赤ちゃんの手足口病に注意!大人はうつると重症化!ホームケア留意点

Pocket
LINEで送る

手足口病 赤ちゃん

手足口病は、主に赤ちゃんや幼児がかかる、ウイルスによる感染症です。
痛みでぐずる子どもが多くなるため、ママ泣かせの病気の1つと言われています。

どんな症状で、どのようなケアをすればいいのか?
いつまで続き、いつからお出かけできるのか?

そんなお悩みを解決すべく、手足口病についてまとめてご紹介します。

1. 赤ちゃんがかかる手足口病とは?

 手足口病 赤ちゃん

手足口病とはその名の通り、手足や口内・口の周りに水疱性の発疹が出る、ウイルス感染によって起こる感染症です。
発症のうち約9割を5歳以下の乳幼児が占めています。

風邪に似た症状が出るので、夏風邪と勘違いしてしまうことも多い病気です。
「夏場であること」「数日前に他の子供と遊んだ」「保育園・幼稚園に行っている」「発疹が出た」などの場合は手足口病を疑い、病院で診断を受け、適切な対処をしてもらいましょう。

1-1 手足口病の症状

手足口病の主な症状は4つあります。

①急な発熱(37〜38℃くらい)
②咽頭痛・口内炎
③発疹・水疱
④下痢や嘔吐(まれに)

このような症状がある際には、すぐに受診しましょう。受診科は、小児科・内科・皮膚科のいずれも大丈夫です!

初期の症状

初期症状として、発熱の症状がみられます。
37〜38℃程度の熱が1~3日あり、高熱が続くことは通常ありません。
そのため、発熱に気づいてあげられない場合もあります。
体にかゆみが出たり、発熱に伴って食欲不振、だるさ、喉の痛みが出たりします。

中期の症状

手足口病 赤ちゃん
写真は、実際に手足口病と診断された子供の発疹の症例です。
初期症状から1~2日経つと、うすいピンク色の発疹や水疱が複数できます。

【発疹や水疱のできる場所】
・口の中の粘膜や舌(口内の前半分に出るのが特徴)
・口周り
・手のひら
・足の裏
・ひじやひざの裏
・足の付け根
・おしり など

発疹そのものにはかゆみや痛みは伴わないようですが、気にして水疱をかき壊してしまうと、破れて炎症が広がることがあります。

口の中の水疱や、喉の痛みから物が飲み込めなくなり、食欲が落ち、空腹を訴えて泣いてぐずることが増えます。
ウイルスの影響で下痢や嘔吐の症状がでることもあります。

後期の症状

発疹は3〜4日ほどすると、褐色になり、引いていきます。水疱も、同じくらいの期間でしぼみ、7〜10日ほどで消えます。

かき壊した箇所もかさぶたを経て、回復に向かいます。基本的には、代謝の良い赤ちゃんは、痕が残りにくいです。

発疹が消えた後も、1ヶ月近く便からウイルスが排出されます。
大丈夫と思っても、1ヶ月程度はおむつ替え後に、いつも以上に手洗いをするようにしましょう。

合併症を起こす恐れが!

手足口病は発症してから1週間から10日でほとんどが完治しますが、合併症として髄膜炎や脳炎、心筋炎などを起こす恐れもあります。

高熱が続いたり、症状が長い間おさまらない場合や悪化する場合は、このような病気が疑われるのですぐに受診しましょう!!

1-2 手足口病の感染経路

感染経路は主に3つ挙げられます。

①飛沫感染(咳やくしゃみ、唾液などから感染)
②接触感染(菌に触れてしまい感染)
③糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染)

なぜ赤ちゃんや幼児に多く発症するのかというと、生活距離が近くて接触しやすいことと、
キレイなものと汚いものを判別する衛生観念がまだ発達していないことが考えられます。
そのため、集団生活や子供が多数集まる場所で過ごす赤ちゃんが、感染しやすいのです。

1-3 手足口病の潜伏期間

手足口病のウイルスは潜伏期間があり、感染してから発症までは、2日~1週間ほどかかります。この間でも、人にうつることがあります。

1-4 大人がかかると重症化する傾向!

手足口病は、大人もかかります。
大人がかかってしまうと、症状が重症化することが多く、高熱が続いたり、水疱の発疹が大きくなったり痛みを増したり、倦怠感やだるさなどの症状が出ます。

2. 手足口病の原因

手足口病 赤ちゃん
手足口病の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルス、エンテロウイルスというもので、全部で10種類以上のウイルスがあります。

夏風邪で多くみられる感染力の強いウイルスで、夏に流行しますが、年間通してかかる可能性があるので、年間通して油断はできません。

また、手足口病の場合、原因ウイルスの種類が多いため、1度かかったとして、別のウイルスに対しては無防備なままです。
そのため、何度も…場合によっては同じ季節に複数回、手足口病にかかってしまうことがあるのです。(予防法については、後ほどご紹介します。)

3. 手足口病の治療法

手足口病 赤ちゃん
手足口病には特効薬がありません。治療薬やワクチンが存在しないため、根本的な治療方法がありません。
口内は3〜4日、手足は7〜8日ほどで自然に治りますが、病院への受診は必要です!

