2017年4月27日 更新

発酵化粧水でうるうるうるおい肌を目指す!魅力をご紹介♡

発酵化粧水

「発酵化粧水って何?」「発酵化粧水って良いの?」と疑問に思っている人はいませんか?

発酵化粧水とはその名の通り、「発酵」された成分が配合された化粧水のことです。

ヨーグルトや納豆のように、発酵させることで素材の良さを引き出し、肌のお手入れに活用されているとされています。

今回は、発酵化粧水の魅力と、おすすめの発酵化粧水をご紹介します。



1.発酵化粧水について

顔 脱毛 自宅まず、発酵化粧水について知ることから始めましょう。

発酵化粧水とは、素材を発酵させることで得られる、発酵成分を配合した化粧水のこととされています。
発酵成分に使用される素材は、米(麹)、大豆、乳酸菌、紅花、果物など、メーカーによりさまざまなものがあるようです。

発酵化粧品を紹介するうえで、よく引き合いに出されるのが「日本酒造りの職人、杜氏の手」です。
杜氏には、きめの細かい美しい手をした人が多く、それは日本酒の製造過程で触れる発酵成分によるものだと、いわれています。
発酵により増えたアミノ酸やタンパク質、ビタミンなどの成分により、杜氏の手はきめ細かく、美しく保たれているといわれているのです。

そうした発酵成分に着目し、化粧品開発に活かされたのが、「発酵化粧水」です。
次の章では、おすすめの発酵化粧水をご紹介します。

2.肌らぶ編集部おすすめ!発酵化粧水の参考商品

ボディローション次に、肌らぶ編集部が選んだ、おすすめの発酵化粧水の参考商品をご紹介します。

オススメの基準は保湿成分が配合されていること。是非、参考にしてみてください。

ライスフォース ディープモイスチュアローション(医薬部外品)
ライスフォース
ディープモイスチュアシリーズは、潤いに着目した薬用保湿化粧水です。

ライスパワー独自の発酵技術でつくられた保湿成分「ライスパワーNO11エキス」が配合されています。

角質層までじっくり浸透し、肌に潤いとハリを与えます。

乾燥が気になる方のお手入れにおすすめです。

ライスフォース公式HPはこちら

3.発酵化粧水の魅力を引き出すポイント

顔 脱毛 自宅発酵化粧水の魅力を引き出すために、覚えておきたい使い方のポイントをご紹介します。

① しっかりとハンドプレスする

肌荒れ 化粧水化粧水を肌にまんべんなくつけた後、肌表面に残っている化粧水を押し込むように、手のひら全体でハンドプレスをしましょう。

ハンドプレスで化粧水をしっかり肌に馴染ませることで、後にのせる乳液やクリームがムラになりにくく、肌に伸ばしやすくなります。

力を込めて押しつけるのではなく、やさしく包み込むようにじっくりと。
3秒ほど触れたら一度離して、少しずらしてまた触れる、という動きを繰り返し行います。
ハンドプレスを丁寧にすることで、肌のうるおいは格別に変わります。
化粧水をつけたあとは、手のひらで包み込むようにやさしくハンドプレスをして、肌に化粧水を入れ込むことをおすすめします。

② 使用量・使用方法を守る

拭き取り化粧水化粧水を使用するときは、説明書をよく読み、使用量や使用方法を守りましょう。
化粧水は、その商品の魅力をより実感するために、それぞれ異なる使用量が決められています。

使用量の目安は、化粧水が顔全体に馴染み、うるおいを与えるための量なので、目安量通り、もしくはやや多めに使うことがおすすめです。

また、化粧水は手でつける方法とコットンでつける方法があり、メーカーによりつけ方が推奨されている場合もあります。

メーカーの推奨するつけ方は、その化粧水の良さを実感するためのものなので、できるだけその使用方法に従うことがおすすめです。

一般的には、化粧水を手でつけると肌への刺激が少なく、コットンでつけると肌表面を整えながらムラなくつけやすいといわれています。

4.まとめ

発酵化粧水についての基本と、おすすめの発酵化粧水をご紹介しましたが、いかがでしたか?
発酵化粧水は、素材を発酵させることで得られる成分がたっぷりと配合された化粧水です。
時間をかけて丁寧に、肌に馴染ませることで、発酵成分の良さをじっくりと実感することができます。

是非あなたも、発酵化粧水の魅力を実感してみてください。

※この記事は2017年4月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。