです。

メーカーHPに記載の成分表示:【有用成分】プラセンタエキス(1)、グリチルレチン酸ステアリル【その他の成分】精製水 、デカメチルシクロペンタシロキサン 、酸化チタン 、微粒子酸化チタン 、1,3-ブチレングリコール 、スクワラン 、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体 、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル 、トリイソステアリン酸ジグリセリル 、2-オクチルドデカノール 、1,2-ペンタンジオール 、水酸化アルミニウム 、ジイソステアリン酸ポリグリセリル 、ステアリン酸亜鉛 、ヒアルロン酸ナトリウム液 、ヒアルロン酸ナトリウム(2) 、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液 、イソステアロイル加水分解コラーゲン液(2) 、サクシニルアテロコラーゲン液 、水溶性コラーゲン液(1) 、加水分解コラーゲン液(4) 、d-δ-トコフェロール 、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル 、コレカルシフェロール 、リン酸L-アスコルビルマグネシウム 、ジカプリル酸ピリドキシン 、パルミチン酸レチノール 、グルコシルヘスペリジン 、ウワウルシ流エキス 、グルコシルルチン 、オーキッドエキス 、アロエ液汁末(2) 、オリーブ葉エキス 、酵母エキス(3) 、ユズエキス 、カッコンエキス 、アルニカエキス 、オトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス 、マロニエエキス 、ハマメリスエキス 、ブドウ葉エキス 、水素添加大豆リン脂質 、架橋型メチルポリシロキサン 、L-グルタミン酸ナトリウム 、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン 、フィトステロール 、デキストリン 、ジメチルジステアリルアンモニウムヘクトライト 、セリサイト 、塩化ナトリウム 、ステアリン酸 、濃グリセリン 、キサンタンガム 、ゼニアオイエキス 、アシタバエキス 、エイジツエキス 、加水分解コラーゲン末 、ダイズエキス 、加水分解コンキオリン液 、ブッチャーブルームエキス 、フェノキシエタノール 、無水エタノール 、ステアリン酸アルミニウム 、酸化亜鉛 、黄酸化鉄 、黒酸化鉄 、雲母チタン 、ベンガラ 、タルク

公式HP

VINTORTE 美容液ミネラルリキッドファンデーション

ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション 美容液ファンデーション ランキングメーカー:soar
価格:35g 3,500円(+税)

【美容成分】
保湿成分として、セラミド1・3・6Ⅱ、スクワラン、アロエベラ葉エキスを配合。

【日焼け対策】SPF25、PA++

【肌らぶ編集部コメント】
のびが良いので、べたつきにくく、自然に肌になじませることができる美容液ファンデーションです。
悩み部分を完全にカバーするというよりは、透明感を演出することによって自然な肌印象に魅せるというイメージ。
カラー展開は4色。クレンジング不要で、石鹸でメイクオフすることもできます。

メーカーHPに記載の成分表示:水、 マイカ、 テトラデカン、 プロパンジオール、 酸化亜鉛、 ラウリン酸メチルヘプチル、 ホホバ種子油、酸化チタン、ダイマージリノール酸ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3、 トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、 ミリスチン酸オクチルドデシル、 (ジイソステアリン酸/ポリヒドロキシステアリン酸/セバシン酸)ポリグリセリル-4、 イソステアリン酸、 硫酸Mg、 グリセリン、 酸化鉄、 水酸化Al、 カプリル酸グリセリル、 ステアリン酸イヌリン、 ステアリン酸、 レブリン酸Na、 セバシン酸イソステアリル、 アニス酸Na、 トコフェロール、 グリチルレチン酸ステアリル、 ステアロイルグルタミン酸2Na、 ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、 酸化スズ、 スクワラン、 加水分解コラーゲン、 プラセンタエキス、 ラウロイル乳酸Na、 アセチルヒアルロン酸Na、 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、 ヒアルロン酸Na、 セラミド1、 セラミド3、 セラミド6Ⅱ、 加水分解シルク、 水溶性プロテオグリカン、 フィトスフィンゴシン、 コレステロール、 アロエベラ葉エキス、 クロレラエキス、 カルボマー、 キサンタンガム、 水溶性コラーゲン、 マンニトール、 アセチルデカペプチド-3、 ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、 カイコまゆエキス、BG

