食べ合わせダイエット|お菓子やラーメンなどの具体例も教えます!

Pocket
LINEで送る

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエットって何と何を組み合わせるダイエットだろう?
食べ合わせを気にするだけで痩せることなんてできるの?

食事制限や運動をしないで痩せたい!
焼き肉・ラーメン・パスタ・ケーキなどの高カロリーなメニューが食べたい!
具体的な食べ合わせが知りたい!

無謀だとも思えるこの願いがかなうダイエット方法が、食べ合わせダイエットなのです!

この魅力的な食べ合わせダイエットを、詳しく知って実行してみましょう!

1、食べ合わせダイエットとは

食べ合わせダイエットとは、食事の組み合わせを工夫して、栄養を効率よく摂ることを意識し、痩せやすい体作りにつなげるというダイエット方法です。

具体的に、酵素良質な油を意識して摂取し、基礎代謝を上げて、脂肪が燃えやすい体に近づけていくのです。

通常ダイエットは、消費カロリーを運動や筋トレで筋肉増やして痩せるか、摂取カロリーを食事制限によって減らして痩せることが一般的です。

しかし、食べ合わせダイエットは食事によって代謝を上げることで、運動や食事制限をせずに、好きなものを食べて痩せることができる画期的なダイエット方法なのです。

食べ合わせダイエット

2、食べ合わせダイエットの具体例

食べ合わせダイエットの組み合わせは、突拍子もない食べ合わせというよりも、自然と組み合わせていたものも多いかもしれません。

この組み合わせやすさも、食べ合わせダイエットを続けやすい一つの理由なのかもしれません。

食べ合わせダイエットの例を、みなさんがよく口にするメニューを中心にご紹介していきます。

【食事編】

①【おにぎり+漬物】

食べ合わせダイエット
食べ合わせダイエット一つ目のメニューはおにぎりです。

お米と漬物を一緒にとることで、糖質の消化を助けてくれる酵素が補え、腸内環境を整えるサポートをしてくれます。

一緒におみそ汁をとることができたら体を温めることができるので、効果をより上げることができます。

②【ラーメン+お酢or野菜ジュース】

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエットふたつ目のメニューはラーメンです。

ラーメンは糖質が多く、血糖値を上げやすい食べ物です。

お酢を一緒に取ることで、糖の吸収をゆるやかにしてくれます。

また、食前に野菜ジュースを摂ることもおすすめします。食物繊維によって血糖値の急上昇を抑え、野菜によるビタミンも補給することができます。

③【お寿司+ガリ】

食べ合わせダイエット
食べ合わせダイエット3つめのメニューはお寿司です。

お寿司を食べる際は、食後にガリを食べるのではなく、食前にガリを食べるようにしましょう。

ショウガには体を温め、代謝を上げる効果があります。

お寿司自体も、食べ合わせダイエットにはおすすめの食べ物です。

魚は、オメガ3のDHAやEPAなどの良質な脂が豊富なので、代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

DHA・EPAには血流をし良くし、動脈硬化を予防したり、中性脂肪を下げる効果もあります。また、酢飯のお酢も糖質の吸収をしてくれます。

④【カレー+サラダ】

食べ合わせダイエット
食べ合わせダイエット4つ目のメニューがカレーです。

カレーを食べる際は、食前に野菜サラダをとりましょう。

ドレッシングにエゴマ油をかけると代謝が上がり、脂肪もたまりにくくなります。

カレーには、ルーに小麦粉が使われているため、ルーもご飯も糖質がたっぷりです。

野菜が一緒に煮こまれていますが糖質が高いため、カレーを空腹の状態で食べてしまうと血糖値が急上昇してしまいます。

そのため、食前にサラダを食べることによって食物繊維を摂取することができ、糖と脂肪の吸収を抑えてくれます。

⑤【ピザ+オリーブオイル】

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエット5つ目のメニューがピザです。

ピザにかかっているチーズに含まれる動物性脂肪の悪玉コレステロールを、オリーブオイルに豊富に含まれている善玉菌が減らしてくれます。

善玉コレステロールが増えると、腸内環境が改善し、代謝能力がアップするため、体に脂肪が蓄積しづらくなります。

⑥【焼き肉+キムチ】

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエット6つ目のメニューが、焼き肉です。

焼き肉を食べる際は、食前にまずキムチを食べましょう。

キムチは発酵食品のため酵素が含まれているので、肉の消化をキムチの酵素がサポートし、代謝も高めてくれます。

また、キムチに含まれているカプサイシンが体を温めて脂肪の燃焼をサポートしてくれます。原料である白菜の食物繊維も糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。

