メニューを開く

顔の黄金比率で美人顔診断!理想の比率に近付けるメイク方法

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比とは、どんな比率でしょう?

私たちが人の顔を見て、魅力的かどうかの判断に必要な時間は、1秒かからないと言われています。

私たちは一瞬のうちに無意識下で、顔の黄金比が示すある一定の法則のもとに、美しいか否かの判断をしているのです。

この黄金比率をメイクに上手に取り入れることが出来れば、誰でも美人顔が作れるわけです!

今回は顔の黄金比率が示す、美人顔の条件と、理想の比率に近付けるメイクポイントについてご紹介します。黄金比率をメイクにいかして、誰もが認める美人顔を目指しましょう♪


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1. 顔の黄金比とは

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断

1-1. 黄金比とは

黄金比とはレオナルド・ダ・ヴィンチによって考案されたもので、数学的に解明された美の定義とされる比率のことです。

視覚的にバランスが最も安定し、多くの人がその美しさを直感的に感じることができる比率で、不変の美しさを示すと言われています。

古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナスやモナリザの絵画にも、黄金比が使用されています。

この美しさを示す比率は、人の顔にも存在します。それが「顔の黄金比」なのです。

1-2. 顔の黄金比とは

顔の黄金比とは、万人が美しいと判断する顔の比率のことです。

定められた黄金比率に近ければ近いほど、美しく魅力にあふれた顔とされています。
美しいと判断する顔の比率には、3つの要素があります。

① 顔全体のバランス(縦・横の長さ、縦・横の比など)
② 各パーツの位置(目、鼻、口、眉などの位置)
③ 各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ)

この3つの要素それぞれにおける比率が、美人顔の条件と言えるのです。

2. 顔黄金比|美人顔の条件① 顔全体のバランス

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比が示す美人顔の条件1つめは、顔全体のバランスです。顔黄金比が示す美人顔の条件は、大きく3つあります。

① 「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあご先」の比率が1:1:1

② 「顔の横幅」は「目の横幅」の5倍

③ 「顔の横幅」と「顔の縦の長さ」は1:1.46

こちらの比率について、詳しく解説します。

顔全体のバランス:縦の顔黄金比率

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔は、「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあご先」の長さが、全て同じ比率の「1:1:1」であることが条件です。
さらには、「頭の頂点から眉頭の下」「眉頭の下からあご先」の長さが同じ比率の「1:1」である事も条件とされています。

顔全体のバランス:横の顔黄金比率

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔は、「顔の横幅」が「目の横幅」の5倍であることが条件です。
「目の横幅」の理想は約3cmとされているので、「顔の横幅」の理想は15cmから16cmであることが分かります。

顔全体のバランス:縦と横の比率

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の条件は、「顔の横幅」を1とする時の「顔の縦の長さ(髪の生え際からあご先まで)」の理想は、1.46とされています。

つまり、顔の横幅:顔の縦の長さ = 1:1.46です。
前述の通り、「顔の横幅」の理想が15cmから16cmであることから、「顔の縦の長さ」の理想は22cmから23.4cmであることが分かります。
(ただしこの比率は、日本人の場合です。外国人はもっと面長になります。)

3. 顔黄金比|美人顔の条件② パーツの位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比が示す美人顔の条件2つめは、パーツの位置です。パーツの位置における顔黄金比は、大きく4つあります。

① 「目と目の間の長さ」と「目の幅」が同じである
② 「口の幅」が「鼻の幅」の1.5倍であること
③ 「顔の横幅」が「鼻の幅」の4倍であること
④ 小鼻の外側と目頭を結ぶ直線の延長線上に眉頭、小鼻の外側と目尻を結ぶ直線の延長線上に眉尻がある

こちらの比率について、詳しく解説します。

美人の顔黄金比:目の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の目の位置は、「髪の生え際から目の真ん中」と「目の真ん中から唇の真ん中」の長さが同じ比率「1:1」であることが条件です。

