メニューを開く
提供:株式会社スリムビューティハウス

【水太りとは?】今日から始めたい対策とおすすめケア!

水太り 解消

「最近体が頻繁にむくんでしまうけど、これっていわゆる“水太り”かな…どんな対策したらいいんだろう?」とお困りではありませんか?

誰もがなりうる“水太り”には、まずは自分で行いたい対策が3つあります。

今回は、“水太り”の原因と対策についてご紹介します。おすすめのスペシャルケアもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!


1.「水太り」とは?

水毒はじめに、「水太り」とは何かについて簡単にご紹介します。

1-1.「水太り」=水が原因ではない?!

「水太り」とは、一般的に体がむくんで“ぽっちゃり”や”ぷっくり”にみえている状態をいうようです。

「水太り」、ここでいう「むくみ」の原因は、その呼び名から水の飲みすぎが原因だと思う方も多いかもしれませんが、実際はただ水をたくさん飲んだことだけが原因で「水太り」になることは考えにくいといわれています。

きちんと排出さえできていれば、ただ水を飲んだことが「水太り」の直接的な原因になることはないということです。

むしろ、勘違いで水分摂取を減らし過ぎてしまうと、体の方では「水分をため込まなくては!」と反応してしまい、結局むくんでしまう可能性もあります。
(水分摂取の適量については【3. 水分摂取のポイント】をご覧ください。)

水太り 解消 原因 対策むくみは、体のめぐりが悪く、本来汗や尿として排出されるべき老廃物や余分な水分が体に溜まってしまった状態のことを指すといわれています。

つまり、「水太り」の大きな原因のひとつは、「体内のめぐり」が悪いことにある といえるでしょう。

体内の循環やめぐりが良ければ、老廃物が溜まりにくく、「水太り」つまり「むくみ」となる余分な水分を適切に排出することが期待できます。

水太りチェック 解消

上記のチェックに1つでも当てはまった方は、体内のめぐりが悪く「水太り」しやすい体質の可能性があります。

「水太り」は放置しないで、できるだけ早めに対策していきましょう。

1-2.「水太り」は放置すると…

水太り 解消 原因 セルライト「水太り」は体のめぐりが悪いことなどによる「むくみ」が慢性化したものと考えられますが、この「むくみ」を放置すると、「セルライト」となってしまうことがあるといわれています。
「セルライト」は皮下脂肪の一種です。

「セルライト」は、本来なら排出されるべき老廃物や、コラーゲン繊維、たんぱく質などが絡まりあってできた塊といわれています。

見た目でもわかりやすく皮膚がボコボコして見えるので、「セルライト」は美しくありたい方にとってはとても嫌な存在ですね。

セルライト対策のためにも、「水太り」「むくみ」を放置しないようにしましょう。第2章で「水太り」「むくみ」の対策をご紹介します。

1-3. その他の原因からくるむくみもある

水太り 解消 むくみむくみはさまざまな原因でおこるものです。女性なら生理前後のホルモンバランスの乱れが原因でむくみやすくなることもあります。

なんらかの病気が原因で体にむくみがおきていることもあります。

体に違和感などがある方、気になる点・心当たりのある方は、一度病院を受診して医師に相談しましょう。

2.「水太り」が気になる方へ|おすすめの対策

水太り 解消 原因 対策「水太り」の対策には、体内のめぐりを良くすることが重要です。
そのためには、生活習慣の見直しとともに、筋力トレーニングやマッサージによるアプローチも行っていきましょう。

自分でできる筋力トレーニングや生活習慣の見直しの具体的なポイント、肌らぶ編集部おすすめのスペシャルケアについてご紹介します。

2-1.自分で行う「水太り」対策

水太り 解消 対策① 腰周りの筋力トレーニングを行う

腰は体の要といっても過言ではありません。
腰周りの筋肉を鍛えることは、代謝やめぐりのよい体づくり、水太りしにくい・むくみにくい体づくりのサポートになるといわれています。

筋肉は体のめぐりに対してポンプのような役割をするといわれています。

骨盤のまわりには、体の中でも大きな筋肉が集まっているといわれているので、この筋肉を鍛えることによって、体全体のめぐりをサポートしていきましょう。

骨盤まわりの筋肉を中心に鍛える筋トレをご紹介します。

骨盤周りの筋肉を鍛える筋トレ

水太り

1. 座ってタオルケットなどを太ももの間に挟みます
2. お尻の割れ目にタオルケットをしまい込むようなイメージで肛門をぎゅっと締めます
3. ゆっくり呼吸をしながら行い、息を吐いたときにお尻を締めます

これを5回×3セット行います。

② 軽い運動と毎日の入浴を習慣化する

有酸素運動 効果

軽い運動と毎日の入浴を習慣化することは、「水太り」対策の重要な要素です。

ウォーキングなどの軽い運動であっても、きちんと行うことで、体温が上がったり、血行がよくなったり、体内のめぐりがよくなったりします。
もちろん汗をかけば体内の水分を排出することにもつながります。

