メニューを開く
アスタリフト;

【厳選】青汁ランキングTOP3!青汁を正しく選ぶ4つの基準

青汁 ランキング

「青汁のランキングサイトは、それぞれ違うことを言っていて決めかねている……」「本当に良い青汁を、ランキング形式で知りたい……」

そんなお悩みをお持ちではありませんか? 本当に良い青汁かどうかは、そう簡単に判断できるものではありません。ランキングを参考にしながら、自分で納得できるものを選びたいですよね。

そこで今回は、青汁の成分や特徴、価格などを比較して、健康のために毎日続けられる青汁を肌らぶ独自の観点で厳選し、ランキング形式でご紹介します。

ぜひ、購入の際の参考にしてください。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆


フルーツジュースのような味わいで飲める「めっちゃたっぷり フルーツ青汁」 初回定期購入680円(税抜)

149種類もの野菜やフルーツ、海藻や酵素が入っているので、健康的な体つくりをサポートします。
また、コラーゲンやヒアルロン酸も入っているので、美肌にも嬉しい青汁です。ダイエットしながらキレイなボディを目指しましょう!

通常単品購入5,980円のところ、初回定期購入に限り30日間返金保証もついて680円(税抜)は毎月300名限定なのでお買い求めはお早めに!!

フルーツ青汁


1.青汁を選ぶポイント

青汁は、それぞれ成分の配合が違うため、摂れる栄養や味(飲みやすさ)など、製品によって特徴は異なります。

また、口当たりの良い青汁の中には、人工的な添加物を使用しているものもあります。添加物は、摂り過ぎると逆に健康を害する可能性もゼロではありません。

天然の栄養成分のみで作られている青汁には、若干の飲みにくさがある場合もありますが、ここでは飲みやすさよりも栄養成分や添加物の有無を重視して比較していきます。

そこで、肌らぶが、栄養が豊富で毎日安心して飲み続けられる青汁を選んだポイントを4点ご紹介します。

①形状
②栄養成分
③添加物の有無
④価格

1-1.形状

青汁緑茶

現在発売されている青汁は、粉末、冷凍、粒といったタイプが主流ですが、青汁の形状をまず確認しましょう。

保存が簡単、旅行などの際の持ち運びが楽、賞味期限が長い、少量で高い効果が得られる、といった点で、粉末タイプの青汁がおすすめです。

粉末タイプの青汁は、常温での保存ができ、一回分の持ち運びも楽です。また、栄養成分がそのまま凝縮されているという点から、一度の量で粒タイプよりも十分な栄養が摂取できます。

1-2.栄養成分

気軽に栄養が摂れる青汁ですが、製品によって主成分となる野菜が異なります。青汁に使われることが多い野菜は主に、ケール、明日葉、大麦若葉などになりますが、どれを多く使用しているかによって、摂れる栄養の量が変わってきます。

それぞれの野菜に含まれる栄養成分などを参考に選んでみてください。

〈青汁の栄養素の特徴〉
・ケール
キャベツの品種によく似た野菜で、栄養価が多く含まれていることから「野菜の王様」とも呼ばれています。
カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などが豊富です。

やや苦味があるので、飲みにくさがありますが、手っ取り早く栄養を摂りたいという方におすすめの成分です。

・桑の葉
昔からお茶などに用いられ、和漢植物成分として、食習慣を整えるのに用いられていました。桑の葉の代表的な成分のDNJ(1 -デオキシノジリマイシン)は、糖質の吸収を抑えて血糖値をコントロールする働きがあり、その他にはビタミン、ミネラル、食物繊維、ギャバなどが含まれています。

ほのかに甘く、飲みやすく、ダイエットをがんばりたい方におすすめの成分です。

・大麦若葉
大麦が稲穂をつける前の若い葉のことで、食物繊維、ビタミンB群、ポリフェノール、葉酸など、高い栄養素を含んでいます。また、大麦若葉がベースとなっている青汁は苦味が少なく飲みやすいため、ご家族で飲む場合にも人気が高い傾向にあります。

葉酸が多く含まれているため、特に女性におすすめです。

・明日葉
セリ科の野菜で生命力が強いため、昔から「不老長寿の妙草」とも呼ばれています。栄養豊富なケールと比較しても、その栄養価の高さとバランスは抜群です。そのため、明日葉を主成分とした青汁は、価格が高めという特徴があります。

多少費用がかかっても、高い栄養素をバランス良く摂りたい方にはおすすめです。

1-3.添加物の有無

食品に使われることの多い添加物は、必ずしも「体に毒」ということはありませんが、人工的なものなので、健康を害する可能性がゼロではありません。

毎日健康のために飲み続けるということを考えると、添加物の入っていない青汁の方が安心して続けていただけます。

青汁に使われることの多い添加物の1つに、「人工甘味料」があります。本来飲みにくい青汁を飲みやすくするために加えられるので、含まれていないか購入前に製品の成分を確認しましょう。

人工甘味料は、普通の砂糖に比べ、カロリーが低く、少量で砂糖の数十倍の甘みを感じさせることが可能です。そのため、本来体に備わっている、摂取カロリーを計算する機能がにぶり、食べ過ぎなどを引き起こす可能性があります。

