メニューを開く

【アイクリーム】で集中アイケア!いつまでもすこやかな目元を

アイクリーム「アイクリームって使った方がいいの?」「どんなものを選べばいいの?」とお悩みではありませんか?

目元は人の印象に残りやすいパーツのため、アイクリームを活用して集中的なお手入れを取り入れることがおすすめです。

今回は、アイクリームをそろそろ使おうと思っているけど、選び方や使い方がわからない…と思っている人へ向けて、アイクリームについて幅広い情報をお伝えします!

ぜひ、参考にしてください!


1.アイクリームの役割

アイクリーム アイクリームの役割は、目元を集中的にお手入れすることです。

目元は人の印象に残りやすいパーツと言われているため、いつものスキンケアにプラスしてアイクリームを使用して集中的にお手入れすることをおすすめします。

1-1.気になる目元の状態をチェック!

アイクリーム 目元は顔の中でも特に皮膚が薄く、紫外線や摩擦などの影響を受けやすい繊細なパーツと言われています。

ご自身の目元は、すこやかな状態でしょうか?この機会にご自身の目元をチェックしてみましょう!

【すこやかな目元チェックリスト】
✔しわ…笑ったときに、目周りに乾燥小じわができていませんか?
✔くすみ…目元が乾燥によって暗くくすんでいませんか?
✔ハリ不足…目元にハリはありますか?

目元は皮膚が薄いため、毎日のメイクやクレンジングによっても負担を感じやすいパーツです。
目元が疲れた印象になるだけで、見た目印象が左右されてしまうこともありますね。

疲れた目元を労わる意味でも、簡単に使えるアイクリームを使ってみましょう。それでは、まずアイクリームの魅力について詳しくお伝えします!

1-2.アイクリームの役割【保湿する】

アイクリーム アイクリームの役割は、『保湿』することです。皮膚の薄い目元は、顔の中でも乾燥しやすい部分だと考えられています。アイクリームは、そんな目元の乾燥を防いでうるおいを与えることを目的としたスキンケアアイテムです。

目元の悩みは乾燥が原因となっている場合が多いと言われています。乾燥が原因の悩みは、アイクリームを使って予防のお手入れをすることが大切です。

1-3.アイクリームの役割【ハリを与える】

アイクリーム アイクリームにいは目元にハリを与えてくれる整肌成分やほが配合されているものも販売されています。

保湿成分と整肌成分が配合されているアイクリームを集中的に使うことは、ハリや弾力のある目元を維持することに繋がるでしょう。

2.アイクリームの種類

アイクリーム アイクリームはパッケージやテクスチャー、成分などがアイテムによって異なり、様々なものが販売されています。

アイクリームの種類を簡単にご紹介します!

2-1.パッケージ

アイクリーム アイクリームは、指にクリームをとって塗るタイプのものと、容器から直接肌へクリームを塗るタイプのものがあります。

指で塗るものタイプのものは、小さなジャーやボトルなどに入っていて、目尻など細かな部分までしっかりとクリームを塗ることができる点が魅力です。

一方、容器から直接クリームを目元に塗るようなタイプは、手を汚さずに使える点が魅力です。

なお、チューブタイプはクリームが出る先端のアプリケーターの部分が、アイテムによって異なります。
目元を軽くマッサージしながら塗れるような丸みをおびたものや、目元にひんやりとした感触と爽快感を与えるような金属になったものなどが販売されています。

いずれにせよ、目元用としてつくられたクリームのため、比較的小ぶりなパッケージが特徴です。

2-2.テクスチャー

アイクリーム アイクリームは、テクスチャーもアイテムによって微妙に異なります。濃厚なこっくりとしたテクスチャーから、水分量が多くとろみのあるテクスチャーまで展開されているようです。

テクスチャーは様々ですが、どれも肌にぴたっと密着してくれて、目元にすっとなじむアイテムが多いように思われます。

また、クリームの他にもさらっとした美容液タイプの目元用アイテムも販売されています。

2-3.成分

アイクリーム アイクリームは、どのアイテムにも目元の乾燥を防いでうるおいを与える保湿成分が配合されています。成分をチェックすると、気になる目元の悩みに対策すつアイクリームを見つけやすくなります。

乾燥小じわが気になる人におすすめのもの、乾燥によるくすみが気になる方におすすめのもの、ハリが足りないと感じている方におすすめのもの…など、より細かいニーズに特化したアイクリームも販売されています。

成分を重視した選び方については、次の章で詳しくお伝えします!

3.アイクリーム | 選び方のコツ

アイクリーム アイクリームは、パッケージやテクスチャー、成分などをしっかりと確認したうえで、自分の好みに合ったアイテムを選ぶことが大切です。
アイクリームを選ぶときに、どれが自分に合っているのか見極めることはとても難しいですよね。

ここでは、アイクリームの選び方のコツを詳しくお伝えします!ぜひ、アイテム選びの参考にしてください。

3-1.パッケージやテクスチャーを確認する!

