メニューを開く
提供:株式会社ヴァーナル

これで対策!顔の肌荒れを予防する3つの方法と原因

Pocket
LINEで送る

顔 肌荒れ

「顔の肌荒れがいつも気になる」「ちゃんとスキンケアをしているはずなのに顔は肌荒れしてしまう」
顔の肌荒れを対策・予防するにはどうすればいいか分からないと悩んでいませんか?

1年を通して出る可能性のある顔の肌荒れには、主に6つの症状に分けられ、細かい原因は異なりますが、やるべきことは同じです。

そこで本日は、顔の肌荒れ6つの症状から適した予防方法、そして肌荒れの原因を詳しくご紹介していきます。

◆肌らぶ セレクション◆

F_01
お肌に潤いがほしい方におすすめの洗顔石鹸「ヴァーナル もち肌洗顔セット」1833円(+税)

「メイク・汚れを落とす」石鹸と「キメを整える」石鹸の2種類を使用することで、肌に潤いを与え、健やかに保ちます。

洗顔で不要なものはしっかり落とし、肌のキメを整えることで、スキンケアの入りが良い素肌へと導きます。

ヴァーナル もち肌洗顔セットボタン

1.顔の肌荒れとは

「顔の肌荒れ」は、主に6つの症状に分かれます。

「肌がカサカサする」
「赤くなる」
「かゆみが出る(湿疹)」
「吹き出物やニキビができる」
「くすみ」
「毛穴が開く」

という6つが挙げられ、一般的には「肌が不健康な状態」をさします。

●肌がカサカサする

肌が乾燥する事で起きる顔の肌荒れの1つです。

紫外線や外からの刺激を受けて、肌が本来持っている肌を守る働きが弱まると、肌の水分が失われてやすくなって乾燥し、肌がカサカサしていきます。

●赤くなる

肌の皮膚が薄くなることで、毛細血管が浮き出て見えたり、体の免疫が弱まることなどで吹き出物やニキビができて赤みを帯び、顔が全体的に赤く見えることがあります。

肌が薄くなっている人は、肌の代謝をよくするあげることが大切です。

●かゆみが出る(湿疹)

湿疹やかぶれにより、かゆみが出てくることもあります。

これらは、なんらかのアレルギーや自分に合わないスキンケア化粧品などが原因で出てくることがあります。

●吹き出物やニキビができる

ストレスや体調不良、生活習慣、月経前症候群(PMS)によるホルモンバラスの乱れなどで皮脂が過剰に分泌され、古い角質と合わさって毛穴に詰まることで、吹き出物(大人ニキビ)やニキビを誘発します。

また、前髪に付いているヘアスプレーやヘアワックスなどが顔につき、それが肌への負担となっておでこに吹き出物やニキビができる原因となることもあります。

●くすみ

くすみとは、一般的に、肌がごわついてツヤがなく、なんとなく肌が暗く見えるような状態と言えるでしょう。

血行不良が悪くなるなど、乾燥や毛穴の汚れを引き起こして、肌の明るさやツヤ、透明感が減ることで、肌がくすんで見えていきます。

●毛穴の開き/黒ずみ

余分な皮脂が毛穴に溜まることで、開いたような毛穴になります。

また、毛穴に詰まった皮脂と汚れをそのままにして古くなると、黒ずみのある毛穴になります。

2.肌荒れを予防するたった3つの方法

肌荒れ対策には、3つの方法があります。

肌荒れの症状ごとに原因は異なる部分もありますが、基本的には以下の3つの対策を行うことをおすすめします。

①自宅でのスキンケアの見直し
②バランスの良い食事を取る
③ストレスや生活習慣の乱れを和らげる

2-1.自宅でのスキンケアの見直し

自身の肌に合わない化粧品を使用していると、顔の肌荒れを誘発しやすく、さらに荒れてしまった後も元に戻りにくくなります。

自宅でのスキンケアは、「落とすスキンケア(クレンジング・洗顔)」「加えるスキンケア(化粧水・乳液など)」に分かれ、それぞれのポイントが異なります。

「落とすスキンケア」では、肌への負担を少しでも減らすことが重要です。

「加えるスキンケア」では、保湿ができ、自身の肌に合うものを使うという2つが重要です。

2-1-1.落とすスキンケア(クレンジング・洗顔)

クレンジング料や洗顔料は、メイクや汚れを落とす役割があります。しかし、どんなものを使ってどんな方法で行っても、メイクを落とすという行為は少なからず肌への負担にはなります。

使ってみて、肌なじみが良いか、保湿ができているかどうかをしっかり確認しましょう。

■クレンジング

●フルリ クリアゲルクレンズ
顔 肌荒れ フルリ クリアゲルクレンズ 通常価格:3,500円(+税)
内容量:150g(夜だけの使用で約30日~40日分)

【肌らぶ編集部コメント】
ベースとなる水から成分すべてにこだわりを持って開発された、ゲルクレンジングです。

肌だけではなく、環境や自然の生態系までこだわりをもってつくられています。

メイクと不要な皮脂をさっぱりと洗い落としてくれます。

通販サイト、口コミサイトでも話題のクレンジング料です!

