足の臭いが取れない原因と改善法!靴を安心して脱げるようになる!

Pocket
LINEで送る

足の臭い 取れない
「お風呂に入っても足の臭いが取れない」「安心して靴を脱げるようになりたい」と思っていませんか?

足の臭いが気になると、靴を脱ぐのが怖くなったり、臭いが漏れてクサいと思われていないかなど不安になってしまいますよね。

今回は、足の臭いが取れない原因と、足の臭いを改善していくための方法をご紹介します!

1 そもそもなぜ足がクサくなる?

足の臭いがなぜ取れないのか、の前にそもそもなぜ足がクサくなりやすいのか見ていきましょう。

足のクサい臭いは、細菌が足のアカや角質を分解して発生する「イソ吉草酸」という脂肪酸からくる臭いです。
足の臭い 取れない
足の裏には汗を排出する汗腺がたくさんあり、1日に200cc前後の汗を出すと言われています。

靴や靴下を履くと足の通気性が悪くなり、排出された汗が蒸発しにくくなります。
さらに、足が覆われてしまうので靴の中の温度が上がって高温多湿となります。

細菌は高温多湿の環境になると活発に活動します。そのため高温多湿になりやすい足は細菌が増殖しやすいのです。

細菌が増えると、エサである足のアカや角質をどんどん分解します。そうなると臭いの原因である「イソ吉草酸」がどんどん増えてしまうのです。

なお、まれに内臓疾患などで体の免疫力が弱くなってしまうことで体臭や口臭、足臭がでることがあります。
足だけでなく体臭や口臭も同時に気になりだした場合は、病院で検査を受けることをおすすめします。

2 足の臭いが取れない2つの原因

足の臭いがぶり返してしまう原因は主に2つあります。

2-1 足をしっかり洗えていない

足の臭い 取れない1
足の臭いの元になる「イソ吉草酸」はもともと落ちにくい物質です。
そのため、足をしっかり洗えていないとすぐに臭いがぶり返してしまうのです。

シャワーだけで済ませてしまい、腕や太ももなどより足の裏を洗うのがおろそかになっていたり、アカや汚れがたまりやすい爪をしっかり洗えていない、といったケースもあるでしょう。

足をしっかり洗えていないと、臭いの元を生み出す細菌やイソ吉草酸を落としきることができず、しっかり臭いが取れないのです。

たとえお風呂から出てしばらくは臭いが気にならなくても、しばらくするとまた足が臭くなってしまうのです。

2-2 靴や靴下にも臭いが発生している

足の臭い 取れない1
しっかり足を洗っているつもりなのに臭うという場合は、実は足を適切に洗えていないという場合と、足ではなく靴や靴下・ストッキングなどがクサくなっていている場合があります。

靴や靴下などは、足の汗を吸い、アカなども付着します。
そして、足と同じく高温多湿の環境なので、細菌が活発に活動してイソ吉草酸が発生すれば、臭くなってしまいます。

そして、靴をお手入れしないで毎日のように使うことで、臭いが染み付いてしまうのです。

たとえ足がクサくなかったとしても、細菌と臭いがついた靴を履いてしまうことで臭いが移ってしまいます。
そうなると足の臭いが取れないと感じてしまうのです。

3 足の臭いを取る7つの方法

足の臭いを取るには、染み付いた臭いを取ること、そして臭い予防の両方をおこなう必要があります。

足の臭いを取り、安心して靴を脱げるようになる7つの方法をご紹介します。

3-1 足をしっかり洗う

足の裏 臭い1
足に付着している細菌や臭いの元となるイソ吉草酸をしっかり洗い落としましょう。

入浴時に、石鹸やボディソープをしっかり泡立てて、泡で足を優しく洗います。

足の裏だけでなく指の間や、アカや汚れがたまりやすい爪の中もしっかり洗いましょう。

体を洗う前に湯船につかったり、洗面器にぬるま湯をためて足湯をするとより効果が高まります。
足の皮膚がやわらかくなるよう、数分間がぬるま湯で温めましょう。

しかし、しっかりと言っても、硬いスポンジなどで強く洗ってしまうと皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌が侵入しやすくなってしまいます。
また、洗いすぎることで皮膚が乾燥してガサガサとした状態になりやすくなります。

足の臭いを取るといっても、優しく肌を労るように洗いましょう。

入浴後は、足が湿気た時間をあまり作らないよう、清潔なタオルで水気をしっかりとりましょう。
指の間や土踏まずなどもしっかり拭きます。

ある程度水気を拭いてからドライヤーで乾かすのもよいですが、皮膚が乾燥しないようやり過ぎないようにしましょう。

■臭いケアを開始してすぐは入浴前の重曹足湯がおすすめ!
重曹
これまでなかなか取れなかった足の臭いを解消しようと臭いケアを始めたら、しばらくは入浴前の重曹足湯もおこなうことをおすすめします。

重曹足湯のお湯は弱アルカリ性、臭いの元であるイソ吉草酸は弱酸性なので、臭いを中和してくれるのです。

重曹足湯は、ぬるま湯をはった洗面器に大さじ2~3杯の重曹を入れて混ぜるだけで作ることができます。

10~20分程重曹湯に足を浸しましょう。

はじめは2~3日継続してみて、その他のケアで足の臭いが気にならなくなったら毎日続ける必要はありません。

重曹はスーパーやドラッグストアなどで簡単に入手でき、値段も手頃です。
また、掃除に使うなど足湯以外の使い道もたくさんあるのでぜひ試してみてくださいね。

3-2 不要な角質を取り、爪は短く切る

全体重を支える足の裏の角質は厚くなりがちです。
不要な角質は細菌にとってごちそうであり、エサが増えて細菌が増加することで、臭いの原因物質もたくさん排出されてしまいます。