アイクリーム アイクリームを選ぶときは、パッケージの特徴やテクスチャーをしっかりと確認しましょう。

前述したように、様々なパッケージがあるため、どのような使い方をするタイプのものなのか確認してから購入することが大切です。実物を見ることができないインターネット通販などで購入する場合も、どんなパッケージなのか事前に確認するようにしましょう。

また、テクスチャーの確認も大切です。店頭で購入する場合はテスターのクリームを一度手の甲などに出してみて、どんなテクスチャーなのか確認して、自分好みのテクスチャーのものを購入するようにしましょう。

アイクリームを選ぶときは成分を確認することがとても大切となってきますが、パッケージやテクスチャーの確認も欠かせません。

一般的に、アイクリームは毎日継続的に使うことを前提としてつくられているアイテムです。パッケージが使いづらかったり、テクスチャーが好みでなかったりすると、続けて使わずに途中で使用をやめてしまう可能性も考えられます。

事前にしっかりと確認してから、アイテムを選ぶようにしてください。

3-2.お手入れの目的を明確にする!

アイクリーム アイクリームは目元の肌悩みに応じて選ぶことが大切です。アイクリームはメーカーやアイテムによって、配合されている成分が異なり、お手入れの目的が細分化されていることもあります。

成分と言われてもピンとこない人のために、ここでは、おすすめしたいアイクリームの選び方を成分に着目してお伝えします!

◆目元の乾燥小じわやくすみには…

アイクリーム 目元の小じわが気になる場合に選びたいアイクリームは、下記のような保湿成分が配合されたものがおすすめです。

【保湿成分の一例】
ヒアルロン酸 / コラーゲン / セラミド / プラセンタエキス/ ペプチド / プロテオグリカン / スクワラン / グリセリン / ワセリン など

目元をしっかりと保湿することで、乾燥による小じわやくすみを防いでくれます。

◆フリー処方のものも…

アイクリーム アイクリームの中にはフリー処方で作られているものもあります。肌が敏感に傾きがちの人は、自分の肌に合う成分によってつくられている、全成分表示でチェックしてみるのもおすすめです。

無香料 / 無着色 / パラペンフリー / アルコールフリー / 鉱物油フリー/ 弱酸性 / 防腐剤不使用 など

3-3.価格をチェック!

アイクリーム アイクリームを選ぶときは、リピートして購入できるような価格のアイテムを選ぶようにしましょう。

アイクリームは一時的ではなく、継続して使うことによって効果が期待できるアイテムです。毎日使うことが大切なので、自分のお財布と相談し、継続して購入できるようなものを選ぶことが大切です。

百貨店だけではなく、ドラッグストアなどでお手頃に購入できるものもありますので、いつも足を運ぶ店舗でチェックしてみてください。

4.アイクリーム | 上手な使い方

アイクリーム アイクリームは上手に使ってこそ、魅力が発揮されるアイテムです。

「アイクリームっていつから使い始めればいいの?」「使い方ってどうやるの?」とお困りの人も多いのではないでしょうか。

そんな人に向けて、アイクリームの使い方について詳しくお伝えします!

4-1.アイクリームっていつから使えばいいの?

アイクリーム アイクリームを使い始めたほうがいい年齢は決まっていません。目元は人の印象に残りやすいパーツでもあるので、早い段階でのお手入れがおすすめです。

気になったらすぐに使い始めることをおすすめします。

4-2.アイクリーム~使う順番~

アイクリーム アイクリームは、いつものスキンケアの一部として使うようにしましょう。アイテムによって、使う順番は異なる場合がありますが、基本的には乳液の後に使うことを推奨しているアイテムが多いようです。

スキンケアアイテムは、油性成分が少ない化粧水や美容液から順に使い、最後に油性成分の多いクリームなどで蓋をする流れで使うとよいとされています。

アイクリームは油性成分が多めに含まれているため、使う場合は乳液の後に使うようにしましょう。また、乳液を使わない人は美容液の後に使いましょう。

使う順番はアイテムによって異なりますので、魅力を生かすためにもそのアイクリームの取扱説明書をよく読んで、記載されている順番を守って使うようにしましょう。

4-3.アイクリーム~基本的な使い方~

アイクリーム アイクリームは「丁寧にやさしく塗る」ことが大切です。
ステップごとに、写真つきでアイクリームの基本的な使い方をご紹介します。

Step1. アイクリームを温める

アイクリーム アイクリームは塗る前に適量を手の甲にだし、反対の手の指先で温めましょう。なお、アイクリームの使用量の適量はあずき粒大と言われています。

★ポイント★
はじめにアイクリームを温めてテクスチャーをやわらかくすることで、塗ったときになじませやすくなります。

Step2. ポイント置きする

アイクリーム1 アイクリームを温めたら、まぶたと下まぶたにポイント的にアイクリームを置いていきましょう。軽くのせる感じで、ぽんぽんとやさしくクリームをのせます。

Step3. アイクリームをなじませる

アイクリーム2 ポイント置きしたアイクリームを、指の腹でやさしくなじませましょう。使う指は、人差し指・中指・薬指の中から自分の使いやすい指であればどの指でも構いません。おすすめは、余分な力が入りすぎない「薬指」を使うことです。

肌をこすってしまわないように、やさしい力でゆっくりとクリームをなじませていきます。

Step4. アイクリームを密着させる

アイクリーム 目元全体にアイクリームがなじんだと感じたら、指の腹を使ってクリームを肌へ密着させましょう。

3本の指先をやさしく押さえるようにしながら、じっくりとクリームを密着させます。

◆気になる部分は重ね塗りを!

