メニューを開く
アスタリフト;

太らないお酒の飲み方って?ダイエット中でもお酒を飲む方法♡

太らない お酒

「ダイエット中でもお酒は我慢したくない!」「ダイエット中なのに、飲み会の予定が続いちゃってる…」なんて、お悩みではありませんか?

気の置けない仲間とお酒を飲むのは楽しいですよね。楽しくおしゃべりしながら盛り上がっていると、ついついお酒も進んでしまいます。

しかし、あまり飲み過ぎる日が続くと、体重の増加も気になりますよね…。

そこで今回は、太らないためのお酒の飲み方のポイントを徹底解説します!
「太りたくない!」「でもお酒は飲みたい!」というお酒大好きな飲み女の皆様必見の内容なので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.お酒を飲むと太る理由

太らない お酒

よく、お酒のカロリーでは太らないという話を耳にしますが、実はこれは正確ではありません。

お酒で摂取したアルコールのカロリーは体内に蓄積されない“エンプティ―カロリー”であるため、一見、いくらお酒を飲んでも太らないように感じてしまいます。

しかし実際には、アルコールのカロリーが優先して消費され、それ以外のカロリーの消費が後回しにされるだけなのです。

アルコールのカロリーが消費されている間はアルコール以外のカロリーが消費されないので、結果的に、余ったカロリーが脂肪として蓄積され、太ってしまうのです。

また、お酒のなかには、糖質が多く含まれているものもあります。糖質を過剰に摂取すると、血糖値が上昇し、体脂肪の分解を妨げるといわれています。

2.太らないためのお酒の飲み方5つのポイント!

それでは、太らないためにはまったくお酒を飲んではいけないかというと、そんなことはありません。

いくつかのポイントに気をつければ、ダイエット中でもお酒を楽しむことができるのです。

ここでは、太らないためのお酒の飲み方のポイントを5つ、ご紹介します!

①飲み過ぎない

太らない お酒の飲み方

まず大前提として、お酒を飲み過ぎないように気をつけることが重要です。

お酒を飲み過ぎれば、その分だけ摂取カロリーは増えます。

また、お酒を飲むと判断力や抑制力が鈍くなりやすいため、食べ過ぎにもつながってしまいます。

自分の適量を見極め、節度ある飲み方を心がけましょう。

②醸造酒よりも蒸留酒を飲む

太らない お酒 蒸留酒

お酒には、大きく分けて醸造酒蒸留酒の2種類があります。お酒を飲むときは、醸造酒よりも蒸留酒を選んだ方が太りにくいといわれています。

醸造酒は材料を発酵させて作ったお酒のことで、ビールワイン日本酒などがこれにあたります。醸造酒には、アルコールのカロリーだけでなく原材料のカロリーが含まれるうえに、糖質も多いため太りやすいのです。

一方、蒸留酒は醸造酒を蒸留し、アルコールを抽出したお酒のことです。焼酎ウイスキーブランデーなどがこれにあたります。蒸留酒には糖質がほとんど含まれず、純粋なアルコールのカロリーのため、太りにくいのです。

ただし、醸造酒よりも蒸留酒の方がアルコール自体のカロリーは高いため、やはり飲み過ぎは禁物だといえるでしょう。

③水や炭酸で割って飲む

太らない お酒 ハイボール

お酒を水やお湯、炭酸などで割って飲むと、アルコールが薄まるため、太りにくくなると考えられます。

ウイスキーを炭酸で割ったハイボールや、焼酎の水割り・お湯割りなどがおすすめです。

お茶で焼酎を割ったお茶ハイもよいですね。お茶ハイは割るお茶を変えることによって、緑茶ハイ・ウーロンハイ・ジャスミンハイなど、バリエーションを楽しむこともできます。

ただし、甘いジュースや糖分が含まれる炭酸などで割ってしまうと逆効果になってしまいます。注意するようにしましょう。

④水も一緒に飲む

太らない お酒の飲み方

お酒を飲むときは、チェイサーとして水も一緒に飲むようにしましょう。

水と一緒にお酒を飲むことで、アルコールが薄まり、アルコールの代謝が促されて体にアルコールが残りにくくなるのです。

ポイントは、お酒を飲んだ量と同じ量の水を飲むこと。それも、一気にごくごくと飲むのではなく、お酒を一口飲んだら水を一口、のペースで飲むようにしましょう。

水で口をすっきりさせながらお酒を飲むことで、普段よりもお酒の味をゆっくりと楽しむことができそうですね。

⑤おつまみを食べ過ぎない

太らない お酒のつまみ

お酒を飲むときは、おつまみを食べ過ぎないように気をつけましょう。おつまみを食べ過ぎてしまうと、当然ながらカロリー過多で太る原因となってしまいます。

また、食べるおつまみの種類にも注意が必要です。

揚げ物や味の濃いおつまみなどは、それ自体も高カロリーなうえにお酒が進んでしまうため、相乗効果で食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうのです。