定期的な運動を行うことが理想ではありますが、難しい場合は軽い運動やストレッチを行うだけでも、むくみ対策になるといわれています。

「通勤中は階段を使用する」「やや速足で歩く」「軽くストレッチする」など、できることを取り入れて積極的に体を動かすようにしましょう。

水太り 解消 対策また、毎日の入浴(湯船に浸かる行為)は体を温めて体内環境を整えることにもつながりますし、もちろん汗をかくことで余計な水分を排出することにもつながります。
できるだけ毎日の入浴も習慣化しましょう。

冷えも、むくみが気になる体にとってはよくないので、体を冷やさないように気をつけることも大切です。

③食生活の見直し

カリウム 水太り 原因塩分の摂りすぎなどは、体をむくみやすくしてしまうことがあります。塩辛い味付けのものが好きな方などは、塩分の摂りすぎに気をつけましょう。

また、カリウムは体内の塩分を排出するのをサポートし、体内の水分量調整の役割をもっているといわれています。

カリウムが不足しないようにカリウムを含む食べ物などを意識的に摂るのもおすすめです。

カリウムを含む食品:
〇野菜:切り干し大根、干ししいたけ、ほうれん草、ふきのとう など
〇いも類:サトイモ、ヤマトイモ、サツマイモ など
〇海藻類:刻みこんぶ、削り昆布、ひじき(乾)、ワカメ など
〇果物:アボカド、メロン、あんず、バナナ、いちじく など
〇豆・ナッツ類:大豆、いんげん豆、納豆 など
〇魚介類:イワシ、サクラエビ など
〇その他:ピュアココア など

2-2.肌らぶ編集部おすすめスペシャルケア!

水太り 解消 エステ自宅でのお手入れが続かない方や、とにかく手早く「むくみ」を対策したい方は、自分へのご褒美“スペシャルケア”として、思い切ってサロンやクリニックなどのプロに頼る方法がおすすめです。

サロンやクリニックは通う時間は必要になりますが、プロの手で、機械や先端の技術を駆使して、水太りの原因である「むくみ」をお手入れすることが期待できます。

また、トータル的に体のメンテナンスのアドバイスをきくこともできるので、「むくみ」が気になる方はぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

骨盤周りの筋肉・体内のめぐり・ボディラインを意識したハンドトリートメントが受けられる、肌らぶ編集部おすすめのエステコースをご紹介します。
初回体験価格が463円(+税)※のお得なコースなのも、ぜひおすすめしたい理由のひとつです。(※お一人様一回限り)

水太り(むくみ)対策におすすめのサロン

【スリムビューティハウス】
「骨盤Beautyコース」体験価格463円(+税)
 (※お一人様一回限り)
水太り 解消本格的なEMSマシンで骨盤周りの筋肉にアプローチ。
体全体をマットで温めて血行を良くし、ハンドトリートメントで体内のめぐりの滞りや不要な水分を流すサポートをします。

このマッサージなどのお手入れによりめぐりを良くし、代謝がよくなることも期待できます。

また、骨盤周りの筋肉を鍛えることで姿勢などが整えられるので、「滞りにくいカラダ」づくりにつながります。

くわしくはこちらをご覧ください⇒スリムビューティハウス

3.水分摂取のポイント

炭酸水

人間の体は、成人の場合、約60~65%が水分でできているそうです。
そして、1日に補う必要がある水分量は、食べものと飲みものから摂るものを合計して約2.2リットル程度といわれています。

一般的に健康のために、飲みものとして摂るべき水分量の目安は約1.2リットルとされています。

しかし、この水分は一気に飲めばよいというわけではなく、飲み方が大切です。

体の「水太り(むくみ)」対策のためにも、日ごろから水の飲み方のポイントについても意識していきましょう。

■1日1.2リットル程度を目安に水分を摂取する
水太り 解消 原因 対策適度な水分は、体のために必要です。

また、人は水分が不足してしまうと体内に水を蓄えておこうとするといわれているので、むくみ対策のためにも、日ごろからしっかりと適量の水分を摂って、体のめぐりを良くしておく必要があります。

水は1日約1.2リットルを目安に、運動したり暑かったりして汗をかいた日は量を増やすなどして、意識的に摂取するようにしましょう。

■水は一気に飲まずこまめに摂取する
水太り 解消 原因 対策水は一気に飲まずこまめに摂取しましょう。

なぜなら、体は一度に大量の水を摂取してしまうと、急には対応できず、体の負担になることがあるといわれているからです。

そのため、1回の水分摂取はコップ1杯(200ml)程の量を目安に、間隔をあけ、1時間に1回位を目安にこまめに飲む飲み方がおすすめです。

1日のなかで分けると、例えば、起床時、朝昼晩の食事時、入浴の前後、などのタイミングで水分摂取するとよいですね。

また、冷えが気になる方が水を飲む際は、体を冷やさないように常温の水や白湯がおすすめです。

4.「水太り」 まとめ

水太り 解消いわゆる「水太り」はいわゆるむくみが慢性化している状態と考えらえています。むくみは、放っておくと憎らしいセルライトにつながる可能性もあるものです。

日頃からの「水太り(むくみ)」の対策&お手入れを継続して行うようにしましょう。

また、体のめぐりを良くすることは「水太り」対策だけでなく、美容と健康のために大切なことです。

毎日の積みかさねで、めぐりのよい体を目指しましょう。

この記事は2017年3月6日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る