ダイエット中だけどお酒を飲みたい!太らないためのポイントは?

Pocket
LINEで送る

ダイエット お酒ダイエット中だけど、お酒の席に誘われてどうしよう。

禁酒ができないからダイエットすることができない。

そんなふうにお考えの方に、ぜひ知ってほしいダイエット中の飲酒のポイントや、なぜお酒がダイエットの敵だと言われているのかご説明します。

お酒が好きな方や、飲みの席が多い方は上手にお酒と付き合って、ダイエットを成功させましょう!


1、ダイエット中は低糖質なお酒と上手に付き合おう

1-1、ダイエット中のお酒の選び方

①お酒は糖質に注目!糖質順お酒ランキング

アルコール自体のカロリーは体内に蓄積されづらく、糖質よりも優先的にエネルギーとして消費されるため、カロリーよりも糖質に注意しましょう。

ここでは糖質の低い順に、よく飲まれているお酒をランキングにしました。 ぜひ、ダイエット中にお酒を飲む際は参考にしてみましょう。

酒 ダイエット

②どうしてもビールor甘いカクテルなどが飲みたい人は?

糖質が高いお酒、例えば「どうしてもビールがやめられない!」「甘いカクテルしか飲めない!」という方は、最初の一杯だけにして二杯目はできるだけ糖質の低いお酒にシフトしましょう。

その際に、一緒におつまみとしてサラダや野菜スティック、枝豆などの食物繊維を一緒に摂取すると血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのでおススメです。

1-2、ダイエット中のお酒の飲み方

①グラス2杯を目安にお水も同量飲みましょう

ダイエット中に一度に飲んでもいいお酒の量は、グラス1~2杯を目安にしましょう。

ハイボールやウーロンハイは糖質を含みませんが、アルコールは摂取されるため、飲みすぎには注意しましょう。 なるべくゆっくりと飲むように心がけ、お酒と同じ量のお水も一緒に摂るようにしましょう。

アルコールの代謝と排出には大量の水分が必要です。水分をしっかりと補給してあげるとむくみや二日酔いをしづらくなります。

②飲すぎてしまったときは翌日で調整しましょう

お酒を飲みすぎてしまったら翌日で調整しましょう。

具体的に、水分補給食事による胃腸への負担を減らすこと、また、アルコールの代謝に使われたタンパク質やビタミンB1の補給が大切です。

例えば、豆腐納豆などの大豆製品がおすすめです。

飲みすぎてしまった、そんな時もありますよね。「お酒をたくさん飲んでしまったからもうダイエットはダメだ」とあきらめずに前向きに考えましょう。

ダイエットは目標を明確に持ってポジティブな考えを持ち続けることが成功の秘訣です。 ダイエット お酒

2、ダイエット中のおつまみの選び方

お酒のカロリーは体内に蓄積されづらいですが、おつまみのカロリ-はむしろ体に吸収されやすくなるため注意が必要です。

そのため、できるだけカロリーを気にしておつまみを選ぶようにしましょう。

2-1、ダイエット中はお預け高カロリーメニュー

お酒のおつまみや糖質や脂質の高いもの、味付けが濃く塩分が高いものが多いです。

以下のメニューはおつまみの定番メニューがほとんどですが、高カロリーなためダイエット中は特に気を付けましょう。

居酒屋メニュー

2-2、居酒屋では何を頼めばいいの??

サラダやお刺身などの低カロリーなものはわかるけれど、そのようなものばっかり頼んだら周りに気を遣わせてしまうかも、居酒屋であまりガマンをしたくないというかたは高カロリーなものから少し気を付けてメニューを選んでみてはいかがですか?

カロリー比較このように同じ食材や調理法であっても調味料などでカロリーは大きく変わってきます。

そのため、2択だったらカロリーの少ない方を選ぶ、などの小さな努力をしていけば、好きなおつまみを食べても罪悪感を減らすことができます。

2-3、家飲みにおすすめダイエットおつまみメニュー

ここでは、肝臓でのアルコールの分解を助ける【タウリン・タンパク質・ビタミンB1】を多く含む食材を使用するヘルシーなおつまみをご紹介します。

肝臓の解毒作用を強めるタウリンが豊富なおつまみ (一日の食品による平均必要量は100mg~300mg)

 

⑴タコのカルパッチョ タコ100gにタウリンが900~1670mg含まれています。少量で十分に必要なタウリンを摂取できます。

ダイエット お酒

⑵あさりの酒蒸し あさり100gでタウリン380mgを摂取できます。

ダイエット お酒

肝機能を高めるタンパク質が豊富なおつまみ (一日あたりの平均必要量は、成人男性で50グラム、成人女性で40グラム)

⑶冷やっこ 豆腐半丁(150g)でタンパク質約10gが摂取できます。

ダイエット お酒

⑷サーモンのお刺身 サーモン100gでタンパク質が約17g摂取できます。

ダイエット お酒

アルコール分解に必要なビタミンB1が豊富なおつまみ (一日あたりの平均必要推奨量は、成人男性で1.4mg、成人女性で1.1mg)

⑸落花生 可食部100gあたり0.54mgのビタミンB1が摂取できます。

ダイエット お酒

⑹枝豆 ゆでた枝豆可食部100gあたり0.24mgのビタミンB1が摂取できます。

ダイエット お酒

 

3、そもそもお酒で太ってしまう3つの理由

そもそも、お酒がダイエットの敵だと言われているのには、3つの理由があるからです。 その3つの理由をご説明していきます。

3-1、お酒の食欲増進効果のため

お酒には食欲増進効果があります。

なぜなら、アルコールによって胃液の分泌が促されることで消化が促進され、食欲を増進させるといわれているからです。

また、お酒を飲むと体は満腹だと感じにくくなると言われています。

いつもより多く食事もとってしまい、カロリーオーバーで太ってしまうのです。お酒のおつまみに塩分や脂肪分が高いものが多いことも、ダイエットにお酒が向いていないと言われる理由の一つです。

3-2、お酒で睡眠の質が下がるため

お酒によって良質の睡眠をとれなくなるとホルモンバランスが崩れ、体は太りやすくなってしまいます。

お酒を飲むと眠りにつきやすいから良質の睡眠がとれるのでは?と思うかもしれませんが、 体はアルコールを分解しようとして脳や体は活動状態になってしまいます。そうすると眠っていてもうまく休まることができずに、おのずと睡眠の質が下がってしまいます。

そのため、寝る前の3時間はお酒を控え、夕飯時にたしなむ程度をおすすめします。

3-3、アルコールによっておつまみが消化されにくいため

お酒を飲むと脂質や糖質を分解する肝臓はアルコールを分解することを最優先します。

そのため、一緒に摂取したお酒やおつまみの糖質や脂質は分解が遅れて、長時間分解されないことでいつもより体が吸収し、中性脂肪が増える原因になると言われています。

4、まとめ

ダイエットでのお酒との付き合い方や、おすすめのヘルシーおつまみなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ダイエット中は少なからず食事制限もあることが多いので、ストレスを感じる方も多いです。 そんな時に、お酒を飲むことがリラックスやストレス解消になるのであれば、ダイエット中も一切禁止にするよりもいいかもしれません。

ダイエットを頑張るために、これからはお酒と上手に付き合っていきましょう!

この記事は2016年5月26日(木)時点での情報になります。 また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る