⑦唐揚げ+レモン

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエット七つ目のメニューが唐揚げです。

レモンのクエン酸が、揚げ物を揚げる酸化した油を中和してくれます。

また、クエン酸は消化吸収を促進し、レモンのビタミンCが血中コレステロールを下げるという効果も期待できます。

【お菓子編】

お菓子は食事とは違って、食べ過ぎには注意をしましょう!!

①ケーキ・菓子パン+抹茶豆乳

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエットは、お菓子やパンなどの間食にも有効です。

ケーキや菓子パンなどのお菓子による血糖値の急上昇と、トランス脂肪酸による悪玉コレステロールの増加を抹茶豆乳の成分が防いでくれます。

また、食事として菓子パンをとることは避けましょう。小麦粉は体を冷やすので、もし食べるのであれば間食としておやつの代わりに食べましょう。菓子パンは代謝を上げる栄養素がほとんど含まれていません。

②チョコレート・クッキー+ココア

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエットはクッキーなどの小麦粉で作られたお菓子にもダイエット効果があります。

クッキーを食べる際にはココアを一緒に摂取しましょう。

ココアの甘みで食欲も落ち着きやすく、空腹感も落ち着かせてくれます。

ココアはカルシウム・マグネシウム・亜鉛などもミネラルも豊富に含まれているのでおすすめです。純ココアを使用したココアの方がより効果があります。

③ポテトチップス(青のり)+ウーロン茶

食べ合わせダイエット食べ合わせダイエットは、脂質も糖質も高い、ダイエットの敵とも言える「ポテトチップス」にも効果があります。

そんなポテトチップスでも、青のり味を選び、ウーロン茶を一緒にとることで、余分な脂肪がつくことを抑制することができます。

なぜなら、青のりに含まれているミネラル成分で基礎代謝が向上され、ウーロン茶に含まれるポリフェノールが中性脂肪の増加を抑制してくれます。

油であげたお菓子は、ウーロン茶を一緒に飲むといいと覚えておくと簡単ですね。

3、食べ合わせダイエットの詳しいやり方

食べ合わせダイエットは、脂肪燃焼を促す体を作ることが大切です。

そのためには、食べたいものを食べながらも、栄養バランスを整えることがポイントになります。

そうすることで、高カロリーなメニューを食べながらも、健康的に痩せていくことができるのです。

食べ合わせダイエットはまず、食事の組み合わせの他にも気をつける点が5つあります。

①カロリー計算をやめましょう

食べ合わせダイエット

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーにすることが第一とされていますが、食べ合わせダイエットではその考え方をいったん忘れましょう。

今まで一日1800kcal摂取していたとして、食べ合わせダイエットで品物を増やすことで一日の摂取カロリーが2~300上がってしまったとしても、食べ合わせダイエットでは脂肪燃焼を促す体作りをすることが大切です。

②食べる量を極端に減らさないようにしましょう

基礎代謝を上げる方法

食べ合わせダイエットでは、食べる量は極端に減らさないようにしましょう。

「好きなものを食べられるといっても、やっぱり高カロリーなものをダイエット中に口にするのは怖い」という方もいるかもしれません。

もちろん、好きなものだから、と二人前以上食べてしまうと太ってしまいますが、一人前を半分しか食べない、などの食事制限はやめましょう。なぜなら、食を減らすという行為は代謝を下げる原因となってしまうからです。

