メニューを開く
2017年4月10日 更新

花粉症でもメイクを楽しみたい♡5つのメイクポイント

花粉症 メイク1

「花粉症でメイクが崩れやすい…メイクしない方が良いのかなぁ…。」とお困りではありませんか?

花粉症の方はいくらバッチリメイクをしても、涙でアイメイクが滲んでしまったり、鼻をかむことでファンデーションがとれてしまったりするので、本当に悩ましいですよね。

今回は、辛い花粉の時期にもメイクをあきらめず、可愛く、キレイでいたい女性へ。

花粉症の方に意識してほしいメイクポイントについてなど、詳しくご紹介します。




1.花粉症の方必見!5つのメイクポイント

花粉症 メイク

さっそく、花粉症の方のメイクポイントをご紹介します。

花粉症の方は、肌がデリケートに傾くことも少なくないので、メイクの前には肌にうるおいを与える保湿のお手入れをしっかり行ってくださいね。

①ベースメイクは薄く広げてナチュラルに仕上げる

花粉症 メイク

ベースメイクは、肌の上で薄く広げ、なるべくナチュラルに仕上げることをおすすめします。

花粉症の方は、どうしてもティッシュで鼻をこすったり、涙が滲んだりしやすいです。

そのため、しっかりベースメイクをした場合、ファンデーションがとれた部分が目立ちやすいこともあるためです。

また、パウダーの粉に花粉症が反応することも考えられるため、BBクリーム、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、クッションファンデーションなど、しっとりと仕上がりやすいファンデーションを使うことも検討してみてくださいね。

目の周りだけ軽くパウダーを使っておさえると、アイメイクが崩れにくくなります。

②アイシャドウは、ベージュかピンク系をつける

花粉症 メイク

涙で崩れがちなアイシャドウは、崩れても目立たないベージュか、肌が赤くなっている部分が目立たないピンク系がおすすめです。

花粉症で赤くなりがちな目元は、ベージュやピンク系のメイクを行うことで赤みが目立ちにくくなることが期待できます。

また、これらのカラーは涙袋にも塗っても自然に大きな目を演出しやすいでしょう。

滲むのを避けるために、下まつげのマスカラや下のまぶたへのアイラインを控えて目元の印象に物足りなさ

③マスカラは上まつ毛にだけ塗る

花粉症 メイク

マスカラは、できれば上まつ毛だけに塗ることをおすすめします。

涙が出て崩れやすいのは、上まぶたより下まぶたのメイクだからです。

下まつ毛にもハリや束間を演出したい方は、滲んでもわかりにくい透明タイプのマスカラがおすすめです。

デートなどで、下まつげもしっかりマスカラを塗りたい!という方は、ウォータープルーフタイプのマスカラを使用し、目薬をさしたり涙が滲んだりしたら、こまめに鏡をチェックしましょう。

④アイラインは目尻重視でひく

花粉症 メイク

花粉症の方はアイライナーを使用する際、目尻側3分の1を意識してアイラインを引くようにしましょう。

粘膜やまつげのきわにラインを引くと、涙や目薬によってアイラインが滲みやすくなってしまう可能性があるためです。

目尻側であれば、滲んでも比較的すぐにお直ししやすいでしょう。

また、アイライナーは、涙にも強いウォータープルーフを使うことをおすすめします。

⑤チークとリップにポイントをおく

花粉症 メイク

花粉症の方はアイメイクをナチュラルに仕上げる分、チークとリップにポイントをおいたメイクをしましょう。

チークとリップにポイントをおくと、アイメイクが控えめであっても華やかで明るい印象になります。

ふだんと違うメイクをすることで、雰囲気の違う素敵な自分を見つけられるかもしれません♪

チークは、花粉症による肌の赤みが目立たないピンク系がおすすめです。

2.肌らぶ編集部おすすめ!チークで春らしさを♡

ここでは花粉症の方におすすめしたいメイクアイテムをご紹介します。

花粉症でもイキイキとした表情を演出できるよう、顔に立体感を演出しやすいチークを選びました。

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

ミュゼル ノクターナル フェイスカラー

販売会社:株式会社POLA
価格:3,500円(+税)

ミュゼル ノクターナル フェイスカラーは、質感の異なる3色をブレンド。

チークカラー、ニュアンスカラー、ハイライトカラーがセットされているため、血色感と立体感を演出しやすいフェイスカラーです。

3色展開のチークなので、自分の肌や雰囲気に合うカラーを見つけやすいでしょう。

POLA公式HPはこちら

3.花粉症の方必見!メイク直しのポイント

花粉症 メイク

花粉症の方はメイク直しのポイントをおさえて、メイクが崩れても慌てずにお直しできるようにしましょう。

次の9アイテムを駆使して、キレイにメイクを直すポイントについてご紹介します。

★メイク直しアイテム

・フェイスパウダー
・口紅
・綿棒
・ティッシュ(またはあぶらとり紙)
・チーク
・アイライナー
・アイシャドウ
・乳液
・リップクリーム

【ベースメイクの直し方】

花粉症 メイク

ベースメイクが崩れてしまった場合は、余分な皮脂を取り除くため、あぶらとり紙、またはティッシュで顔をおさえましょう。

ティッシュオフができたら、柔らかいテクスチャーのファンデーションを指の腹にほんの少量のせます。

その指で、ベースメイクが崩れた部分に優しい力加減でポンポンとファンデーションを塗っていきます。

仕上げに、パウダーを含んだパフで粉とびしないよう気を付けながら、崩れた部分周辺もおさえることで、キレイに馴染むでしょう。

【ポイントメイクの直し方】

■目元
目元がパンダ目のように滲んでしまった場合は、綿棒の先に乳液をつけて湿らせ、気になる部分を優しくなぞりましょう。キレイに落とすことができます。

フェイスパウダーを目元に軽くのせてからアイシャドウを重ねると、メイク直後のきれいな状態を取り戻すことができるでしょう。

■口元
口元は、リップクリームで唇の保湿を行いましょう。その後、口紅を塗るともちが良くなります。

■頬
チークも意外と落ちやすいです。
メイクのいちばん最後に、全体のバランスを見ながら軽く足しましょう。

4.日常で意識すべき!花粉症対策

花粉症 メイク

ここでは、花粉症対策についてご紹介します。花粉症対策をすることが、メイクのもちにも繋がるでしょう。

①マスクをする

外出時はマスクを忘れず着用しましょう。プリーツ型や立体型のマスクは顔の凹凸にフィットしやすいのでおすすめです。

さらに肌と接触している面積も少ないので、メイクも崩れにくいでしょう。

②メガネをする
花粉症の方は外出の際、メガネをかけるようにしましょう。

メガネをかけることで、正面からの花粉の侵入が避けやすくなることが期待できます。

特に花粉症対策用のメガネは、目をしっかりと保護しやすいので、おすすめです。

最近ではオシャレなデザインのものもありますので、ぜひ活用しましょう。

③花粉をブロックするスプレーを使う
花粉症の方には、花粉をブロックするスプレーの使用もおすすめです。

スプレーによって花粉の付着を抑えることが期待できます。

5.まとめ

今回は花粉症の方におすすめのメイクについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

花粉症の方も、普段とは違うメイクをすることで新しい自分の魅力を発見することがあるかもしれません♡

つらい花粉症の時期も、キレイに可愛くメイクを楽しみましょう。

この記事は2017年4月10日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。