メニューを開く
2017年1月24日 更新

【増毛で薄毛対策したい方へ】増毛方法まとめ&増毛以外の薄毛対策

増毛 薄毛対策薄毛が気になると、「なんとか髪の毛をボリュームアップしてみせたい!」と思いますよね。
ヘアスタイルで工夫してみたり、ヘアケアの方法を変えてみたり、それでも満足いかなくて、“増毛”を考える方も少なくないでしょう。

今回は、薄毛のお悩みを抱える方に向けて、“増毛および薄毛対策の基本的な知識”から“増毛方法の種類・メリット・デメリット、どのような商品があるのか”、さらに“増毛以外の薄毛対策”までまとめてご紹介します。

「薄毛が気になる…」
「髪の毛の分け目が気になる…」
「髪の毛のボリュームが気になる…」

男女問わず起こりうる薄毛の悩みは、気持ちを沈ませてしまうだけでなく、知らず知らずのうちにコンプレックスから行動を制限してしまうといった消極的な生き方につながってしまうこともありえます。

髪の毛の量があなたの価値を決めるわけではありませんが、あなたの行動を左右してしまうことはあるかもしれません。
積極的に自分の人生を楽しむために、“増毛”は薄毛対策の重要な選択肢のひとつといえるでしょう。

自分にあった増毛法・薄毛対策を取り入れて、ハッピーな毎日を目指しましょう!


1. 増毛とは? 増毛とその他の薄毛対策の違い

増毛 薄毛対策 方法最初に、「増毛」と、「植毛」や「かつら」「増毛パウダー」などその他の薄毛対策の特徴についてご紹介します。

「増毛」は、確かに物理的でわかりやすい薄毛対策の手段です。
しかしながら薄毛対策の方法は「増毛」だけではありません。
それぞれの特徴・違いを知って、自分にあった薄毛対策は何か、見直してみましょう。

1-1 増毛とは?

増毛 薄毛対策 方法増毛とは、簡単に言うと、人工的に毛(人工毛または人毛)を足して髪が増えたようにみせる薄毛対策の手段です。
今ある髪の毛の根元にヘアエクステのように装着して増毛するタイプや、今ある髪の毛に編み込んで部分かつらのようなものを装着して増毛するタイプ、人工毛のついたシートを頭皮に直接接着して増毛するタイプなどがあります。

増毛は物理的な変化なので、多く増毛すればボリュームアップの実感を得やすい手段でもあります。
実感を得やすいうえ、最近は技術の進歩により、パッと見では他人に人工的な増毛だと気づかれにくくなってきたというのもメリットのひとつでしょう。
増毛 薄毛対策 方法増毛は、スポーツなどのアクティブな趣味をお持ちの方におすすめです。
なぜなら、一般的な増毛はかつらと違って自毛や頭皮に固定するものなので、つけたままシャンプーしたりスポーツしたりすることもできるからです。
海やプールで遊んでもOKというタイプの商品もあるので、マリンスポーツの趣味がある方にはうれしいですね。

増毛のデメリットはメンテナンスが必要なところといわれていますが、増毛していなくても美容院には行くことを考えれば、サロンに通う手間という意味ではそれほどのデメリットではないでしょう。
ただ、どの増毛方法を選ぶかを考える際は、初期費用だけでなく“ランニングコスト”もチェックしたり、増毛サロンの場所が通いやすいところであるかなどもチェックするとよいですね。

また、ほとんどの増毛サロンが無料体験を行っているので、webなどで予約して、実際に足を運んでみるのがおすすめです。

1-2 増毛以外の薄毛対策

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策増毛以外の薄毛対策には、「植毛」「かつら」「増毛パウダー」などの物理的対策や、時間をかけて本物の髪の毛が育つのをサポートする「育毛」や「発毛」などの方法があります。
それぞれの特徴をご紹介します。

①植毛

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策「植毛」は、簡単に言うと、頭皮に髪の毛(人工毛または自毛)を植えこむ方法で、外科手術であり医療行為です。
近年では自毛を使った植毛が主流のようです。

自毛植毛は簡単に言うと、自分の“まだ生えている部分の髪の毛”を切り取り“薄毛の部分に自毛を移植”する方法です。
自毛植毛の場合は、定着に成功すれば、他の髪と同じように伸びるといわれています。

人工毛を植毛する場合は、もとになる頭皮や毛髪を採取する必要がないのでその分の負担は少ないのが魅力です。ただし、せっかく植えた毛が体にとって異物と判断され、皮膚が拒絶反応を起こすことがあるといわれています。

「植毛」は、一度に施術できる量に限界があり、何度か施術を受けなければならない場合もあります。
また、メスを使った植毛手術の場合など、頭皮に傷跡が残ることもあります。

②かつら(ウィッグ)

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策 ウィッグ かつら「かつら(ウィッグ)」には、頭部全体にかぶるフルウィッグタイプと部分的に気になる部分にボリュームを足す部分ウィッグタイプ、その中間のハーフウィッグなどがあります。
最大のメリットは自分で着脱できることでしょう。気分に合わせてさまざまな「かつら(ウィッグ)」を楽しむことも可能です。