極端な食事制限は、食べ物を摂取しないことで、体が熱を生み出さなくなってしまい、冷え性の原因にもなります。

冷えは血流を悪くし、代謝も悪くします。すると、胃腸の機能も弱まってしまい、食事の栄養吸収速度も落ち、食事を減らすことが太りやすい体作りにつながってしまうのです。

③お肉を積極的にとりましょう

肉
食べ合わせダイエットでは好きなものを食べることと同時に、代謝を上げるためにお肉を積極的に摂るようにしましょう。

特に牛肉がおすすめです。

なぜなら、牛肉には、豚肉や鶏肉よりも脂肪燃焼をサポートするLカルニチンが多く含まれているからです。

④食事の前に温かいスープをとりましょう

ハーバード式野菜スープ

食べ合わせダイエットでは食事の前に温かいスープを取りましょう。

体の冷えは、ダイエットにおいてデメリットになります。

そのため、この食べ合わせダイエットでは食事で体を温める、ということを常に意識しましょう。

特に野菜などの具沢山スープは栄養も補えるのでおすすめです。

⑤オメガ3の油を積極的に摂取しましょう

痩せる食生活

アマニ油、えごま油などのオメガ3の油を積極的に摂取しましょう。

体に油が不足してしまうと、ホルモンバランスを乱したり、脳の働きが悪くなり、ニセの食欲が出ることもあります。

また、油には体を温める効果があるので、食べ合わせダイエットでは欠かせないものです。

4、食べ合わせダイエットで痩せる3つの理由

食べ合わせダイエットは、これまでダイエット中に食べる事ができなかった、高カロリーなメニューや食材でも食べられるダイエットです。

食べ合わせダイエットで痩せられる理由を3つご紹介していきます。

4-1、良質な油で代謝を向上し、体脂肪を燃やしやすくするため

フラフープダイエット 効果

食べ合わせダイエットで積極的に摂取する良質な油は、摂取することで代謝を促し、体脂肪が落ちやすくなります。

普通のダイエットでは、油は1g9kcalと高カロリーなのでなるべく控えますが、食べ合わせダイエットでは摂取カロリーを気にするよりも、体質改善をして燃えやすい体を作ることが目的なため、良質な油はすすんで摂取するのです。

また、良質な油は代謝を上げるために必要なホルモンの原料にもなります。

4-2、酵素によって消化・代謝力が向上するため

小豆水ダイエット

食べ合わせダイエットで意識して摂取する酵素は、食べ物の消化と代謝を促すため、ダイエットには欠かせない栄養素です。

糖質・脂質・タンパク質の三大栄養素を、脂肪に変えずに使い切るために必要なビタミンB1・B2・B6を、体の中で酵素が働きかけるからです。

いくらビタミンB群を糖質分解や脂質分解のために取り入れても、酵素がなくては体の中で十分に働きかけることができないのです。

*酵素とは*
私たちの体内で作られる酵素は、「消化酵素」と「代謝酵素」の大きく二種類にわけられます。体は同時に二種類の酵素を作れないため、食べたものを消化する消化酵素を優先して作るようにできています。そのため、食べ過ぎると代謝酵素が不足して代謝が落ちてしまいます。この状態を防ぐためにも、食べ物から酵素を摂取することが大切になります。

4-3、ストレスフリーのため

豆乳ヨーグルト 効果

食べ合わせダイエットでは、今までダイエット中に食べてはいけないと言われていた、高カロリーな食べ物でも口にすることができます。

そのため、食事によるストレスを感じずに、ダイエットを長続きさせることができます。

食べたいものを食べられないことは人によってはとてもストレスになります。そのストレスはダイエットの大きな敵だと言えます。

ダイエット中に食事制限などでストレスを感じると、

●血流が悪くなり、基礎代謝が低下する
●ストレスホルモンが分泌され、インスリンが多く分泌されるようになり、中性脂肪を溜めやすくなる
●食べられないストレスによって、過食に走ってしまう

などのデメリットがあるからです。
その食事によるストレスが、食べ合わせダイエットでは大きく軽減できるので、ダイエットを続けやすく成功するまで続けられるという、痩せる理由へとつながります。

5、まとめ

食べ合わせダイエットについて詳しくご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

どれも習慣にしてしまえば、難しくない組み合わせではありませんか??

ストレスがたまらずに痩せやすい体質に近づけるなんてとてもうれしいことですよね!!

これからは、自分の食べたいものを食べて、ダイエット中なのに…と後悔せずに、燃えやすい体作りをしながら、楽しく食事がとれるように今日から食べ合わせダイエットを始めましょう!

この記事は2016年9月2日(金)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る