アーモンドミルクはダイエットに効果的!気になる効果5つ☆

Pocket
LINEで送る

アーモンドミルク アーモンドミルクってダイエットに効果があるの?

アーモンドミルクは近年話題になり、モデルなども取り入れている話題のヘルシードリンクと言われています。

一体アーモンドミルクには、どのようにダイエットに働き、痩せること、美しくなることができるのでしょうか?

ここでは、アーモンドミルクのダイエット効果や取り入れ方・作り方など詳しくご紹介します。

1、アーモンドミルクとは

アーモンドミルク

アーモンドミルクとは、その名の通りアーモンドから作られたミルクのことです。

ミルク聞くと、牛乳、そして豆乳が思いつくかと思いますが、アーモンドミルクは「第3のミルク」とも呼ばれていて、ライスミルクやヘンプミルクなどと同じく括りにあります。

アーモンドが美容に良いということは聞いたことがありますか?

海外セレブやモデルの方が、おやつには手のひらに乗る程度のアーモンドを食べているという言葉を耳にします。

アーモンドを水と一緒にブレンダーにて混ぜたものがアーモンドミルクという飲み物です。

アーモンドミルクには乳糖が含まれていないため、牛乳を飲むとお腹を下すなどの乳糖不耐性の方にはとてもおすすめのミルクです。

これは乳糖を分解するラクターゼという酵素が減ることが原因で発症しうる症状で、日本人など有色人種に多くみられます。

今回、この記事でご紹介するアーモンドミルクは、市販のものではなく手作りのアーモンドミルクを使用したものになります。

手軽に購入できる市販のものではなく、なぜ費用や手間をかけてまで手作りしたアーモンドミルクにこだわるのかは第3章にてご説明します。

2、アーモンドミルクのダイエット・美容効果 5つ

アーモンドミルクにはどのようなダイエット効果や美容効果があるのかをご紹介していきます。

アーモンドは決してカロリーの低い食品ではありません。

しかし、あんなに体型に気を使っている人たちが、こぞって取り入れるアーモンドやアーモンドミルクには、きっとなにか特別な効果や栄養素などの魅力が詰まっているはずですよね。

ここではアーモンドミルクの魅力的な効果を5つご紹介していきます。

豊富な鉄分による代謝を維持する効果

ハーバード式野菜スープ

アーモンドミルクをダイエットに取り入れることで鉄分を摂取することができます。

鉄分をしっかりと補給してあげることで、血液中のヘモグロビン量をしっかりと保ち、全身に十分な酸素を行き渡らせることで体の機能を健康に保つことができます。

ダイエット中は、もともと日本人は鉄分が不足しやすい食生活にプラスして食事制限を行うため、鉄分不足になり貧血や立ちくらみを起こしやすくなります。

逆に捉えると、鉄分不足は酸素が行き渡らないことで、代謝が下がり太りやすくなってしまうのです。

そのため、効率よく鉄分を補えるアーモンドミルクは、ダイエットに効果のある飲み物と言えます。

コレステロール値を下げる効果

オートミールダイエット

アーモンドミルクに含まれているオレイン酸には、コレステロール値を下げる働きがあります。

オレイン酸には、血中で血管を防いだり、血液ドロドロの原因になる悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

コレステロール値を下げ、血流を良くすることで、代謝を上げ、痩せやすくなることができるのです。

オレイン酸は、植物由来の油に多く含まれている成分で、身近なものだとオリーブオイルなどにも含まれています。

ダイエット中は、高カロリーだからと油を制限してしまう方も多いですが、身体に良い油は効果的に摂取することで、ダイエット効果をより高められます。

便秘解消効果

小豆水ダイエット

アーモンドミルクをダイエットに取り入れることで、オレイン酸の効果によって便秘解消が期待できます。

オレイン酸は、身体には脂肪として吸収されにくく、腸壁に刺激を与えることで腸のぜん動運動を活性化させる働きがあります。

便秘によって老廃物などが腸にたまったままだと、腸の働きが弱まり、腸内に消化した食べ物が長時間居座り、余分に栄養を吸収してしまうことで太りやすくなってしまいます。

また、消化・吸収・代謝がスムーズに行えなくなると、摂取したエネルギーを代謝しないで身体に脂肪としてため込んでしまいやすくなるのです。

ダイエット中は貧血になる方が多いと上記で述べましたが、栄養がかたよることで便秘になる方もとても多いです。アーモンドミルクを摂取し、腸の活動を活性化させ、便秘解消を促しましょう。