フルウィッグならロングヘアからショートヘアまでイメージチェンジを楽しむこともできます。

部分ウィッグの場合は自毛に違和感なくなじませるのが意外と難しいので、ナチュラルに見せるためにはオーダーメイドがおすすめです。
既製品ならお店などで実際に装着してよく検討してから選ぶとよいでしょう。
ネット通販の既製品のウィッグをお考えなら、試着後に返品・交換できるメーカーを選ぶとよいでしょう。

「かつら(ウィッグ)」に使う髪の素材は、主に合成繊維を使った人工毛または本物の人毛があります。
合成繊維だけのものもあれば、人毛のみのものもあり、2つのミックスのものもあります。
合成繊維のものは、スタイリングしやすく、人毛に比べ手に取りやすい価格のものが多いようです。
人毛は、手触りや見た目などで自毛との違和感が少なめなところが魅力といわれています。

③増毛パウダー

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策「増毛パウダー」による薄毛対策は、髪の色の粉を気になる部分にふりかけて、髪をコーティングして太くみせ、さらに地肌を隠すことで“髪があるように”または“髪が増えたように”見せかけるものです。

自宅で気軽に薄毛対策できるのが最大の魅力ですが、汗などによって流れ落ちてしまうのではないかと心配になってしまうのがデメリットのひとつでしょう。

「増毛パウダー」も増毛法のひとつとして語られることがありますが、“人工毛を足すことで実際に増毛する「増毛」”とは少し趣旨が異なります。
「増毛パウダー」による方法は、いわゆる「増毛」とは本来は違うものとして覚えておきましょう。

④育毛サポート

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策育毛サポートは、育毛剤を用いたり、頭皮マッサージで血行をよくしたり、生活習慣に気をつけたりすることで、長い目で、自分の本物の髪の毛の育毛・養毛を総合的にサポートしていく薄毛対策です。
育毛剤を用いた育毛サポートは、抜け毛を防ぎ本物の自分の髪の毛を大切にしたい方におすすめの薄毛対策です。

髪の悩みは早めの対応が重要です。
今はまだ気にならない部分でも将来的に抜け毛に悩む可能性はあります。
部分的にでも薄毛が気になり始めたら、ふだんのヘアケアを見直してすこやかな頭皮・毛髪を保つように意識し、必要に応じて育毛剤などで対策していくとよいでしょう。

⑤発毛(薄毛治療)

増毛 育毛 発毛 植毛 薄毛対策「発毛(薄毛治療)」は、医師のもとで、処方された発毛剤を用いて髪の毛の発毛を促すものです。
人工的に毛を足す「増毛」をした状態のまま受けられる治療もあります。
「発毛(薄毛治療)」に興味がある方は、頭髪専門クリニックなどで相談してみるとよいでしょう。
(※自由診療の場合、健康保険は適用されません。)

【注意】
発毛剤は、塗布するものであれ、服用するものであれ、医薬品です。
医師または薬剤師によく相談のうえ、慎重に用いるようにしましょう。
また、副作用を伴うこともあるので、注意が必要です。

2. 増毛方法別メリット・デメリット比較まとめ

増毛 薄毛対策増毛の方法には、主に3つの方法があります。
結毛式増毛、編み込み式増毛、接着式増毛の3つです。

3つの方法の主なメリット・デメリットは以下の通りです。
これらを参考に、気になる増毛方法について、次章でチェックしてみてください。

増毛方法 主なメリット 主なデメリット
結毛式増毛 ・増毛の量がムラになりにくく、自然な仕上がり
・増毛だと気づかれにくい
・通気性がよく蒸れにくい
・自毛がない部分には増毛できない
編みこみ式増毛 ・頭頂部などまんべんなく薄くなっている部分の薄毛をサポートしやすい
・負担をかける自毛の量が比較的少ない
・通気性がよく蒸れにくい
・自毛が伸びてくると増毛部分が浮いて動きやすくなる
接着式増毛 ・ピンポイントでも広範囲でも対応できる
・施術時間が短い
・貼る部分の自毛を剃る必要がある

3. 増毛方法 もっと詳しく!

増毛 薄毛対策 方法 種類結毛式増毛、編み込み式増毛、接着式増毛。
3つの増毛方法の主な特長について詳しくご紹介します。

この3つの増毛方法を覚えておけば、合わせ技の増毛方法や応用編の増毛方法もイメージがつかめるようになるでしょう。

増毛方法① 結毛式増毛

増毛 薄毛対策 方法 種類結毛式増毛とは、自毛に人工毛を結びつけて増毛する方法です。
女性がおしゃれで行うヘアエクステと原理は似ています。

結びつけるのは自毛の根元で、一般的に、自毛1本につき人工毛2~6本ほどを結びつけます。

健康な自毛が必要なので、「ちょっと薄くなったかな…」という程度の薄毛にお悩みの方におすすめの方法です。
結毛式増毛(イメージ図:左は自毛1本につき2本、右は自毛1本につき4本の例です。)

