メニューを開く
アスタリフト;

初心者さん必見!眉マスカラの使い方・選び方!美眉を簡単に作る!

眉マスカラ 使い方

「眉マスカラの使い方ってどうやるの?」「眉マスカラがうまく付かない!」「アイブロウペンシルと眉マスカラ、どっちが先?」など、眉マスカラの使い方に疑問はありませんか?

眉マスカラは、化粧持ちをアップさせ、メイクの印象をガラッと変えてくれる、頼もしいコスメアイテムです!

今回は、そんな眉マスカラの基本的な使い方を、キレイに眉毛を仕上げるポイントと一緒にご紹介します。

眉マスカラの使い方をマスターして、男性受けも間違いなしのふんわり美人眉を目指しましょう!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.眉マスカラの魅力♡

洗顔後 べたつく
眉マスカラ(アイブロウマスカラ)は、ただ眉毛を描くためだけのメイクアイテムではありません。眉マスカラの使い方をご紹介する前に、眉マスカラの魅力を3つご紹介します!

①眉メイクが落ちにくい
②ふんわり垢ぬけた感じに仕上がる
③濃い眉が軽く見える

それぞれ、どんなことなのか簡単にご説明します。

①眉メイクが落ちにくい

眉マスカラを使うと、眉メイクが落ちにくくなると言われています。眉マスカラは、眉毛一本一本をコーティングするものなので、ちょっとした汗や皮脂では落ちにくいものが多いのです。

アイブロウペンシルやパウダーのように、肌に直接色をのせるものとは異なり、汗や皮脂の影響を受けにくいと言えます。

化粧直しの手間が省けるとともに、汗をよくかくときにも、描いた眉が落ちにくく便利です!メイク持ちをアップさせたいだけで、眉に色を付けたくないという方には、透明の眉マスカラがおすすめです。

②ふんわり垢ぬけた感じに仕上がる

毛穴 引き締め 化粧水
眉マスカラを活用することで、ふんわりとしたナチュラルな印象の眉毛に仕上げることも可能です。

眉マスカラをいつものメイクにプラスすると、印象が少し変わるというのも、眉マスカラの魅力の一つですね。眉マスカラは、眉毛をコーティングしながら色を付け、眉を立体的に仕上げてくれます。

また、眉毛の生えムラ、アイブロウの塗りムラが目立ちにくくなることで、垢ぬけ感が出るのも、人気の秘密かもしれませんね。

③濃い眉が軽く見える

眉毛が比較的くっきりした方が、明るめの眉マスカラを使用することで、眉毛の濃さをやわらげることが期待できます。

自眉毛が濃いめの方や、眉毛が伸びてきたけれど、お手入れするのが面倒だという方にもおすすめです!

逆に、自眉毛が薄めの方は、ブラックなどの濃い色の眉マスカラを使うことで、キリリと凛々しい印象のメイクに仕上げることができます。

また、眉マスカラはカラーも豊富なので、その日の気分やシチュエーションに合わせて、眉メイクを楽しむこともできます。

「眉毛は顔の額縁」と言われているくらいなので、眉マスカラ一本で、メイクの印象がぐっと変わりますよ!

2.眉マスカラの使い方

より魅力的な美人眉を目指すための、正しい眉マスカラの使い方をご説明します。

①眉をフェイスパウダーでおさえる

眉にメイクを施す前は、眉毛の生えている部分もきちんとフェイスパウダーでおさえましょう。フェイスパウダーをのせることで、余計な油分による化粧崩れを防ぐことができ、眉メイクの持ちがアップしやすくなります。

②アイブロウペンシルなどのメイクを済ませる

眉 書き方
眉マスカラを使う前に、アイブロウペンシルやパウダーの眉メイクを完成させましょう。

正しい眉マスカラの順番は、「普段の眉メイク」→「眉マスカラ」です。眉マスカラを後にすることで、アイブロウペンシル(パウダー)などが落ちにくくなるだけでなく、仕上がりもキレイになります。

