メニューを開く
アスタリフト;

化粧直しにおすすめファンデーション5選!メイク美人でアフター5♡

化粧直し ファンデーション おすすめ

「せっかくキレイにメイクしたのに、夕方には崩れてる・・・」

汗や皮脂でヨレてしまったり、乾燥で粉をふいてしまったり、1日中完璧なメイクを持続するのはなかなか難しいですよね。

ほんの少しの化粧崩れなら、フェイスパウダーを使っても十分メイクしたての状態に近づけることができます。

でも化粧が大きく崩れてしまったときは、ファンデーションを使った化粧直しがおすすめです!

今回は肌らぶ編集部が選んだ、化粧直しにおすすめのファンデーションを5つご紹介します!

また、キレイに化粧直しができる方法をお伝えしますので、明日からのメイクの参考にしてください♡


astalift
astalift

1.化粧直しにはパウダーファンデーションがおすすめ!

化粧直しでファンデーションを使うときは、パウダーファンデーションがおすすめです。

油分が多いリキッドやクリームタイプのファンデーションだと、皮脂が出た状態の肌には重い質感になってしまう可能性があります。

その点パウダーファンデーションは油分が少ないため、サラッとした状態の肌をつくることができます。

また、コンパクトに入っていて持ち運びがしやすいので、荷物がかさばらないのもうれしいですね!

2.化粧直しにおすすめのファンデーションの選び方

それでは、化粧直しにはどのようなパウダーファンデーションを使えば良いのでしょうか?

ポイントは3つです。

①薄づきに仕上がるもの
②自分の肌色と近いか、少し明るい色味のもの
③紫外線対策ができるもの

化粧直しの時には、薄づきのファンデーションがおすすめです。

化粧直しはすでに一度化粧をした状態の肌に重ねるので、しっかりとカバーするタイプのファンデーションを使うと、厚塗りに見えてしまうことがあります。

また、ナチュラルに仕上げたい場合は自分の肌色に近い色のファンデーションを選びましょう。

肌のくすみが気になる方は、少しだけ自分の肌より明るい色を選ぶと、顔が疲れて見えにくいのでおすすめです。

さらに、紫外線対策ができるファンデーションを選ぶと、ファンデーションを塗り直すことで、あらためて肌を保護することもできます。

化粧直し用のファンデーションを選ぶときには、SPF・PAの値も参考にしましょう。

3.化粧直しにおすすめのファンデーション5選

次は、化粧直しにおすすめのファンデーションをご紹介します!

今回はパウダーファンデーションの中でも、薄づきなタイプで、SPFの値が20以上・PAの値が++以上のものを選びました。

ぜひ実際に手に取るときの参考にしてみて下さい!