さらに、目と目の間がちょうど目の横幅分(約3cm)開いていて、「目の横幅:目と目の間 = 1:1」であることや、「頭の頂点から目の真ん中」「目の真ん中からあご先」の長さが、同じ「1:1」であることが挙げられます。
ただし綺麗顔と可愛い顔は、目の横幅と目と目の間の幅の比率が、若干異なります。

美人の顔黄金比:鼻の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の鼻の位置は、横から見て、頬のラインに対して鼻のラインが33度の角度をつくり、鼻筋のラインはまっすぐか、気持ち少し下に凹型の緩やかなカーブができるのが理想です。

このとき、上に凸型のラインが出来るのが「わし鼻」で、男性的な印象となります。
鼻柱と上唇のつくる角度は、大体90度が美人顔の条件です。

美人の顔黄金比:唇の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の唇の位置は、「鼻の下から唇の真ん中」を1とした場合、「唇の真ん中からあご先」が2となる「1:2」の比率が条件とされています。

美人の顔黄金比:横から見た口元の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔を横から見た口元の位置として、「鼻先」と「あご先」の2点を結んだ線(Eライン)に、唇の先が重なる、またはEラインより少し引っ込んでいることを条件としています。

美人の顔黄金比:眉の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の眉における条件として、「小鼻の外側」と「目頭」を結ぶ直線の延長線上に「眉頭」が来ることを挙げています。
そして、「小鼻の外側」と「目尻」を結ぶ直線の延長線上に「眉尻」が来ることも条件としています。

ただし、眉毛は流行があるので、黄金比通りにメイクすると、違和感が出てしまうこともあります。 メイクの際には、トレンドを取り入れながら、微調整するようにしましょう。

4. 顔黄金比|美人顔の条件③ パーツの大きさ

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比が示す美人顔の条件3つめは、パーツの大きさです。パーツの大きさにおける顔黄金比は、大きく4つあります。

① 目の横幅は3cm、目の縦横比は1:3
② 「小鼻の横幅」と「目の横幅」が約3cm
③ 唇の縦横比は1:3
④ 「口の幅」が「鼻の幅」の1.5倍であること

こちらの比率について、詳しく解説します。

美人の顔黄金比:目の大きさ

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の条件は、まず「目の横幅」が約3cmであることが挙げられます。
そして「目の縦幅」と「目の横幅」の比率が1:3であることが条件とされています。
つまり、比率からみるとバランスの良い目の縦幅は、1cmが理想と言えるのです。

美人の顔黄金比:唇の大きさ

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔は、「唇の横幅」が「唇の縦幅」の約3倍であることが条件です。
また、「下唇の縦幅」と「上唇の縦幅」の比率が、1:618)であることも挙げられます。
さらに、「唇の横端」が「黒目の内側」と同じ位置にあることも、美人顔の条件です。

美人の顔黄金比:鼻の大きさ

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人の条件は、「小鼻の横幅」と「目の横幅」が、同じ約3cmであることが条件です。
「鼻の縦の長さ」が「小鼻の横幅」の1.5625倍(約4.6875cm)であることも挙げられます。
小鼻の幅は大体目の幅と同じか、プラス3mm程度まではOK、つまり31mmから34mm程度が美人とされるサイズです。

美人の顔黄金比:瞳の大きさ

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の条件は、瞳の大きさを、「白目:黒目:白目 = 1:2:1」としています。
目は口程に物を言うといいますが、瞳の大きさや目元の印象は、人に与える第一印象において、とても大きな要素となります。
日本人の平均比率は、1:1.5:1。つまり、黒目が理想の大きさよりも小さい傾向があるのです。黒目を大きくするカラーコンタクトの使用者が多いのは、このためかもしれませんね。

5. 理想の黄金比率に近付けるメイクのポイント

顔黄金 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断メイクで理想的な黄金比率の顔にするためには、パーツに寄り過ぎず、顔全体の余白に注目することが大切です。
おでこの面積、頬や眉間の長さ、眉と目の間隔、鼻の長さ、アゴの面積を確認してみましょう。
窮屈に感じるところや、広すぎると感じるところはありませんか?

