メニューを開く
2017年4月14日 更新

50代の方に選んでほしい!化粧水選びのポイント&使い方

50代 化粧水1
50代になってから一気に肌のお悩みが増えたという声をよく耳にします。
肌悩みは様々あるかと思いますが、今までと同じ化粧水でいいのかな?と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

いつまでも綺麗でいることは、全女性の憧れですよね。

今回は50代の女性にお伝えしたい、おすすめ化粧水選びポイント、スキンケアやメイクのコツまでご紹介します。



1.50代の今、化粧水を選ぶポイント


50代の方は化粧水による「保湿」がとても重要です。

肌の水分量は年を重ねるにつれて減少し続けるため、乾燥を生じやすくなります。
特に50代は、肌の水分量と油分量の少なさを実感しやすくなり、肌が乾燥することで敏感になりやすくなる方も多いようです。

理想の肌状態を保つためにも、肌にうるおいを補う保湿成分を積極的に取り入れることをおすすめします。

≪保湿成分の一例≫
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・グリセリン
・アミノ酸
・NMF
・リン脂質
・メーカー独自の保湿成分 等

2.50代女性に!おすすめ化粧水参考商品

目尻 しわここで肌らぶ編集部が50代女性におすすめしたい化粧水の参考商品をご紹介します。
今回は、保湿成分が配合されたものを選んでいます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

● B.Aローション ハーフサイズ【化粧水】

ro-shonn【価格】11,000円(税抜)
【容量】60ml(約50日分)

特徴:試しやすいよう、オリジナルサイズの半分量で販売されている美容化粧水です。
保湿成分「ゴールデンLP」「BAコアリキッド」等を配合。
肌にハリとうるおいを与えます。肌なじみの良さがクセになります。

公式HP

POLA RED B.A ローション

ポーラレッドBAローション
【価格】10,000円(税抜)
【容量】120ml(約100日分)

特徴:うるおいをぎゅっと閉じ込めたような、濃密なとろみのあるテクスチャーが印象的な化粧水です。
まろやかにのびて、角層のすみずみまで丁寧に染み渡るようになじみ、ふっくらとしたハリを与えます。
フルーティフローラル調の優美な香りで、毎日のお手入れが楽しみになりそうですね。

公式HP

3.化粧水と合わせて意識したい!50代のお手入れポイント

エイジングケア肌に合う化粧水に出会ったら、その魅力を存分に実感するために、それ以外のお手入れもしっかり行いましょう。
50代の肌をお手入れする際に意識していただきたいポイントをお伝えします。

①乳液・クリームも合わせて使う

50代 化粧水
50代の方は、化粧水とともに乳液やクリームも合わせて使いましょう。

お手入れは化粧水のみで行っている、という方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、化粧水を含む基礎化粧品にはそれぞれが肌にとって重要な役割を持っています。

乳液やクリームの役割は、それに含まれる油分によって、化粧水が与えた水分を保ち肌を保護することです。
化粧水の魅力を実感するためにも、乳液またはクリームも合わせて使用しましょう。

お手入れの順番・それぞれの役割は、以下も参考にしてみてください。
基礎化粧品順番
●クレンジング:メイクを落とす

●洗顔:肌の汚れ・洗い残したクレンジングを落とす

●化粧水:洗顔で奪われた水分を補給して肌を整える

●美容液:肌を整える

●乳液/クリーム:油分を補う

(※美容液は製品によって化粧水の前に使用するタイプもありますので使用前に確認して下さい)

クレンジングと洗顔でしっかり汚れを落とし、化粧水で水分補給し、肌悩みに合わせて美容液で肌を整え、最後は乳液やクリームでふたをするという流れになります。

②スキンケアは「丁寧に」

shutterstock_257035399
自宅でのスキンケアは、肌に負担をかけないよう、「丁寧に」行うことを心がけましょう。

洗顔の際にゴシゴシ洗ったり、タオルで強く拭いたり、化粧水を強い力で何回もパッティングしたりすることは、肌にとって負担となることもあります。
洗顔フォームや石鹸は、じゅうぶんに泡立てて使用します。
すすぎ残しがないようにした後は、タオルでこすらず、水分を吸収させるようにしましょう。

また、化粧水を使用する際は、最後にハンドプレスすることをおすすめします。
角層まで届くように意識しながら、手でやさしく肌を押さえるように保湿しましょう。

③一年を通して紫外線対策を行う

唇 日焼け①
紫外線は、あらゆる肌悩みを引き起こす原因の一つです。
50代の若々しい肌をキープするためにも、紫外線対策は一年中行いましょう。

紫外線は季節や天気に関係なく、太陽が沈むまでの間はずっと降り注いでいます。
夏や晴れの日だけではなく、毎日日焼け止めをしっかりと塗り、こまめに塗りなおすよう心がけましょう。
日傘や帽子、ストールなどを活用するのもいいですね。

4.いつまでも美しく!50代メイクのポイント

50代らしい大人の美しさを引き出すためにおすすめしたい、メイクのポイントをお伝えします。

①チークは自然な肌なじみの良いピンク・コーラル系がおすすめ

コスメ_チーク
50代の方がチークを選ぶ際は、自然な血色感の出せるピンク系やコーラル系がおすすめです。
また、繊細なパールが配合されたものは、パールのつやがハリのある頬に見せてくれます。

チークは濃くついてしまうと不自然に見えるので、塗る前にティッシュや手の甲で余分な粉を落としましょう。
30代 40代 チーク
にこっとほほえんだときに頬がいちばん高くなる位置を起点に、周りをふんわりぼかすと自然な血色感のある肌に見せることができます。
このときブラシを軽く撫でるように動かすと少しずつ色がつき、色味の調整がしやすくなります。

②リップは自然な血色感のあるレッド・ローズ系がおすすめ

花
50代の方におすすめなのは、明るめで自然に血色感を出せるレッド系やローズ系のリップカラーです。
チークと似た系統の色を選ぶことで、より自然な統一感が出ます。

また保湿成分が配合されている口紅は、乾燥から唇を守ることもできるのでおすすめです。
顔 たるみ リップメイク
若々しい印象にするため、リップライナーを使用して唇の輪郭をとってから口紅を塗りましょぅ。
このとき口角を上げるようにリップラインを描くことで、よりイキイキした表情を演出することができます。

5.まとめ

オーガニック 化粧水
50代の肌には、何よりも「保湿」が大切です。
化粧水はその保湿の中でも基本といえるでしょう。
自分に合った化粧水を探すために、今回ご紹介したものもぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

化粧水でのお手入れを継続し、年齢を重ねるごとに魅力的になる、そんな女性を目指しましょう!

※この記事は2017年4月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。