症状の緩和に、口内の水疱には口内炎治療薬、手足の水疱には炎症を抑える抗ヒスタミン剤が処方方されることもありますが、「自然に治るのを待つ」という治療方針が多くとられます。

そのため、症状に合わせた自宅でのケアが大切です。次の章でみていきましょう!

4. 赤ちゃんが手足口病と診断されたときのホームケア

手足口病 赤ちゃん
赤ちゃんの手足口病の症状が落ち着くまでの約1週間、自宅でのケアはどんなところに気を付けたら良いのか、症状別にご紹介していきます。

自身の感染対策

まずは、自身が感染しないように気を付けましょう。

・手洗いうがいの励行
・規則正しい生活を送る
・睡眠不足にならないようにする
・おむつ替えのときはマスクをする

ぐずる赤ちゃんのお世話で、なかなかゆっくり休めないとは思いますが、1週間と体力勝負になりますので、赤ちゃんが寝ているときは一緒に寝るなど、休めるときにしっかり休むよう心がけましょう。

発熱したときの対策

熱がそこまで高くなくても、機嫌が悪かったり、ぐったりしていたり、いつもと様子が違う場合は、早めに受診するようにしましょう。

・赤ちゃんが快適に過ごせるように室温に配慮しましょう
・水分をこまめに与えましょう
・冷やしてあげましょう

水分を与えるときは、水やお茶よりも、経口補水液のようなカリウム・ナトリウムを含むものにしましょう。
冷やすシートを使用する際は、寝返りではがれたときに鼻や口をふさぐことがないよう、気を付けてみていてあげてください。

発疹や水疱があるときの対策

・長時間直射日光を浴びるのを控えましょう
・炎天下での水遊びは控えましょう
・水疱はできるだけ潰さないように気をつけましょう(つぶれた水疱から細菌感染することがあります。)
・水疱が擦れないように、肌触りの優しい肌着や衣類を着せてあげましょう

咽頭痛があるときの対策

のどや、口の中の水疱が痛み、水分や離乳食を受け付けられなくなることがあり、空腹で泣きぐずります。
食べたいのに食べられないことは、赤ちゃんや幼児にとっても大変つらいことです。

・食事は酸味や塩分の少ないものにしましょう
・熱いものや硬いものは控えましょう
・赤ちゃんの好きなものや、食べたがるもので食欲不振をカバーしましょう
・麦茶や白湯で、積極的に水分補給を行いましょう
・食事を与える時間にこだわらず、欲しがるときに与えましょう

ゼリーのようにのど越しがツルンとしているものや、アイスは比較的食べやすいようです。
水分が多く、柔らかいものを、こまめに与えてあげましょう。

下痢したときの対策

ウイルスからの糞口感染を防ぐために、おむつ替えの際は、マスクを着用しましょう。
オムツは、ビニール袋に入れるか、フタ付のごみ箱に捨てましょう。
替えた後は、しっかりうがい・手洗いを行いましょう。

その他、生活で気を付ける点

① お風呂で同じお湯には入らない

お風呂に入ることは問題ありません。肌を清潔に保ってあげましょう。
家族への感染を防ぐために、同じお湯に入ることは避けてください。

② 無理にはみがきは行わない!

はみがきは、1週間みがかなくても問題ありません。食後に湯冷ましを飲ませて口の中を清潔に保ちましょう。

5. 集団生活やお出かけはいつから大丈夫?

手足口病 赤ちゃん
風邪と同じくウイルス感染なので、学校や幼稚園・保育園などの「学校感染症・登園禁止項目」にはなっていません。
しかし、幼稚園や保育園ごとにルールがある場合があります。
ご家庭や園によって事情がありますので、お子さんの体調を考慮しながら、個人的に保育園に相談をされることをおすすめします。

ウイルスがのどには1~2週間、便には1ヶ月程度存在するので、症状が治まっても感染力が残っている場合があります。
主な症状が回復した後も、可能な限り周りへの配慮を心がけましょう。

また、妊婦さんが手足口病に感染して、お腹の赤ちゃんに影響があったということはありませんが、周りへの配慮を忘れずにいましょう。

6. 手足口病の予防法

手足口病 赤ちゃん
子ども特有の病気の多くはワクチンや予防薬がありますが、手足口病には未だそのような薬はありません。
1度かかって、免疫がつくというわけでもないため、日頃から予防することが大切です。
感染を防ぐための最善策は、正しい方法で清潔な状態を保つことです。以下の点に注意して過ごしましょう。

・うがい手洗いの励行
・おむつを替えるときは、親子で手を清潔にしましょう
・複数の赤ちゃんが口にするおもちゃを舐めたり、触らないように注意しましょう
・手足口病の症状が出ている患者、または治ったばかりの人と同じ食器を使わないようにしましょう
・赤ちゃんの体力が落ちている時は、子供が集まる場所に行くのは控えましょう

7. まとめ

手足口病 赤ちゃん
手足口病は、赤ちゃんや幼児がかかりやすい病気です。
もしも、手足口病かな?と思ったときには、サインを見逃さず、早めに病院を受診するようにしましょう。

この記事は2016年6月12日(日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る