メニューを開く

泡洗顔は美への第1歩!泡洗顔のポイントとおすすめ泡洗顔料3選

泡洗顔
「泡洗顔ってした方がいいという意見と、しない方がいいという意見があるけど、結局どっちなの??」

そんな疑問をお持ちではないですか?

最近では、洗顔の方法1つをとってもいろいろな意見があって、なにを参考にすればいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、そんな疑問にお答えすべく、肌らぶ編集部が考える「泡洗顔の必要性」やおすすめの泡洗顔料をご紹介いたします!


1.泡洗顔は必要??泡洗顔の役割とは

洗顔料をしっかりと泡立てて、顔を洗う「泡洗顔」。

いろいろな考え方があるかと思いますが、肌らぶ編集部では、基本的に「泡洗顔は必要」だと考えています。

1日中外気にさらされている肌には、排気ガスやほこりなどの空気中の汚れと、皮脂や古い角質などが混ざり合い、どうしても汚れてしまいます。

汚れた状態で放置しておくと、雑菌が繁殖したり皮脂が酸化し、肌荒れを引き起こしやすくなるため、きちんと汚れを洗い流す必要があるのです。

しかし、水やお湯のみでの洗顔では、肌に付着した汚れをきちんと落とすことは難しいといわれています。

そのため、キメ細かく弾力のある泡洗顔で不要な肌の汚れを洗い流し、肌をすこやかに保つことが大切と考えています。

また、寝ている間に肌から分泌された皮脂にも、ほこりなどの外部の汚れが付着するため、肌らぶ編集部では、朝もきちんと泡洗顔をすることをおすすめしています。

2.泡洗顔料を選ぶ際の2つのポイント

ピーリング 洗顔

では、どのような洗顔料で泡洗顔をすれば良いのでしょうか?

ここでは、泡洗顔料を選ぶ際の2つのポイントをご紹介します。

①キメ細かく弾力のある泡のものを選ぶ

泡洗顔料を選ぶ際には、キメ細かく弾力のある泡のものを選びましょう。

キメ細かく弾力のある泡は、肌のキメの汚れを吸着して落とすと考えられています。

また、もちもちと弾力のある泡がクッションとなり、洗顔の摩擦をやわらげることができます。

②押すだけで泡が作れるポンプタイプのものを選ぶ

泡洗顔には、押すだけできめ細かく弾力のある泡が作れる「ポンプタイプのもの」がおすすめです。

自分で泡を立てると上手く泡立たなかったり、泡立てが面倒になって、少ない泡で洗顔してしまった経験はありませんか?

ポンプタイプの泡洗顔料なら、ポンプを押すだけで簡単に理想的な泡が作れるので、しっかりと肌の汚れを落とすことができますし、泡洗顔に必要な泡の目安を覚えることもできます。

なにかと忙しい朝や、洗顔をするのが億劫なときにも便利に使えるので、時短ケアを求める方や面倒くさがり屋さんにもおすすめです。

3.ポンプを押すだけ!【肌らぶセレクト】おすすめの泡洗顔料3選!

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい、肌にうるおいを与える泡洗顔料3選をご紹介します。

今回は、前章でお伝えした「きめ細かく弾力のある泡が押すだけで作れるポンプタイプの泡洗顔料」を選びました。

ぜひ、泡洗顔料を選ぶ際には参考にしてみてくださいね!

■ジュランツ フェイシャルフォーム

ジュランツ フェイシャルフォーム
販売会社:株式会社Dr.高須英津子コスメ
容量:140ml
価格:4,000円+税

濃密な泡で毛穴の汚れや皮脂などを洗い流し、肌にうるおいをあたえる泡洗顔料です。

保湿成分である「セラミド」「EGF」「FGF」「IGF」などを配合。

使うたびに、素肌がリフレッシュされるようなさっぱりとした使い心地です。

■メルヴィータ フラワーブーケ ホイップフォーミング フェースウォッシュ

メルヴィータフラワーブーケホイップフォーミングフェースウォッシュ
販売会社:メルヴィータジャポン株式会社
容量:155ml
価格:2,600円+税

保湿成分である「ナルシッソス」などを配合した泡洗顔料です。

ふわふわの泡は、すっきりとした洗い心地。
オーガニック認証機関である「エコサート」「コスメビオ」の厳しい基準をクリアしたオーガニックコスメです。

■プロメディアル ウォッシングフォーム

プロメディアル ウォッシングフォーム
販売会社:ロート製薬株式会社
容量:100ml
価格:2,500円+税

キメ細かく弾力のある泡で、肌をやわらかく包み込む泡洗顔料です。

保湿成分として「低分子コラーゲン」「グルコオリゴ糖」を配合。
肌の汚れを落とし、すこやかに保ちます。

4.泡洗顔で大切な3つのポイント

ここでは、泡洗顔で大切な3つのポイントをご紹介します。

どんなによい泡洗顔料を使用しても、きちんと使用しなければ思ったような結果を得られないばかりか、逆に肌の負担になってしまうこともあります。

今一度、泡洗顔のポイントを見直してみましょう!

①肌の上で泡を転がすように洗う

手に泡をとり、顔全体にまんべんなく広げたら、ゴシゴシとこすらず肌の上で泡を転がすようにやさしく洗いましょう。
洗顔 頬
力を入れすぎてしまうと、せっかくのきめ細かい泡がつぶれてしまったり、手の摩擦で肌に負担がかかってキメが乱れてしまうことがあります。

肌に手が直接触れないくらいのイメージで洗うと、力が入りづらくやさしく洗うことができますよ!

②皮脂の多い中心部分から洗う

洗顔は、皮脂の多いTゾーン・あごなどの中心部分から洗い始めるようにしましょう。
洗顔
顔の中心部分は皮脂の量が多く、顔の中で最も汚れやすい部分です。

まずはTゾーンなどの汚れを落とし、頬・目元といった乾燥しやすい部分を洗うようにすると、肌に必要なうるおいを残し、余分な皮脂や汚れをすっきりと洗い流すことができます。

③ぬるま湯でしっかりと洗い流す

洗顔料はぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。
洗顔 洗い流す
洗顔料が肌に残ってしまうと、肌荒れを引き起こすことがあります。

特に、フェイスラインや髪の生え際には、泡が残りやすいです。
鏡を見てチェックしながら、意識して洗い流しましょう。

また、洗い流すときは、30~34℃のぬるま湯を使うのがおすすめです。
肌表面の温度は32~34℃。皮脂が溶け出す温度は、およそ30℃といわれています。

つまり、肌に必要なうるおいは残しながら、しっかりと皮脂を洗い流すためには、肌表面の温度に近く、皮脂はきちんと洗い流せる30~34℃を目安にすると良いのです。

5.まとめ

今回は、肌らぶ編集部が考える「泡洗顔の必要性」とおすすめの泡洗顔料をご紹介しましたがいかがでしたか?

きちんと汚れを落とした肌だからこそ、その後に使うスキンケアアイテムを、角層にまでしっかりと浸透させることができるのです。

泡洗顔は、美への近道といっても過言ではありません!

365日、すこやかな肌ですごすためにも、ぜひ今日から泡洗顔を行ってみてくださいね。

※この記事は2016年5月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る