□ メリット

・増毛の量がムラになりにくく、自然な仕上がり
・自然な仕上がりなので、増毛したことが気づかれにくい
・通気性がよく蒸れにくい
・生えている自毛に装着するため、直接的な頭皮への負担が少ない
・頭皮が肌荒れを起こす心配が少ない

□ デメリット(注意点)

・自毛がない部分には増毛できない
・人工毛を結びつけた自毛に負担がかかり、抜けてしまうことがある
・自毛が抜けると人工毛も抜ける
・髪の毛が伸びてくると結び目があがってくるので、ブラッシングの際に引っかかりやすい
・髪の毛が伸びるのに合わせて、サロンで結び目をメンテナンスする必要がある

□ 料金設定について

初回の金額だけでなく、メンテナンス時の金額を把握してから契約しましょう。
また、増毛分の実費以外に、技術料や自毛のヘアカット代金などがかかることもありますので、総額を確認するようにしましょう。

増毛分の実費は通常、増毛するトータルの本数で決まります。
表示の仕方はさまざまで、1ユニットあたりの本数(自毛1本あたりに装着する本数)によって、ベースの金額を示し、ベースの金額にユニット数を掛けた形で料金を示していることもあります。

例:1ユニット4本タイプで、1000ユニット(4000本)⇒160,000円(+税)

□ メンテナンス

髪の毛が伸びると、自毛と増毛分の結合部があがってくるので、結合部分を根元に引き下げて結び直すメンテナンスを行います。
結びなおす作業なので、時間もかかってしまうことが多いようです。

メンテナンスの頻度は、髪の伸びるスピードにも関係するので個人差がありますが、目安としては1カ月に1~2回程度、増毛サロンでのメンテナンスを考えたほうがよいでしょう。

メンテナンスを行わないと、ブラッシングの際に髪が引っかかりやすくなることがあります。

□ 注目増毛商品 ~男性~

アートネイチャー ミクロポイント増毛法
マープ増毛法で知られるアートネイチャーの結毛式増毛のプラン。
分け目や生え際などの部位に合わせて自毛1本あたりに結び付ける人工毛の本数を選んだり、白髪にあわせた増毛もできます。

1000本分の増毛が1万円で体験できる増毛お試し体験“増毛ファーストコース”を実施中なので、結毛式増毛を試してみたい方はぜひ公式ページをチェックしてみてください。(2017年1月時点の情報です)

無料ヘアチェックや他の増毛サービスの体験プランもあります。
全国に店舗があるのもうれしいポイント。

⇒【アートネイチャー ミクロポイント増毛法】公式ページはこちら

□ 注目増毛商品 ~女性~

レディアデランス ヘアアップアルファ 【ナチュラルアップα】
レディスアデランス増毛・かつらの老舗アデランスの女性版レディアデランスで受けられる増毛法です。
「大人のエクステ」がキャッチコピーで、生え際や分け目、つむじの薄毛が気になりはじめた女性におすすめ。
カラーやパーマも楽しむことができます。

ナチュラルアップαは1ユニット2本なので、自然になじみやすく、生え際などの髪の毛の細い部分にも向いています。

120本分の無料体験も受けられます。
予約制・個室制なのでプライバシーが気になる方にもうれしいですね。サロンが全国で160店舗以上あるのもうれしいポイントです。(2017年1月時点の情報です)

⇒【レディアデランス ヘアアップアルファ】公式ページはこちら

増毛方法② 編み込み式増毛

増毛 薄毛対策 方法 種類編み込み式増毛とは、ネットなどのベースに毛を編み込んだパーツ(部分的なかつらのようなもの)を自毛に結び付けて固定する増毛方法です。

編み込み式増毛自毛に固定する方法はメーカーによって異なります。

アデランスのピンポイントクロスなどでは、増毛する範囲の自毛に、2ミリ程度の大きさのビーズのような留め具で8か所固定して増毛します。
株式会社スヴェンソンが開発したスヴェンソン式増毛法(ヘアウィービングシステム)では、薄毛の部分を囲むように自毛と特殊な3本の糸を使って増毛のための土台を作り、そこに人毛を編み込んだパーツ(部分的なかつらのようなもの)を装着して増毛します。

□ メリット

・自毛がかなり薄い部分にも増毛しやすい
・頭頂部などまんべんなく薄くなっている部分の薄毛をサポートしやすい
・負担をかける自毛の量が比較的少ない
・編み込んだシートを自毛に装着するため、直接的な頭皮への負担が少ない
・装着するパーツ(部分かつら)が頭の形にフィットして自然な仕上がり
・装着するパーツ(部分かつら)のベースがネットでできているため、通気性がよく蒸れにくい
・頭皮に負担をかけて肌荒れを引き起こす心配が少ない

□ デメリット(注意点)