また、飲んだあとのシメのラーメンやお茶漬けはとても魅力的ですが、ダイエット中は避けた方がよいでしょう。

おすすめしたいおつまみの食べ方は、野菜+タンパク質です。

野菜に含まれるビタミンやミネラルは、アルコールが代謝されるときに必要になります。また、タンパク質は肝臓の働きを助け、お酒の分解をサポートするといわれています。

【太らないためのおすすめおつまみ】
・枝豆
おつまみの大定番!タンパク質が豊富です。

・野菜スティック
野菜をたっぷり摂れて、歯ごたえがあり満腹感につながります。ただし、ディップソースは高カロリーなものが多いので要注意!

・冷奴
豆腐は低カロリーながらもタンパク質が豊富です。冬は湯豆腐や温奴もおすすめ♪

・キムチ
野菜をおいしくたっぷり摂れるキムチは、食物繊維も豊富です。キムチの辛さのもとであるカプサイシンは、代謝アップにもつながるのでダイエットにもぴったり!

・生ハム
低カロリー・高タンパクな生ハムは、ダイエット中のおつまみにもってこいです。程よい塩加減でお酒が進みますね♪

3.これなら太らない!?ダイエット中でもOKなカクテル5選♡

女性のなかには、「ウイスキーや焼酎の方が太りにくいのは知ってるけど、やっぱり甘いカクテルが飲みたい…」という方も多いですよね。

甘いカクテルは確かにカロリーが高く、太りやすいものが多いです。しかし、なかにはカロリーが低く、太りにくいカクテルもあります。

ここでは、カクテル好き女子にぜひ試していただきたい、太りにくいカクテルを5つご紹介します♡

①レッドアイ

太らない お酒の飲み方
目安カロリー: 約55kcal

レッドアイは、ビールにトマトジュースを加えたカクテルです。

トマトジュースの赤色が、見た目にも鮮やかですね。トマトジュースの酸味がきいていて飲みやすく、ビールの苦みが苦手な方にもおすすめです。

②スプリッツァー

太らない お酒 ワイン
目安カロリー: 約50kcal

スプリッツァーは、白ワインを炭酸水で割ったカクテルです。

氷やレモン果汁を加えることもあり、涼しげな見た目と同様、さわやかな飲み口が特徴です。

③シーブリーズ

太らない お酒の飲み方
目安カロリー:約95kcal

シーブリーズは、ウォッカとグレープフルーツジュースとクランベリージュースをシェイクしたカクテルです。

その名の通り海からの潮風を感じさせるようなすっきりとした甘みのあるカクテルで、ピンク色の見た目がとってもキュート♡

ただし、ジュースを2種類使っているので、飲み過ぎには注意しましょう。

④キール

太らない お酒 ワイン
目安カロリー:約70kcal

キールは、白ワインにカシスリキュールをあわせたカクテルです。

ワイングラスに注がれたやさしい色合いのピンクは、乙女心をくすぐりますね。白ワインのさわやかな風味とカシスの甘酸っぱさが魅力です。

カシスリキュールは糖分が多めなので、白ワインは辛口のものを選ぶとよいでしょう。

⑤モヒート

太らない お酒の飲み方
目安カロリー:約120kcal

モヒートは、砂糖とライムとミントをあわせて、ラムとソーダを注いだカクテルです。

鮮烈なミントの香りが広がり、キリッとした味わいが楽しめます。分量の配分によってもカロリーは変わるので、太らないように気をつけたい方は、砂糖を少なめにするとよいでしょう。

ほかのカクテルと比べるとカロリー自体はやや高めですが、ソーダで割っているため分量が増し、満足感が味わえます。

4.最後に

太らないお酒の飲み方と種類をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ちょっとしたことを気をつければ、ダイエット中でも太らないようにお酒を飲むことができますね。

ぜひ今回の記事を参考に、ハッピーで太らないお酒ライフを楽しんでみてください♡

この記事は2016年12月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る