眉毛の毛量が多く、比較的眉がくっきりしていて、眉毛を描く必要のない方は、そのまま眉マスカラを使いましょう。

③眉マスカラの量を調節する

眉マスカラのブラシを容器の口の部分でこすったり、ティッシュなどに軽く当てたりして、眉マスカラの量を調節しましょう。
眉マスカラ つけ方1
眉マスカラのブラシは、容器から出してそのままの状態だと、マスカラの液がたくさん付いています。しっかり眉マスカラの量を調節することで、眉に付き過ぎるのを防ぐことができます。

眉マスカラの液をおさえずに付けると、マスカラがベタッと一度に付いたり、皮膚に付いたりすることがあります。眉毛がふわっとナチュラルになるどころか、テカテカしてしまい、見た目も美人眉から遠ざかってしまいますよね。

付けすぎの例
眉マスカラ 使い方

④毛流れと逆方向に眉マスカラを付ける

眉尻から眉頭へ、毛流れとは逆の方向に眉マスカラのブラシを動かしていきます。眉毛を逆立てるようにして付けるのがコツです。眉毛の根元から、しっかり塗りましょう。

眉尻と眉頭などの細かい部分は、ブラシの先を使って丁寧に塗ってください。

眉マスカラ つけ方2

⑤毛流れに沿って眉マスカラを付ける

眉頭から眉尻に向かって、毛流れに沿って眉マスカラのブラシを動かしていきます。眉毛の流れをブラシで整えるようにして付けましょう。
眉マスカラ つけ方3
毛流れに逆らって付けてから、毛流れに沿って付けることで、眉毛一本一本をコーティングしやすくなり、眉マスカラをしっかりつけて色づきやすくなります。そのため、より立体的に眉毛を仕上げることができますよ。

最後に、飛び出している毛がないかなどを確認し、飛び出している毛があれば、眉マスカラのブラシの先で眉毛をすくうようにして整えます。

その際、眉マスカラがはみ出している部分があれば、綿棒で優しく取り除きましょう。

3.眉マスカラの選び方

頬 毛穴 目立つ
それでは、眉マスカラを実際に選んでみましょう。自分に合った眉マスカラを選ぶ際は、「髪色」と「眉毛の硬さ」に注目するのがコツです!

3‐1.髪色から選ぶ

基本的な選び方は、ヘアカラーに合わせて選ぶというものです。髪の色の系統に合わせてカラーを選ぶことで、眉毛だけ浮くようなことがなく、顔全体に統一感が出ますよ。

・黒髪――ブラック、ダークブラウン、グレーなど。
・茶髪――ダークブラウン、ライトブラウンなど。
・赤味がかった茶髪――赤みがかったブラウンなど。
・金髪――黄みがかったライトブラウンなど。

