メニューを開く
アスタリフト;

【肌らぶセレクト】フェイスパウダーランキング

フェイスパウダー ランキング「フェイスパウダーが欲しいけれど、どんなものを選べば良いのかな…?」とお悩みではありませんか?

フェイスパウダーは、主にリキッド・クリームタイプのファンデーションに重ねることで化粧を崩れにくくしたり、キメ・毛穴をカバーして、肌のトーンを明るく見せることができるアイテムです。

とても種類が豊富なので、どんなものを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

今回は、フェイスパウダーの種類別におすすめフェイスパウダーランキングを発表します!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.おすすめフェイスパウダーランキング

1-1.ベースメイクの仕上げにおすすめ!ルースパウダーランキング

ルースパウダーは粉末状のタイプで、肌にふわっと広がります。

今回は、メイクの仕上げにおすすめのルースパウダーを選び、ランキングを作成しました。

第1位 POLA B.A ザ フィニッシングパウダー
BAザフィニッシングパウダー

企業:POLA

粉雪のように微細で、ふんわりと肌になじむルースパウダーです。
肌表面をさらさらとなめらかに整え、美しい素肌感を演出します。
POLA独自のカプセル状保湿成分「エッセンスインナノルートカプセル」が配合されています。

⇒POLA 公式通販サイトはこちら

第2位 24h フェイスパウダー
24h

企業:ナチュラピュリファイ研究所

キメ細かいさらさらのパウダーが心地良い、クレンジング不要の肌にやさしいルースパウダーです。
自然に仕上がるナチュラル、ツヤ肌に仕上がるシャイニーの2色展開で、仕上がりの好みに合わせて選ぶことができます。

⇒24hコスメ 公式通販サイトはこちら

第3位 ハウスオブローゼ アミュールシフォン フェースパウダー
アミュールシフォン

企業:ハウス オブ ローゼ

つけたての美しさが持続する、ルースタイプのフェイスパウダーです。
やわらかな質感のしっとりした微粒子パウダーが肌に溶け込むようになじみます。
保湿成分「セラミド」配合です。

⇒ハウスオブローゼ 公式通販サイトはこちら

1-2.化粧直しにおすすめ!プレストパウダーランキング

プレストパウダーは、固形状のため持ち歩きに便利です。

今回は、特に化粧直しにおすすめのプレストパウダーを選びランキングを作成しました。

第1位 POLA オーガ ブレンドカラー フィニッシュ
POLA

企業:POLA

5色のカラーパウダーがブレンドされた、プレストタイプのパウダーです。
5色をミックスすることによって、肌色にほのかなニュアンスをプラスします。
肌にふわっと広がり適度にツヤをおさえて、上品な印象のキメの整った肌に仕上げます。

⇒POLA 公式通販サイトはこちら

第2位 24h プレミアム ルーセントパウダー
24hプレスト

企業:ナチュラピュリファイ研究所

保湿成分「ツバキオイル」「ビワ葉エキス」等の植物成分が配合されているプレストパウダーです。
しっとりとした使用感で、肌をサラサラに仕上げます。

⇒24hコスメ 公式通販サイトはこちら

第3位 セルピュア ヴェールパウダー
セルピュア

企業:フロンティア

SPF20、PA++のプレストパウダーです。
さらさらとしたつけ心地で、陶器のような肌に仕上げます。
ライト・ナチュラルの2色展開です。

⇒セルピュア 公式通販サイトはこちら

2.綺麗に仕上げるフェイスパウダーのつけ方

フェイスパウダーは、パフもしくはブラシでつけます。

[使用量]
フェイスパウダーは軽くのせるだけで十分なので、たっぷりつけすぎないようにしましょう。

フェイスパウダーのつけすぎは厚塗りに見えてしまったり、粉っぽくなり乾燥して見えてしまいます。

■パフを使ったつけ方

[つけ方]
フェイスパウダーを手の甲でなじませる
①パフにパウダーをとり、パフ全体にまんべんなくパウダーがなじむように手の甲で調節します。

②頬・額・鼻・口まわり・フェイスラインの順につけていきます。

■ブラシを使ったつけ方

[つけ方]
フェイスパウダー ブラシ
①ブラシにパウダーをとり、ブラシ全体にパウダーを含ませるように、ティッシュの上や手の甲でなじませます。

②頬・額・鼻・口まわり・フェイスラインの順につけていきます。

3.フェイスパウダーの仕上がりを美しくするポイント

フェイスパウダーはベースメイクの仕上げに使用するアイテムですが、以下の2点を意識することでより崩れにくく美しいベースメイクを維持できます。

■化粧下地・ファンデーションはしっかりとなじませる

フェイスパウダーの前に使用する化粧下地・ファンデーション(ベースメイクアイテム)は、少量ずつなじませながらつけていくようにしましょう。

ベースメイクの厚塗りは、老けて見えてしまったり顔を膨張させて見せてしまう原因となります。

つけ過ぎたものを薄くするのは難しく、直すのに時間も手間もかかります。

また、ファンデーションがなじみきっていない状態でフェイスパウダーをのせてしまうとムラになりやすいです。

フェイスパウダーをつける前に、きれいなスポンジやティッシュで余分な油分を軽く押さえておくと、ヨレにくくなるのでおすすめです。

■清潔なパフ・ブラシを使用する

フェイスパウダーをつけるパフやブラシは定期的に洗い、清潔なものを使用しましょう。

パフやブラシが汚れたまま使用すると、ムラができやすくなったりかすれて綺麗に仕上げることが難しくなります。

また、洗わずに使っていると雑菌が繁殖しやすく、肌荒れの原因となることもあります。

最低でも週に一度は洗って、常に綺麗なものを使用することをおすすめします。

4.まとめ

今回は、ルースタイプ・プレストタイプのフェイスパウダーランキングをお伝えしました。

フェイスパウダーは、ベースメイクの美しい仕上がりに欠かせないアイテムです。

ぜひランキングを参考に、自分のお気に入りのフェイスパウダーを見つけてください!

※この記事は2017年1月1日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る