メニューを開く
アスタリフト;
提供:ハウスウェルネスフーズ株式会社

二日酔いの予防策!二日酔いを防いで楽しくお酒を飲む方法

二日酔い 予防飲み会のたび、二日酔いになって翌日がつらい…。
もうこんなつらい思いはしたくない!!と思ったことはありませんか?

二日酔いは、お酒を飲む前・飲んでいる最中から意識して行動すれば、防ぐことも可能です!

今回は、二日酔いを避けるための対策と、二日酔いになってしまった時の対処法をご紹介します。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

活性ウコンウコンの力でおなじみ!この時期、頑張らないといけないあなたに!ウコンの元気パワーをぎゅうっと詰め込んだ「活性ウコン

≪ハウス≫選りすぐりの「秋ウコン」を使用して、健康成分である「クルクルミン」を凝縮して配合!
さらに、様々な成分の吸収をよくするとされている「ピぺリン」、伝統の栄養素材である「紫ウコンエキス」も含まれているのでオススメです!

今なら特別モニター募集キャンペーン中!
一般価格3,086円(税込)のところ、モニターなら特別価格2,100円(税込)でお申し込みが可能です!
また送料は無料です!
活性ウコン

活性ウコンSUPER300×250


1.二日酔い対策

頭痛・吐き気・だるさなどの二日酔いの不調は、これらが原因となって起こるといわれています。

・体内の水分が不足する
・血糖値が下がる
・肝臓に負担がかかる

この二日酔いの主な原因を防ぐ方法について、お酒を飲む前・飲んでいる最中・飲んだ後に分けてご紹介していきます。

【肌らぶ参考商品】
活性ウコンSUPER468×60

1-1.お酒を飲む前

二日酔い対策に大事なのは、飲む前に少し食べておく事です。

空腹状態でアルコールを飲むと、普通の状態よりもアルコールが体内に吸収されやすくなってしまいます。

また、空腹で栄養が足りていない状態だと、アルコールを分解する器官の肝臓の働きがにぶるため、酔いがまわりやすくなります。
あらかじめ、少し食べておくと良いでしょう。

お酒を飲む前におすすめの食べ物・飲み物をご紹介します。

・ドレッシングのかかったサラダ
二日酔い 予防お酒を飲む前に脂肪分を取っておくと、胃に膜を張ってくれると言われています。
それにより、アルコール吸収をゆるやかにしてくれる働きがあります。

サラダは脂肪分と一緒に野菜のビタミンも摂取できるので、お酒を飲む前にはおすすめです。

オリーブオイル・バターを使った料理やナッツ類なども良いでしょう。
二日酔い 予防 ナッツ

・緑茶

二日酔い 予防 緑茶カテキンとは茶葉に含まれるポリフェノールの一種で、お茶の中では緑茶に多く含まれています。

緑茶に含まれるカテキンは、アルコールの吸収をゆるやかにしてくれる働きがあります。
お酒を飲む前や、飲んでいる最中にチェイサーとして飲むと良いでしょう。

カテキンの濃度を売りにしているお茶なども発売されています。

1-2.お酒を飲んでいる最中

■いろんな種類のお酒を飲まない
色んな種類のお酒を飲むいわゆる“ちゃんぽん”は、味が変わることでたくさんの量を飲みやすくなってしまいます。
二日酔い 予防 お酒どれくらいの量を飲んだかも分かりにくいため、たくさんの種類のお酒を同時に飲むのは控えましょう。

■後半・遅い時間になったらノンアルコールにする

飲み会の後半からノンアルコールやソフトドリンクにするなどアルコール量を抑えるように意識すると良いでしょう。

遅い時間までアルコールを摂り続けると、結果、アルコールの総摂取量も必然的に多くなり、翌朝まで体内にアルコールが残ってしまいやすいです。

■お水を多めに飲む
二日酔い 予防 水たくさんお水を飲むと、体内のアルコール濃度が薄められるので、二日酔い対策におすすめです。

お酒を飲むとトイレが近くなることはありませんか?

飲酒後は飲んだアルコール量よりも、多く水分が排出されやすいと言われているので、飲んだお酒よりも多めに水を飲むのが理想的です。

■食事しながら飲む

空腹の状態はアルコールが吸収されやすくなるため、飲む前と同様に、飲んでいる最中も食事をしましょう。

食べながら飲めば、アルコール吸収をゆるやかにすることができます。

おすすめはこちらです。

・枝豆
・納豆
・チーズ
・豆腐  など
二日酔い 予防 枝豆これらは、ビタミンCやたんぱく質が豊富な食べ物です。
飲み会の食事にもよく登場するものなので、これらの料理を積極的に取るようにしましょう。

■カフェインや薬とアルコールを一緒に飲まない

お酒を飲むときは、カフェイン・薬を一緒に飲むことは控えましょう。
カフェインの働きで、多少酔っていても意識がはっきりしていると感じやすいため、飲み過ぎてしまい、急性アルコール中毒を起こす恐れなどもあります。

また薬と一緒に飲むと、薬が効きすぎてしまったり酔いが回りやすくなる場合があります。基本的には薬とお酒は一緒に摂らないようにしてください。

1-3.お酒を飲んだ後

■寝る前に500ml程度の水を飲む
しつこいようですが、寝る前にも水分を取りましょう。

寝ている間も水分が失われ、脱水状態になりやすいためです。
脱水状態になると朝起きた時にだるさや頭痛などが生じてしまいます。

■しっかり眠る
睡眠をとる事でアルコール分解が促されますので、アルコールを摂った後はしっかり眠るようにしましょう。

二日酔い 予防 睡眠なかなか寝付けないときは、横になるだけでも体が休まります。

また、お酒を飲む前の睡眠も重要です。睡眠不足のまま飲酒すると、酔いやすくなってしまいます。

睡眠不足の状態で飲みに行く際は、アルコール量を抑えるように意識してください。

2.二日酔いになってしまった時の対処法

気を付けていたけど飲み過ぎて二日酔いになってしまった…。という時の対処法をご紹介します。

■水分を摂る
朝起きて、二日酔いだ…と思ったら、まず水分を摂りましょう。
二日酔い 予防 水分
常温の水・ぬるま湯・スポーツドリンクがおすすめです。

冷たい水分を一気に飲むと、お腹がゆるくなることもあるので、ゆっくり少しずつ飲むようにしてください。

■二日酔いに良い食べ物を食べる

二日酔いのときにおすすめなのはこちらの食べ物です。

・味噌汁
・梅干し
・ハチミツ
・トマト
・アロエヨーグルト
・肉うどん
・カレー
二日酔い 予防 肉うどん

これらの食べ物は、アルコールの分解をサポートしてくれたり、体のエネルギーとなって元気が出やすくなります。

だるくて食欲がなかったとしても、食べられそうな物を選んで、なるべく食事をするようにしましょう。

■睡眠をとる

二日酔い 予防 睡眠お酒を飲んだ後にもしっかり眠るようお伝えしましたが、二日酔いになっても同様に大切です。睡眠をとって体を休ませてあげましょう。

二日酔い対策には、お酒を飲む前・飲んでいる最中から意識して行動しておくことが大切です。

意識をすれば簡単にできることばかりですので、ぜひ次の飲み会から実践しましょう!

この記事は2016年5月17日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ参考商品】
活性ウコンSUPER468×60

活性ウコンSUPER300×250


Pocket
LINEで送る