☞フルリ 公式HPはこちら

※クレンジング関連記事はこちらも参考にして下さい。

■洗顔料

●ヴァーナル もち肌洗顔セットF_01値段:1,833円(+税)
セット内容:
アンクソープ30g(約1ヶ月分)
センシティブザイフ30g(約1ヶ月分)
エッセンシャルシャワーモイスト30ml(約1週間分)
キハナクリーミーセラム4g(約1週間分)
泡立てネット
ソープディッシュ

【肌らぶ編集部コメント】
毛穴に着目した洗顔石鹸です。汚れを落として肌を清浄にしてくれます。

肌の汚れを落とす石鹸と、肌のキメを整える石鹸をダブルで使用することで、肌全体をなめらかに洗い上げます。

肌のごわつきやくすみが気になり始めた方におすすめの洗顔料です。

☞ヴァーナル 公式HPはこちら

洗顔関連記事: 

2-1-2.加えるスキンケア(化粧水・美容液・乳液)

加えるスキンケアの場合、どれがもっとも良いということは断定できず、自身の肌に合うものを選ぶことが重要です。

加えるスキンケアで1つだけ言える事は、「保湿」がしっかりと出来ることだけは意識していきましょう。

■化粧水

●ノブⅢ フェイスローション(医薬部外品)
ノブⅢ フェイスローション価格:4,000円(+税)
内容量:120mL

【肌らぶ編集部コメント】
ノブⅢは、常盤薬品から発売されている、肌がデリケートになりやすい方向けの保湿スキンケアシリーズです。

L(さっぱり)とR(しっとり)の2タイプありますので、お好みの使用感でお選びください。
ポンプタイプなので衛生的に使えるのもポイントです。

☞ノブ 公式HPはこちら


■美容液

●フラコラ LITF’est プロテオグリカン原液
プログリ キキララ価格:詳しくは公式HPをご覧ください。
内容量:30mL

【肌らぶ編集部コメント】
ピュアな原液のプロテオグリカン*を、惜しみなく、そのまま使用したリッチ感のある原液美容液です。(*保湿成分)

お手入れのいちばん初めに使用することで、その後のスキンケアアイテムの肌なじみをよくします。

今使っているスキンケアを変えずに、お手入れのいちばん初めにこれをプラスするだけでOK!
その後のスキンケアアイテムの肌なじみをよくしてくれます。

さらっとしたテクスチャーで肌にスーッとなじみ、毎日使い続けるごとに、うるおいとハリを与えます。

今だけ限定、キキララコラボパッケージもあります!※2016年8月時点での情報です

☞フラコラ 公式HPはこちら

■乳液・クリーム

●アルージェ エッセンスミルキークリーム≪しっとり≫【医薬部外品】
顔 肌荒れ アルージェ エッセンスミルキークリーム≪しっとり≫
価格:2,200円(+税)
内容量:35g

