メニューを開く
アスタリフト;

抜け毛予防におすすめのシャンプー3選。あわせてできる日常の予防法

抜け毛予防 シャンプー
「抜け毛予防をシャンプーでしたい!」、「抜け毛予防におすすめのシャンプーを知りたい!」と、シャンプーで抜け毛を対策したいとお考えではありませんか?

普段から使うシャンプーだからこそ、抜け毛の予防も意識してこだわりたいですよね。

そこで、今回は抜け毛予防におすすめのシャンプーや、抜け毛を防ぐために日常で気をつけたいポイントなどをご紹介します。



astalift
astalift

1.抜け毛予防のシャンプーの選び方

抜け毛予防用にシャンプーを選ぶのは案外簡単です。2つの点に注目してみてください。

①アミノ酸系の洗浄成分を使っている
②自分の性別と合っている

それぞれ、詳しくご紹介します。

①アミノ酸系の洗浄成分を使っている

抜け毛予防のためのシャンプーを選ぶ際は、頭皮を優しく洗い上げる、「アミノ酸系」のシャンプーを選ぶのがおすすめです。

アミノ酸系のシャンプーとは、シャンプーの主たる成分である、洗浄成分に、アミノ酸系の洗浄成分を使っているものになります。

アミノ酸系の洗浄成分は、必要な皮脂を落とし過ぎない優しさを持ちながら、洗い心地がすっきりしているのが特徴です。

〈アミノ酸系シャンプーの見分け方〉
商品の裏側にある成分表示の覧や、メーカーのホームページから、成分を確認してみてください。

アミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーは、成分表示の覧のはじめの方に、「ココアンホ●●」、「ラウロイル●●」、「ココイル●●」、「●●ベタイン」などの記載があるものと言われています。

購入前に、確認してみてください。
シャンプーボトル

②自分の性別と合っている

明確に男女別に分けている商品は少ないですし、女性向けのシャンプーを男性が使って大きな問題があるわけではありませんが、男性は男性向けのシャンプーを、女性は女性向けのシャンプーを使った方が良いと言われています。

それは、男性と女性で頭皮の油分の量や、シャンプーの目的が異なることがあるからです。

男性は皮脂の分泌量が女性よりも多いことから、男性向けのシャンプーは、皮脂を洗い流すことに特化し、さらにメントールなどのスッキリする成分が使われていることが多いです。

一方女性向けのシャンプーは、洗いあがりをしっとりさせる保湿成分や、傷んだ髪を補修する成分が配合されていることが多いのが特徴です。

お望みの頭皮や髪の仕上がりをイメージするために、商品の詳細ページやパッケージを確認し、男性専用または女性専用などの記載がないか見ることをおすすめします。

2.【男女別】抜け毛予防におすすめのシャンプー

抜け毛予防におすすめのシャンプーを、男女別に3つずつご紹介します。頭皮や髪をいたわるだけでなく、健康な髪が育ちやすい環境を保ってくれるシャンプーをご紹介します。

まずは、抜け毛予防におすすめのシャンプー男性編をご紹介します。

2-1.抜け毛予防におすすめのシャンプー(男性)

・INZEALシャンプー

INZEAL


販売元:株式会社オプティル
洗浄成分に、アミノ酸系の「ラウラミドDEA」、「ココイルグルタミン酸TEA」、「ラウロイルメチルアラニンNa」を配合しています。すっきりとした洗い心地ですが、頭皮の保湿成分が配合されています。

今ある髪や頭髪をすこやかに保つセンブリエキスと、キューティクルを補修する成分、ゼインを含んだシャンプーです。

・プレミアムブラックシャンプー

ブラックシャンプー


販売元:株式会社アールスタイル
2013年と2014年に、楽天オリジナルコスメ大賞、2015年に楽天コスメ大賞を受賞した、人気のシャンプーです。

アミノ酸系の洗浄成分、「コカミドプロピルベタイン」「ラウロイルアラニンNa 」「ココイルグルタミン酸TEA」などを使用し、頭皮をすっきりと洗い上げ、傷んだ髪を補修します。

頭皮や髪への栄養補給・保湿にこだわって開発されています。

藻1


販売元:株式会社オーセル
健やかな頭皮と美しく豊かな髪を育む、ヘアケアシリーズの澡です。

洗浄成分は、肌や環境への優しさを基本軸に、機能性・使用感・生分解性に着目してブレンドしています。

「ココイルグルタミン酸Na」「ラウロイルメチルアラニンNa」を洗浄成分に使い、頭皮に優しく、サラッとした洗いあがりです。

2-2.抜け毛予防におすすめのシャンプー(女性)

女性向けの抜け毛予防におすすめのシャンプーをご紹介します。

・リマーユヘアシャンプー
リマーユ


販売も元:リバテープ製薬株式会社
アミノ酸系の「コカミドプロピルベタイン」「ラウロイルメチルアラニンNa」を洗浄成分として使っています。

毛髪・頭皮の潤いを保つ馬油や、ハリ・ツヤのある髪の毛へ導く「水溶性コラーゲン」を配合しています。

天然成分の香りが、ほのかに香ります。洗いあがりはしっとりしています。

・100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

薄毛予防haru


販売元:株式会社nijito
「ココイルグルタミン酸TEA」、「コカミドDEA」、「ココイルメチルアラニンNa」を洗浄成分に使っています。

バツグンの泡立ちと、その使い心地から、女性から人気の高いシャンプーです。

nijitoの調査によると、使い始めた方の93%が実感しています。(2012年10月7日~10月18日。シャンプー購入者245名へのアンケート)