・自毛が伸びてくると土台が浮いてくるので、増毛部分も浮いて動いてしまう
・自毛が伸びるのに合わせて土台の調整など、月1回程度のメンテナンスが必要
・増毛する量を変える際にパーツ(部分かつら)ごと交換しなければならないことがある

□ 料金設定について

メーカーによって異なりますが、年額や月額などの定額制を選べる場合があります。
定額性の場合は、どこまでが料金に含まれているのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

技術料金やヘアカット代の他に、編み込み式増毛の場合は、増毛部分の毛が劣化した場合や増毛の量を増やしたい場合に、増毛部分の修理・交換が必要になります。
その場合の費用などが含まれているのか、事前に確認しておきましょう。

□ メンテナンス

髪の毛が伸びると、自毛と増毛分の結合部が上がり、増毛部分が浮いて動きやすくなるので、メンテナンスが必要になります。

メンテナンスの頻度は、髪の毛の伸びるスピードにより個人差がありますが、一般的に1カ月に1回程度のメンテナンスを目安に考えるとよいでしょう。

一回の施術で時間かかるので、まとまった時間を月に1度取らなければならないことを認識しておきましょう。

□ 注目増毛商品  ~男性~

スヴェンソン スヴェンソン式増毛法
スヴェンソン残っている自毛に特殊な糸を編み込んで土台をつくるスヴェンソン独自の方法で増毛パーツを薄毛が気になる部分に装着します。
広範囲を一気にカバーできながら、金具や接着剤を使う方法に比べ気軽に使いやすい増毛法です。
増毛パーツを装着したまま、シャンプーやお風呂はもちろんのこと、海やプールで泳いだりスポーツしたりすることができます。
通気性もあるので、蒸れが気になる方にもおすすめです。

髪の毛が伸びてくると編み込み部分も上がってくるので、髪の毛が伸びるのにあわせてメンテナンスを行った方がよいでしょう。
最大2週間まで普段通りの生活をおくりながら、増毛した状態を試すことのできる無料体験もあります。

⇒【スヴェンソン スヴェンソン式増毛法】公式ページはこちら

□ 注目増毛商品  ~女性~

レディースアートネイチャー ビューティアップ プレミアム
レディースアートネイチャービューティアップ“ちょっとプレミアムなエクステ”がキャッチコピーの、レディースアートネイチャーの増毛法。
気になる分け目やつむじの薄毛、透ける地肌を増毛でカバーして、理想のヘアスタイリングに近づけてくれます。
かきあげてもナチュラルで指通りのよい髪へ仕上げたい方におすすめ。
ドライヤーはもちろんのこと、美容院でのシャンプーやパーマ、カラーリングもできるのがうれしいポイント。
無料体験もあります。

⇒【レディースアートネイチャー ビューティアップ プレミアム】公式ページはこちら

増毛方法③ 接着式増毛

増毛 薄毛対策 方法 種類接着式増毛とは、人工毛を植えつけたとても薄いシートを頭皮に貼りつけて接着する増毛方法です。シート式増毛と呼ばれることもあります。

つけたままシャンプーができ、密着性や通気性のよさを意識して開発された商品などがおすすめです。
自然な仕上がりに近づけるためには、髪色や毛量、形、ヘアスタイルなどオーダーメイドで作り上げるタイプの商品がよいでしょう。
接着式増毛

□ メリット

・ベースのシートの大きさが自在なので、ピンポイントでも広範囲でも対応できる
・施術時間が短い
・強粘着のものだけでなく、セルフで脱着可能なタイプもある

□ デメリット(注意点)

・頭皮にシートを貼りつけるため、蒸れなどが地肌の負担になり肌荒れすることもある
・貼る部分の自毛を剃る必要がある
・肌荒れなど頭皮の状態によっては使用できない

□ 料金設定について

装着する面積や枚数に応じて料金がかかります。

□ メンテナンス

接着式増毛には、つけっぱなしのタイプと着脱可能なタイプがあります。
つけっぱなしのタイプの取り外しの際は、増毛サロンで行ってもらうか、セルフで専用のクレンジングを用いて行います。

□ 注目増毛商品  ~男性~

アートネイチャー ヘア・フォーライフ
アートネイチャーハリウッドのメイクアップアーティストが用いていた特殊技術にヒントを得て開発された接着式増毛法。
わずか0.13mmという極めて薄いベースネットを頭部に密着させて貼り付けるので、違和感が少ないのがうれしいポイント。2~3週間連続して使用することが可能です。
毛量の設定はカウンセリングを通して自由に設定できます。

日常のお手入れは専用のシャンプーで行います。

⇒【アートネイチャー ヘア・フォーライフ】公式ページはこちら

□ 注目増毛商品  ~女性~

プロピアレディース ヘアコンタクト
プロピアレディース人工毛を植えつけた0.03mmの薄さのシートを頭皮に貼ることで増毛する“ヘアコンタクト”。
地肌に密着するので、引っ張っても外れにくく、つけたままシャンプーやブラッシングが可能です。

オーダーメイドシステムなので、段階的に毛量を増やしていくなどの繊細な要望に応えることもできるのがうれしい増毛方法です。

⇒【プロピアレディース ヘアコンタクト】公式ページはこちら

4. 増毛以外の薄毛対策 もっと詳しく!