乾燥や小じわが特に気になる部分には、アイクリームを重ね塗りしましょう。塗る手順は同じです。

目尻やまぶたのキワまでしっかりと保湿するために、クリームを隅々まで塗るように心掛けましょう。

5.アイクリーム | 気をつけたいポイント

アイクリーム アイクリームをスキンケアに取りいれるときは、気をつけていただきたいポイントがあります。

アイクリームの魅力を感じることができるように、特に気をつけたい4つのポイントをお伝えします。

ポイント①使うときはこすらずに!

アイクリーム アイクリームを塗るときは、決してこすらずに、やさしく塗るようにしましょう。目元の皮膚は比較的薄くて繊細なため、こするだけで肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

アイクリームをしっかり塗りこもうとして指に力を込めてしまうと、摩擦を引き起こしてしまいます。せっかくアイクリームを使っても、肌へ負担をかけてしまったら意味がありません。

アイクリームを塗るときは、やさしく丁寧に、ゆっくりじっくり塗るように心掛けましょう。

ポイント②継続して使う!

アイクリーム アイクリームは一時的ではなく、継続して使うようにしましょう。継続して使うことによって魅力を実感できるアイテムのため、できるだけ継続して使うように心掛けましょう。

ポイント③使用方法をしっかりと守る!

アイクリーム 前章でアイクリームの基本的な使い方をお伝えしましたが、アイクリームを購入したらまずしっかりとパッケージに記載されている使用方法や、同梱されている説明書を読みましょう。

きちんと確認したうえで、使用方法を守ってクリームを使うことが大切です。アイクリームは特に記載がない限りは朝と夜のスキンケア両方に使うことができます。

アイテムによっては「夜だけの使用」などと記載がある場合があるので、しっかりと使用方法を確認してから正しく使うようにしましょう。

ポイント④いつものスキンケアも怠らない!

アイクリーム アイクリームを使い始めても、いつも行っているスキンケアはいつも通りにしっかりと行いましょう。

化粧水や美容液で肌にしっかりとうるおいを与え、最後はクリームで美容成分を閉じ込めるように蓋をするイメージで使うことが大切です。

アイクリームは目元を集中的にお手入れするために使うアイテムです。そのため、他のパーツにはいつも通りのスキンケアアイテムを使ってお手入れを行うようにしましょう。

6.目元をすこやかに保つために

アイクリーム アイクリームを使った毎日のお手入れの他に、目元をすこやかに保つためにおすすめのお手入れ方法や、気をつけたい行動についてご紹介します。

どれも簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ普段の生活に取り入れてみてください。

6-1.アイメイクは専用のリムーバーでオフ!

アイクリーム アイメイクはポイントメイク専用のリムーバーを使って落とすようにしましょう。目元の皮膚は薄いため、クレンジングを行うだけでも負担になってしまう場合があります。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーによるアイメイクは、通常のクレンジングでは落としきれない可能性があります。無理に落とそうとするとこすってしまうことになり負担をかけてしまうので、事前に専用のリムーバーをコットンに含ませて使うなどして、ポイント的にメイクを落とすようにしましょう。

6-2.目元に負担を与えない!

アイクリーム 目はこすらないようにしましょう。普段無意識に目をこすってしまう癖のある人は、特に気をつけてください。

目がかゆいときや眠いときにこすってしまう方は多いですが、こすると目元に負担をかけてしまうので避けることが大切です。
また、アイメイクの崩れが気になって必要以上に触ってしまう人は、触るのをやめるように意識しましょう。アイメイクが気になる場合は鏡をしっかりと見ながらメイク直しを行うことをおすすめします。

6-3.目をたくさん使ったときは、休ませる!

アイクリーム 仕事や勉強などで一日中目を使う人は、適度に目を休ませるようにしましょう。アイクリームで外側からケアをすることも大切ですが、目を休ませることもすこやかな目元を保つためには大切だと言われています。
目が疲れたなと思ったときは、数分間目を閉じるだけでも目をリフレッシュさせることができます。

また、窓から外の景色が見ることのできる状況の場合は、1時間に1度は遠くを眺めるなどして目を適度に休ませましょう。

7.まとめ

アイクリーム いかがでしたでしょうか?

アイクリームは目元に集中的に使える魅力あふれるアイテムです。目元をすこやかに保ちたい方は、毎日のお手入れにアイクリームを活用してみましょう。
明るく美しいすこやかな目元を維持して、好印象を目指しましょう!

この記事は2017年5月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る