メニューを開く
2017年9月15日 更新

髪をつやつや、さらさらにする方法は?お手入れ方法&アイテム紹介!

髪の毛 つやつや1「つやつやの髪の毛にあこがれる」「どうして私の髪の毛にはつやがないの?」という方はいませんか?
つやつやの髪の毛は乙女の憧れ。髪の毛につやがあるだけで、女性らしい印象がぐっと上がる気がしますよね。
「髪の毛は女の命」などという言葉が生まれるほど、昔から髪の毛は女性美の象徴として扱われてきました。

さて今回は、つやつやの髪の毛にあこがれるあなたに、髪の毛をつやつやにするために自分でできることや、反対に髪の毛がつやつやでなくなってしまう原因などをご紹介します。

さああなたも、つやつやの髪の毛を手に入れて、女っぷりを上げましょう!




1.髪の毛がつやつやでなくなる主な原因

傷ん だ 髪1まずは、髪の毛がつやつやでなくなってしまう、主な原因をご紹介しましょう。
髪の毛のつやは、意外にも簡単なことで失われてしまうことがあります。
毎日の生活の中で、気づかぬうちに髪の毛のつやを奪う行為をしてしまっていないか?
自分の行動と照らし合わせて見てみてくださいね。

1-1.髪の毛が濡れた状態のまま放置する

剛毛 シャンプーお風呂上り、濡れた状態の髪の毛をそのまま放置していませんか?
髪の毛は濡れた状態にあるとき、外部からの刺激を受けやすい状態にあるといわれています。つまり、濡れた髪の毛はダメージを受けやすいのです。

お風呂上り、ドライヤーで髪の毛を乾かすことなく濡れたままの状態でい続けることは、髪の毛の乾燥の原因となり、結果的につやつやの髪の毛から遠ざかってしまうこともあるのです。

1-2.タオルで髪の毛を擦るようにして拭いている

無添加 シャンプーお風呂上り、髪の毛をタオルで擦るようにして拭いていませんか?
髪の毛は、私たちが思っている以上にデリケートです。
タオルでごしごしと力任せに擦ると摩擦が生じ、髪の表面が傷んでしまうことがあります。
髪の表面が傷むと当然、髪の毛はぱさつきつやつやとした状態からはかけ離れてしまうこともあるのです。

1-3.ブラシで力任せに梳かしている

ヘアブラシ 選び方髪の毛を梳かすとき、力任せに乱暴に梳かしていませんか?
繰り返しになりますが、髪の毛はとてもデリケートです。
ブラシで力任せに梳かしてしまうと、髪の毛が傷んでしまうことがあります。
特にロングヘアの方の場合、髪の毛にほこりやごみが絡みつき、ブラシが通らないことがありますよね。
そうしたとき、無理にブラシを通す行為は、切れ毛につながることもあるので、気をつけましょう。

1-4.パーマやヘアカラーを繰り返し行っている

パーマ 長持ちパーマやヘアカラーといった、髪の毛本来の形や色を変えることを繰り返しする行為も、髪の毛の傷みにつながり、つやつやとした状態からかけ離れてしまうことがあります。

パーマやカラーは髪の毛本来の形や色を無理に変える行為です。当然、少なからずダメージを追うものです。
何度も繰り返しパーマやカラーをしているうちに、髪の毛のダメージが進みつやつやとした髪の毛からはかけ離れてしまうこともあるのです。

2.髪の毛をつやつやにするためのお手入れ方法

白髪この章では、髪の毛をつやつやにするためのお手入れ方法をご紹介します。
この章で言う「髪の毛のお手入れ」とは、お風呂で髪の毛を洗い、その後髪の毛を乾かすまでのことを指します。

みなさんは、普段何気なくシャンプーをしていると思います。
しかし、シャンプーのやり方ひとつとっても、つやつやの髪の毛を目指すうえで、大切なポイントがあるのです。
つやつやの髪の毛を目指す方は、ぜひ実践してみてください。

2-1.シャンプー

幸せになるためにつやつやの髪の毛を目指す方が、シャンプー時に気をつけたいポイントは3つあります。

①事前にブラッシングをする

髪の毛 絡まるシャンプーの前に、髪の毛が乾いた状態でブラッシングを行いましょう。
シャンプー前のブラッシングは、髪の毛についたホコリやフケを落としやすくしたり、髪の毛の絡まりをとく意味があります。

シャンプーを行う際は、髪の毛を濡らす前に一度、ブラシで髪の毛全体をブラッシングしましょう。

②もこもこの泡を作ってから髪の毛に塗布する

全身シャンプーシャンプーは突然髪の毛に付けるのではなく、まず手のひらで泡を作りましょう。
洗顔のときと同じように、シャンプーに適度な水を含ませ、もこもこの泡を作ってから髪の毛に塗布します。

