わかめダイエットの4つの効果!レシピも多く、簡単に脂肪燃焼!!

Pocket
LINEで送る

わかめダイエット
わかめダイエットというものを知っていますか?

わかめを普段の食事にプラスするだけ、という簡単なダイエット方法です!

わかめは、安くて日持ちもするので取り入れやすく、さまざまな料理に応用できます。

費用も手間もかからないわかめダイエットを、ここでは詳しくご説明します!

1、わかめダイエットとは

わかめダイエット
わかめダイエットとは、わかめを1日3食全てに取り入れるというダイエット方法です。

わかめには、栄養が豊富に含まれていて、かつ低カロリーな食材なため、ダイエットにぴったりの食材です。

わかめは古くから日本で親しまれている食材で、おみそ汁やサラダ、酢の物など、日々さまざまな料理やレシピに活用されています。

そのため、わかめダイエットはレシピも多く、日本人に取り入れやすく、ストレスを感じにくいダイエット方法だと言われています。

2、わかめダイエットの4つの効果

わかめダイエットにはうれしい4つの効果があります。

わかめが、なんとなく健康に良い事は知っているけど、詳しい栄養やダイエット効果などは知らない、という人も少なくないでしょう。

そんな方にぜひ、わかめの持つ効果を知っていただきたいと思います。

①血糖値の上昇を抑制し、太りにくくする効果

わかめダイエットには、血糖値の上昇が緩やかにし、脂肪ためにくくする効果があります。

なぜなら、食事の始めに摂取することでわかめに豊富に含まれる食物繊維が食べ物を包み込み、糖の吸収をゆるやかにしてくれるのです。

血糖値は上昇すると、インスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。

しかし、糖質が多い食品(パン/麺/米)を単品で食べると血糖値は急上昇し、インスリンが過剰に分泌されます。

余ったインスリンは脂肪を細胞にため込む働きがあるので、なるべく必要量以上は分泌を抑えたいホルモンなのです。

そのため、わかめダイエットは血糖値の上昇を抑える働きによって、血糖値の上昇を抑制することで効果を発揮し、太りにくくなると言えます。

わかめダイエット

②便秘解消効果

わかめダイエットには便秘解消効果があります。

わかめにはセルロースという不溶性食物繊維と、アルギン酸という天然の食物繊維と呼ばれている多糖類の成分が含まれています。

セルロースは腸内で分解されず、水を吸収して膨らみ、便のかさを増やし腸を刺激することで便通が促されます。

また、体の中の老廃物を吸着して、排出する効果もあります。

アルギン酸は、水溶性・不溶性食物繊維の効果があるため、腸内にたまった不要な老廃物を体外へ排出することで便秘を改善し、腸内の環境を整える効果があります。

そのため、わかめダイエットには便秘解消効果があるといえます。

③満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果

わかめダイエットには、満腹中枢を刺激し、食べすぎを防ぐ効果があります。

わかめには不溶性食物繊維が豊富に含まれているため、繊維質がしっかりとしていて、歯でよく咀嚼(そしゃく)する必要があります。

 

よくかむことで早食いや過食も防ぐことができます。また、よくかむことで満腹中枢が刺激され、普段の食事の量も減らせる効果があります。

また、不溶性食物繊維は消化されないため、水分を含んでから胃や腸での滞在時間も長く、満腹感を持続することができるため、余計な間食を減らすことにもつながります。

④基礎代謝を向上させる効果

わかめダイエットには基礎代謝を向上させる効果があります。

わかめにはヨウ素というミネラルが含まれています。

ヨードとも呼ばれているこの成分が材料となっている甲状腺ホルモンには、交感神経に働きかけて基礎代謝を向上する効果があります。

また、炭水化物・脂質・たんぱく質の代謝を促進し、身体の成長や神経活動を活発にする効果もあると言われています。

最近では、ヨウ素に悪玉コレステロールを下げる効果や、脂肪燃焼を促す効果もあるという研究結果も出ています。

わかめダイエット

3、わかめダイエットのやり方 6つのポイント

わかめのダイエット効果を知ったうえで、上手にわかめをダイエットに生かしましょう。

わかめダイエットのやり方を6つに分けてご説明していきます。

3-1、一日三食全てにわかめを取り入れましょう

わかめダイエットは一日三食全てにわかめを取り入れましょう。

わかめダイエットの重要な事は、1日に定量を摂取することよりも、毎食にわかめを取り入れることです。

わかめの1日の摂取量上限は、400gです。(乾燥わかめの場合40g)

食事をわかめのみにするのではなく、わかめを食事にプラスするだけなので400gという量でも、十分に抑えられ、満足することができます。

レシピも主食・主菜・副菜など、どんなレシピにも使えることもうれしいですね。

3-2、なるべく食事の最初に摂取しましょう

わかめダイエットでは、わかめを使った料理を食事の一番初めに摂取するよう心がけましょう。

2章で説明したとおり、わかめには血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるので、食事の最初に食べることでダイエット効果をより生かすことができます。
わかめダイエット