増毛 薄毛対策 育毛 発毛 植毛 かつら ウィッグ増毛以外の薄毛対策についてご紹介します。

増毛にもっとも似ているのは「かつら」による薄毛対策ではないでしょうか。
そして、似ているようで、実はまったく異なるのが「植毛」です。
また、増毛のような物理的な対策とは違う面からアプローチできるのが、「育毛サポート」や「発毛(薄毛治療)」です。

それぞれについて、どのような方法で行うのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。
自分にあった薄毛対策をみつけるために、ぜひ最後までチェックしてみてください。

4-1 かつら(ウィッグ)

増毛 薄毛対策 育毛 発毛 植毛 かつら ウィッグかつら(ウィッグ)は、増毛同様に自毛ではない毛を足すことでヘアスタイルを理想の状態に導いてくれ、かつ自分の手で着脱可能なお手軽アイテムです。

かつら(ウィッグ)を取り入れるには、既製品のかつら(ウィッグ)を購入するか、オーダーメイドでかつら(ウィッグ)をつくるか、どちらかになります。

部分ウィッグやハーフウィッグの場合は、自毛と違和感なくなじませるのが意外と難しいのでオーダーメイドが理想的でしょう。
ただし、オーダーメイドはそれなりにお値段が張るのも事実です。
事前のカウンセリングだけでなく、アフターサービスにおいても、きめ細やかなサポートを期待できるメーカーを選ぶようにしましょう。オーダーメイドウィッグのブランドでは、ウィッグのメンテナンスはもちろんのこと、伸びてきた自毛のカットを一定期間内無料で行ってくれるメーカーもあります。

フルウィッグの場合は自毛とのバランスは気にする必要はありませんが、髪の質感や装着時の蒸れなどは実物をつけてみなければわかりません。
店舗で試着するか、試着後の返品が可能なウィッグメーカーを選ぶようにしましょう。

□ メリット

・装着した瞬間に毛量が物理的に増える。
・自宅でセルフで着脱ができ、手軽。

□ デメリット(注意点)

・オーダーメイドかつらは高額なケースが多い
・人工毛が傷むと買い替えなければならない
・専用のシャンプーなどでお手入れが必要な場合がある

□ 料金設定について

メーカーにより幅がありますが、オーダーメイドウィッグの場合、部分ウィッグでも数十万かかることがあります。
購入時は本体価格だけでなく、どのくらいの期間使用できるのか、メンテナンスに費用はかかるのかなどアフターサービスについても確認しましょう。
サロンによっては、アフターサービスとして、伸びてきた自毛のヘアカットを無料で行ってくれたり、有料オプションで自毛のカラーリングやパーマをしてくれたりするところもあります。

既製品の場合は、おしゃれ用のウィッグだけでなく、医療用のウィッグとして売られているものも多くあります。オーダーメイドに比べて手に取りやすい価格帯です。
ただし、いずれのウィッグも永久的なものではありません。耐用年数なども確認しておくとよいでしょう。

さらに、専用のシャンプーでお手入れが必要なケースもあるので、お手入れのコストもチェックしておくことをおすすめします。

□ メンテナンス

専用のシャンプーで洗うなどのメンテナンスが必要です。
また、かつらの髪は伸びませんが、自毛は伸びるので、不自然に見えないように自毛を定期的に整える必要があります。

□ 注目増毛商品  ~男性~

メンズアデランス

アデランスメンズアデランスは、ベリーショートからロングヘアまで、お好みのヘアスタイルを楽しむことのできるオーダーメイドの男性用ウィッグです。

アデランスが独自に開発した、自然な見た目でヘアスタイリングしやすく耐久性がよい人工毛髪「バイタルヘア」「サイバーヘア」などを用いて、髪の太さや白髪を含む髪のカラーなど、オーダーメイドならではの繊細さで微妙な希望にも応えてくれます。

かつらのベースになる部分も、スキン(人工皮膚)タイプまたはネットタイプ、組み合わせタイプなどから選べます。

⇒【メンズアデランス】公式ページはこちら

ヘアダイレクトオリジナルシリーズ 男性用かつらHDJスピード

ヘアダイレクト医療用ウィッグも手掛けるヘアダイレクト・ジャパンが展開する男性向けの、カット済み部分かつら/カット済み全頭かつらを購入できる通販サービスです。
通販ならではのスピードで、自分のかつらを手に入れることができるのが最大の魅力です。

フロント部分に極薄スキンを採用したかつらなら、生え際の境目が目立ちにくいのが魅力です。
また、つむじや分け目部分は人口肌の2枚重ねで引き抜き加工をして結び目が目立ちにくいように処理されていて、さらに、人毛を使用しているので、既製品ながら自然な見た目なのもうれしいポイントです。

