メニューを開く
2017年4月19日 更新

顔の皮脂が多い!皮脂の役割とは?原因と対策もご紹介

顔 皮脂

「顔の皮脂が気になる!なんで皮脂なんて出るんだろう?」とお悩みではありませんか?

顔の皮脂と言うと、化粧崩れや肌のテカりの原因になる、肌にとってマイナスなイメージを思い浮かべる方も少なくないですよね。

実際にこのような悩みをもつ方もいるので、仕方のないことでしょう。

しかし、顔の皮脂は、肌をすこやかに保つために欠かせない存在なのです。

そこで今回は、顔の皮脂の役割、皮脂量が増える原因、過剰な皮脂の対策についてご紹介します。



1.顔の皮脂がもつ役割

顔 皮脂

はじめに、顔の皮脂が持つ役割についてご紹介します。

顔の皮脂がもつ役割のひとつとして、肌の水分を保つ、ということがあります。

皮脂は、肌表面で水分の蒸散をおさえ、肌のうるおいを保つ働きをしていると言われているのです。

また、皮脂は外部からの肌への負担を防ぐ役割も担っているため、すこやかな肌のサポートには欠かせない存在だと言えるでしょう。

2.顔の皮脂量が増える原因

顔 皮脂

先ほどご紹介した通り、肌のうるおいを保つ働きをしている皮脂ですが、その皮脂も過剰に出てしまうと、肌悩みの原因になると言われています。

実際、顔の皮脂量が多いために、肌がテカテカしていることに悩んでいる方や、ニキビができやすくて悩んでいる方は少なくありません。

では、なぜ皮脂量は増えてしまうのでしょうか。

ここでは、その原因について、「スキンケア」と「生活習慣」の二つに分けてご紹介します。

《顔の皮脂量が増える原因・間違ったスキンケアによる肌の乾燥》
顔の皮脂量が増える原因として、間違ったスキンケアによって、肌が乾燥している、ということも考えられます。

肌は乾燥すると、それ以上乾燥しないようにと皮脂量を増やして肌を保護しようとする働きがあると言われているからです。

皮脂量が増えるのを助長してしまうとされている、肌の乾燥を招くスキンケアは、以下の通りです。

①過度な洗顔

顔の皮脂量が多くなる原因のひとつとして、過度な洗顔による肌の乾燥が考えられます。

皮脂が増えるのを恐れて、ゴシゴシと強く擦って洗顔をしたり、一日に何度も洗顔をしたりなど、過度な洗顔を繰り返していませんか?

そのような過度な洗顔によって肌は乾燥しやすくなり、かえって皮脂量が多くなってしまうと言われています。

②保湿のお手入れ不足

顔の皮脂量が増える原因のひとつとして、保湿のお手入れ不足による肌の乾燥が考えられます。

皮脂が過剰になるのを恐れて化粧水のみでスキンケアを行ったり、保湿成分が少なめの基礎化粧品でスキンケアを行ったりしていると、肌の状態によっては乾燥を招いてしまいます。

すると、乾燥を防ぐために、かえって皮脂量が増えてしまうと言われています。

《顔の皮脂量が増える原因・生活習慣が関係している場合》
顔の皮脂量が増える原因のひとつとして、生活習慣の乱れも考えられます。

食生活、睡眠不足、ストレスなどです。

肌の状態と生活習慣は、密接に関係していると言われています。

①食生活

まずは食生活についてです。

脂っぽい食事や辛い物、お菓子などばかりを毎日のように食べていると、皮脂量が増えると言われています。

②睡眠不足

皮脂量が増える原因として、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れも考えられます。

睡眠不足はホルモンバランスが崩れやすいだけでなく、肌のスムーズな代謝も妨げると言われています。その結果、肌悩みも引き起こしやすくなるとされているのです。

③ストレス

皮脂量が増える原因として、ストレスによるホルモンバランスの乱れも考えられます。

仕事の忙しさや、人間関係によって緊張状態が続き、ストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れやすいと言われています。

その結果、皮脂量が増えると考えられているのです。

3.顔の皮脂量が多い!対策方法

顔 皮脂

ここでは、顔の皮脂量が多い時の対策についてご紹介します。

ここでも、スキンケアと生活習慣に分けてお伝えするので、それぞれ取り入れてみてください。

《顔の皮脂対策・スキンケア編》

ここでは、スキンケアでの皮脂対策をご紹介します。

①丁寧な洗顔を行う

丁寧に洗顔を行うようにしましょう。以下のポイントを心掛けてみてください。

1・洗顔は朝と夜、1日2回

2・洗顔料は良く泡立てる

3・泡をクッションにして洗う

4・指の腹を使って、皮脂の多い部分から洗う(TゾーンやUゾーン)

5・ぬるま湯でしっかりすすぐ

6・清潔なタオルを顔にあてて水分を吸収する

強く擦らず、優しい力加減で洗顔を行いましょう。

②保湿のお手入れを行う

保湿のお手入れはしっかりと行いましょう。

化粧水の後は乳液を使用し、肌のうるおいを補い保つようにしてください。

化粧水だけでは水分が蒸散してしまい、かえって肌が乾燥し、皮脂量が増えることに繋がる可能性もあるからです。

どうしても乳液に抵抗がある方は、化粧水後は油分少なめの保湿ジェルから試してみましょう。

③あぶらとり紙を頻繁に使用しない

あぶらとり紙は頻繁に使用しないようにしましょう。

皮脂が気になる時には、ティッシュでおさえるようにすることをおすすめします。

あぶらとり紙を頻繁に使用すると皮脂をとりすぎてしまい、乾燥から皮脂量の増加に繋がりやすいと言われているためです。

《顔の皮脂対策・生活習慣編》

ここでは、生活習慣による皮脂対策をご紹介します。

①食生活を見直す

顔の皮脂が気になっている方は、食生活を見直してみることをおすすめします。

まずはバランスの良い食事をとることを心掛け、その上で肌に良いとされる食材を取り入れていくと良いでしょう。

また、脂っぽい食事は皮脂量が増える原因になると言われているので、できる限り控えるようにしましょう。

②睡眠をとる

顔の皮脂が気になっている方は、睡眠をとることも大切です。

睡眠時間が十分にとれない方は、質の良い睡眠がとれるようにしましょう。

例えば、就寝前に喉が乾いたら、ノンカフェインのドリンクをとることをおすすめします。

緑茶や紅茶などのカフェインを含むドリンクは、目がさえてしまうと言われているからです。

また、利尿作用のあるアルコールも控えるようにしてください。

③ストレスを緩和する

ストレスを緩和する、自分なりの方法を見つけましょう。

職場では好きな香りのハンドクリームを塗ってみたり、窓を開けて深呼吸したりするのも良いでしょう。

お風呂にゆっくりつかったり、休日は散歩をして太陽光を浴びたりするのも、気分が変わるかもしれません。

4.まとめ

今回は顔の皮脂についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

皮脂がなければ、肌をすこやかな状態に保つのは難しいのですね。

スキンケアだけでなく、生活習慣も整えることで、理想の肌を目指しましょう。

この記事は2017年2月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。