メニューを開く

花粉症にヨーグルトは効果的?正しいヨーグルトの食べ方と選び方

Pocket
LINEで送る

花粉症 ヨーグルト
「花粉症にヨーグルトがいいって本当?」、「ヨーグルトは花粉症にどうしていいの?」と、疑問をお持ちではありませんか?

さまざまなメディアで、花粉症にはヨーグルトが良いと取り挙げられているのを、目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

さまざまな体に良い働きをしてくれるヨーグルトですので、花粉症の時期に食べることで何か恩恵を受けられそうですよね!

しかし、すべてのヨーグルトが花粉症に働きかけるわけではありません。また、食べ方も重要です。

今回は、花粉症対策として食べるヨーグルトの選び方や、食べ方などをご紹介します。



1.「花粉症にヨーグルト」と言われる理由

花粉症の方が、多少ヨーグルトを食べただけで、花粉症がなくなるということは、難しいようです。

ではなぜ花粉症にヨーグルトが良いと言われるのか、まずはその理由をお伝えします。

花粉に対するアレルギー反応を抑えることが期待できる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、体を外部からの侵入者(菌やウイルスなど)から守る働き(免疫)のバランスを保ってくれると言われていることから、花粉に対する体のアレルギー反応の抑制が期待できます。

体のアレルギー反応は、2種類ある免疫のバランスが乱れることで起こります。

このバランスの乱れの原因は、ハッキリと解明されていませんが、食生活の乱れや体内環境などが関係していると言われています。

花粉症によるくしゃみや目のかゆみなども、2種類の免疫のバランスが乱れることで引き起こされると言われていますが、乳酸菌・ビフィズス菌は、それらのバランスを整えてくれると言われているのです。

乳酸菌やビフィズス菌などの、アレルギー反応に対する働きの研究は、現在も進められているそうです。民間療法としても、ヨーグルトは注目されているようですね。

ただし、上記の期待できる働きはすべての乳酸菌やビフィズス菌が当てはまるわけではないので、おすすめの菌を、次の章でご紹介します。

2.おすすめ!菌の種類

ここでは、花粉症の方に食べてほしいヨーグルトを6つご紹介します。その中に含まれている菌は下記です。

・KW乳酸菌
・フェカリス菌
・LG21乳酸菌
・1073R-1乳酸菌
・BB536ビフィズス菌
・L-55乳酸菌

それぞれフレーバーや、価格などを考慮し、お好きなものを選んでみてください。

・小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス/小岩井乳業

プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス

 

91kcalと低カロリーで、カロリーを抑えたい方におすすめです!

詳細はこちら

・朝のYoo(フェリカス菌)/伊藤園
朝のYoo

ヨーグルトの酸味が苦手な方にも飲みやすい、濃厚な味わいが特徴的なドリンクタイプです。朝食のお供にいかがでしょうか♪

詳細はこちら

・明治プロビオヨーグルトLG21シリーズ(LG21乳酸菌)/明治乳業

LG21

低脂肪、砂糖ゼロ、ドリンクタイプなど、豊富なラインナップです。

詳細はこちら

・明治プロビオヨーグルトR-1(1073R-1乳酸菌)/明治乳業

R-1

風邪対策として食べる方もいるというヨーグルトです。

詳細はこちら

・ビヒダスヨーグルトシリーズ(ビフィズス菌)/森永乳業
ビヒダスヨーグルト

プレーンタイプはコストが抑えられ、家に買い置きしておきたくなるサイズです。フルーツ入りのタイプは、種類が豊富で、飽きがこないのがポイントです!

詳しくはこちら

・たっぷりマンゴーヨーグルト(L-55乳酸菌)/オハヨー乳業

マンゴーヨーグルト

マンゴーの他に、ゴールデンパイン、フルーツミックスなどがあります。ミニサイズでササッと手軽に食べやすいですね!

詳しくはこちら

3.効果的にヨーグルトを食べる方法

ヨーグルトは、選び方の他に食べ方も大切です。

自分でできる花粉症対策の1つとしておすすめの、ヨーグルトの食べ方をご紹介します。

3-1.食後に食べる

乳酸菌をしっかり腸まで届けるために、ヨーグルトは食後に食べることをおすすめします。

空腹時は胃酸が強く、乳酸菌にとって良くない環境と言えるからです。

「乳酸菌が生きたまま腸に届く」などのキャッチコピーを掲げるヨーグルトがありますが、乳酸菌にしっかり働いてもらうためにも、食後に食べるのがおすすめです。

3-2.毎日続けて食べる

乳酸菌は、ずっと腸内にとどまるものではないため、毎日食べる習慣をつけることが望ましいです。

セルフ花粉症対策として体内環境を整えるためには、毎日食べ続け、かつ一定期間はその習慣を継続することが大切です。

コンビニで手軽に買えるものも多く、おやつ代わりとしても美味しく食べられます!

もし体調が良くなったとしても、その習慣をやめてしまっては、また元通りになると考えられます。

3-3.花粉症シーズン前から食べる

ヨーグルトは薬ではないので、食べて花粉症の治療になるわけではありません。

花粉シーズン前から食べ始めておき、体内環境を整えておきましょう。善は急げという言葉もあります。

美容や健康に良いと言われるヨーグルトを食べる習慣は、花粉症対策としてだけではなく、他の恩恵も期待できるので、時期に関係なく食べることをおすすめします!

4.花粉症の原因

花粉症の原因は、体の外から入ってくるアレルギー物質に、体が反応しすぎてしまうことで起こります。

人の免疫には2種類あるのですが、それぞれがバランスを取りながら、担当しているウイルスやアレルギー物質と戦うことで、健康を保っています。

しかし、花粉症の方は、一方のみが多くなりすぎてしまい、2種類の免疫のバランスが崩れ、それによって体にアレルギー反応が出るのです。

5.まとめ

ヨーグルトは、豊富な種類や味があり、手軽に買えるという点がうれしいですよね。

どんな健康に良い習慣も続けることが大事ですが、毎日1つヨーグルトを食べる(飲む)というのは、比較的取り入れやすいかと思います。

花粉症が辛くて毎年お悩みの方は、毎日ヨーグルトを食べる習慣を続けてみてください。

去年の辛さが、今年は抑えられるかもしれません。

※この記事は2016年6月15日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る