メニューを開く
アスタリフト;

自分に合った脱毛方法が分かる!8種類の脱毛を徹底比較

脱毛 種類 脱毛したいけど、どんな方法や種類があるの?自分にはどれがいちばん合っているの?と分からない事も多いですよね。

現在では、さまざまな脱毛方法が家庭で簡単にできたり、比較的安価な料金設定がされていたりと、選択の幅が広がっています。

今回は、自分に合った脱毛方法を探すために知っておきたい、脱毛の種類や特徴、メリットなどをご紹介していきます。

※全身脱毛に関して知りたい方はこちらの記事もご覧ください。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.どんな脱毛をしたいか確認しよう

全身脱毛 無制限

脱毛には、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛(医療機関でのみ受けられます)、ニードル脱毛(電気脱毛)、ワックス脱毛、家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きなど、主に8種類の方法があります。

求める仕上がりや優先したいことによって、選ぶ脱毛方法は異なっていきます。

・とにかく、痛みは避けたい!
・ワキを脱毛したい!
・金額が安い方がいい
・通うのが面倒だから自宅でやりたい!

など まずは自分が何を大事にして脱毛を行いたいのかを確認し、優先したい事項を整理してみましょう。

2.8種類の脱毛方法と注意点

顔 脱毛

【1.どんな脱毛をしたいか確認しよう】で触れた8つの脱毛方法について、それぞれの特徴や意識したい点などを細かくご紹介します。

種類1:光脱毛(フラッシュ脱毛)

サロンや使用器具にもよりますが、施術時間は全身で約1~3時間程度で完了します。

ゴムでぱちんと弾いたときのような感触があります。 個人差はありますが、施術中に寝てしまう方も居たりするようです。 1部位5~6回行うと薄く少なくなり、10~12回ほど行うと実感しはじめる方が多いと言われています。

※回数については、毛の量や質、満足度で変わってきます。 また毛の質が細く柔らかい方は、比較的通う回数が多くなる傾向にあるようです。 光脱毛には、主にSSC方式とIPL方式の2種類の脱毛方法があります。

①SSC方式

脱毛 SSC 毛のタイプ:うぶ毛から剛毛まで 施術回数:2~3か月に1度 施術場所:エステ、脱毛サロンなどの店舗 施術範囲:1cm×1cm~2cm×5cm 金額:全身1回9800円前後~、全身18回コース20万前後~

【こんな方にオススメ】

・痛みに弱い方 ・全体的な毛の量を減らしたい方 ・毛が太く、細くしたい方

【詳細】

スムース・スキン・コントロール(SSC)と呼ばれている方式で、施術前に塗る冷たいジェル(ビーンズジェル)が光(クリプトンライト)に反応してくれます。

②IPL方式

脱毛 IPL 毛のタイプ:うぶ毛から剛毛まで 施術回数:2~3か月に1度 施術場所:エステ、脱毛サロンなどの店舗 照射範囲:1cm×1cm~2cm×5cm 金額:全身6回コース10万前後~

【こんな方にオススメ】

・細い毛やうぶ毛の方 ・全体的な毛の量を減らしたい方 ・毛が太く、細くしたい方

【詳細】

インテンス・パルス・ライト(IPL)と呼ばれる方式で、皮膚の黒いメラニンに光を反応させていきます。

◆おすすめ脱毛サロン◆

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは、全国に180店舗以上のサロンを展開する脱毛サロンです。(※2016年7月末時点での情報です)

アプリからの簡単予約システムや、予約日が近づいてきたことを教えてくれるアラートサービスなど通い続けやすさも魅力的です。

種類2:レーザー脱毛

脱毛 レーザー 毛のタイプ:太い毛、黒い毛でもOK 施術回数:2~3か月に1度 施術場所:医療機関 照射範囲:1cm×1.5cm 金額:全身1回3万前後~、全身6回コース35万前後~

【こんな方にオススメ】

・太い毛、黒い毛の方

【詳細】

照射範囲が広いので、全身で約1~3時間程度の短時間の施術で完了します。

黒色または茶色に吸収されるレーザーを、毛根に照射していきます。 医療機関での施術となるので、希望による麻酔を行ってくれる場合もあるようです。

1部位3~4回行ったころから実感し始める方が多いと言われています。※回数については、毛の量や質、満足度で変わってきます。

◆おすすめ美容クリニック◆

リゼクリニック
リゼクリニック

女性専用のクリニックです。 うち漏れ(レーザー照射が漏れていた)、肌トラブルなど万が一の場合に保証が付いています。

≫≫リゼクリニック公式HPはこちら

湘南美容外科クリニック
医療脱毛 おすすめ

全国に40店舗以上の医院をかまえている美容クリニックです。無料カウンセリングも医師が診察してくれるので、施術の相談などをしやすい環境です。

≫≫湘南美容外科クリニック公式HPはこちら

種類3:ニードル脱毛(電気脱毛)

脱毛 ニードル 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:いつでも可能 施術場所:医療機関 照射範囲:1本 金額:1時間 / 1万~2万前後~

【こんな方にオススメ】

・光脱毛やレーザー脱毛完了後に生える細い毛や数本の毛をお手入れしたい方 ・自己処理が面倒な方

【詳細】

毛穴に専用の針(ニードル)を1つずつ刺して、毛根に直接電気を流していきます。 施術前に自己処理はできません。伸びた毛の状態で施術を行います。

施術者によって、処理速度や処理範囲が変わってきます。処理が早い方で1時間に直径10センチほどの広さを処理できるようです。※回数については、毛の量や質、満足度で変わってきます。