【肌らぶ編集部コメント】
ナノ化した保湿成分が角質層までなじんでくれるクリームです。

クリームタイプなのにベタつかず、しっとりとした着け心地です。

天然セラミドが保湿成分として配合されています。界面活性剤・アルコール・パラベン不使用。

☞アルージェ 公式HPはこちら

2-2.バランスの良い食事を摂る

食事

食事で栄養バランスを取ることはとても大切です。

栄養素の中でも、ビタミンやミネラル、鉄分は肌に良いと言われており、不足すると肌荒れが起きやすくなります。

しっかりとバランスの良い食事を取ることで、肌に必要な栄養や潤いが保たれます。

●ビタミンA

皮膚の代謝に関わっています。

【ビタミンAを多く含む食品】
レバー、うなぎ、人参、ほうれん草、かぼちゃ、など

●ビタミンB1、B2

皮脂分泌の調整に関わっています。過剰な皮脂分泌を防ぐことで、にきびや吹き出物の予防にもなります。

【ビタミンB1を多く含む食品】
豚肉、ピーナッツ、たらこや、玄米、ごま、など

【ビタミンB2を多く含む食品】
レバー、納豆、卵、乳製品 など

●ビタミンC

肌にハリを与え、肌を健やかに保つ働きを期待できます。

【ビタミンCを多く含む食品】
ピーマン、ブロッコリー、パプリカ、モロヘイヤ、など

●カルシウム

カルシウムは、健康な骨や歯を作る働きがあります。

【カルシウムを多く含む食品】
牛乳、ヨーグルト、チーズ、わかめ、ヒジキ、煮干し、小魚、など

●鉄分

鉄分は体に必要な栄養素です。鉄分が不足すると、肌に酸素や栄養が届きにくくなるため、肌荒れの原因となることもあります。

【鉄分を多く含む食品】
レバー、赤身肉、カキ、煮干し、ヒジキ、青のり、ほうれん草、など

2-3.ストレスや生活習慣の乱れをやわらげる

ストレスが溜まったりや不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

ストレスを溜めにくくし、生活リズムを整えていくことで、ホルモンのバランスが整いやすくなり、肌の健康も保ちやすくなります。

・早寝早起きをする

早寝早起き

睡眠時間をきちんととることで、疲れた体が休まります。

生活のリズムを整えるには、まず早寝早起きを習慣にしていきましょう。

・ストレスを溜めこまない

ストレスためない

人間関係や仕事、学校、家族や恋人とのトラブル…ストレスの原因はさまざまです。

ストレスが溜まると疲れを感じやすくもなりますので、気持ちをうまくコントロールすることが大切です。

悩みごとなど、一人で考えすぎず、周りに相談できる人を見つけて、うまくストレスをコントロールしていきましょう。

・リフレッシュタイムを作る

風呂

温かいお風呂にゆっくりつかる、好きな音楽を聴く、趣味に没頭するなど、自分の好きなことや一番気持ちが落ち着くことをする時間作りましょう。

身体も心もリフレッシュすることが大切です。

・運動をする

適度な運動

汗を流すと、気持ちもからだもスッキリし、代謝も良くなります。

普段運動をしない人は、運動習慣を身に付けることが面倒に感じでストレスになるかもしれません。

まずはウォーキングやストレッチなど軽い運動から始めて、うまく習慣づけることが大切です。

3.顔の肌荒れを引き起こす5つの原因

顔の肌荒れを引き起こす原因は、主に5つ考えられます。

①肌に合わないスキンケア

肌に合わない化粧品を使用すると、肌への負担となり、本来あるはずの肌を守る機能が低下していきます。それにより肌に必要な水分と油分が不足し、紫外線や汚れ、乾燥などが負担となって肌が乾燥し、肌荒れの原因になります。

肌を守る機能を保つために、保湿成分が配合されている化粧品で保湿してあげましょう。

自分の肌に合ったスキンケア用品を使用することで、肌荒れは防げます。

②栄養の不足

ビタミン類は、肌の働きをサポートしてくれます。
ビタミン類が不足すると、肌のリズムが乱れ、古くなった角質や老廃物などが体外に排出されにくくなります。それにより、シミやくすみなどの肌荒れを起こしやすくなります。

また、ビタミン類は、ミネラルが不足すると体内に吸収されにくく、働きが発揮されにくくなります。ビタミンと一緒にミネラル不足にも気をつけて、バランスの良い食事をとる、サプリメントなどで補うなどを心がけましょう。

③生活習慣の乱れ

日常のストレスや疲労、不規則な生活による睡眠不足などの生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れることで、体や肌を守る働きが弱まって体調が悪くなったり肌荒れとなって顔に出たりすることがあるので、不規則な生活をしないようにしましょう。

④生理前・生理中

女性の場合、特に生理前は、ホルモンバランスの乱れにより肌荒れが起きやすくなります。
ある程度仕方のないことではありますが、この期間は特に、不規則な生活の影響を受けやすくなります。

●生理前の肌荒れについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

⑤妊娠中・産後

妊娠中(特に妊娠初期)と産後にも、肌荒れが起きやすくなります。

生理同様ホルモンバランスの乱れが大きいですが、妊娠中の場合、赤ちゃんに栄養を届けるため、自身の肌にまで十分な水分・栄養が行き届かなかったり、産後に関しては慣れない子育てによるストレスというのも原因です。

●妊娠中の肌荒れに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

●産後の肌荒れに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

4.まとめ

顔の肌荒れへのお手入れ方法は3つ!
スキンケアを見直す・バランスの良い食事を摂る・ストレスや生活習慣の乱れを和らげる、です。

これらを意識することで、肌の健康を保ちやすくなり、肌荒れを防ぐことに繋がります。
基本的なことではありますが、その基本を見直すことが健康肌への近道です!

この記事は2016年9月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

F_01

Pocket
LINEで送る