メニューを開く
アスタリフト;

ヘンプシードオイル人気のヒミツ教えます!健康オイルでキレイを目指そう

ヘンプシードオイル

美容・健康界でその魅力が大注目され、セレブにも人気のヘンプシードオイル!

その特性から美容サポートにもぴったりと言われており、気になっている方も多いと思います。

ではなぜ、ヘンプシードオイルはそんなにも多くの人の心を掴むのでしょうか?

今回はヘンプシードオイルの人気のヒミツを教えちゃいます!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ヘンプシードオイルってどんな食べ物?

ヘンプシードオイルは、欧米ではチアシードに続くスーパーフードとして注目されている麻の実(ヘンプシード)の油です。

麻の実(ヘンプシード)はくるみに似た味の少し大きな胡麻のような実で、日本では、七味唐辛子やいなり寿司の食材としても活用されています。

“畑の肉”と言われる大豆にも負けないたんぱく質・必須ミネラル・必須脂肪酸といった、現代社会で不足しがちな栄養素がバランス良く詰まっており、その力はNASAで宇宙食としても採用されるほどです。

そこから採れるヘンプシードオイルは緑がかった色で、ナッツのような豊かな香りがします。

液状にすることによって日常的にその栄養価を摂取しやすくなり、健やかな毎日を導くためにおすすめの健康オイルです。

2.ヘンプシードオイルの驚くべき特性

ヘンプシードオイルが多くの人々から支持される理由は、その驚くべき栄養素と性質にあります。

現代人にとって必要な栄養素の宝庫である正に「スーパーフード」なヘンプシードオイル、その栄養素と特性を詳しく見てみましょう。

①植物性タンパク質で必須アミノ酸がすべて摂取できる

大豆を上回るほどの豊富な植物性タンパク質で必須アミノ酸がすべて摂取できます。

健康維持・美容に必要な必須アミノ酸は、毎日の食事の中でバランス良く、かつ適切な量を摂取することが大切です。

毎日の食事で必須アミノ酸を摂取するには、様々な種類の食材を毎日摂らなければいけませんが、ヘンプシードオイルは必須アミノ酸9種類のうち、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、ヒスチジンの9種類すべてを含んでいます。