POLA ホワイティシモ パウダーファンデーション
ホワイティシモ

販売会社:ポーラ株式会社
価格:セット価格5,000円 レフィル4,000円(いずれも税抜)
色展開:6色
SPF30・PA+++
水なし専用

【肌らぶ編集部コメント】
フェイスパウダーをのせたかのような軽い付け心地で、素肌感のあるナチュラルな肌を演出するパウダーファンデーションです。

汗や皮脂に強いので、汗をかきやすい方や夏場の季節にもおすすめです。

ホワイティシモのスキンケアシリーズと共通の保湿成分(水添レシチン、ワイルドタイムエキス、ルイボスエキスなど)が配合されています。

POLA 公式HPはこちら

マキアージュ パーフェクトマルチコンパクト

マキアージュ マルチコンパクト

販売会社:株式会社資生堂
価格:セット価格3,500円 レフィル2,500円(いずれも税抜)
色展開:3色
SPF20・PA++
水なし専用

【肌らぶ編集部コメント】
パウダーファンデーションとしても、おしろいとしても使える、便利なコンパクトです。

明るい色・中間色・濃い色の3色がセットになっているので、ハイライトやシェーディングのように自然に立体感を演出します。

パフはスポンジ面と起毛面の両面仕様になっていて、異なる質感を楽しむことができます。

資生堂 公式通販サイトはこちら

エスプリーク カバーするのに素肌感持続パクトUV

エスプリーク

販売会社:株式会社コーセー
価格:セット価格3,800円 レフィル2,800円(いずれも税抜)
色展開:7色
SPF22・PA++
水あり・水なし両用

【肌らぶ編集部コメント】
細かい粒子が肌に密着し、メイクを仕上げたばかりの美しさが長続きするパウダーファンデーションです。

まるで元から素肌がキレイな人のように、ナチュラルで透明感のある肌を演出します。

保湿成分(ヒアルロン酸、コラーゲン)を配合しています。

KOSE 公式HPはこちら

アルビオン ホワイトシフォンルミナス

アルビオン

販売会社:株式会社アルビオン
価格:セット価格5,000円  レフィル4,000円(いずれも税抜)
色展開:6色
SPF25・PA++
水なし専用

【肌らぶ編集部コメント】
ふわふわと軽い質感で、細かい粒子がしっとりと肌に密着するパウダーファンデーションです。

光の反射に着目し、メイクにより透明感のある明るい肌を演出します。

汗や皮脂にも強いので、化粧もちが良いのも特徴です。

アルビオン公式サイト はこちら

 

コフレドール ビューティーオーラパクトUV

コフレドール

販売会社:株式会社カネボウ化粧品
価格:セット価格3,800円 レフィル2,800円(いずれも税抜)
色展開:7色
SPF26・PA++
水あり・水なし両用

【肌らぶ編集部コメント】
頬やTゾーンなど、顔の高い位置に明るさをプラスして、顔を立体的に魅せるパウダーファンデーションです。

軽やかな使い心地で、肌に透明感を演出してくれます。

カネボウ化粧品 公式HPはこちら

4.再確認!ファンデーションで化粧直しをするには?

化粧直し おすすめ ファンデーション

化粧崩れが激しい時や、アフター5のために万全な状態にしたい時は、しっかり化粧を直す必要がありますよね。

しかし、ただファンデーションを重ねるだけでは厚塗りになってしまう可能性があります。

ではいったい、どのようにして化粧直しをすればいいのでしょうか?

ここからは、その方法を化粧直しの程度に分けてご紹介します。

4‐1.乳液&化粧下地で落としてバッチリ化粧直し(所要時間:10分以上)

広い範囲のファンデーションがとれてしまっていたり、皮脂と混ざってヨレたりしているときは、潔く一度化粧を落としてしまうのがおすすめです。

ベースメイクの崩れた部分にさらに化粧を重ねると、ムラになりやすいため、美しい仕上がりを目指すことは難しくなります。

また、肌と化粧が密着しないため、すぐに化粧崩れを起こしやすくなってしまうのです。

乳液や化粧下地を使って崩れた部分をふきとることで、余分な皮脂と一緒に崩れた化粧を落とすことができます。

★用意するもの★
スポンジ(きれいなもの)
コットン
乳液
化粧下地(いつも使っているものか、パープルなど肌のくすみを見えにくくする色味のもの)
パウダーファンデーション

