メニューを開く

玄米の効果、どこまで知ってる?玄米は現代女性の味方!


Pocket
LINEで送る

玄米 効果
玄米食の効果、どこまで知っていますか?なんとなく身体にいいことは知っていても、具体的にどんな効果が期待できるのかは知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、玄米食の効果についてご紹介します。

玄米食は、ダイエットやアンチエイジング、デトックスなどの効果も期待できると言われています。またホルモンバランスを整える効果のある栄養素も含まれているそうです。白米になく、玄米にはある「ぬか」と「胚芽」がその効果の多くの秘密を握っているようです。

ストレスにさらされる現代女性の味方と言ってもよい玄米食。おすすめです。よかったらこれを機会に、ふだんの食生活に取り入れてみてください。



1. 玄米食の女性にうれしい効果5つ

健康によい効果がたくさん期待されている玄米食。今回は、その中でも、女性にうれしいものを5つとりあげてご紹介します。

1-1 ホルモンバランスの安定

玄米は白米に比べて、ビタミンEがとても豊富に含まれています。
つまり、女性特有の多くの悩みを軽減する効果が期待できる栄養素を、白米よりは多く持っているということです。

ビタミンEは、もともと不妊治療の研究から発見された栄養素であり、ホルモン分泌を正常な状態に導く効果があるとされています。
そして、ホルモン分泌を正常に導くことによって、生理不順、生理痛、PMS(月経前症候群)、更年期障害などの改善効果があると言われています。

もちろん玄米を食べれば即解決ということではありませんが、こういった悩みのある方は普段の食生活に玄米を少し取り入れてみるとよいかもしれません。

1-2 ダイエット

これはもう、ご存じの方も多いかもしれませんが、「玄米ダイエット」という言葉が流通しているほど、玄米に期待されている効果です。
ちゃんとしたダイエットには、もちろん運動など様々な努力が必要です。が、玄米がダイエットのサポートフードとしてたいへん優秀であることは言ってもよいでしょう。

なぜ、玄米がダイエットに効果的かと言うと、理由は4つあります。

・食物繊維が豊富
⇒ 便秘解消、胃や腸のなかで水分を吸収して膨らむので満腹感が得られる

・ビタミンB1、B2が豊富
⇒ 糖質や脂質の代謝を助ける

・GI値が低い
⇒ GI値が低いほど、血糖値の上昇が緩やかで、脂肪がつきにくい

・よく噛んで食べることが必須(玄米はよく噛んで食べないと消化不良を起こすことがあります)
⇒ よく噛むことによって満腹中枢が刺激され、満腹感を得やすい

このような効果が期待できるので、玄米はダイエット食として有名なのです。ただし、玄米だけではなく、バランスのとれた食生活を心がけることが大切です。
玄米は完全栄養食と言われることがありますが、必須栄養素をすべて兼ね備えているわけではないので、注意してください。

1-3 美肌

食物繊維によって便秘解消することも美肌への1歩ですが、玄米には、ビタミンB2やビタミンE、良質のたんぱく質が含まれていることによって、さらにうれしい効果が期待できると言われています。
皮脂分泌を調整してニキビなどの肌トラブルを予防したり、血行・新陳代謝(ターンオーバー)をよくして、むくみやくすみを改善したり、美肌を手に入れるお手伝いをしてくれるということです。

女性笑顔

1-4 アンチエイジング

先ほどから何度か出てきている栄養素、ビタミンEには、さらに女性にうれしい効果、強い抗酸化作用があると言われています。
抗酸化作用とは、活性酸素を抑える働きであり、活性酸素とは、身体を錆びつかせたり、シミの原因となるものです。
玄米には、アンチエイジングの効果が期待できる栄養素が含まれているということです。

抗酸化作用を高めるには、ビタミンCと一緒に摂取するとよいと言われています。ビタミンCは玄米からは摂取できないので、他の食品と合わせて摂取するようにしましょう。
レモン
ちなみに、ビタミンEは、血管の健康を保つと同時に血行をよくし、新陳代謝を促進してくれます。また、コレステロール値を下げる働きもあるので、生活習慣病にもよいと言われています。
女性に限らず、老化に悩むひとの味方と言えるでしょう。

