メニューを開く

髪を扱いやすく!洗い流さないトリートメントの種類と選び方

髪 トリートメント
髪の傷みやパサつきが気になって、トリートメントを試してみたいと思っていませんか?

トリートメントはヘアケアの強い味方ですし、上手に活用していきたいですよね。

今回は、洗い流さないトリートメントの種類別の特徴と商品紹介、そして正しいつけ方をご説明します。


1 髪を思い通りに♪トリートメントの種類

トリートメントには、シャンプーのあとすぐに使うインバストリートメントと、入浴後に使う洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)があります。

今回は、髪にうるおいを与え健やかに保ち、髪をコーティングすることでドライヤーの熱や空気の乾燥などの影響も受けにくくすると言われている、洗い流さないトリートメントについてご紹介します。

洗い流さないトリートメントには、オイル、クリーム、ミルク、ジェル、ミストなどの種類があります。

オイルよりのものは油分が多く、ミストよりのものは水分が多くなっています。

髪質や、そのときの髪の状態によって、適切とされるトリートメントの種類は異なります。

トリートメントの種類と、それぞれにどんな特徴があるのかみていきましょう!

2 種類別トリートメントの特徴とアイテム紹介

洗い流さないトリートメントで一般的なオイル、クリーム、ミルク・ジェルタイプの特徴と、それぞれのアイテムをご紹介します。

2-1 髪の傷みや広がりが気になる方に オイルタイプ

オイルタイプのトリートメントは、名前のとおり油分が多く、髪のキューティクルをしっかり密着させて、傷んだ髪をなめらかな状態に補修してくれます。

傷んだ髪にもうるおいを与えるのでツヤが出ますし、乾燥してパサつく髪の水分を保ってくれます。

オイルタイプのトリートメントは、髪につけることでしっとりとして重みが出るので、髪のボリューム感を抑えたい方、髪のうねりや広がりが気になる方、髪が多くてまとまりにくい人におすすめです。

トリートメント紹介① ラフィー 洗い流さない髪のトリートメント オイルタイプ
ラフィーオイル
販売会社:株式会社イーエス企画

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分であるホホバオイルやモリンガオイルなどを配合したトリートメントです。

髪の毛先までうるおい、指どおりがサラサラに。ノンシリコンですが伸びがよく、使い心地が良いのがポイント。

髪が広がってまとまりにくい方に、お試しいただきたいトリートメントです。

トリートメント紹介② mogans ディープモイストオイル
mogans(モーガンズ) ディープモイストオイル

販売会社:彩り株式会社

【肌らぶ編集部コメント】
自然派コスメのモーガンズのディープモイストオイルです。

保湿成分のアルガンオイルやアンズ核油などが髪の内部まで浸透して、髪をなめらかに補修します。
さらっとしていて、髪1本1本によくなじみます。

ヘアケアを目的としたオイルですが、ベタつきにくく髪だけでなく全身に使えます。

2-2 乾燥予防や髪を美しく見せたい方に ミルク・ジェルタイプ

ミルク・ジェルタイプは、つけ心地がサッパリとした軽さのあるトリートメントです。
トリートメントを使いヘアケアを続けることで、軽やかで瑞々しさのある髪を目指せます。

つけ心地が軽いので、髪の毛が細い方や髪のウェーブを活かしたい方におすすめです。

また、髪に大きな悩みはないけれど、乾燥の予防や、より髪を美しく見せたいという方にも、さらっとした使用感のミルク・ジェルタイプのトリートメントがおすすめです。

トリートメント紹介③ ラサーナ 海藻ヘアエッセンス しっとり・さらさら
ラサーナ
販売会社:株式会社ヤマサキ

【肌らぶ編集部コメント】
ダイバーが手摘みした海藻を、収穫後24時間以内にエキス化しているというこだわりのトリートメントです。

水を一切使用せずに作られ、保湿成分であるオリーブ油やアラリアエスクレンタエキスが、うるおいを与えてしなやかにします。
毎日トリートメントを使用することで、髪のうるおいやツヤを保ちます。