①コットンに乳液を含ませる

まずは、コットンに乳液を染み込ませます。

コットンの繊維で肌を刺激しないように、コットンの裏に染みる程度まで、たっぷりつけましょう。

②乳液で崩れた部分をふき取る

化粧直し ファンデーション おすすめ

次に、崩れてしまった部分を中心に、肌の上をやさしく滑らせていきます。

Tゾーンや口元など、取れやすい部分も一緒にふき取りましょう。

③スポンジに化粧下地をとる

スポンジに化粧下地をとります。量は、いつも使っている量よりも少なめにしてください。

④ファンデーションを落とした部分に、化粧下地をつける

化粧直し ファンデーション おすすめ

こすらず、やさしく、スポンジで化粧下地をつけていきます。

ファンデーションを落とした部分にのみつけるようにして、薄くなじませます。

⑤最後にパウダーファンデーションを重ねる

化粧をとった部分と塗っている部分の境目がないように、薄くパウダーファンデーションを重ねます。

昼休みなど時間がない時は、乳液で化粧を落とすステップ(①、②)を省いて、軽く油分を抑えてから、化粧下地をつけたスポンジで崩れた部分をふきとってみてください。

★化粧直しの便利アイテム

乳液&化粧下地で化粧直しをする際に、「ちょっと面倒!」と思う方には、市販の「化粧直しコットン」を使うのがおすすめです。

「化粧直しコットン」には、コットンにメイク落としと化粧下地を兼ねたローションが染みこませてあるため、化粧直しの工程の一部を省くことができ、時間の短縮につながります。

ただし、お手軽だからといって雑に扱っては肌を傷つけてしまいます!

必ずやさしく丁寧に、コットンを滑らせるようにして使いましょう。

■おすすめアイテム
ポケット お化粧直しコットン(資生堂)

お化粧直しコットン

メイク落としと化粧下地の役割がひとつになった、化粧直し用のコットンです。
無香料・無着色。

資生堂 公式通販サイトはこちら

4‐2.プレストパウダーで簡単に化粧直し(所要時間:5分以内)

少しテカりが気になる程度のときや、時間があまりなく「すぐに済ませたい!」というときは、プレストパウダーを使った化粧直しがおすすめです。

プレストパウダーとはフェイスパウダーを固形状にしたコンパクトタイプのパウダーです。

粉が飛び散る心配がなく、持ち歩きにも便利なのが特徴です。

プレストパウダーは基本的に、ファンデーションの上から重ねて、仕上がりや化粧もちを良くするために使うアイテムなので、ほとんどはうっすらと色が付いているものや、無色のものが多いです。

そのため、厚塗りに見えることがなく、化粧崩れやヨレも目立ちにくいので化粧直しにおすすめのアイテムです。

★用意するもの★
あぶら取り紙またはティッシュ
プレストパウダー

①あぶら取り紙やティッシュで、余分な皮脂を抑える

化粧直し おすすめ ファンデーション

まずは余分な皮脂を抑えます。
この手順を飛ばしてパウダーをのせてしまうと、ムラづきやヨレの原因になってしまいます。

②崩れた部分にだけパウダーをのせる

化粧直し おすすめ ファンデーション

パフやブラシにとったパウダーは、化粧崩れが気になった部分にだけ薄くのせます。
ブラシを使うと、よりナチュラルな仕上がりになります。

■おすすめプレストパウダー
エトヴォス ミネラルシルキーベール

エトヴォス ミネラルシルキーベール

保湿成分(ヒアルロン酸、オーガニックアルガンオイル等)や、整肌成分(ビタミンC誘導体、ビタミンE等)を配合しているプレストパウダーです。

すべすべのシルクのような肌を演出します。

シリコン、鉱物油、界面活性剤、タルク不使用。

エトヴォス公式HPはこちら

★化粧直しの便利アイテム

パウダーをつけるのも面倒!5分も時間がない!という方には、紙おしろいがおすすめ。

紙おしろいとは、油とり紙にフェイスパウダーがついた状態のものです。

Tゾーンのテカりが気になるときなど、バックから取り出してすぐに使うことができ、とても便利です。

■おすすめアイテム
紙おしろい(資生堂)

紙おしろい

余分な皮脂をとりながら、ほんのりと自然にパウダーをのせることができます。
パウダーの色はオークルとピンクの2種類です。

資生堂 公式通販サイトはこちら

5.まとめ

今回は化粧直しにおすすめのファンデーションや、化粧直しの方法・アイテムをご紹介しました。

いかがでしたか?

大切な用事の前には、バッチリ自信が持てるメイクでのぞみましょう♡

この記事は2016年8月5日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る