人工甘味料の一例をご紹介しますので、購入前に成分を確認しましょう。

〈人工甘味料一例〉
・アステルパーム
・アセスルファムカリウム
・アラビノース
・カンゾウ(グリチルリチン)
・キシリトール
・ステビア
・サッカリン

1-4.価格

青汁には、飲み続けることでメリットを実感できるため、製品の価格も重要になります。続けるためにも、価格は安いに越したことがありませんが、安い製品の中には、含まれる栄養素が少ないものもあります。

一度に摂れる栄養素が少ないと、期待したほどの実感が得られず、自己満足に終わってしまう可能性があります。

1回分の価格で比較しつつ、含まれる栄養素の最低ラインはクリアしている製品を選ぶようにしてください。通常価格で、1包当たり100~160円くらいが妥当です。

2.おすすめの青汁ランキング

以上の4点を踏まえた上で、本当におすすめできる青汁を3つを、ランキングでご紹介します。

★第1位★

極の青汁/サントリー
青汁 ランキング(極の青汁)
価格: 8100円/90包※お徳用サイズ/定期の場合
主な原材料:大麦若葉、明日葉
ポイント:
産地、品種、農地にこだわり、選び抜いた国産素材である、大麦若葉と明日葉を素材としています。

定期お届けコース、お徳用サイズの場合、約90円(+税)と安いだけでなく、抹茶風味でさらりと飲みやすい味わいになっています。

詳細はこちら極の青汁

★第2位★

青汁三昧

価格: 5,556円(税別)/60包
主な原材料:ケール、ゴーヤ、大麦若葉
ポイント:
原材料として、国産のケール、ゴーヤ、大麦若葉などを使用している青汁です。

毎日飲み続けられるように、なめらかなのどごしやコクのある美味しさなど、味にもこだわっています。

一箱に60包入りという大容量タイプなので、家族で飲みたいという方にもぴったりではないでしょうか。

通常価格5,555円(税別)のところ、定期購入は2,778円(税別)とお得になっています!

詳細はこちら青汁三昧

★第3位★

GREEN FIBER キレイの青汁
GREEN FIBER キレイの青汁
価格: 7500円(税抜)/60包
主な原材料:甘藷若葉と大麦若葉

ポイント:
スキンケア商品などで有名な、POLA(ポーラ)から発売されている青汁です。

甘藷若葉と大麦若葉をベースに、桜の花エキス、葛の花エキス、植物発酵エキス、サンゴカルシウムをブレンド。
抹茶きな粉風味で、ほんのりとした甘さが苦味を和らげてくれるため、青汁ビジターの方にもおすすめです

一回あたり125円(税抜)というお手頃価格で、60包入りとたっぷり入っているのも嬉しいポイントです。

詳細はこちらGREEN FIBER キレイの青汁

3.青汁のメリット

青汁は、ケール、明日葉などの栄養や食物繊維を多く含む緑黄色野菜を生のまま汁のことを指します。
栄養を効率的に摂取することができるため、野菜不足や生活習慣の予防にもつながります。
糖分も少ないため、ダイエット中の方にも強い味方です。

■青汁を飲む際の注意点
青汁は、誰でも健康になれる飲み物と考えられがちですが、健康を損ねる場合もあります。
また、青汁の飲み方を間違えると、まったく効果が無いどころか、健康を害することもあります。

青汁を購入される前に必ずご確認ください。

・通院、薬を服用している方は相談する
薬

現在薬を服用されている方や、通院をされている方は、一度かかりつけの医師に相談してから青汁を飲むようにしましょう。

・摂取量
青汁の過剰な摂取は、下痢や食欲不振などの副作用を起こす場合があるので、1日の摂取量は必ず守るようにいしましょう。青汁は体に嬉しいメリットがたくさんありますが、何事も摂り過ぎには注意が必要です。

・アレルギー
自然由来の青汁ですが、すべての人にアレルギーが起こらないわけではありません。ご自身のアレルギー物質が入っていないか、購入前に商品の成分を確認するようにしてください。

・野菜代わりにはならない
青汁は豊富な栄養が含まれてはいますが、野菜の代わりとして摂取するのはおすすめできません。
青汁はあくまで健康食品ですので、3食バランスの良い食事をした上で、食事で摂取しきれなかった栄養を補うものとしてしっかり認識しておきましょう。

・続けること
サプリメントはすぐに効果を実感できるものではありません。あくまでも食生活のサポート役であり、毎日続けることで実感できることもあります。

1週間に1回という頻度ではなく、毎日続けて飲むのがおすすめです。

4.青汁の楽しみ方

青汁をただ飲むだけでなく、料理に混ぜるなどして工夫をすると、さらに楽しく青汁を摂取することができます。

青汁を使ったレシピは、こちらでご紹介しています。

5.まとめ

おすすめの青汁を、独自の観点で比較し、ランキング形式でご紹介しました。青汁は、野菜不足を補うだけでなく、続けていくことで、調子が良くなるといった嬉しい実感が得られます。

ランキングでご紹介した商品を参考に、納得のいく青汁を選んで、健康な習慣を続けていってくださいね。

※この記事は2015年5月10日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る