メニューを開く

手荒れの理由は? あかぎれのないきれいな手を目指そう

Pocket
LINEで送る

手荒れ 原因手荒れがなおらない、理由は何?手荒れも痛みが伴ってくると、とっても辛いですよね。

手荒れは理由の分からないまま放っておいてしまうと、ますます悪化してしまいます。

手荒れの理由はいくつか考えられます。どうして手が荒れてしまうのか、どうして悪化していくのかその理由を把握して、手荒れのお手入れをしていきましょう!



1.手荒れの3つの理由

ハンド手荒れの理由はいくつか考えられますが、大きく3つに分けられます。順に確認していきましょう。

①水仕事による手荒れ

手荒れの理由でとても多いのが、水仕事によるものです。
手②水と一緒に皮脂が流れる事で、潤いを失った手はカサカサと乾き、表面が硬くなってしまいます。

その状態が続くことで、手にはひび割れが起き、ひどくなるとあかぎれへと繋がることがあり、主婦や飲食業のように、水仕事を定期的に行っている方に多く見られる手荒れです。

②乾燥による手荒れ

手③空気が乾燥する秋冬の季節は、どうしても肌が水分を失い、乾燥しがちになってしまいます。そのため、手の水分も蒸発して潤いが失われてしまいます。

水分が失われると、肌表面は硬くなり、手や指の表面にヒビが入ったり・あかぎれが起きたりもします。

とはいえ、乾燥は何も冬にだけ起こりうるものではありません。一年を通して起こりうる可能性があるのです。

例えばレジなどお札を定期的に触る仕事に就いている場合、毎日多くのお札を触る事によって手の水分が失われます。

また、アパレル職の場合は衣類を毎日触る・畳む作業を繰り返す事で、こうした作業を繰り返していく中で、手の水分が奪われ乾燥が生じることもあります。

このように、季節に関係なく手を使用する仕事に就いている方は、常に手の乾燥や手荒れの可能性があるのです。

③アレルギー反応による手荒れ

手④美容師さんなど特殊な薬を多く扱う職業は、薬の強い刺激によってアレルギー反応を起こし、手が荒れてしまいます。

このように薬など特殊なものによる手荒れの場合は、通常の手荒れとはタイプが異なりますので、病院で早めに診てもらうことをおすすめします。

2.手荒れの悪化を防ぐ対処法

2-1.水仕事による手荒れの場合

食器用洗剤を変える

食器洗いは毎日行うものですよね。それは仕方のないことです。ならば、食器用洗剤を手にやさしいものに変え、手にかかる負担を少しでも減らすよう努めましょう。

洗剤を変えたくない場合は、ゴム手袋を使用しましょう。

■おすすめの洗剤
MIYOSHI 手肌のための食器あらい
ミヨシうるおい成分配合で、肌のうるおいは保ちつつ、食器をきれいに洗うことができるのです。

アレルギーテスト済みで、安心して使えます。

ハッピーエレフェント 食器用洗剤ラベンダー
ハッピー植物原料で、泡切れが良くすすぎ性に優れています。
ほのかなラベンダーの香りが心地よい、手肌にやさしい食器用洗剤です。

水または、ぬるま湯を使用する

手⑤適温は32~35度です。水仕事をする際は、手の潤いを守る為にも熱いお湯は使わずに、水またはぬるま湯を使用しましょう。

その後は、しっかりと保湿して下さい。

2-2. 乾燥による手荒れの場合

乾燥による手荒れの場合は、まずは手が乾燥しやすい状態を防いであげることが大切です。

手を洗いすぎない

手⑥手を清潔にしようと必要以上に洗う事によって、手の油分は奪われて乾燥してしまいます。

過度な手洗いは避け、外出から戻った時やトイレの後など本当に必要な時にしっかりと手を洗いましょう。

また、手を洗った後はしっかりと拭いて下さい。

頻繁に手を洗わなければ落ち着かないという方は、水を使用した手洗いの代わりに、除菌ジェルによる洗浄を行うなどの工夫をしましょう。
※除菌ジェルも使い過ぎると乾燥を招く場合があります。くれぐれも使用法は商品に従って下さい。

健栄製薬 手ピカジェルmini
手ピカ保湿成分のヒアルロン酸配合で、手の乾燥を防ぎながら清潔に保つことが期待できます。

乾燥から、手を守る保護クリームを使う

ハンドクリームでは物足りないという方は、ハンドクリームよりもややしっかりと肌を保護することができる、「皮膚保護」タイプのクリームをおすすめします。

皮膚保護クリームとは、皮膚呼吸を妨げずに乾燥する前から手を守ってくれる役割があり、分かりやすく伝えると透明の手袋です。

チャフスカラップ ガードバリア
ガードバリアガードバリアはベタつきが少なく無香料で使いやすいクリームです。ハンドクリームでは、ベタつく・すぐ落ちてしまうとお悩みの方にもおすすめです。

3.まとめ

手荒れを防ぐ為にも、洗剤・水・乾燥に注意して手をダメージから少しでも守れるようできる限り意識していきましょう。

夜はしっかりとハンドクリーム+手袋でお手入れしてあげて下さいね。

この記事は2016年5月12日時点での情報になります。


Pocket
LINEで送る