②豊富な必須脂肪酸で健やかな身体をつくる

必須脂肪酸が80%と植物油の中で最も多いのが特徴で、特に「オメガ3」「オメガ6」を豊富に含んでいます。

必須脂肪酸は細胞膜を作ったりエネルギーとして働くため、健やかな身体づくりになくてはならない栄養素です。

これらは体内で生成できず、食物から摂取しなければなりません。青魚に多く含まれている栄養素なので、魚を食べる機会が少ない人にもおすすめです。

特筆すべきは、美しい肌づくりにも必要なオメガ3系α-リノレン酸とオメガ6系リノール酸の割合が1:3ということです。

これはWHO(世界保健機構)や厚生労働省が推奨する1:4の割合に植物油としては最も近く、理想的なバランスの健康食品だと言われています。

③ミネラルたっぷりで美容と健康維持をサポート

生命維持に必要不可欠な必須ミネラル“銅・鉄・亜鉛・マグネシウム”を豊富に含んでいます。

ミネラルは体内で生成出来ないため、日々の食事から摂取しなくてはなりません。

ヘンプシードオイルなら消化吸収も良く、スプーン大さじ1~2杯(約15ml~30ml)で1日に必要な鉄・同・亜鉛を効率的に摂取することができます。

④食物繊維豊富でダイエットサポートにも最適

水溶性と不溶性、2種類の食物繊維がバランス良く含まれています。

糖質の吸収を抑え血糖値の上昇を緩やかにする食物繊維は、ダイエットサポートにも欠かせない栄養素と言われています。

積極的に取り入れることによって、老廃物を排出し体内環境を整える働きも期待できます。

3.ヘンプシードオイルの選び方

ヘンプシードオイルに含まれるオメガ3などの必須脂肪酸は熱に弱いので、選ぶオイルはヘンプシードオイルの栄養素を壊さない製造方法に注意するようにしましょう。

熱を加えずに油を搾る「低温圧搾(コールドプレス)」製法がおすすめです。

オイルに光が当たることによって酸化が進み劣化しやすくなるため、容器は光が当たらないよう暗い色にしてあるものを選びましょう。

■おすすめヘンプシードオイル■
こだわりの低温圧搾法&有機栽培ヘンプシードオイル
有機麻の実油
hempoil
販売元:株式会社ニュー・エイジ・トレーディング

有機栽培の麻の実から低温圧搾法で丁寧に搾られた、麻の実食品のパイオニア企業の有機JAS認証ヘンプシードオイルです。

非加熱なのでローフードにも使用できます。フレッシュでコクのある風味はクセになる美味しさです。

光による酸化・劣化を防ぐため、遮光性に優れたHDPE(高密度ポリエチレン)プラスチックボトルを採用しています。

 

オーガニック大国オーストラリア産のヘンプシードオイル
Hemp Foods Australia ヘンプオイル
hempjapan
販売元:株式会社ヘンプフーズジャパン

オーストラリア最大規模のヘンプフードシェアを握る、ヘンプフーズオーストラリア社の100%オーガニックヘンプシードオイルです。

世界でもっとも厳しいオーガニック基準のひとつと言われる、オーガニック認定機関ACO(Australian Certified Organic)の認定を受けています。

従来のものより青臭さはなく、まるでオリーブオイルやひまわりオイルなどのようにさらりとしていて、取り入れやすい味です。

 

4.ヘンプシードオイルのおすすめの摂り方

ヘンプシードオイル

“栄養の宝庫”であるヘンプシードオイルを、毎日の生活に効率的に取り入れましょう。その特性を踏まえて、美容と健康に存分に生かすための3つのポイントをお伝えします。

①1日スプーン大さじ1~2杯(約15ml~30ml)まで

1日の摂取量はスプーン大さじ1~2杯(約15ml~30ml)までにしましょう。
摂取量が多いとお腹が緩くなって下痢をする場合があります。

お子様の場合は、1日ティースプーン1~2杯程度で充分です。

②常温で摂る

40度以上に加熱するとオメガ3などの必須脂肪酸が壊れてしまうため、常温での摂取が効率的です。

そのままスプーンで飲むか、冷製パスタ、サラダのドレッシングやソース、ヨーグルト、スムージーなどの加熱しない料理への使用がおすすめです。

ナッツに似たこうばしい香りが、さらに料理の味に広がりを与えてくれます。

③開封後は冷蔵庫で保存する

光で酸化が進み劣化しやすくなるため、直射日光および高温多湿を避けた冷暗所で保存しましょう。開封後は冷蔵庫で保存し、出来るだけ早く消費しましょう。

〈おすすめヘンプシードレシピ〉

いつものサラダにかけるだけ!簡単ヘンプシードドレッシング
ヘンプシードナッツも添えて香りと歯ごたえが絶妙なドレッシングです。

材料(1人分)
A(ヘンプシードオイル 大さじ2杯、ワインビネガー 大さじ2杯、塩コショウ 少々)
ヘンプシードナッツ お好みで
作り方
①混ぜたAをお好みのサラダの上からかける
②ヘンプシードナッツをその上に振りかける

キレイを磨こう!ヘンプシードオイルスムージー
ビタミンたっぷり、色鮮やかで爽やかなスムージーです。

材料(1人分)
A(にんじん 1/4、トマト1/2、オレンジ 1/2、パイナップル 2切れ、バナナ1/2)
ヘンプシードオイル 大さじ1
作り方
ミキサーでAをすべて混ぜ、その上からヘンプシードオイルを垂らす

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
ヘンプシードオイルの人気のヒミツは、優れた栄養価と特性にありました。
そのパワーは輝く“キレイ”を目指すあなたをサポートしてくれます。

効率的に毎日取り入れて、さらに充実した日々を送っていきましょう!

この記事は2016年2月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る