余白で気になる部分をメイクでカバーすることで、顔を黄金比率の理想的なバランスに近付けることができます。

◆余白が窮屈な場合のメイクポイント

余白が窮屈に見える場合のメイクポイントは、広く見せることです。
余白に膨張色を使用し、ハイライトの明るい色味を入れて、気になる部分の面積を広く見せましょう。

さらに、眉やリップなどのパーツを小さめに目立たないようにすることで、スペースを広く感じさせることができます。

◆余白が広すぎる場合のメイクポイント

余白が広すぎる場合のメイクポイントは、狭く見せることです。
ファンデーションやシャドー、フェイスカラーは濃い目の色を選ぶことで、余白全体を引き締めて狭く見せることができます。
ハイライトやローライトを2色使いしたり、チークの位置を工夫したり、立体的にメイクすることも狭さを演出するポイントです。

もしもおでこが広すぎる場合には、前髪を作って流すようにするとカバーすることができるので、おすすめですよ♡

6. 顔黄金比のマスクで自分の顔をチェック!

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断【引用元:http://soranorim.blogspot.jp/2014/05/Goldenmask.html】

こちらは、顔黄金比の女性用マスクです。
これが、万人が美しいと判断する顔の比率って本当?と疑いたくなるようなマスクですよね。ですが、実際にこのマスクを美人の方に当ててみると、驚くほどピタリと合うのです。

自分の顔のバランスはどうかな…と気になるあなた。
自分の顔写真と顔黄金比のマスクを合わせて検証できる、携帯用アプリがあります。ぜひ活用して、ご自身の顔バランスをチェックしてみましょう。

7. 日本人の美人顔は、黄金比ではなく白銀比

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断日本人の美人顔は、黄金比とは異なる、「白銀比」という比率に近いと言われています。
黄金比は比較的白人種の顔に見られる比率で、欧米人と比べて少し丸みのある顔が特徴の日本人は、白銀比を用いた方が、日本人に見合った美人度を測れるのです。

黄金比が「1:1.618」なのに対し、白銀比は「1:1.4142」という比率で表され、幅がコンパクトになります。
白銀比とは、別名「大和比」とも言われ、仏像の顔や、奈良県の法隆寺にある五重塔の形や日本の建築、彫刻、生け花などに見られます。

日本人には馴染みやすい感覚と言われており、アンパンマンやハローキティなどのキャラクターをはじめ、東京スカイツリーにも白銀比が用いられています。私たちの身近なものだと、A4サイズは白銀比のバランスからできたものです。

黄金比や白銀比、それぞれの比率で美人や可愛さなどの美のジャッジがなされますが、顔それぞれに、個性や魅力があります。
美人顔→知的ではありますが、少し冷たいといった印象を持たれやすいものです。
一方で可愛い顔→女性的で優しそうですが、知的さは美人顔には劣る印象を持たれやすい傾向があります。

お顔の個性をいかしてバランスよくメイクをし、輝く笑顔で美人オーラを放っていきましょうね。

8. まとめ

美人顔の条件とされる顔黄金比について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか。

顔の大きさや見え方は、メイク次第で変えることが可能です。
アイブローやアイライン、チークなどを活用して、自分の顔を黄金比に近づけてみましょう。

何度も繰り返し顔の黄金比を考えながらメイクをすることで、少しずつ慣れていき、比率を見ずに気に入った顔立ちのメイクができるようになるはずです。

顔黄金比をメイクに取り入れて、あなたの毎日の笑顔を、もっと輝かせてくださいね♪

この記事は2016年10月31日(月)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事