種類4:家庭用脱毛器

脱毛 種類 家庭用脱毛器 家庭用脱毛器には、主に以下の3種類の方式があります。 ・フラッシュ式 ・レーザー式 ・サーミコン式

①フラッシュ式(1-1)とレーザー式(1-2)

毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:2週間に1度程度 施術場所:自宅 照射範囲:1cm×1.5cm~(製品による) 金額:1台3万~

【こんな方にオススメ】

・とにかく手軽にお手入れしたい方 ・通う時間のない方 ・裸を見られるのが恥ずかしい方

【詳細】

照射できる回数が限られており、機種によって本体を購入した後もカートリッジの購入などが必要になることもあります。 自宅で自分の時間に合わせて脱毛を行う事が出来るので便利です。

②サーミコン式

脱毛 サーミコン方式 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:週に2~3回 施術場所:自宅 照射範囲:1cm×1.5cm~ 金額:1台2万~

【こんな方にオススメ】

・通う時間のない方 ・裸を見られるのが恥ずかしい方 ・カミソリ負けしやすい方 ・光脱毛やレーザー脱毛が出来ない方

【詳細】

熱線脱毛方式とも言われており、比較的最近出てきた脱毛方法の1つです。 熱を利用して毛を焼くので、熱線が傷んだら交換が必要になります。

◆おすすめ家庭用脱毛器◆

ケノン
アンダーヘア 処理 ケノン販売元:アローエイト株式会社
価格:69,990円~ ※キャンペーンにより異なります

ケノンは、照射面積の広さと照射回数の多さ(20万回/照射レベル1の場合)が特徴の家庭用脱毛器です。
また、照射レベルの調整が10段階あるので、顔やアンダーヘアなどに使いやすいのもポイントです。

公式HPはこちら(オレンジ)

種類5:ワックス脱毛

脱毛 種類 ワックス 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:1、2ヶ月に1度 施術場所:エステや脱毛サロン、自宅 金額:全身2万~3万前後

【こんな方にオススメ】

・光脱毛やレーザー脱毛が出来ない方

【詳細】

ワックス脱毛とブラジリアンワックス脱毛の2つのやり方があります。どちらも、エステやサロンで施術してもらうのが主流ですが、個人でも行う事が可能です。

脱毛専用で作られたワックスを温めて肌にぬり、毛とワックスが接着する力を利用して、毛を抜く方法です。 約1時間で、全身の脱毛が完了します。

ワックスするために、最低でも1センチ以上の毛の長さが必要となります。施術の2週間前からカミソリや毛抜きでの自己処理はひかえる必要があります。

種類6:除毛クリーム

脱毛 種類 除毛クリーム 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:1~2週間に1度 施術場所:自宅 金額:1本あたり600~2000円~

【こんな方にオススメ】

・通う時間のない方 ・裸を見られるのが恥ずかしい方 ・カミソリ負けしやすい方 ・光脱毛やレーザー脱毛が出来ない方

【詳細】

肌の表面に見えている毛を溶かして取り除く方法で、約2~4日持つと言われています。

除毛クリームを処理したい部位に塗り、時間をおいてクリームを取り洗い流す方法が基本的な手順です。

除毛クリームをつけている間は、他の作業がしにくいので時間が拘束されてしまいます。 また、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

種類7:カミソリ

脱毛 カミソリ 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:1週間に1度 施術場所:自宅 金額:1本あたり300~10000円~

【こんな方にオススメ】

・通う時間のない方 ・裸を見られるのが恥ずかしい方 ・光脱毛やレーザー脱毛が出来ない方

【詳細】

電気シェーバーとT字やL字かみそりの大きく2つのカミソリがあります。 どちらも、肌に沿って毛を剃っていくものになります。

電気シェーバーは、必要以上に肌に刃が当たらないように肌にあたる面に工夫がされている場合もあります。

T字やL字かみそりを使う際は、肌との摩擦を減らすために、シェービングクリームを併用するとよいでしょう。

種類8:毛抜き

毛抜き 毛のタイプ:うぶ毛から太い毛まで 施術回数:1日1度 施術場所:自宅 金額:1本あたり300~10000円~

【こんな方にオススメ】

・通う時間のない方 ・裸を見られるのが恥ずかしい方 ・光やレーザー脱毛後の残った数本毛

【詳細】

毛を一本一本抜いていく脱毛方法です。なじみのある方が多いのではないでしょうか。 毛抜きで全身を抜く方はあまりいないかと思います。

主に、毛の本数が少ない脇や顔または目立つ数本の毛に対して行う方法です。 毛抜き後にはきちんと肌の保湿をするように心がけましょう。

3. まとめ

ワックス脱毛

光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛(医療機関でのみ受けられます)、ニードル脱毛(電気脱毛)ワックス脱毛をはじめ、自宅で行う家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きのなどさまざまな脱毛の種類をご紹介していきました。いかがでしたでしょうか。

毛のタイプや肌質も、人それぞれ違います。体を守る為に生えてくる毛で、恥ずかしい思いや余計なストレスを抱えないように、自分に合った脱毛の種類を見極めて、ストレスのない方法を続けていく事が大切です。

この記事は2016年10月21日(最終更新日)時点での情報になります。 また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る