メニューを開く

美容ローラーの選び方って?フェイス&ボディおすすめ6選

美容ローラー

「美容ローラーに興味があるけど、どう選んだら良いのかわからない」と思っていませんか?
全身に使えるものからフェイス用、電流を流すものなど種類がさまざまなのでどれが自分に合っているのか迷ってしまう方も多いはず。
今回は、美容ローラーの選び方と、肌らぶ編集部おすすめ6選をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。


1. 美容ローラーの役割と4つの種類

まずは美容ローラーのベーシックな情報についてご紹介します。
期待される役割や美容ローラーのタイプを知ることで、きっと欲しい美容ローラーが明確になりますよ♪

美容ローラーの役割

顔 エステ

美容ローラーとは肌の上を転がすことによってマッサージをする美容機器です。

美容ローラーにはさまざまな種類がありますが、どれも筋肉や脂肪にアプローチすることによって以下のような働きを目的にしています。

■肌を引き締める
■脂肪を柔らかくしてエネルギーに変えやすくする

肌の「むくみ」や「たるみ」、「セルライト」が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

また、フェイス用の美容ローラーには肌を引き締める役割にプラスして肌をトリートメントするものが多いです。
次の章では、目的にあった美容ローラーの選び方についてご紹介します。

美容ローラーの種類

スキンケア 洗顔ブラシ⑤

美容ローラーは形状などによって幾つかのタイプに分けることができます。
ここでは、一般的な美容ローラーの4つのタイプについてご紹介します。

■I型タイプ

スティックタイプはフェイス用に多く、力が入り過ぎないので肌の表面をお手入れするのに向いているといわれています。
また、ローラー部分にはプラチナやゲルマニウムなどが用いられ、素材の力を利用して肌をトリートメントするものもあります。

■Y型タイプ

2つのローラーで肌を挟むように揉み、力を込めやすいので血行やリンパの流れをスムーズにするためのマッサージに向いています。
特に、むくみ対策をしたい方におすすめです。

フェイス・ボディの両方に使えるタイプもあり、どちらも使ってみたいとお考えであれば結果的にお得になることもあります。

■タイヤ型ローラータイプ

タイヤ型ローラーがゴリゴリと筋肉や脂肪をマッサージする、特にボディ用に多いタイプです。複数のローラーが付いているものは、複雑な動きによる立体的なアプローチを特徴としていて、マッサージを受けているような気持ちよさが特徴です。

■電気を流すタイプ

電気を流すタイプは、電流の種類によって目的が変わります。
ここでは、主な電流を2つご紹介します。

○EMS・・・筋肉を刺激して筋収縮を起こし、マッサージする
○マイクロカレント・・・肌をトリートメントする

美容ローラーの中にはY型ロールタイプで電気を流せるものなど、複合型のものもあります。なりたい自分を想像しながら、ピッタリのものを選びましょう。

次の章では、肌らぶ編集部おすすめ6選と、各美容ローラーの特色についてお伝えします。

2. 美容ローラーおすすめ6選

お店に行くと、たくさんの美容ローラーが並んでいて目移りしてしまいますね。
そこで肌らぶ編集部おすすめの美容ローラー6選をご紹介します!

■フェイス編

スリムセラプラス(Slim Cera PLUS)

スリムセラプラス

販売元:株式会社誉
価格:28,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
マイクロカレントが肌をトリートメントしてくれる美顔ローラーです。6本のローラーは先端を使えば、小鼻などの細かいところにも対応できます。メイクの上から利用可・耐水性・ソーラー電池採用で充電いらずと欲しい機能が揃っています。

>>【スリムセラプラス】公式HPはこちら

プラチナゲルマローラープロ(Platinum Germa Roller Pro)

プラチナゲルマローラープロ

販売元:ヤーマン株式会社
価格:14,096円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
ソフトな六角形のタッピング回転子に純度99.99%のゲルマニウムが採用されています。半導体チップを搭載したヘッドを回転させてマッサージすることで、摩擦で肌を温めながらマッサージすることができます。反対のヘッドも持ち手ではなく回転子になっていて、冷たい触感はお風呂上がりにピッタリです。

