メニューを開く
2017年5月17日 更新

おでこニキビを防ぎたい!原因と防ぐためのお手入れ方法とは?

おでこニキビ

「おでこにできる小さいニキビや大きいニキビ。一体どうしたら良いの?」とお困りではありませんか?

おでこは比較的ニキビができやすい場所ともいわれていますすが、ちょっとした心がけやお手入れで、ニキビを防ぐことができます。

そこで今回は、おでこニキビの原因と肌らぶ編集部おすすめのお手入れ方法や、ニキビを防ぐ防策についてご紹介します。




1.おでこにニキビができてしまう主な3つの原因

odeko

1-1.過剰な皮脂

おでこを含むTゾーンと呼ばれる部分は、もともと皮脂腺が多くあります。一般的に、皮脂が溜まりやすい部分です。

特に10代は皮脂腺が活発なので、過剰な皮脂によって毛穴が詰まりやすく、ニキビが発生しやすいのですが、20代以降の方でも混合肌の方や脂性肌の方などは、比較的、皮脂の分泌量が多いため、過剰な皮脂によっておでこにニキビが発生しやすくなります。

1-2.外部からの摩擦や負担

外部(髪の毛・ワックス等)からの摩擦や負担なども、おでこニキビを誘発させる原因のひとつと言われています。

何故なら、髪の毛は常に空気に触れているため、多くの雑菌や汚れが付着しやすいからです。

また、髪の毛に使用するワックス等の整髪料も、肌に直接触れる事でニキビを引き起こしやすくするとされています。

1-3.すすぎ残し

クレンジング料や洗顔料等のすすぎ残しも、ニキビを誘発させる原因のひとつと考えられています。

特におでこや髪の生え際はクレンジングや洗顔料のすすぎが甘かったり、しっかりと洗い流されず残っていると、ニキビの原因になってしまうこともあるのです。

また、洗顔の後にシャンプーやトリートメントを行うときなども、気づかぬうちに顔にシャンプーやトリートメントが付着することがあります。

そのようなことも、ニキビを誘発させてしまう原因の1つとなってしまうことがあると言われています。

2.ニキビを防ぐためのお手入れ方法

美白化粧水

ニキビを防ぐ方法の1つとして「ニキビを防ぐ成分」を配合した薬用化粧品でのお手入れが挙げられるでしょう。

化粧品の中でも【医薬部外品】に分類される薬用化粧品には、ニキビや肌荒れを防いで肌をすこやかに保つ役割を持つものがあります。

おでこは顔の中でも過剰に皮脂が出やすい部分です。

「ニキビを防ぐ成分」を配合した薬用化粧品を使って、肌に水分を与えるお手入れをしっかりと行っていきましょう。

■肌らぶ編集部おすすめ化粧品3選
ニキビを防ぎ、肌をすこやかに保つ化粧水を3つご紹介します。

オルビス クリアミニセット※すべて医薬部外品 

オルビスクリア

トライアルセット:「洗顔料・化粧水・保湿液」
価格:1,200円(税抜)「送料無料」(30日以内は返品・交換可)

保湿成分:コラーゲン、ヨクイニンエキス等

【肌らぶ編集部コメント】
オルビスクリアは、大人になってからも気になりがちなニキビを防ぐお手入れの出来る薬用化粧品です。洗顔は余分な皮脂を洗い落とし、化粧水・保湿液で角質層までうるおいを届けてくれます。さっぱりしたいけれど、肌にうるおいも欲しい!という方にぴったりのアイテムです。トライアルセットは、3週間じっくり試すことができます。

公式HPはこちら(オレンジ)
ノブ ACトライアルセット※すべて医薬部外品

ノブ クレンジングジェルAC

トライアルセット:「クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液」
価格: 1500円(税抜)「送料無料」

保湿成分:セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア等

【肌らぶ編集部コメント】
ACアクティブは敏感肌・乾燥肌の方に向けて作られた薬用化粧品です。
おでこ以外にもニキビができやすい、ニキビもできるが、乾燥も気になるという方にもおすすめ。
肌にうるおいを与えつつニキビを防ぐお手入れをしたい方は、約7日間使えるトライアルセットから試してみるとよいでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)

アクポレス※すべて医薬部外品

アクポレスシリーズ

トライアルセット:「アクネソープ・クリアローション・モイストバランスミルク・アクネスポッツクリア・ディープモイスチュアローション」
価格:1,400円(税抜) 【送料無料】

保湿成分:ライスパワーNo.11エキス・ライスパワーNO.1エキス

【肌らぶ編集部コメント】
保湿化粧品「ライスフォース」の、ニキビを防ぐシリーズの薬用化粧品です。
無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用。
洗顔料は不要なものをすっきりと洗い上げ、肌の水分と油分を補い保ちます。
さっぱりしているけれど、べたつかない使い心地も魅力的です。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.おでこニキビを日常生活の中で防ぐポイント

洗顔  女性

3-1.順番を意識して洗顔を行う

おでこのニキビを日常生活で防ぐには、順番を意識して洗顔を行うことが重要です。

何故なら、おでこや髪の生え際は皮脂や汚れも溜まりやすく、洗顔料やシャンプーなどもすすぎ残しやすい部分だからです。

洗顔の順番は、基本的に①クレンジング⇒②シャンプー⇒③コンディショナー(トリートメント)④ボディ&洗顔の順で行いましょう。

洗顔料やシャンプー等の洗い残しは、ニキビを誘発する原因のひとつです。

おでこについてしまったシャンプー等をきれいに洗い流すためにも、入浴時の洗顔は最後にしましょう。

3-2.すこやかな生活習慣を心がける

ニキビを防ぐためには、すこやかな生活習慣を心がけることも大切です。

できるところから意識をして取り入れていきましょう。

■6時間以上の睡眠をとる

特に睡眠は不足してしまうと、肌リズムが乱れがちになります。

すこやかな肌をキープし、ニキビを防ぐためにも、毎日6〜8時間くらいの睡眠を心がけましょう。

■バランスの良い食事を心がける

すこやかな肌をキープするためには、バランスのよい食事を心がけることも大切です。

なるべく決まった時間に1日3食バランスよく食べることや、適当な量や栄養を摂ることは健康な身体のベースになり、すこやかな肌を維持するためにつながります。

■ストレスを発散する

ストレスは心身ともに負担になるため、すこやかな肌のためにも、できるだけ溜めないように発散しましょう。

適度な運動やストレッチ、寝る前に音楽やアロマを楽しむなど、1日のうち少しでも自分の好きなことをする時間をつくるといいですね。

3-3.おでこを頻繁に触らない

前髪がある方はおでこに触れる機会も多いと思いますが、手には沢山の雑菌がついていると言われています。

おでこのニキビを誘発させないためにも日常生活の中では、必要以上に触らないよう心がけましょう。

4.まとめ

おでこに発生しやすいニキビは、さまざまな方法で防ぐことができます。

ニキビができる前に未然に防ぐように気をつけて、すこやかな素肌をキープしましょう!

※この記事は2017年5月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。