⇒【男性用かつらHDJスピード】公式ページはこちら

□ 注目増毛商品  ~女性~

ふわりなでしこ ララボーテ

ふわりなでしこララボーテ“手ぐしも風も、キレイの味方。美しくゆれるウィッグ”がキャッチコピーの、レディースアートネイチャーが展開するオーダーメイドウィッグブランド。
オーダーメイドなので、より自然な仕上がりや希望の髪型に近づくことができます。

ララボーテでは、頭部の形を3Dスキャナーで詳細にデータ化して再現し、その頭部の型につむじの位置や分け目などを転写し、立体的でオリジナルな設計図に基づいて、ウィッグを縫製していきます。
毛の流れる方向や毛量、色なども細かく指示して、繊細な職人技で仕上げていくハンドメイドウィッグです。
ウィッグのお試しは、サロンに行く以外にも、自宅に来てもらう方法や試着会に参加する方法があります。

⇒【ふわりなでしこ ララボーテ】公式ページはこちら

ウィッグ通販 スワニーbyフォンテーヌ

ウィッグ通販 スワニーbyフォンテーヌ

スワニーは、かつらメーカー大手のアデランスが展開するウィッグブランドです。

アデランス通販で購入した場合、試着して合わなければ、商品到着後7日以内に連絡すれば返品することが可能です。つまり、自宅で最大1週間試着することができます。
また、プロがスタイリングした状態で専用ケースに入ったウィッグが届くので、すぐに試せることもうれしいポイントです。

アフターケアサービスを、スワニーまたはアデランスの姉妹ブランド“フォンテーヌ”の店舗に持っていくことで、プロに対応してもらえるのも魅力です。

⇒【スワニーbyフォンテーヌ】公式ページはこちら

4-2 植毛

増毛 薄毛対策 育毛 発毛 植毛 かつら ウィッグ植毛は、文字で見ると増毛と印象が似ているかもしれませんが、実際に行う行為は全く異なります。

植毛は医師免許を持った医師が行うことのできる医療行為です。
どちらかというと女性よりは男性向け、特にAGAなど男性特有の脱毛にお悩みの方に向けた治療法として知られているのではないでしょうか。
植毛を受けるためにはクリニックを受診しなければなりません。

現在では自毛植毛が主流です。
人工毛による植毛も、日本では受けることができますが、行っているクリニックは少ないようです。

自毛の場合は、髪の毛を毛包ごと採取して移植することになります。
メスを使うか使わないかなど、採取の方法にも幾つかの方式がありますので、事前に医師とよく相談して理解してから受けるようにしましょう。
場合によっては、頭皮に傷跡が残り、後々短髪や坊主頭にしたりということが難しくなる可能性があります。

まれに、ショックロスと呼ばれる脱毛反応が起こるケースもあるようですので、植毛を受ける際には、事前にしっかりと医師の説明を受け、リスクについて把握しておきましょう。

採取できる自毛がない場合には、人工毛に頼ることになります。人工毛移植を行っているクリニックは多くはないので、人工毛を考えている場合は、事前に人口毛植毛を行っているクリニックかどうか確認しておくとよいでしょう。

また、植毛を行う場合には、外科手術の技術ももちろんですが、前頭部(おでこの生え際)など移植部位によっては、「ヘアライン」のデザインセンスが仕上がりの満足感に関して重要な要素となります。
技術が信頼できるだけでなく、しっかりカウンセリングしてくれるクリニックをチェックするとよいでしょう。

□ メリット

・自毛移植で髪が定着すれば、ヘアサイクルに伴い一度抜けてもまた生えてくるようになる
・かつらや増毛のような定期的なメンテナンスは不要

□ デメリット(注意点)

・一度に植毛できる量に限りがある
・植毛した髪が生えそろうまでに時間がかかる
・何度かに分けて施術が必要になることもある

□ 料金設定について

基本の手術費用に加えて、植毛する量に応じた費用が加算されます。

植毛する量は、面積や密度により異なりますので個人差があります。
多くのクリニックで無料カウンセリングを行っていますので、いくつかのクリニックで相談、比較してみるのもよいでしょう。

自由診療のため保険適用外の治療となります。

□ アフターケア

植毛は外科手術なので、しっかりと医師の指示にしたがって術後の生活を送りましょう。
日帰り手術の場合は特に、当日を含めて気をつけて過ごしましょう。

手術の方法によって、いつから入浴や洗髪をしてよいかなどが変わってきます。
また、顔がむくむこともあるといわれています。

何か気になることが出てきたときに、すぐに相談できるようなアフターサポートのあるクリニックを選ぶのも大事なポイントです。

4-3 育毛サポート

増毛 薄毛対策 育毛 発毛 植毛 かつら ウィッグ薄毛や抜け毛が気になりはじめたら、育毛サポートを意識しましょう。
育毛サポートで、髪の毛を増やす“増毛”はできません。
しかしながら、育毛剤を用いて抜け毛を防ぎ、髪や頭皮をすこやかに保つケアをすることは早期の薄毛対策としてとても重要です。