>>【プラチナゲルマローラープロ】公式HPはこちら

ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

販売元:株式会社リベラルライフ・クリエーション
価格:25,926円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
EMS採用の美容ローラーで、美容成分の肌馴染みを良くするためのLED・電気パルス・高周波・半導体チップ機能も付いています。本体重量約66.5gと軽量なので、推奨されている約5分間のトリートメントタイムも腕が疲れにくいです。

>>【ララルーチュレジーナ】公式HPはこちら

■ボディ編

ボディカル(BODICAL)

ボディカル

販売元: 健康コーポレーション株式会社
価格:ボディカル本体+専用ローション 28,900円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
硬い脂肪は落ちにくいので、まずはほぐすことが大切だといわれています。掴んでひねり出すような4つのローラーの動きとEMS機能の合わせ技によって筋肉と脂肪に働きかけます。30日間の全額返金制度があるのもポイントです。

>>【ボディカル】公式HPはこちら

アセチノメガシェイプ

アセチノメガシェイプ

販売元:ヤーマン株式会社
価格: 14,800円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
13個の突起がついた8個のローラーが3D立体回転することで複雑な動きが可能になっています。EMSやマイクロカレントなどの電気を流す機能はありませんが、複雑な動きが筋肉・脂肪をほぐしながら、肌を柔らかくしてくれます。コードレスタイプの充電式で、防水仕様のため入浴中のケアができます。

>>【アセチノメガシェイプ】公式HPはこちら

■フェイス&ボディ両用編

リファカラット(ReFa CARAT)

リファカラット

販売元:株式会社MTG
価格:23,800円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
フェイス用・ボディ用ともに種類が豊富なリファシリーズの中からおすすめしたいのは、フェイスとボディのどちらにも使える「リファカラット」です。
Y型ローラーで肌を深くつまんで流すようにマッサージします。ソーラーパネルから微弱電流「マイクロカレント」を発生させ、肌に触れるローラー表面にはプラチナムコートが採用されています。メイクの上からでもバスタイムでも、お好きなタイミングで利用できます。

>>【リファカラット】公式HPはこちら
>>口コミ記事:リファを実際に使ってみた

3. 使用中に気をつけたい3つのポイント

黒ニキビ 芯⑨

肌を引き締めて「むくみ」や「たるみ」をお手入れできる美容ローラーは毎日コツコツと使っていきたいアイテムです。

でも美容ローラーは、使い方を間違えるとシミやシワ、たるみの原因になってしまうことがあるんです。
ここでは、どの美容ローラーにも共通する気をつけたい3つのポイントをまとめました。

1:強く押さえない

美顔ローラー

美容ローラーを強く押さえつけながら転がすと肌の負担が大きく、シワやたるみの原因になってしまうことがあります。
顔に利用するときは「皮膚があまり動かない程度の力加減」で、ボディに利用するときは「気持ちが良い」と感じる程度にとどめましょう。

2:長時間やりすぎない

時間

美容ローラーは毎日コツコツ続けるものです。
急にやり過ぎてしまうと、肌を痛めてしまうことがあるので各メーカーの説明書を良く読み、正しく使いましょう。

3:乾燥した状態の肌に使用しない

ファンデーション 乾燥

肌が乾燥した状態のときに美容ローラーを使用すると、摩擦が大きく肌を痛めてしまう心配があります。
しっかりと保湿をしてから利用しましょう。

4. まとめ

美顔ローラー おすすめ

美容ローラーは、マッサージにより「むくみ」や「くすみ」、「セルライト」へアプローチしてくれます。
美容ローラーの役割は形状やメーカーによってさまざまですが、自分にあった美容ローラーを選ぶことがなりたい自分への第一歩になるはずです。

ぜひ記事を参考に、あなたに合った美容ローラーを選んでください。

この記事は2016年5月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る