このように、ヘアカラーと眉マスカラの色の系統を合わせつつ、気持ち髪色より明るめの色を選ぶと、ナチュラルで垢ぬけた雰囲気になると言われています。

3‐2.眉毛の硬さから選ぶ

眉毛の硬さによって、使いやすい眉マスカラが変わってきます。
眉毛が硬めの方は、固めのテクスチャーの眉マスカラの方が眉毛に付けやすく、なじみやすいです。

逆に眉毛が柔らかく、ふわふわとしている方は、ゆるめのテクスチャーの眉マスカラが使いやすくなります。

眉毛を指で触って、自分の眉毛に合うテクスチャーはどっちか確認してみましょう。購入前、実際に眉マスカラのテスターを手に取って、テクスチャーを試すのが理想的ですね。

4.意外と知らない!?眉マスカラが映える眉毛の整え方

眉マスカラが映える、眉毛の整え方のポイントをご紹介します。眉毛の整え方を工夫することで、眉マスカラがキレイに仕上がります。

4‐1.眉毛の“黄金比率”を意識する

美人眉の“黄金比率”を意識して眉毛を整えましょう。特に、「眉頭」「眉山」「眉尻」の3点が重要になります。
眉の黄金比率

【眉頭】

小鼻のキワから目頭の延長線上に眉頭がきていると、ナチュラルな印象の眉になります。

【眉山】

まっすぐ前をみたときの、黒目の外側から目尻の間に眉山があるのが美しいとされています。

【眉尻】

小鼻のキワと目尻の延長線上に眉尻があるとよいとされています。眉尻が眉頭より下がらないようにすると、よりナチュラルな眉に仕上がります。

4‐2.不要な眉毛を取り除く

眉毛を整える際は、下記のピンクに囲ってある部分のいらない眉毛からキレイにしていきます。
眉毛_整える

眉毛の上の部分は剃り、眉毛の下の毛は毛抜きで抜くようにしましょう。下手に細くし過ぎることなく、不要な部分をキレイにするだけでも、眉毛がくっきりした印象になります。

詳しくは、こちらのページも参考にしてみましょう。
>>「理想的な眉毛に近づける!眉毛の基本の整え方」の記事はこちら

4‐3.眉毛の長さを短くし過ぎない

眉毛を整える際は、眉毛を短く切り過ぎないように注意しましょう。眉マスカラは、ある程度長さのある眉毛に使うことで、ふんわりとナチュラルな眉毛に仕上がります。

眉マスカラは、眉毛のないところにはベタッと付き過ぎてしまうことがあるので、適度に眉毛の長さを残すようにしましょう。

5.カラー眉マスカラの気になる使い方のポイント

三軒茶屋 ヘアカラー 女性
眉マスカラは、ブラウンばかりではなく、最近ではレッド、ブルー、ピンク、グリーンといったカラーの眉マスカラが注目を集めています。

「ピンクの眉毛!?」と、思われるかもしれませんが、ポイントを押さえれば、オシャレで印象的な顔立ちに仕上がります!

普段使いする勇気がない方は、ハロウィンやパーティーなどのメイクに取り入れてみるのもおすすめですよ!

5‐1.自眉毛の色を眉コンシーラーでオフする

眉毛の色が濃い方は、眉コンシーラーを使って、自眉毛の色をオフしておくのがおすすめです。眉コンシーラーとは、眉毛専用のコンシーラーです。

眉コンシーラーを使って自眉毛の色を隠すことで、眉マスカラの色が発色しやすくなります。

5‐2.アイメイクなどのポイントメイクとカラーを合わせる

眉マスカラ 使い方2
マスカラやアイシャドウの色に合わせた眉マスカラを使ってみるのもおすすめです。まつげ用のカラーマスカラもあるので、眉マスカラと色を合わせて使うことで、アイメイクを際立たせることができます。

ピンクやグリーンなど、カラフルな髪色にしている方は、ヘアカラーに合わせて眉マスカラを使ってもオシャレです。リップメイクとカラーを合わせても、楽しめるでしょう。

カラーを合わせることで、全体に統一感が出るので、眉毛の色もなじみやすくなります。

5‐3.初心者さんはダークカラーからチャレンジ!

カラフルな眉マスカラに初挑戦しようとしている方や、普段使いしたいとお考えの方は、ダークカラーの眉マスカラからチャレンジしてみましょう。

紫やグリーン、ブルーなどは、比較的暗めなカラーなので、初めてでも取り入れやすいはずです。

眉尻だけにほんのりカラーを入れるのも、さりげなくてオシャレですね!

いずれにしても、どのカラーを使うとどんな印象になるのか、テスターがあれば購入前に試してみるのがおすすめです。お気に入りのカラーを見つけてみてください♪

6.まとめ

洗顔 泡立ち
眉マスカラの正しい使い方や選び方、カラー眉マスカラの使い方などについてお話ししました。眉マスカラは、眉毛をふわっとナチュラルに仕上げ、顔全体の印象さえも変えてくれます。

アイブロウペンシルやパウダーを使うのが苦手な方や、お化粧直しが面倒だと感じる方は、眉マスカラを使うことで、毎日のお化粧が楽になるかもしれませんね。

また、使うカラーによって印象を変えることもできるので、色々なカラーを試し、楽しみながらいつものメイクに取り入れてみてください!

この記事は2016年10月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る