しっとり系とさらさら系の2種類の使用感から選べるので、お好みの方をお選びください。

2-2 程よく髪を落ち着けたい方に クリームタイプ

クリームタイプは、オイルタイプのしっとり感と、ミルクやミストタイプの軽いつけ心地との、ちょうど中間にあたる使用感のトリートメントです。

オイルだと髪がしっとりし過ぎるけれど、ある程度髪を落ち着かせたいという方におすすめです。

なお、同じクリームタイプでも、含まれるオイルの量でクリームの粘度や使用感に差があります。

トリートメント紹介④ ラフィー 洗い流さない髪のトリートメント クリームタイプ
ラフィークリーム
販売会社:株式会社イーエス企画

【肌らぶ編集部コメント】
しっとりと髪をうるおすクリームタイプのトリートメントです。

保湿成分であるヒアルロン酸やホホバオイル、モリンガオイルを配合しています。
毛先までうるおいを与え、髪をしなやかにするので、髪がまとまりやすくなります。

ノンシリコンですが伸びがよく、髪1本1本をコートしてうるおいを保ちます。

トリートメント紹介⑤ リシリッチ 利尻ヘアクリーム
リシリッチ 利尻ヘアクリーム2
販売会社:株式会社ピュール

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分の利尻昆布エキスやヒアルロン酸、ツバキ種子油などを配合したノンシリコンのトリートメントです。

ドライヤーの熱を利用して傷んだ髪を補修して、しなやかなでクシ通りのよい髪にしてくれます。

髪にハリやコシを与えるので、髪のボリューム感をアップさせて見せたいという方にもおすすめです。

3 髪によりなじむ正しいトリートメントのつけ方

最後にトリートメントの正しいつけ方をみていきましょう。

髪に正しくトリートメントをつければ、髪はコーティングされて艶やかになりますし、トリートメントのつけ過ぎによるベタつきなども防げます。

主に朝のスタイリングなどで使われるスプレータイプを除いて、洗い流さないトリートメントは基本的に、入浴後、タオルドライである程度水気をとった髪につけます。

使う量は、髪の長さや量によって変わりますが、初めて使う時は、トリートメントのパッケージなどに記載された使用量を目安にして、自分にとっての適量を探していきましょう。

3-1 トリートメントを両手になじませる

トリートメント つけ方
オイルタイプの洗い流さないトリートメントなどは、そのままつけると髪のべたつきの原因になってしまいます。

また、他の種類のトリートメントでもムラになりやすいので、まずはトリートメントをとり、両手に伸ばしてから、髪全体にムラなくつけるようにしましょう。

3-2 毛先からトリートメントをなじませる

トリートメント3
毛先からトリートメントをなじませていきます。

髪にある程度の長さがある場合は、髪をまとめて、毛先からトリートメントをなじませていきましょう。
髪を傷めないように、手で優しくもみこんでいきます。

3-3 内側にある髪にトリートメントをなじませる

トリートメント2
毛先にトリートメントがなじんだら、次は髪の内側の毛に、トリートメントをなじませていきます。

毛先の方からトリートメントを揉み込み、だんだんと髪の内側に手を移動させましょう。

3-4 表面の髪にトリートメントを薄くなじませる

トリートメント1
最後に、髪の表面にトリートメントをなじませます。

表面の髪にトリートメントがたくさんついてしまうと、ベタッとした重たい印象になってしまいがちなので、薄くなじませるよう意識して、もみこみましょう。

3-5 ドライヤーでしっかり乾かす

トリートメントを付け終わったら、ドライヤーでしっかり髪を乾かしましょう。

洗い流さないトリートメントは、髪を覆うことでドライヤーの熱の影響を受けにくくすると言われていますが、それでもできるだけ短時間で済ませた方がよいでしょう。

4 まとめ

髪をキレイに見せ、そして扱いやすくしたいのであれば、ぜひ洗い流さないトリートメントを試してみてください!

トリートメントには、オイルやクリーム、ミルクなど種類があり、それぞれに特徴があります。

髪の悩みや、なりたい髪に合わせてトリートメントを選びましょう。
洗い流さないトリートメントは、ヘアケアの力強い味方になってくれるはずですよ。

この記事は2016年5月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る