むくみ解消効果

ホットヨーグルト4

アーモンドミルクにはカリウムが豊富に含まれています。

そのため、女性は特に気になる「むくみ」を解消することができます。

ダイエット中に食事制限を行うと、冷え性が以前よりひどくなったという声を聞くことがあります。

これは、食事によるエネルギー摂取が減るため、身体が必要最小限のエネルギーで身体を動かそうとすることや、カリウムなどの栄養不足や塩分のとり過ぎで血行が悪くなることなどが考えられます。

また、生理中はホルモンバランスの関係でどうしても女性はむくみやすくなってしまいます。

冷え性の方は、特にむくみやすく、マッサージやお風呂につかって血流を良くしなければ、むくみは取れずにセルライトへと変化することもあるため、注意が必要です。

抗酸化作用による美肌効果

バジルシード 効果

アーモンドミルクには抗酸化作用があり、美肌効果に優れています。
なぜなら、アーモンドミルクにはビタミンEが豊富に含まれているからです。

ビタミンEには、細胞をさび付かせる活性酸素を取り除く働きがあり、アンチエイジング効果に優れ、老化によるシワやシミなどを予防してくれます。

3、アーモンドミルクのレシピ

アーモンドミルクの作り方をご紹介します。
アーモンドミルクは市販されているものもありますが、上記の効果を望むのであれば手作りのアーモンドミルクをおすすめします。

材料

アーモンドミルク

生のアーモンド 25g(20粒程度)
水       250ml
塩       ひとつまみ

 

作り方*レシピ

アーモンドミルク

①生のアーモンドをたっぷりの水(分量外)に、一晩(12時間以上)浸ける。(※酵素抑制物質除去のため)
②一晩つけていたアーモンドを良く洗い、アーモンドと水をミキサーに入れてよく混ぜる。
③目の細かい茶こしなどでこし、もっとなめらかにしたい場合はコーヒーフィルターなどでもう一度こしてできあがり。

☆搾りかすはアーモンドプードルとして、調理に活用できます。

※生のアーモンドやナッツ類には酵素抑制物質という物質が含まれています。この物質は体内に入ると、分解・消化のためにより多くの酵素を使用してしまいます。すると、身体の本来の食物に働くべき酵素の作用が阻害されてしまいます。

酵素抑制物質は水に溶けやすい性質を持っているため、水に12時間以上浸ける必要があります。

アーモンドミルクの保存方法

甘酒ダイエット17

アーモンドミルクはしっかりと密閉された状態であれば、3~4日であれば冷蔵庫で保存できます。

何回かに分けて作ることが面倒であれば、100gのアーモンドと1リットルのお水で作り置きしてもいいですね。

なぜ手作りがいいの?

生理前 痩せない

ここまで読んでいただいて、なぜ市販のアーモンドミルクではいけないの?と不思議に思った方も多いかと思います。

確かに、市販のものを買えば200ml100円前後で手に入りますし、一晩アーモンドを水に浸ける時間も必要ありません。

しかし、市販のアーモンドミルクはアーモンドの含有量が想像以上に少ないのです。量で言うと、200mlでアーモンド3~4粒の栄養素しか含まれていないのです。

もちろん、市販のアーモンドミルクが悪いというわけではありません。しかし、アーモンドミルクをダイエットに生かすためには、手作りのほうが栄養素を効果的に吸収できるためおすすめです。