泡立てる前のシャンプーを頭皮に直に付けてしまうと、頭皮の毛穴づまりの原因となってしまうこともあります。注意しましょう。

③指の腹で地肌を洗う

頭皮 臭い シャンプーシャンプーを行う際、髪の毛だけを泡で洗って満足してしまっていませんか?
シャンプーは、頭皮を洗うことが大切です。

頭皮に詰まった皮脂や汚れを落とすことは、髪の毛をつやつやの状態に保つことに役立ちます。

シャンプーを行う際は、もこもこに泡立てたシャンプーと指の腹をつかって、頭皮マッサージを行う感覚で洗いましょう。

2-2.トリートメント

くせ毛 トリートメント次に、トリートメントのポイントをご紹介します。
髪の毛表面を整えてくれるトリートメントは、つやつやの髪の毛を目指す上で必要不可欠。
髪の毛をよい状態に導くためのトリートメントのポイントは2つあります。

①トリートメントの前に、タオルで軽く水気を切る

頭皮 乾燥 フケ ローション 原因 かゆみ シャンプー 対策トリートメントを行う前にはシャンプーをしますよね。
当然、シャンプーを行うと髪の毛は濡れますが、みなさんは、髪の毛が濡れた状態のままトリートメントをつけていませんか?

トリートメントは、髪の毛があまりに水気を多く含んでいると、薄まってしまうことがあります。
せっかくトリートメントを行うのなら、つやつやの髪の毛に少しでも近づきたいですよね。

トリートメントを行う際は、トリートメントが薄くなってしまわないように、タオルで髪の毛を包んで、水分を吸い取るように抑えましょう。

このとき、力任せにタオルで髪の毛をごしごしと擦ることはやめましょう。
髪の毛の表面が傷み、つや感が失われてしまうこともあります。

②放置時間を守る

頭皮 クレンジングトリートメントには、メーカーや製品ごとに放置時間が決められています。
トリートメントを髪の毛に塗布して放置する。この放置時間は、髪の毛をつやつやの状態に導く上でとても大切です。
トリートメントを放置するときは、きちんと製品の取扱説明書を読み、決められた放置時間を守りましょう。

また、トリートメントを付けた髪の毛は、つるつるとした手触りになりますよね。
この手触りが心地よいからといって、トリートメントをしっかりと洗い流さず、少し髪の毛に残った状態にしていませんか?
トリートメントの流し残しは、頭皮の毛穴づまりの原因となることがあります。
トリートメントはしっかりと洗い流すようにしましょう。

2-3.タオルドライ

頭皮 日焼け次に、お風呂上りのタオルドライのポイントをご紹介します。
タオルドライの際に気をつけたいポイントは2つです。

①髪の毛を包み込むようにして拭く

ホットタオルタオルで髪の毛を拭く際、ごしごしと擦ってしまっていませんか?
タオルで髪の毛を擦る行為は、髪の毛に摩擦が生じ、髪の毛を傷めてしまう原因となることがあります。

タオルで髪の毛を拭くときは、擦るのではなく水気を吸い取る感覚で行いましょう。
髪の毛をタオルで包み、やや力をこめて握ります。
これを繰り返すだけでも髪の毛に含まれた水気をタオルで吸い取ることができますよ。

②タオルドライの後にドライヤーを使う

髪の毛 絡まる シャンプー トリートメント 毛玉 男 子供 ブラシタオルドライはあくまで、髪の毛が含んでいる水分をある程度吸い取るために行うものであり、タオルドライだけで完全に髪の毛を乾かす必要はありません。
タオルで髪の毛を拭いた後は、ドライヤーでしっかりと髪の毛を乾かしましょう。

タオルドライで髪の毛を乾かそうとするあまり、タオルドライに必要以上の時間をかけてしまうと、髪の毛が濡れた状態が長くなり、髪の毛の乾燥につながることがあります。
髪の毛から水滴が落ちない程度まで拭けたら、ドライヤーを使いましょう。

2-4.ドライヤー

髪 伸ばす方法ドライヤーで髪の毛を乾かす際のポイントをご紹介します。
ドライヤーで髪の毛を乾かす際のポイントは2つあります。
ぜひ、実践してみてください。

①ドライヤーの前にアウトバストリートメントを使用する

モテる女子ドライヤーを使う前に、髪の毛全体にアウトバストリートメントをなじませましょう。
ドライヤーの熱は、当てすぎると髪の毛の傷みにつながることがあります。
ドライヤーを使用する前にアウトバストリートメントで髪の毛の表面をコーティングすることで、ドライヤーの熱から髪の毛を守ることができます。

②ドライヤーをあてながら、ブラシでブラッシングをする

ヘアブラシ 選び方ドライヤーである程度髪の毛が乾いたら、ドライヤーの熱をあてながらブラシでブラッシングをしましょう。
髪の毛は、熱をあてながらブラッシングすることで、髪の毛の表面につやが出るという特徴があります。