3-3、わかめダイエットは3カ月間以上続けましょう

わかめダイエットは3カ月間以上続けるようにしましょう。

わかめダイエットは食事制限がないため、じっくりと続ける方が効果的です。

また、短期間での大幅なダイエットはリバウンドの可能性があがるため、ダイエットは長期間に設定することをおすすめします。

血糖値

3-4、酢や油と一緒に調理しましょう

わかめダイエットはわかめと酢や油を一緒に摂取しましょう。

わかめと酢を一緒に摂取することで、カルシウムなどのミネラルの吸収率が上がり、油を一緒に摂取することでカロチン(ビタミンA)の吸収率が良くなります。

お酢や油が入っているドレッシングをかけるなどすれば効率良く栄養素を摂取することができます。

ダイエットでは控えるべきと言われることも多い油の摂取ですが、良質なものを選ぶことで脂肪燃焼をサポートしてくれるものもあるのでおすすめです。

レシピ検索をしてみても、たくさんでてきますし、色々なレシピにチャレンジしてみましょう。

料理でもドレッシングやそのままかけるなど、熱を通さないレシピに取り入れることが重要だと言われています。

*エキストラヴァージンオリーブオイル
抗酸化作用の強いポリフェノールやオレウロペインが豊富に含まれ、体内で脂肪細胞が増えるのを抑制する効果がある。

*アマニ油
血液中の中性脂肪の増加を抑え、血圧を下げる効果もあります。
血液をサラサラにする効果もあると言われている万能なオイルです。

*エゴマ油
中性脂肪や悪玉コレステロール値の減少効果や血栓の予防効果があるとされています。

◆三種類とも熱に弱いため、冷蔵庫保存が必須です。
わかめダイエット

3-5、水分も一緒に摂取できる料理に活用しましょう

わかめダイエットでは、水分も一緒に摂取できる料理にわかめを活用しましょう。

もちろん、わかめをサラダや酢の物、炒めものなどのレシピに活用することには何も問題はありません。

注意しなくてはいけないのは、ラーメンやうどん、そばなどのレシピです。

なぜなら、水溶性食物繊維が水分に溶けやすいため、ラーメンやうどんなどに入れてしまうとスープも全て飲まないと摂取することができなくなってしまいます。

それらの料理は、スープを全て飲んでしまうとカロリーや塩分過多になってしまうため、なるべくダイエット中はスープを飲むことは控えたい料理です。

そのため、もしラーメンやうどんを食べる場合は、酢の物などの違う料理でわかめを摂取するようにしましょう。

67623ac8596e425de1f1ff7948bcd4e0_s

3-6、間食もわかめにしてみましょう

わかめダイエットでは、今までと食事内容を変える必要がないと言いましたが、間食だけは少し今までと変えてみましょう。

これは絶対ではないですが、変えることでよりダイエット効果を得ることができます。

おすすめは間食に茎わかめを取り入れることです。

茎わかめはスーパーやコンビニなどでも手に入れることができます。

カロリーもわかめ同様低く、ミネラルなどの栄養素が多く含まれています。かみごたえもあるので、少量でも満足することができ、腹持ちも良いのでぜひ取り入れてみましょう。

4、わかめダイエット 3つの注意点

わかめダイエットの方法とわかめの持つダイエット効果を知ってもらったところで、わかめダイエットにおけ3つの注意点をご説明したいと思います。

①わかめの1日の摂取量を超えないようにしましょう

わかめは多くても乾燥わかめだと40gとされています。なぜなら、わかめに含まれるヨウ素がそれ以上だと摂り過ぎになってしまうためです。

ヨウ素は一定の量だと、ダイエットや健康に良い効果がありますが、ヨウ素の過剰摂取が続くと発育に異常が出ることや、甲状腺肥大などの事が起こる可能性があります。

また、過剰摂取によって体内でのヨウ素の代謝が抑制され、甲状腺ホルモンへの変換がうまくいかずに、結果的に体重増加や筋力低下などの症状が起こることがあるため、摂取量には注意するようにしましょう。

②食事をわかめだけにすることは避けましょう

わかめダイエットで、食事をわかめ単品にすることは避けましょう。

わかめは確かに食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養豊富な食材ではありますが、カロリーが少なく、脂質やたんぱく質などが明らかに不足してしまいます。

摂取カロリーを抑えたい気持ちはわかりますが、あまりカロリーを抑えすぎると身体が飢餓状態になることで脂肪を燃焼しづらくし、また、脂肪をためこみやすくもなります。

たんぱく質不足になると筋肉も落ちやすくなるため、筋肉が落ちると基礎代謝が落ちてしまいます。そうならないためにも、わかめに足りない成分を他の食材でしっかりと補い、バランスの良い食生活を送ることが大切です。
わかめダイエット

③調味料に注意しましょう

わかめダイエットでは、塩分の摂り過ぎに注意しましょう。

わかめなどの海藻類には、ナトリウムが比較的多く含まれています。わかめにはカリウムと含まれているため、普通に摂取する分には問題はないのですが、塩やしょうゆなどの調味料の使用量が多いと塩分過多になってしまいます。

そのためにも、お酢や油を調味料に積極的に使うことをおすすめします。
また、カリウムが多く含まれている食品は体内の塩分と水分を一緒に排出するサポートをしてくれるため、積極的に摂取しましょう。

干し柿や無塩タイプのトマトジュース、アボカドや枝豆などが手軽に摂取できておすすめです。アボカドや枝豆にしょうゆや塩をかけてしまっては効果が薄れてしまうので、レモン汁などをかけて食べましょう。
わかめダイエット

5、まとめ

わかめダイエットについて詳しくご説明してきましたが、いかがでしたか?

今の食事にわかめをプラスするだけで、基礎代謝が上がりやすくなり、食べ過ぎを防ぐことができるなんてダイエットにはうれしい効果ばかりですよね。

乾燥わかめは保存もしやすいですし、安い時に買いだめしておけばダイエット費用や買いに行く手間も抑えることができます。

身近な食材であるわかめを積極的に食事に取り入れて、わかめダイエットを始めてみませんか??

この記事は2016年7月15日(金)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る