メニューを開く
2017年2月23日 更新

顔の黄金比率で美人顔診断!理想の比率に近付けるメイク方法

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比とは、どんな比率でしょう?

私たちは一瞬のうちに無意識下で、顔の黄金比が示すある一定の法則のもとに、美しいか否かの判断をしているといわれています。

この黄金比率をメイクに上手に取り入れることが出来れば、誰でも美人顔が作れるわけです!

今回は顔の黄金比率が示す美人顔の条件と、理想の比率に近付けるメイクポイントについてご紹介します。黄金比率をメイクにいかして、誰もが認める美人顔を目指しましょう♪


1. 顔の黄金比とは

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断

1-1. 黄金比とは

黄金比とは視覚的にバランスが最も安定し、多くの人がその美しさを直感的に感じることができる比率といわれており、不変の美しさを示すとされています。

古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナスやモナリザの絵画にも、黄金比が使用されているといわれています。

この美しさを示す比率は、人の顔にも存在するといわれており、それが「顔の黄金比」なのです。

1-2. 顔の黄金比とは

顔の黄金比とは、万人が美しいと判断するといわれている顔の比率のことです。

定められた黄金比率に近ければ近いほど、美しく魅力にあふれた顔とされています。
美しいと判断する顔の比率には、3つの要素があります。

① 顔全体のバランス(縦・横の長さ、縦・横の比など)
② 各パーツの位置(目、鼻、口、眉などの位置)
③ 各パーツの大きさ(目、鼻、口などの大きさ)

この3つの要素それぞれにおける比率が、美人顔の条件と言えるのです。

2. 顔黄金比|美人顔の条件① 顔全体のバランス

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比が示す美人顔の条件1つめは、顔全体のバランスです。顔黄金比が示す美人顔の条件は、大きく3つあります。

① 「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあご先」の比率が1:1:1

② 「顔の横幅」は「目の横幅」の5倍

③ 「顔の横幅」と「顔の縦の長さ」は1:1.46

こちらの比率について、詳しく解説します。

顔全体のバランス:縦の顔黄金比率

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔は、「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあご先」の長さが、全て同じ比率の「1:1:1」であることが条件です。

顔全体のバランス:横の顔黄金比率

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔は、「顔の横幅」が「目の横幅」の5倍であることが条件です。

3. 顔黄金比|美人顔の条件② パーツの位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔の黄金比が示す美人顔の条件2つめは、パーツの位置です。パーツの位置における顔黄金比は、大きく2つあります。

① 「目と目の間の長さ」と「目の幅」が同じである
② 小鼻の外側と目尻を結ぶ直線の延長線上に眉尻がある

こちらの比率について、詳しく解説します。

美人の顔黄金比:目の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の目の位置は、「髪の生え際から目の真ん中」と「目の真ん中から唇の真ん中」の長さが同じ比率「1:1」であることが条件です。

さらに、「目の横幅:目と目の間 = 1:1」であることが挙げられます。

美人の顔黄金比:眉の位置

顔黄金比 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断顔黄金比が示す美人顔の眉における条件として、「小鼻の外側」と「目頭」を結ぶ直線の延長線上に「眉頭」が来ることを挙げています。
そして、「小鼻の外側」と「目尻」を結ぶ直線の延長線上に「眉尻」が来ることも条件としています。

ただし、眉毛は流行があるので、黄金比通りにメイクすると、違和感が出てしまうこともあります。 メイクの際には、トレンドを取り入れながら、微調整するようにしましょう。

4. 理想の黄金比率に近付けるメイクのポイント

顔黄金 美人 比率 メイク バランス 条件 恋愛 効果 診断メイクで理想的な黄金比率の顔にするためには、パーツに寄り過ぎず、顔全体の余白に注目することが大切です。
おでこの面積、頬や眉間の長さ、眉と目の間隔、鼻の長さ、アゴの面積を確認してみましょう。
窮屈に感じるところや、広すぎると感じるところはありませんか?

余白で気になる部分をメイクでカバーすることで、顔を黄金比率の理想的なバランスに近付けることができます。
ここでは、肌らぶ編集部流、メイクで顔印象を顔の黄金比率に近づけるポイントをご紹介します。

◆余白が窮屈な場合のメイクポイント

余白が窮屈に見える場合のメイクポイントは、広く見せることです。
余白に膨張色を使用し、ハイライトの明るい色味を入れて、気になる部分の面積を広く見せましょう。

さらに、眉やリップなどのパーツを小さめに目立たないようにすることで、スペースを広く感じさせることができます。

◆余白が広すぎる場合のメイクポイント

余白が広すぎる場合のメイクポイントは、狭く見せることです。
ファンデーションやシャドー、フェイスカラーは濃い目の色を選ぶことで、余白全体を引き締めて狭く見せることができます。
ハイライトやローライトを2色使いしたり、チークの位置を工夫したり、立体的にメイクすることも狭さを演出するポイントです。

もしもおでこが広すぎる場合には、前髪を作って流すようにするとカバーすることができるので、おすすめですよ♡

5. まとめ

美人顔の条件とされる顔黄金比について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか。

顔の大きさや見え方は、メイク次第で変えることが可能です。
アイブローやアイライン、チークなどを活用して、自分の顔を黄金比に近づけてみましょう。

何度も繰り返し顔の黄金比を考えながらメイクをすることで、少しずつ慣れていき、比率を見ずに気に入った顔立ちのメイクができるようになるはずです。

顔黄金比をメイクに取り入れて、あなたの毎日の笑顔を、もっと輝かせてくださいね♪

この記事は2017年2月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る