1-5 デトックス

デトックスしないと、新しい栄養素を取り込んでも吸収が阻害されたり、血液がドロドロになったり、体臭や肥満につながると言われています。
玄米にはそのデトックス効果を持つ成分が2つあります。
食物繊維とフィチンです。

食物繊維は、腸内の老廃物を体外に排出してくれます。

フィチンは、体内でフィチン酸になって、様々な有害物質と結合し、それらを体外に排出してくれると言われています。
その解毒作用はとても強力で、私たちの体に蓄積した様々な添加物、水銀や鉛、農薬のPCBなどまで効果が及ぶと言われています。

自分ひとりの力では、取り込まないようにするのが難しい有害物質を排出する力があるというのは、現代女性にとって、とてもうれしい効果ではないでしょうか。

ただし、そのフィチン酸の結合の相手が、必要な栄養素のミネラルになることもあるので、玄米を続けるとミネラルが欠乏してしまうという意見もあります。影響はないという意見と対立しており、現状では確実な結論が出たとは言えません。

ですので、玄米の良い点は生かしつつ、ミネラルは、他の食材を通してしっかり摂取することをおすすめします。

2. 玄米の「ぬか」と「胚芽」が効果の秘密

玄米の効果を話す際、食物繊維やビタミンEといった栄養素が多く出てきましたが、この栄養素は精米された白米に比べると、玄米のほうが圧倒的に多く含まれています。
なぜなら、これらの栄養素が、精米の段階で落とされてしまう「ぬか」と「胚芽」の部分に含まれる成分だからです。
玄米_栄養
「ぬか」と「胚芽」の部分に、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、フィチンなどがたくさん含まれているから、玄米にはさまざまな効果が期待できるのです。

ただし、これこそが、玄米をよく噛んで食べなければ消化に悪い原因でもあるのです。白米を食べなれていると、玄米の食感に抵抗を感じる方も多いです。
最後の章で、その欠点についてお話します。

3. 玄米の欠点を克服する

玄米の欠点としてよく言われるのが、
・消化が悪い
・美味しくない
・食感がよくない
この3つです。これらの欠点を克服するために3つの方法をご紹介します。

よく噛みましょう

玄米の長所でもある豊富な食物繊維が、同時に欠点でもあります。
ふだん柔らかいものばかりを食べ、噛む回数が少ないひとの場合は、いきなり玄米食を始めると、おなかをこわしたりすることがあるほどです。

意識的にたくさん噛んで食べるようにしてください。

よく噛めば、消化が良くなるだけでなく、満腹感を得られてダイエットにもよいです。
しかも、パロチンというホルモンが分泌されてアンチエイジングの効果も期待できると言われています。

ただ、噛むというのは習慣になるまで時間がかかるかもしれません。
そんな場合におすすめなのが、次に紹介する白米と混ぜて食べる方法です。

白米と玄米を混ぜて炊きましょう

消化、味、食感、3つともに問題を感じる場合は、白米と玄米を混ぜて炊く方法を試すとよいでしょう。

炊飯の方法も簡単です。

・白米2に対して玄米1の割合で混ぜて炊いてください。
・水に浸ける時間を、少なくとも、2~3時間とってください。
できれば、玄米だけは半日以上つけるとよいでしょう。
・水加減はお好みですが、白米だけを炊くときより少し多めがよいです。

白米と混ぜると、食感や味も慣れたものに近くなりますし、消化も、いきなり全部玄米にしてしまうより断然やさしくなります。噛む負担も減ります。
今まで毎食白米だった方は、いきなりすべて玄米に変えるのではなく、この方法がおすすめです。

玄米だけで炊くときは、ポイントを抑えましょう

・玄米に合った水加減にしてください。
玄米:水=1:1.6の割合(玄米2合なら、水は約600ml)

・炊飯前にしっかり水に浸してください。
柔らかく炊くには、少なくとも2~3時間。できれば、半日以上。
※玄米モードのない炊飯器で炊く場合は、しっかり半日ほどつけたほうがよいです。

・玄米の独特の香りや味が苦手な人は、炊飯前に塩をひとつまみ入れてください。(ナトリウムが玄米のなかのカリウムなどを中和してくれます)

・炊き上がったら15分ほど蒸らしてください

玄米は、現代女性にうれしい効果が、たくさん期待できるありがたい食です。
少しずつ生活のなかに取り入れるとよいでしょう。

この記事は2015年6月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る