メニューを開く
アスタリフト;

キメ細やかなふんわり肌に!フェイスパウダーおすすめ5選

フェイスパウダー おすすめ
「メイクの仕上げに使うフェイスパウダーが欲しいけれど、どんなものがおすすめなのかな…」とお悩みではありませんか?

フェイスパウダーは、メイクの持ちを良くしてくれるだけでなく、キメ細かい肌に整えてくれる優れものです。

ここでは、フェイスパウダーの選び方とおすすめのフェイスパウダーをご紹介します。



astalift
astalift

1.フェイスパウダーとは

フェイスパウダーは、主にリキッド・クリームタイプのファンデーションに重ねることでファンデーションをより定着させて、化粧を崩れにくくするほか、キメ・毛穴をカバーして、肌のトーンを明るく見せることができます。

また、ナチュラルなメイクにしたい日は、ファンデーションをつけずにフェイスパウダーのみで仕上げることもできます。

フェイスパウダーのは大きく分けると2種類あり、商品によって質感や色が異なります。

【フェイスパウダーの種類】
■プレストタイプ
固形状のタイプで、持ち歩きしやすく化粧直しにも向いています。

■ルースタイプ
粉末状のタイプで、朝のメイクの仕上げにおすすめです。

2.おすすめフェイスパウダー5選

ここでは、肌らぶスタッフが選んだおすすめのフェイスパウダー5選をご紹介します。

■POLA ホワイティシモ UVパクト ホワイト
ホワイティシモ

企業:POLA

UVカット(SPF22、PA+++)しながら程よいカバー力で肌にふわりと密着するプレストパウダーです。
自然なベージュ系なので、肌色になじみやすい点も魅力です。
紫外線や乾燥から肌を守り、なめらかな肌に仕上げます。

★おすすめの方
・紫外線対策をしたい方
・さらさらとした質感がお好みの方

POLA 公式ホームページはこちら

■POLA オーガ ブレンドカラー フィニッシュ
POLA

企業:POLA

5色のパウダーがブレンドされた、プレストタイプのパウダーです。
自分の好みに合わせてミックスさせることで、さまざまなニュアンスを肌にプラスすることができます。
肌にふわっと広がり適度にツヤをおさえてくれるので、キメの細かい、上品な肌印象に見せることができます。

★おすすめの方
・ややマットな仕上がりがお好みの方
・肌のくすみが気になる方

POLA 公式ホームページはこちら

■ETVOS ミネラルシルキーベール
ETVOS

企業:エトヴォス

毛穴・テカリをカバーして、化粧したての美しい肌をキープします。
肌にやさしく、夜眠るときのすっぴん隠しにも使用できるプレストパウダーです。
重ね塗りしても厚ぼったくならないトランスルーセントタイプ(色がつかないタイプ)です。

★おすすめの方
・肌にやさしいフェイスパウダーをお探しの方
・テカリや毛穴が気になる方

ETVOS 公式ホームページはこちら

■ハウスオブローゼ アミュールシフォン フェースパウダー
アミュールシフォン

企業:ハウス オブ ローゼ

化粧崩れを防ぎ、つけたての美しさが持続するルースタイプのパウダーです。
やわらかな質感の微粒子パウダーが肌に溶け込むようになじみます。
保湿成分「セラミド」配合です。

★おすすめの方
・肌が乾燥しやすい方
・きめ細かい仕上がりがお好みの方

ハウスオブローゼ 公式ホームページはこちら

■DHC Q10モイスチュアケア フェースパウダーEX

DHCフェースパウダー

企業:DHC

粉っぽさ・パサつきを感じさせないしなやかなテクスチャーで、気になる部分を自然なツヤでふんわりとカモフラージュする、ルースタイプのパウダーです。
自然な明るさの「ライト」・健康的な肌色の「ヘルシー」・くすみカバーにおすすめの「ピンク」の3色展開で、肌色に合わせて選ぶことができます。

★おすすめの方
・ツヤっぽい仕上がりがお好みの方
・自分の肌色に合ったパウダーをお探しの方

DHC 公式ホームページはこちら

3.綺麗に仕上げるフェイスパウダーのつけ方

フェイスパウダーは、パフもしくはブラシでつけます。

[使用量]
フェイスパウダーはしっかりと付けるのではなく、さらりと軽く付けることがポイントです。たっぷり付けすぎないようにしましょう。
フェイスパウダーをしっかりと付けてしまうと、肌が乾燥したり、厚塗りの不自然な印象に仕上がってしまうことがあるので、注意しましょう。

■パフを使ったつけ方

[つけ方]
フェイスパウダーを手の甲でなじませる
①パフ全体にパウダーを取った後、パフにパウダーをしっかりと馴染ませるように、手の甲の上でパフでくるくると円を描きます。

②パウダーを付ける順番は、頬→額→鼻→口まわり→フェイスラインの順番で付けましょう。

■ブラシを使ったつけ方

[つけ方]
フェイスパウダー ブラシ
①ブラシの先にさっとパウダーを取った後、ブラシ全体にパウダーを馴染ませるように、手の甲、またはティッシュの上でくるくると円を描きます。

②付ける順番は、頬→額→鼻→口まわり→フェイスラインの順番で付けましょう。。

4.仕上がりを良くするために意識すること

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げに使用するアイテムです。フェイスパウダーを付けることで、皮脂の出を抑えたり、肌全体を明るく見せることができます。ここでは、フェイスパウダーをより使いこなすためのポイントをご紹介します。

■化粧下地・ファンデーションはしっかりとなじませる

フェイスパウダー前のベースメイク(化粧下地やファンデーション)は、できるだけ薄く付けるように心がけましょう。

ベースメイクの厚塗りは、肌の印象を老けて見せる原因になったり、顔を大きく見せてしまう原因になったりすることがあります。

さらにベースメイクの厚塗りはメイク崩れを起こしやすくなり、メイクを修正するのに時間も手間もかかります。

また、ベースメイクの厚塗りは、フェイスパウダーがよれる原因にもなってしまいます。ベースメイクをつけ過ぎたと感じた場合は、フェイスパウダーを付ける前に、ティッシュなどで余分なベースメイクアイテムを拭き取るようにしましょう。

■清潔なパフ・ブラシを使用する

フェイスパウダーを付ける際に使用するブラシやパウは、常に清潔に保つことを心がけながら使用しましょう。

パフやブラシが汚れたまま使用すると、ムラができやすくなったり、かすれてしまったりして、きれいに付けることができなくなってしまうこともあります。

また、いつまでも洗わずに、汚れたまま使い続けてしまうとブラシやパフに雑菌が繁殖し、肌荒れの原因となることもあります。

常に清潔に保つため、定期的に(最低でも週に一度)洗い、きれいな状態にあるものを使用するよう心がけましょう。

5.まとめ

フェイスパウダーは、ベースメイクをより美しく仕上げるためのおすすめアイテムです。

今回ご紹介したおすすめフェイスパウダーを参考に、自分のお好みに合ったものを見つけましょう!

※この記事は2016年1月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る