育毛サポートに必要なのは、育毛剤や生活習慣を変えていく努力です。
ここでは【①育毛剤】と【②生活習慣やヘアケア】に分けて、育毛サポートの方法についてご紹介します。

①育毛剤

増毛 薄毛対策 育毛 発毛 植毛 かつら ウィッグ育毛剤とは、「脱毛の防止および育毛を目的とする外用剤」(医薬部外品)です。

つまり、頭皮に塗布することで、頭皮や髪の毛をすこやかに保ち、抜け毛を防いだり、育毛・養毛をサポートしたりするものです。

産後の一時的な抜け毛などが気になる女性にもおすすめです。

□ メリット

・ふだんのヘアケアにプラスして気軽に取り入れることができる
・ドラッグストアや通販で手に入れやすい

□ デメリット(注意点)

・増毛できるわけではない

□ 価格

本体価格でいうと、税抜3,000円以下のものから10,000円以上のものまであります。
1mlあたりの価格では十数円のものから百円以上のものまであります。

□ 使用方法

育毛剤は、洗髪後などの清潔な頭皮に塗布して使用します。
ノズルを直接頭皮につけて使うものもあれば、噴射式で頭皮に塗布するものもあります。

多くの育毛剤は使用時に、頭皮マッサージを合わせて行い、マッサージによって頭皮の血行をサポートすることで、頭皮をすこやかに保つサポートをします。

一般的な育毛剤では、朝晩の2回使用を推奨していることが多いようです。
就寝前と、朝は整髪料などをつけるスタイリングの前に使用するとよいでしょう。

使用量はメーカーによって異なります。メーカー推奨の適量を守りましょう。

□ 注目商品~男性~

ポーラ グローイングショット エス【医薬部外品】
polaグローイングショットエス 育毛剤 薄毛対策内容量:200ml 参考価格:5,000円(+税)

「男性ホルモン」に着目して開発された、さわやかな使い心地の男性用育毛剤です。
ポーラ独自の保湿成分「Sマルトシド」を配合。
頭皮と髪の毛をすこやかに保ち、育毛サポート、脱毛対策サポートをしてくれます。

落ち着いた大人の男性をイメージさせるボトルデザインも素敵です。

資生堂 不老林 ライブXGブラック 頭皮用育毛料【医薬部外品】
不老林 ライブXGブラック 頭皮用育毛料 育毛剤 薄毛対策内容量:200ml 参考価格:8,000円(+税)

不老林シリーズは、資生堂から展開されている、男性の毛髪悩みに30年以上向き合ってきたブランドです。その名前がなんとも魅力的です。

和漢植物保湿成分のサンショウエキスを配合。
頭皮をすこやかに保ち、育毛をサポートします。

狙った部分につけやすいスプレーノズルなので、生え際などの気になる部分にピンポイントで使いやすくなっています。(※頭皮からは2~3センチ離して使いましょう。)

□ 注目商品~女性~

ラサーナ 薬用地肌エッセンス【医薬部外品】
ラサーナ 薬用地肌エッセンス 育毛剤 薄毛対策内容量:150ml 参考価格:5,000円(+税)

髪の分け目やつむじの地肌が気になってきたり、産後の抜け毛が気になったり、抜け毛・薄毛を対策したい女性におすすめの薬用地肌エッセンス。
女性特有の薄毛の原因やヘアサイクルに着目している育毛剤です。

フェミニンなボトルデザインなので、育毛剤だとは分かりにくいのも魅力。
頭皮をすこやかに保ち育毛をサポートしながら、ハリ・コシのある髪へと導きます。

シトラス&フローラルのさわやかな香り。無着色、無鉱物油。

ポーラ グローイングショット BK【医薬部外品】
グローイングショットBKPOLA 育毛剤 薄毛対策内容量:170ml 参考価格:6,000円(+税)

40代からの髪のエイジングサインに着目したヘアケア“グローイングショットシリーズ”の女性用育毛剤です。
ノズルの先を直接頭皮に当てて使うので、狙った部分につけやすくなっています。

保湿成分として、パウダルコエキス・ワレモコウエキス・黒米エキスなどのポーラオリジナル成分を配合。
抜け毛を防いで育毛サポートし、髪を育てる土壌となる頭皮をすこやかに保ってくれます。

ローズフローラルの微賦香タイプ。

⇒育毛剤についてもっと知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
育毛剤ランキング【男女別おすすめ】抜け毛・脱毛・薄毛悩みを対策!