コンディショナーやリンスがいらないので、コストパフォーマンスも良さそうです。

・INZEALシャンプー

INZEAL


販売元:株式会社オプティル
公式ホームページを見ると、一見男性用の商品かと思いますが、女性にもおすすめのシャンプーです。

洗浄成分には、「ラウラミドDEA」、「ココイルグルタミン酸TEA」、「ラウロイルメチルアラニンNa」を配合しています。

良質なアミノ酸洗浄成分を使い、その他の成分も自然派成分にこだわっています。

髪にハリ・コシを与えて、しなやかにします。

3.正しいシャンプーの仕方

優しいシャンプーを使っても、シャンプーの方法が間違っていると、抜け毛につながることがあります。

正しいシャンプーの方法や、髪の乾かし方をご紹介しますので、普段のシャンプーが正しいか、確認の意味でご覧ください。

3-1.ぬるま湯で汚れを落とす

38度前後のぬるま湯を使い、頭皮や髪表面の汚れをながしましょう。

こうすることで、少ない量のシャンプーでも、比較的泡立ちがよくなります。

3-2.シャンプーをよく泡立てる

シャンプーの液を泡立てずに頭皮につけると、毛穴がつまる原因となることがあると言われています。

シャンプーは、手のひらでよく泡立ててから使いましょう。

3-3.爪を立てずに洗う

シャンプー 髪 洗い方

頭皮を洗う際は、爪を立てずに指の腹で洗いましょう。爪を立てると、頭皮を傷めることがあります。

3-4.よくすすぐ

シャンプーやコンディショナーは、すすぎ残しがないよう、よくすすぎましょう。すすぎ残しは、毛穴のつまりの原因になると言われています。

3-5.洗ったらすぐに乾かす

湿ったままの頭皮は、カビや菌が繁殖し、健やかな髪が生えにくくなることがあります。

自然乾燥や、生乾きを控え、髪を洗ったらすぐに乾かすのをおすすめします。

4.抜け毛を減らすための日常での5つのポイント

抜け毛を減らすためには、シャンプーを変えるのとあわせて、日常生活でも気をつけた方が良いと言われています。

普段から気をつけていただきたいポイントを5つご紹介します。

良質な睡眠を取る

睡眠中は、髪の成長にもかかわる成長ホルモンが分泌されています。特に、眠りが深くなっている時は、その分泌が盛んになると考えられています。

そのため、睡眠不足になると、ホルモン分泌の低下が髪の成長に影響をすることがあると言われています。

睡眠の質が高まるよう、眠る前はスマホやテレビなどの光を浴びるのを控えることを意識してください。

睡眠の質を高める方法は、こちらで詳しくご紹介しています。

バランスの整った食事をとる

体と同様、基本的に髪への栄養も食べ物から取り入れることになります。

油っこいものを多く摂取したり、栄養バランスが偏った食生活は、髪に必要な栄養分が不足してしまうことがあるので、バランス良く栄養を取るように気をつけてみましょう。

ストレスをためない

ストレスは、血管が収縮させやすく、健康な髪の成長を支える栄養が運ばれづらくなると言われています。

特に、継続的にストレス状態が続いた時に、髪が抜けやすくなることもあるようです。

軽く運動をしたり、好きな音楽を聴いたりして、少なくとも週に1度はリラックスできる時間を作るようにするのがおすすめです。

また、髪は1日に100本程度抜けると言われているので、抜け毛を気にしすぎて、それがストレスになることがないようにしましょう。

適度な運動を心がける

有酸素運動とは

適度に体を動かすことで、髪に栄養が届きやすくなると言われています。

運動不足を自覚されている方は、朝ラジオ体操をしたり、歩く時は大股で早歩きをしたりなどという所から、意識をしてみると良いでしょう。

適度な運動により、ストレス解消や、安眠にもつながることがあると言われています。

頭皮への刺激を防ぐ

シャンプーの洗浄成分や、紫外線やパーマ、カラーリング、髪を引っ張るヘアースタイル、乾燥などの刺激は、髪の成長にかかわるヘアサイクルや頭皮環境に影響を与えたりすることがあると言われています。

秋に抜け毛が増えることが多いのも、夏の間に紫外線をたくさん頭皮に浴びたことと、空気の乾燥が深く関係していると考えられています。

紫外線は帽子や日傘などで防ぎ、可能であればパーマやカラーは頻度を少なめにするのが良いでしょう。

また、女性の場合、髪を引っ張るヘアースタイルは、頭皮に負担をかけます。

時々分け目を変えたり、ポニーテールやお団子などの、髪を強く引っ張るヘアースタイルを控え、頭皮を休ませてあげると良いです。

5.気になる抜け毛は専門の医師に相談する

生活習慣やお手入れの方法を変えても抜け毛が減らないという方は、頭髪専門のクリニックに相談してみてください。

頭髪専門のクリニックでは、頭髪にかかわる治療を行ってきた医師がいます。

頭髪専門のクリニックの中には、初回の相談は無料のクリニックもあるので、気軽に相談してみても良いかもしれません。

【初回カウンセリング無料 おすすめの頭髪専門のクリニック】
■親和クリニック

すべての患者様へ「優しい医療」を提供するため、医師やスタッフ全員が全力でサポートしているようです。

初回のカウンセリングは無料です。

■東京ビューティークリニック
東京ビューティ


こちらは、女性の髪専門のクリニックです。

医師やスタッフが女性だと、初めてのクリニック利用でも、なんとなく気が楽ですよね。

東京ビューティークリニックと同じ治療を受けられる提携院が全国にあります。

 

6.まとめ

抜け毛予防におすすめのシャンプーと、普段からできる抜け毛予防などについてお話ししました。

抜け毛予防は、シャンプーでなく、日常の生活の見直しもすると良いでしょう。

抜け毛を気にすることによるストレスが、抜け毛を引き起こすことがあると言われるので、気になる方は、専門のクリニックに相談してみてください。

この記事は2016年2月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る