公式HP

アヤナスAS BBクリーム

アヤナス AS BBクリーム 美容液ファンデーション ランキングメーカー:ディセンシア
価格:4,000円(+税)

【美容成分】
保湿成分としてセラミド2、ヒアルロン酸配合。
また、整肌成分コウキエキスを配合。

【日焼け対策】SPF25、PA+++

【肌らぶ編集部コメント】
ファンデーションだけでなく化粧下地・保湿・日焼け対策などの役割を兼ねた美容液ファンデーション(BBクリーム)です。
のびが良く、肌にぴったりと密着するテクスチャーが、気になる肌悩みをカバーします。
なんとなく肌が暗く感じるような気がする、肌をなめらかに見せたいという方にもおすすめです。

メーカーHPに記載の成分表示:シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、タルク、酸化鉄、アルギン酸硫酸Na、コウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、オルメニスミクスタ花水、トコフェロール、セタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメトキシシリルジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、パルミチン酸デキストリン、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、オレイン酸ポリグリセリル-2、メタクリル酸メチルクロスポリマー、水酸化Al、硫酸Mg、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、シリカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

公式HP

4.美容液ファンデーションの塗り方

ここでは、液体(リキッド)タイプのファンデーションを綺麗に塗る基本の手順をお伝えします。

①手の甲にファンデーションをのせる

美容液ファンデーション ランキング

②手の甲でファンデーションをなじませる

美容液ファンデーション ランキング顔に塗る前に広げておくことでムラになりにくく、なじみも良くなります。

③顔の中心から外側に向かって塗り広げる

美容液ファンデーション ランキング2で手の甲に広げたファンデーションを、頬⇒おでこ⇒鼻筋⇒あご(口回り)の順番で、それぞれのパーツごとにつけて広げて塗ります。一度にたくさんの量をのせすぎないように注意してください。
広い面は人差し指・中指・薬指を使って広げていきましょう。

④塗りムラがないよう、よくなじませる

美容液ファンデーション ランキングスポンジや指で、ムラにならないようになじませましょう。細かい所はスポンジの角や指1本だけを使い、目元は軽くポンポンとおさえるようにします。

⑤フェイスラインをぼかす

美容液ファンデーション ランキング顔だけ色が浮いてしまうのを防ぐために、スポンジを使って、フェイスラインから首筋に向かってぼかします。

5.ファンデーションの仕上がりをキレイに魅せるためのポイント

美容液ファンデーションの仕上がりを、さらにキレイに長持ちさせるためのポイントをご紹介いたします。

■スキンケアはしっかりハンドプレスする

美容液ファンデーション ランキング化粧水をつけたらハンドプレス、美容液をつけたらハンドプレス…というように、一つひとつの工程で、しっかりと肌になじませることを意識しましょう。

化粧品を角質層までよく浸透させて、土台を整えることで、その後につけるメイクの持ちも格段に上がります。

■ファンデーションは厚塗りしない

美容液ファンデーション ランキング肌を隠そうとファンデーションを厚く塗りすぎると、肌になじまなかった部分が浮いて崩れやすくなります。

薄く塗った方がツヤ感を演出しやすく、肌も綺麗に見えやすいので、できるだけ薄く、ムラにならないように塗るよう心がけましょう。

■仕上げにフェイスパウダーをつける

美容液ファンデーション ランキング今回ご紹介したような液体(リキッド)タイプのファンデーションは、最後にフェイスパウダーを重ねると、化粧崩れしにくくなることが期待できます。

また、パウダーによっては日焼け対策ができるものもあるので、ファンデーションと併せて使うことで対策できます。

ファンデーション同様、塗り過ぎないようにして、薄くつけることを心がけましょう。

6.最後に

いかがでしたでしょうか?

美容液ファンデーションは、塗ることで肌を綺麗に魅せるだけでなく、肌へのうるおいも期待できるアイテムです。

自分でできる夜のケアと日中のケア、両方上手く取り入れて、ファンデーションで綺麗な魅せ肌を作りつつ、自信の持てる魅力的な素肌を目指しましょう!

この記事は2017年4月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。