味が好き、ダイエット・美容効果はそんなに気にしないということであれば、市販のアーモンドミルクを飲むことも悪いことではありません。

4、アーモンドミルクのダイエットへの取り入れ方

アーモンドミルクのダイエットへの取り入れ方をご紹介します。
飲み過ぎや飲むタイミングを意識することで、よりダイエットに効果的に働きます。

1日1杯(200ml)を目安に摂取しましょう

お酢ダイエット

アーモンドミルクは1日コップ1杯(200ml)を目安に摂取しましょう。
アーモンドミルクは手作りの場合、1カップ150kcal程度のカロリーが含まれます。
そのため、飲み過ぎには注意しましょう。

間食としての摂取をおすすめします

アーモンドミルクは間食として摂取すると、効果的に栄養素を摂取することができます。

なぜなら、アーモンドミルクに含まれている鉄分の吸収を高めるためです。
食事との間を1~2時間ほど開けるといいと言われています。

コーヒーや紅茶と一緒にして飲むことは避けましょう

8時間ダイエット

コーヒーや紅茶と一緒にして飲むことは避けましょう。

紅茶やコーヒーにはタンニンという成分が含まれているため、一緒に摂取してしまうと、タンニンと鉄が結合してタンニン鉄となり、身体に吸収されにくくなってしまうからです。

アーモンドミルクは、そのままや料理への活用をおすすめします。

長期間飲み続けましょう

バターコーヒーダイエット

アーモンドミルクはなるべく長期間取り入れましょう。
できれば3カ月以上続けて飲むと、美肌効果や血流を良くする効果も感じやすくなります。

「アーモンドミルクで痩せる」と考えるよりも、ダイエットにアーモンドミルクをプラスすることでよりダイエット効果を上げる、と考えることをおすすめします。

5、アーモンドミルクのおすすめアレンジ

アーモンドミルクのおすすめアレンジをご紹介します。
アーモンドミルク自体は、味にクセもなく、少しトロみがあって飲みやすい飲み物です。

今回は間食として取り入れやすいメニューをご紹介します。

■グリーンスムージー

豆乳ダイエット効果

アーモンドミルクと小松菜・ほうれん草などを一緒に混ぜてグリーンスムージーを作ると、マイルドでとても飲みやすいグリーンスムージーに仕上がります。

☆おすすめの分量
アーモンドミルク  200ml
小松菜       1株
バナナ       1本

■バナナアイス

アーモンドミルク

凍らせたバナナとアーモンドミルクをミキサーで混ぜると、アイスのような一品に仕上がります。

☆おすすめの分量
アーモンドミルク 200ml
バナナ      1本
くるみ(飾り用)  少々

■アーモンドミルクプリン

アーモンドミルク

アーモンドミルクとオリゴ糖とゼラチンを混ぜて作る、簡単なミルクプリンです。
ダイエット中は甘いものが欲しくなりやすいので、腸の善玉菌のエサになるオリゴ糖を甘味料としてプラスしています。
☆おすすめの分量
アーモンドミルク 200ml
オリゴ糖     大さじ2
ゼラチン     3~4g
水        50ml

★レシピ
①ゼラチンをあらかじめ水で溶かしておく。
②アーモンドミルクを100mlレンジで温め、残りの100mlは温めずにオリゴ糖と水と合わせたゼラチンと混ぜあわせておく。
③温めたアーモンドミルクを、残りのアーモンドミルクとよく混ぜあわせ、冷蔵庫で冷やし固めてできあがり。

■アーモンドミルクヨーグルト

アーモンドミルク

アーモンドミルクを飲むヨーグルトと混ぜ合わせただけの簡単ドリンクです。
飲むヨーグルトの甘さが少しスッキリとするため、飲みやすくおすすめです。

☆おすすめの分量
アーモンドミルク 100ml
飲むヨーグルト  100ml

6、まとめ

アーモンドミルクのダイエットへの効果や取り入れ方、作り方などをご紹介してきましたがいかがでしたか?

アーモンドミルクは少し作る手間がかかりますが、美容効果やダイエット効果にも優れている食品なので、ぜひダイエットに取り入れて、美しくなりましょう!

この記事は2016年9月15日(木)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る