メニューを開く
2017年2月28日 更新

【顔の歪みチェック!】顔を歪ませるNG行動とは?

顔 歪み 対策 防ぐ 鏡を見たとき・写真を撮るとき、ふと「なんだか顔が歪んでる…?」「顔が左右非対称な気がする…」と思ったことはありませんか?!

左右対称の顔は、美人に見える条件の1つとも言われています。
できることるなら、顔の歪みのない美人顔になりたいですよね!!

そこで今回は、顔の歪みのチェック方法と、顔の歪みを招くNG行動についてご紹介します。


1.顔の歪みチェック

まずは自分の顔が歪んでいるのか、もし歪んでいるのなら、どの部分が歪んでいるのかをチェックしてみましょう。

まず、顔の正面からまっすぐ写真を撮ります。スマートフォンのカメラなどでOKです。

定規などのようにまっすぐで、ある程度長さがある物を用意してください。
顔 歪み チェック 対策 くせ マッサージ
以下の2点または3点をそれぞれ結ぶように、定規などを当ててみてください。

■左の眉尻~右の眉尻
■左の目尻~右の眉尻
■左の口角~右の口角
■左の頬骨の一番高い部分~右の頬骨の一番高い部分
■おでこの真ん中~鼻の頭~あごの先
(この3点を結んだ時に、左右の顔の幅が同じかどうかもチェック)
■上の前歯2本の中心~下の前歯2本の中心

結んだラインの高さ・位置が違っていて、斜めになっている場合は、顔に歪みが生じているかもしれません。

また、■おでこの真ん中~鼻の頭~あごの先を結んだ時に、顔の左右の幅が違うと、顔全体のバランスが歪んで見えてしまいます。これも併せて確認しましょう。

顔 歪み あごの歪み

1枚目の写真は、右側の方が眉・頬骨の位置が少し高くなっています。

2枚目の写真では、上の歯と下の歯の中心が合っていません。下側が少し右にずれています。

多くの方が、大なり小なり左右非対称になっている部分はあるかと思います。
自分の顔の歪みを確認したら、次に紹介するNG行動を見ていきましょう!

2.顔の歪みを引き起こすNG行動

生まれつきの骨格もありますが、顔の歪みは、日常でついやってしまう行動などの生活習慣が原因で生じることも多いといわれています。

以下は、顔の歪みを引き起こす原因となる行動とされています。
日常でついやってしまいがちなことばかりですが、まずは意識してこれらの習慣を控えるよう心がけましょう。
顔 歪み 原因 頬杖 対策 くせ マッサージ ■同じ方ばかりで頬杖をつく
■座ると足を組んでしまう・同じ方ばかり足を組む
■立っている時に左右のどちらかの足に重心をかけている
■猫背・姿勢が悪い
■食事の時に左右どちらか片方で噛む
■カバンをいつも同じ方に持つ
■寝る時に同じ方を下にして寝ている・うつぶせで寝ている

顔 歪み 原因 足組み 対策 くせ マッサージ顔 歪み 原因 寝る姿勢 対策 くせ マッサージ左右どちらかの顔・体ばかり使ったり、重心をかけていたりすると、左右のバランスが崩れて顔・体に歪みが生じやすくなると言われています。
体が歪むと、必然的に顔にも歪みが生じてしまうと考えられているのです。

食事の際は、左右どちらも使って噛むようにしたり、カバンは左右で持ち変えたり、リュックを使うのも良いでしょう。
顔 歪み 噛む 原因 対策 くせ マッサージまた立つ時・座る時も、足・お尻に左右均等に力がかかるように意識してください。

クセになっている方も多いNG行動ですが、顔の歪みを生じさせないために、日ごろから意識するようにしてみてください。

3.顔の歪みのその他の原因

頬 たるみ顔の歪みは日常のNG行動が引き起こしている可能性もありますが、身体全体の歪みや歯の噛みあわせのずれが原因になっている可能性もあります。

気になる方は一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

顔の歪みだけでなく身体の歪みも気になる方は整骨院や整体院で、歯の噛みあわせやあごの歪みが気になるという方は矯正歯科などで相談してみるのもよいでしょう。

※自由診療の場合、健康保険は適用されません

4.顔の歪み まとめ

顔 歪み 原因 対策顔の歪みは、毎日の習慣によって生じてしまうことがあります。

顔の歪みの原因となるNG行動は、普段しがちなことばかりでクセがついている方も多いと思います。
NG行動がクセになっている方は、まずその行動を控えるよう意識してみてくださいね。

この記事は2017年2月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る