髪の毛に触れても冷たく感じない程度まで髪の毛が乾いたら、ブラシで髪の毛の根元から毛先にかけて、ゆっくりとブラッシングをしましょう。

3.髪の毛をつやつやにするために日常で意識したいポイント

幸せになるためにこの章では、髪の毛をつやつやにするためのポイントをご紹介します。
髪の毛をつやつやにするためには、髪の毛をよい状態に整えることが大切です。
以下の2つのポイントを意識して、つやつやな髪の毛を目指しましょう。

3-1.日常的にトリートメントを使用する

仲直り髪の毛は常に風や紫外線にさらされています。そのままの状態でいるよりも、ヘアトリートメントで髪の毛の表面を保護したほうが、髪の毛をつやつやな状態に近づけることができます。

トリートメントの中には、日中の使用を考慮し、紫外線対策や保湿対策を行うことができるものもあるので、お風呂上り用と日中使用用でトリートメントを使い分けることもおすすめですよ。

3-2.生活習慣を見直す

サメ肌_生活習慣髪の毛の状態には生活習慣が関係しているとされています。

みなさんは寝不足の状態にあるとき、肌の状態が思わしくないと感じたことはありませんか?
それと同じことで、髪の毛もまた私たちの身体と連動しているため、生活習慣が乱れると、髪の毛の状態も乱れてしまうことがあります。
寝不足や運動不足、栄養不足はできるだけ避け、同時に塩分や糖分の摂りすぎに注意しましょう。

4.髪の毛をつやつやにするためのおすすめアイテム紹介!

無添加 シャンプーこの章では、つやつやの髪の毛を目指す方に肌らぶ編集部おすすめのアイテムをご紹介しましょう。
今回は、髪の毛をつやのある美しい状態に導きなおかつ、つやつやの髪の毛に演出することのできる、オイルタイプのアウトバストリートメントに絞ってご紹介します。

オイルタイプのトリートメントは、髪の毛の表面につやを演出することに適しています。
トリートメントをあまり使ったことがないという方も、是非オイルタイプのものからチャレンジしてみてください。

ARオイル(アルガン)

ジョンマスターオーガニック アルガンオイル(アウトバストリートメント)
販売会社:株式会社ジョンマスターオーガニックグループ
容量:59ml
価格:4,900円(税抜)

アルガンオイルを原料にした、オイルタイプのアウトバストリートメントです。
髪の保湿ケアにはもちろん、頭皮ケアにも使用できます。
髪や頭皮をすこやかに保つことで、つやつやの髪の毛へと導きます。

公式HPはこちら

POLA フォルム エモリエント オイル エッセンス

フォルム エモリエント オイル エッセンス
販売会社:株式会社ポーラ
容量:115ml
価格:2,200円(税抜)

しなやかなつやつやの髪の毛をつくるオイルタイプの洗い流さないトリートメントです。
乾燥してパサつく髪に潤いを与え、存在感のあるつや髪へと導きます。
「シャクヤク花エキス」などの保湿成分を配合しています。

公式HPはこちら

モロッカンオイル

モロッカンオイル
販売会社:モロッカンオイル ジャパン株式会社
容量:100ml
価格:オープン価格

毛髪にハリ・ツヤを与え、しなやかな質感に仕上げるトリートメントオイルです。
太くてごわついた髪、細くてこしのない髪など、さまざまな髪質の方におすすめできます。
さらりと軽く風になびく、つやつやの髪へと導いてくれます。

公式HPはこちら

TSUBAKI オイルパーフェクション

TSUBAKI オイルパーフェクション販売会社:資生堂プロフェッショナル株式会社
容量:50mL
価格:1,500円(税抜)

椿オイルを保湿成分として配合した、資生堂『TSUBAKI』のヘアオイルです。
べたつきにくいテクスチャーで髪にさらっとなじみ、重たさを感じさせない仕上がりに。
みずみずしいフローラルフルーティーの香りが漂う、つやつやの髪の毛へと導きます。

公式HPはこちら

モンシャルーテ アプリーナ オーガニック ヘアオイル

モンシャルーテ アプリーナ
販売会社:株式会社ナプラ
容量:130ml
価格:1,300円(税抜)

アプリコットのフルーティーな香りが魅力的な、洗い流さないトリートメントです。
オイルのつややかな質感を楽しむことができるので、つやつやの髪にあこがれている方におすすめです。
オイルタイプのトリートメントとしては、ライトな使い心地なのでオイル初心者にも。

公式HPはこちら

5.まとめ

つやつやの髪の毛にあこがれる方に向けて、髪の毛につやを出すためのヘアケアや、おすすめのトリートメントをご紹介しましたが、いかがでしたか?
つやつやの髪の毛は、女性をより美しく見せてくれるもの。
風になびくつやつやの髪の毛は、あなたに自信を持たせてくれるでしょう。

今回ご紹介したヘアケアで、あなたもつやつやの髪の毛を目指しましょう!