②生活習慣やヘアケア

育毛サポートのために、育毛剤を用いるだけでなく、生活習慣も見直しましょう。
主なポイントは5つです。

・食生活に気をつける
・十分な睡眠をとる
・運動やマッサージ・入浴で血行をよくする
・ストレスをためない
・洗い過ぎない

それぞれについてご紹介します。

□ 食生活に気をつける

増毛 薄毛対策 生活習慣育毛サポートのために、バランスのよい食生活を心がけましょう。

髪の毛も体のその他の部分と同じように、食べたものから摂れる栄養をもとにできています。
すこやかな頭皮・髪の毛を保ち、育毛をサポートするためには、ビタミン・ミネラル・たんぱく質などの栄養が不足しないようにバランスのよい食生活を心がけましょう。

バランスのよい食生活を送るヒントとして知られているのが、“まごはやさしい”という合言葉です。
バランスよく摂りたい食材の頭文字をとったものです。

ま … まめ類
ご … ごま
は(わ) … わかめ(海藻類)
や … 野菜
さ … 魚
し … しいたけ(きのこ類)
い … いも類

これらの食材をバランスよく取りいれた食生活を心がけましょう。

また、糖質・脂質の取り過ぎに気をつけることも大事です。

□ 十分な睡眠をとる

増毛 薄毛対策 生活習慣育毛サポートのためには、十分な睡眠、質のよい睡眠を心がけましょう。

髪の毛は眠っている間に成長するといわれています。
十分な睡眠をとることで、眠っている間に体のすみずみにまで栄養が届き、髪を育てることにつながります。

□ 運動や入浴、マッサージで血行をよくする

増毛 薄毛対策 生活習慣運動や入浴で全身の血行をよくしたり、適度なマッサージで直接的に頭皮の血行をよくしたりすることは育毛サポートとして大切です。
血行が悪ければ、頭皮に限らずですが、栄養がすみずみまで行きわたりにくくなります。
栄養が行きわたらなければ、すこやかな毛髪を保つことはできません。

週に3~5回程度のウォーキングやジョギングなどの有酸素運動、日々の入浴を心がけ、シャンプー時や育毛剤の塗布時などに頭皮の軽いマッサージを取りいれるようにするとよいでしょう。

□ ストレスをためない

増毛 薄毛対策 生活習慣ストレスを感じると血行が悪くなり、すこやかな頭皮や髪の毛を保ちにくくなってしまいます。
ストレスをため込まず、上手に発散するようにしましょう。

□ 頭皮に負担をかけない

増毛 薄毛対策 生活習慣洗い過ぎで頭皮の皮脂を奪いすぎたり、シャンプーやマッサージ時に爪を立てて頭皮を傷つけてしまったりしないようにしましょう。

また、紫外線をたくさん浴びると頭皮の負担になることもあります。
外出時は、帽子や日傘で対策することをおすすめします。

□ その他

喫煙は血管を収縮させるので、血行を悪くするといわれています。
育毛サポートとしては、たばこの吸い過ぎに注意しましょう。

4-4 発毛(薄毛治療)

増毛 薄毛対策 発毛発毛(薄毛治療)に関心がある方は、発毛(薄毛治療)を行っている頭髪専門クリニックなどを受診して相談してみるとよいでしょう。

発毛(薄毛治療)には、外用薬(塗り薬)による治療もあれば内服薬(飲み薬)による治療もあります。
発毛薬による治療には副作用もありますので、しっかりと医師と相談したうえで取りいれるようにしましょう。

(自由診療のため保険は適用されません。)

□ メリット

・自分の髪の毛が生えてくる

□ デメリット(注意点)

・副作用が出ることもある
・他に服用している薬がある場合など注意が必要

□ 治療にかかる時間・期間

血液検査や血圧検査などをすることがあるので、多少時間がかかることがあります。

個人差がありますが、数か月以上継続するケースが多いようです。

□ 価格

処方される薬により異なります。
自由診療のため保険は適用されません。

5. まとめ

増毛 薄毛対策 方法 種類「増毛」をはじめとした薄毛対策のあれこれをご紹介しました。

・気になる髪の分け目
・気になるつむじの地肌
・気になる生え際への視線
・気になる頭部への目線
・気になる髪のボリューム感

などなど、薄毛にまつわる悩みは24時間つきまとうので、そのストレスがさらに薄毛に拍車をかけてしまうこともあるかもしれません。

「増毛」は物理的にその悩みをカバーできてしまう魅力的な手段です。
自分のレベル感にあわせて対応することも可能なので、徐々に隠していくこともできるのもうれしいポイントです。

ただし、「増毛」を取りいれる際は、メンテナンスについての知識が必要不可欠です。
事前にしっかりとチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

また、よく検討したうえで、「増毛」以外の薄毛対策を選択肢に加えるのもよいことです。

今回は、

・かつら(ウィッグ)
・植毛
・育毛剤&育毛サポートの生活習慣やヘアケア
・発毛(薄毛治療)

などの方法についてもご紹介しました。
すべての薄毛対策に、メリットもあればデメリットもあります。
より多くの選択肢のなかから、自分にあった薄毛対策法をみつけることが大事です。

薄毛悩みは、男性にも女性にも起こりうる悩みです。
思うようにいかないヘアスタイリングは、気持ちを沈ませてしまいますし、せっかくの楽しいライフイベントを浮かない顔で過ごすことにもつながりかねません。

男性も、女性も、気後れしないで人生を存分に楽しむために、ぜひとも、自分にあった薄毛対策をとりいれてくださいね。
積極的に、ハッピーな毎日を目指しましょう!

この記事は2017年1月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る