古くなり不要になった角質をフットケアサロンや、ピーリングパックを使うなどで取り去りましょう。

軽石などでも角質を削ることができますが、力加減を間違うと必要な角質まで落としてしまったり、皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
足の臭いが気になるからといって、無理に削ることは避けましょう。

足の爪はアカや汚れがたまり、クサくなりやすい場所です。爪を短く切ることでアカや汚れがたまりにくくなり、臭いにくくなります。

3-3 毎日靴を履き替える

靴
靴は靴下やストッキングのように気軽に洗濯することはできません。

吸ってしまった臭いや汗を飛ばすため、1日履いた靴は1~2日休ませられるようローテーションしましょう。

さらに、風通しのよいところで壁などに靴を立てかけて臭いや汗を飛ばしましょう。
もし靴の色落ちなどが気になる場合は、日陰で風通しのよいところに靴を立てかけましょう。

また、面倒であれば市販の消臭剤を使うのもおすすめです。

もし、重曹足湯で残った重曹があれば、簡単に消臭シューズキーパーを作ることができます。
いらなくなった靴下やストッキングに重曹を詰め、こぼれないように端をゴムなどでくくれば完成です。2~3ヶ月は消臭効果が続くといわれています。

また、下駄箱の臭いが気になる場合は、重曹を瓶などに入れて通気性の良いガーゼや布でフタをすれば簡単に消臭剤を作ることができます。

もし、お気に入りの靴に臭いがついてしまい、スニーカーのように洗えないものの場合は、靴の修理店のメニューを確認してみましょう。
靴のクリーニングがメニューにあるところもあります。

3-4 通気性、消臭、抗菌などの対策がされたアイテムを選ぶ

靴や中敷き、靴下やストッキングなどを選ぶとき、通気性が良いもの、消臭・抗菌成分が配合されているものを選ぶことで靴の中が臭うことを抑えやすくなります。

足が蒸れないよう靴を選ぶときは、通気性が良いものを選びましょう。

中敷きには、抗菌・消臭効果のあるものも販売されています。
また靴下やストッキングの中には、消臭・抗菌加工してあるものがあります。

5本指ソックスは指と指の間をうめて汗を吸収するので、足が臭くなりにくいと言われています。

買う前に確認してみましょう。

なお、すでに使っている靴下などに臭いがついてしまい、洗濯しても取れないときは、洗面器に60度まで温めたお湯を1リットル注ぎ、そこに重曹を大さじ3杯いれてよく溶かしたものに洗濯物をつけることで除菌と消臭を同時におこなうことができます。

一晩つけておき、翌朝ほかの洗濯物と一緒に洗濯しましょう。

3-5 足用デオドラントを使用する

足をしっかり洗い、靴やストッキングなども臭い対策できるものを選べば、だんだんと足の臭いは取れていきます。

しかし、職場の環境や体質なので、どうしても臭いが気になってしまう人もいるでしょう。

足の臭いで悩んだり不安になるのであれば、足用のデオドラントを毎朝出かける前に使うようにしましょう。

足の汗を抑えてくれるもの、臭いを消してくれるものなど、タイプは様々あります。
また、スプレーすることで皮膚がサラサラになり心地よい気分になれるものもあります。

いくつか試して自分に合ったものを選びましょう。

3-6 職場などでは靴を脱いでおく・履き替える

足の裏 臭い
職種や社風によっては難しいかもしれませんが、オフィスワークが基本なのであれば、座っているときは風通しの良いサンダルやスリッパなどに履き替え、足の裏がムレないようにするのがおすすめです。

仕事中靴を脱ぐのが難しい場合は、通勤に使う靴と、職場で使う靴の2足準備して業務が始まる前に履き替えましょう。それだけでも足の臭いを抑えやすくなります。

3-7 必要以上に汗をかかないようにする

痔 予防2
汗をたくさんかくと靴の中が蒸れて高温多湿となり、細菌にとって良い環境を与えてしまうことになります。

寒くない時期は家では素足で過ごしたり、汗が出るような辛いものをあまり食べ過ぎないようにしましょう。

もし、緊張やストレスを感じたときに汗がたくさん出てしまうのであれば、リラックスする方法を編み出したり、うまくストレスとつきあっていく方法を見いだすなど方法を考えてみましょう。
1人で解決が難しいのであれば、カウンセラーなどプロに相談するのも良いでしょう。

もし、臭いだけでなく皮膚に何かしらの症状が出ていたり、日常生活に支障がでるくらい汗が出ている場合は、検査を受けた方がいいでしょう。

足の臭さ以外に気になることがある場合は、早めに病院で検査を受けることをおすすめします。

4 まとめ

足の臭いが取れない原因と足の臭いに取り方をご紹介しました。いかがでしたか?

足の臭いの元であるイソ吉草酸はなかなか落ちにくい物質です。今回ご紹介した対処法で、足と靴、靴下などの嫌な臭いを少しずつ取っていきましょう。

もし、なかなか足の臭いが改善せずどうしても不安だという方は、皮膚科を受診してくださいね。

この記事は2016年9月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る